クマチュー!!

ランボー [シネマ日記-1033]

ランボー [Blu-ray]

-First Blood- (1982年/アメリカ)
監督/テッド・コッチェフ
出演/シルヴェスター・スタローン リチャード・クレンナ ブライアン・デネヒー

ずいぶん前にはテレビで何度も放送していた映画ですけど、最近になって久しぶりに観てみました。子供の頃観た「ランボー」は、『スタローンが警察にいいがかりをつけられて逃げるんだけど、追っ手のしつこさに逆切れして反撃するも、最後に包囲されて泣きべそ』という、非常にモヤモヤしてスッキリしない、というイメージでした。「なんで最後の最後まで徹底的に反撃しないんだ!!」というね。ガキの頃はそんな感想の映画でした。

しかしながら、今観るとこれはベトナム帰還兵のPTSD問題を描いた非常に深い映画であって、勧善懲悪スッキリな単純なアクション映画ではない、というのが分かるわけですよ。ランボーはランボーで、冒頭のシーンでも分かるように根はいい奴なのに警察の態度にちょっとイラっとして反抗しちゃうし、警察は警察でそこまでよそ者を毛嫌いしなくてもいいのに、いざこざを避ける保守的な考えとそれを貫く意地で対立し、それが取り返しのつかないところまで発展してしまう。ちょっと歩み寄ればこんな不幸は起こらなかったのに…。そう思うとあのラストも感慨深いし、EDで流れる「LONG ROAD」が泣けますなぁ…。
(BS)

テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

  1. 2017/07/02(日) |
  2. アクション映画
  3. | コメント:0
<<LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 [シネマ日記-1034] | ホーム | 富江 アンリミテッド [シネマ日記-1032]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する