クマチュー!!

カテゴリー:「イベント・展覧会」の記事一覧

・2019/05/18 シド・ミード展
・2019/05/11 トムとジェリー展
・2018/06/02 マカロニほうれん荘展 -MACARONI IS ROCK!-
・2015/12/30 江口寿史展 KING OF POP
・2015/12/18 宮川彬良のヤマトーク~ヤマトサウンド編 其の二
・2015/11/05 宮川彬良のヤマトーク~ヤマトサウンド編 其の一
・2015/06/05 「マッドマックス1&2」轟音上映 MAD一気見
・2012/06/04 河口湖北原ミュージアム Happy Days
・2012/04/07 土曜スタジオパーク生放送観覧
・2010/05/03 永井豪記念館
・2009/12/23 『ダライアスバースト』発売記念前夜祭
・2009/10/18 海遊館
・2009/08/03 六本木テレビ朝日「ヒーローランド」
・2009/01/17 「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版」オールナイトプレミア前夜祭
・2008/11/25 足立美術館
・2007/10/14 吉本笑店街
・2006/09/30 「スケバン刑事・コードネーム=麻宮サキ」舞台挨拶
・2006/06/11 NHKスタジオパーク
・2005/10/29 「CUSTOM MADE10.30」舞台挨拶
・2005/08/22 水木しげる記念館
・2005/05/21 エプソン品川アクアスタジアム

シド・ミード展

sm01.jpg

アーツ千代田3331で「シド・ミード展PROGRESSIONS TYO2019」をやっていると聞いて、行ってきました。

かねてから「素晴らしい」と噂で持ちきりだったこの「シド・ミード展」ですが、噂通り本当に素晴らしい展覧会でした!!ワタシはもともと「ブレードランナー」公開の頃にそのコンセプトアートでシド・ミード氏を知って、かねがね上手い人だなぁと思って来たわけですけど、この展覧会へ行って改めて思いました。この人こそ天才だと!!



ワタシが行ったのはゴールデンウィーク明けの平日の閉館間際だった事もあり、混雑もなくゆっくり見れたのが良かったです。図録は早々に売り切れていたので残念でしたけど、その分じっくりと展示を見て回れたのが本当に至福のひと時と言いますか。1枚1枚にマジで釘付けになりましたよ!途中まで進んで、あ、やっぱりあれもう一回見たい、と引き返してもう一度見れるのも良かった(多分空いてる時だけとは思いますが)。

ムービーアートのコーナーは撮影禁止でしたが、ワタシは「エイリアン2」が好きでして、特に映画に登場する宇宙船スラコ号のデザインが死ぬほど好きなので、展示してあった原画を繰り返しずっと見てました。

sm03.jpg

「YAMATO2520」のコーナーでは壁面にCAD図が拡大展示してあって(ここは撮影可)、この細かさにまた驚愕。さすが工業デザイナーとしか言いようがない。あと、「YAMATO2520」って「ヤマト2202」に出てくる波動実験艦銀河にブリッジのあたりのデザインが似てるんですよね。なんか2520のヤマトがだんだんカッコよく思えはじめたので、制作決定した「2202」の続編は「2520」でいいんじゃないかと思ったり(もちろんデザインはミードさんのこれ)。

sm04.jpg

「ターンAガンダム」はワタシ全く観てなくて、デザインもヒゲガンダムと言われているように「なんだかなぁ」と思っていたうちの一人でしたけれども、ごめんなさい。展示の巨匠の原画見てころっと好きになりました。カッコイイ。ターンXも含めて実に素敵。やっぱり、なんだろう。みんな「シド・ミード展」来るべき。

sm05.jpg

その他にも一応初期のコンセプトアートコーナーなどは撮影可能なところもあって、写真に納めたりもしたんですけど、ガラスにバッチリ自分の姿が反射したりしてうまく撮れなかったするんで途中でやめてしまいました。それより肉眼でガッツリ見て目に焼き付けるのが良かろうと。

sm06.jpg

やはりですね、印刷物ではなく、巨匠の原画をこの目で見れると言うのがね、筆のタッチとか絵の具が盛り上がってるところとか、実物が見れるのが、これが本当に貴重な体験なんで、図録が売り切れていてもそれで行くのやめないで、是非実物を見に来た方がいい!とは思いましたね(しかも、その後、図録は会期終了後通販で販売するとの朗報!!)。

sm07.jpg

展示会場を出ると錚々たるクリエーターの方々の寄せ書きが!!これだけでもすごい。

とにかく氏の原画の圧倒的な画力に、自分のような下手くそごときが絵を描いていていいのか?と打ちのめされましたが(いや描くけど!)、特に絵を描く人はすごい刺激をもらえるんじゃないかと思いました。幸い会期も5月19日から6月2日まで延長になったみたいですので、ますます盛況になるんじゃないですかね?未見の方にはオススメです!!
  1. 2019/05/18(土) |
  2. イベント・展覧会
  3. | コメント:0

トムとジェリー展



松屋銀座で「生誕80年 トムとジェリー展」をやっていると聞いて、行ってきました。

これは楽しかったなぁ。トムとジェリーは、私が最も再放送を観た回数が多いアニメと言ってもいい、大好きな作品なのです!特に、初期のMGM時代の作品は、今見てもクオリティがベラボーに高くて楽しいですよね!!

自分は中でも、お手伝いさんが出かけた隙にトムが近所の野良猫を読んでジャズ演奏を始める「土曜の夜は」、トムが演奏会でピアノを弾くのをジェリーが邪魔しまくる「ピアノ・コンサート」、さらにトムがオーケストラを指揮するのをジェリーが邪魔しまくる「星空の音楽会」、あとトムとジェリーじゃないけど真ん中の話で、ドルーピーがデキシーランドジャズの指揮をする「デキシーランド犬」が好きですな。どれも音楽とのシンクロが素晴らしいんですよ!!

tj02.jpg

今回の「トムとジェリー展」でも、主にその頃の作品の貴重な資料の展示が多くて懐かしかったです。今になって1950〜60年代の初期トムジェリの生原画やセル画、背景画を拝むことができるなんて!!特に鉛筆書きの設定資料のクオリティが素晴らしく、デザインワーク含めて凄く勉強になりました!!創作意欲湧いてくるなー。

他にもハンナ=バーべラの作品の展示がありましたけど、その中でもいいのはやはり「チキチキマシン猛レース」!!今見るとキャラクターや車、タイポグラフィなどのデザインセンスが突出してナイス!展示のプレゼンテーションボード、全部欲しくなりました。部屋に飾りたい!!

それから今回の展覧会の最大の見どころの一つ!!撮影可能なコーナーには、作中でジェリーにやられていろんな形になってしまうトムさんを立体化した像が展示されてました。どれもこれも見覚えのある変形を、異常なハイクオリティで3D完全再現!!

tj03.jpg

ネズミの穴に入って穴の形に細長くなってしまったトムさんやら、

tj04.jpg

金庫に押しつぶされて真四角になってもなんかやたらドヤ顔なトムさんやら、

tj05.jpg

壺にはまってそのまんまの形になってしまうトムさんやら、

tj06.jpg

フライパンがクリーンヒットして顔面が真っ平らになってしまうトムさんやら、

tj07.jpg

階段で押しつぶされてギザギザになった後、そのままどこかに歩いていくトムさんやら、

tj08.jpg

ビリヤードの玉を顔面で受け止め、そのまま頭の中にめり込ませてしまうトムさんやら、あぁ、あったあったこんなシーン!と、思わずニヤニヤしてしまいました。

子供も楽しいでしょうが、幼少の頃テレビで何度も何度も再放送されて、脳内ビデオ再生できるくらい刷り込まれた大人たちの方が断然楽しいのではないのでしょうか?ワタシは、本当に楽しかったです!
  1. 2019/05/11(土) |
  2. イベント・展覧会
  3. | コメント:0

マカロニほうれん荘展 -MACARONI IS ROCK!-



中野ブロードウェイのAnimanga Zingaroで「マカロニほうれん荘展 -MACARONI IS ROCK!-」をやっていると聞いて、行ってきました。

本当に懐かしく、夢のような空間でしたー。狭かったですけど、そこに「マカロニほうれん荘」ばかりがギッシリ詰まっているというかね!!ずっといたかったです。今こうやって何十年も経って大好きだった漫画の原画が見れるとは…。しかもクオリティがハンパない!!来てる人もおそらくほとんど自分と同年代の人。みんな好きだったんだなぁ、そして今でも好きな人がこんなにいるのか!!と驚きでした!!

前に江口寿史先生の「KING OF POP」に行った際にも書きましたけど、「マカロニほうれん荘」という作品はワタシが絵を描くようになった原点でもありますし、家宝の単行本全巻は今読み返しても昔と同じように笑える!!流行り廃りとか、そんなのは超越した作品だったのだなぁ、というのは思い出補正のかかりまくったオッさんのひいき目なのでしょうか?いやいや、そうじゃないと思います!!

グッズほとんど売り切れてましたけど、あったらあるだけ欲しくなるから諦めがつきました(残ってたキーホルダーと缶バッチだけ記念に買った)。あと、寄せ書きボードに絵を描いてきたけど、今はもう張り替えられてしまったらしいですね…。

それにしてもこの「マカロニほうれん荘展」、今ツイッターで検索しても未だに大混雑だとか、土日は整理券制であっという間にハケるとか、すごい人気らしいですね。恐るべし!です。早めに行けて良かったな…。あぁまた絵が描きたくなった!!…かな?

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2018/06/02(土) |
  2. イベント・展覧会
  3. | コメント:0

江口寿史展 KING OF POP



川崎市民ミュージアムで「江口寿史展 KING OF POP」をやっていると聞いて、行ってきました。

「すすめ!パイレーツ」が初めて自分で単行本を全巻揃えたマンガなんですが、あのギャグセンスは鴨川つばめ先生の「マカロニほうれん荘」と双璧で、ワタシとしてはかなり影響を受けました。「漫画家になりたい」と思っていたのは、間違いなく江口先生のマンガを読んでいたからです。まぁ、才能もなければ努力もしませんでしたのでなれませんでしたけどね…。原画とか見ていたら、子供の頃「すすめ!パイレーツ」丸パクリの漫画を描いていたのを思い出しましたよ。とにかく、あの頃を思い出してなんだか創作意欲がもの凄く湧いてきました。ああ、今すぐ絵が描きたい!と、会場でモチベーションがぐっと上がったのですが、家に帰るともう忘れるという…。ダメっすな。

思った以上に展示点数が多かったので、予定時間内に全てを観る事ができなかったのが残念。特にマンガ原稿はもうちょっとじっくり見たかった…。来年は展示内容を少し変えるらしいので、もう一度ぐらいはゆっくり行ってみようかと思います。

あと、川崎市民ミュージアムでは、江口寿史展関連上映・80年代日本映画という事で、名作「転校生」を上映していました。江口先生と何の関連があるのかは良くわかりませんが、こっちも観て来ました。良かったナ。
  1. 2015/12/30(水) |
  2. イベント・展覧会
  3. | コメント:0

宮川彬良のヤマトーク~ヤマトサウンド編 其の二

宇宙戦艦ヤマト2199 ヤマト音楽団大式典2012 [Blu-ray]

丸の内ピカデリーで開催された「宮川彬良のヤマトーク~ヤマトサウンド編 其の二」に「其の一」に続き参加。今回は2012年に行われた「宇宙戦艦ヤマト2199 ヤマト音楽団大式典2012」のBD発売を受けてのイベントです。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開開始で騒がしい界隈を尻目に、漢はやっぱりこれ!という事で、生粋のヤマトファンであろう昔の少年少女が大集合しておりました(司会の小林さんも言ってましたね)。

このコンサートにも参加してなかったのと吹奏楽団という事で、ヤマト音楽の演奏としてはどうなんだろうかと思いましたが、オーケストラと全く遜色ない迫力の演奏にマジで感嘆!凄いです。

再度登壇された宮川先生と氷川氏のトークは、今回もマニアックで興味深いもの。宮川先生の今回の生演奏はやはりの「真っ赤なスカーフ」。ハーモニカソロ演奏ではこちらの曲の方が沁みますねぇ。感動しました。来て良かった!!ブルーレイ欲しくなったな…。
  1. 2015/12/18(金) |
  2. イベント・展覧会
  3. | コメント:0

宮川彬良のヤマトーク~ヤマトサウンド編 其の一

宇宙戦艦ヤマト2199 コンサート2015 [Blu-ray]

新宿ピカデリーで開催された「宮川彬良のヤマトーク~ヤマトサウンド編 其の一」に、「星巡る方舟」のBDイベント上映に続き2回目の参加。2015年に行われた「宇宙戦艦ヤマト2199コンサート」のBD発売を受けてのイベントです。

ワタシは残念ながらコンサートは行けませんでしたが、全編ではないもののフィルムコンサートという形で大音量でヤマトの曲を堪能出来て大満足。宮川彬良先生が仰る通り、本当にオーケストラの演奏が上手いんですよ!!

ゲストとして登壇された宮川先生と氷川竜介氏のトークもレアな話題満載で本当に楽しかったのですが、特に氷川氏の秘蔵音源公開と、ラストの宮川先生のピアニカによる「宇宙戦艦ヤマト」の演奏が素晴らしく泣きました。
  1. 2015/11/05(木) |
  2. イベント・展覧会
  3. | コメント:0

「マッドマックス1&2」轟音上映 MAD一気見

マッドマックス トリロジー スペシャル・バリューパック(初回限定生産/3枚組) [Blu-ray]

新宿ピカデリーのイベントでマッドマックス1&2の轟音上映が開催されたので行って来ました。

20150605-01.jpg

新宿ピカデリーのロビーには今回の映画版のインターセプターが展示されていて、いやがおうにも気分がアガります!

20150605-02.jpg

しかし、今回の一番の目玉は、舞台挨拶として「マッドマックス1&2」の出演者の登壇!生ウェズ!生ナイトライダー!そして生ミラー監督!!ガキの頃夢中で観ていたこの名作に出ていた本人達に会えるなんてもうちびりそう!!30年前のワタシに教えてやりたい!!

20150605-03.jpg

「マッドマックス1&2」一気上映も良かった!どちらも公開当時映画館で観ていないので今回初の劇場鑑賞。それだけでも嬉しいんですが、映画自体今観ても面白い。テレビで観てあんなに興奮したのに、それを今になって大画面で轟音で観れるなんて本当に感動。映像もレストアされてとても綺麗だった。最後にやった千葉繁版地獄のデスロード予告がナイスだったので絶対観に行きます!
  1. 2015/06/05(金) |
  2. イベント・展覧会
  3. | コメント:0

河口湖北原ミュージアム Happy Days

IMG_1136.jpg

「なんでも鑑定団」でおなじみ北原照久氏のおもちゃを中心としたなつかしのコレクションが飾ってあるミュージアム、「河口湖北原ミュージアム Happy Days」へ行ってきました。

IMG_1143.jpg

特に昭和の日本コーナーのアナログドーナツ盤のコレクションやブリキおもちゃ、看板やグリコのおまけなどなど、レトロコーナーが素晴らしく。撮影OKだったのでいろいろ撮ってしまいました。

IMG_1145.jpg

規模はそんなに大きくないですが、ワタシのようなジジイには非常に居心地が良くてしばしまったりと雰囲気を楽しめました。なかなかおすすめです。しかし、いちばん驚いたのは…。

IMG_1164.jpg

本栖湖の駐車場に停まっていたこの2ショット!ポインターとヨタハチ!道行く人「すげー!」と写真を撮っていました。ポインターは有名なマニアさんのレプリカみたいですね。滅多に観られないのでこれはすごい偶然。これだけで感動しました。

IMG_1090.jpg

あと、嵐の番組でPerfumeが行っていた富士山レーダードーム
  1. 2012/06/04(月) |
  2. イベント・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜スタジオパーク生放送観覧

P1020857.jpg

堀北ちゃんがゲスト出演する土曜スタジオパークの生放送観覧に当たったので行って来ました。

20120407-01.jpg

当選するとこんな招待券が来ます。初めてNHK受信料払っといて良かったと思いました。

P1020856.jpg

収録は蒲田であったのですが、蒲田駅を降りてから街は既に「梅ちゃん先生」一色でした。蒲田が舞台なんですね。

P1020858.jpg

どこを見ても梅ちゃん。

P1020860.jpg

商店街も梅ちゃん。

P1020859.jpg

蒲田行進曲フェスタというのもやっていて賑わってました。

P1020861.jpg

収録場所はいつものNHKのスタジオパークではなく、蒲田にある日本工学院。たいそう立派な校舎です。

ほぼフルで堀北ちゃんのトークが聞けるという至福の1時間。なんかずっとニヤニヤしながら見てたみたいです(キモ)。本物の堀北ちゃんは顔が小さくてすらっとしていて女優オーラがたちまくり。9年前に「ケータイ刑事銭形舞」で、オープニングで拙いダンスをしていたあの娘が、こんな素晴らしい女優になるとは思ってもみませんでした。あ、ビビる大木と大沢あかねも見れて良かったです。

家に帰ってから、まとめ録りしていた「梅ちゃん先生」1週目を全部観てしまいました。テンポが良くて、堀北ちゃんのドジキャラっぷりもなかなか楽しいドラマになってたので、続けて観てみようかと思います。

P1020864.jpg

帰りに蒲田駅前に羽根つき餃子で有名な「金春」の出店が出ていたので食べてみました。ジューシーで美味過ぎる!ビールが飲みたくなりました。
  1. 2012/04/07(土) |
  2. イベント・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

永井豪記念館

P1010486.jpg

石川県の輪島朝市通りに出来た永井豪記念館に行ってきました。輪島は永井先生の故郷だそうです。暑いくらいのいい天気で輪島朝市もにぎわってました。

P1010497.jpg

永井豪記念館入口。

P1010504.jpg

看板です。

P1010503.jpg

記念館上方にはマジンガーZ、デビルマン、キューティーハニーなどが描かれた大型看板も。

P1010501.jpg

撮影は入り口近くのこのパネルコーナーまで。中に入ってすぐの所でロケットパンチを構える1/9マジンガーZは撮影したかったなぁ。中はさほど広くなくてあっと言う間に全部回れてしまうのですが、パソコンのライブラリーなんかは結構はまってしまいますね。最奥にあるCGコーナーが一番金がかかってそうでした。

P1010507.jpgP1010508.jpg

本当は会場限定の「超合金魂マジンガーZコミックカラーバージョン」が欲しかったのですが、先立つ物が無かったため、マジンガーZキューピーとアフロダイAキューピーで我慢。

P1010505.jpg

近所のお店にマジンガーZのフィギュアが飾られていました。

P1010506.jpg

朝市で買った柚子ソフトクリーム、美味かったです。
  1. 2010/05/03(月) |
  2. イベント・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ダライアスバースト』発売記念前夜祭

 2009年12月24日発売のPSP用ソフト『ダライアスバースト』の発売記念前夜祭に当選したので行ってきました。 続きを読む
  1. 2009/12/23(水) |
  2. イベント・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海遊館

世界最大級の水族館という、大阪の「海遊館」へ行ってきました。

P1010042.jpg

中央にジンベイザメやマンタが泳ぐ巨大な水槽が用意され、その周りをスロープで下って行くという作りになっていて、非常に幻想的で癒されます。

P1010037.jpg

もう1日中眺めていたかったです。クリオネも見れましたが、バッカルコーンは見れなかったです。

P1010056.jpg

イワトビペンギンが撮ってくれと言わんばかりにポーズ。カワユスなぁ。

P1010071.jpg

そのほか、大阪の秋葉原・日本橋(「にほんばし」ではなくて「にっぽんばし」と読む)には、大阪一のガンダムグッズショップ「GUNDAM'S」や…、

P1010072.jpg

ボークスのショールームとかがありまっせ。電気街と言うよりはヲタの街って感じでしたね。さすがに秋葉原ほどの規模ではなかったですが、ミニ秋葉原って感じはしました。メイドさんとかも普通に歩いてましたし(オタロードって言われているらしい…)。
  1. 2009/10/18(日) |
  2. イベント・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

六本木テレビ朝日「ヒーローランド」

P1000807.jpg

8月2日(日)に弟親子と六本木テレビ朝日に出かけておりました。

P1000811.jpg

目的は7月29日からやっている「ヒーローランド」という、グッズを買うとヒーロー(シンケンジャーと仮面ライダーディケイド)と握手できるよ、みたいな、要はテレビ局とおもちゃメーカーの共同搾取企画…。結局グッズとかは前日にもう買ってしまったんで買いませんでしたけど、テレビ朝日のロビーで公開で握手会やってたんでチラ見してきました。

弟親子が正面から見物に行っている最中、ここから現れるんじゃないかと思われる会場裏の階段前で座っていると、ホントに出て来た(笑)!

P1000815.jpg

 シンケンレッド!

P1000818.jpg

 仮面ライダーディケイド!

生ヒーローってカッコいいよね。コスプレじゃなくてちゃんと作ってあるから。甥っ子は「あれは本物じゃない」とか生意気な事言ってましたが、「東京にいるのは本物だよ!」と言うと信じかけてました(笑)。

ところで、六本木にいた8月2日(日)のお昼時って、例のお塩先生事件が起きた頃だったのでは…?ひゃー!
  1. 2009/08/03(月) |
  2. イベント・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版」オールナイトプレミア前夜祭



 新宿ピカデリーで行われた「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版」オールナイトプレミア前夜祭へ行ってきました。

 約25年前、ボトムズの本放送を見てとても衝撃を受け、それ以来ファンになりました。その後OVAなどが作られ続けていましたが、昨年から制作されていた最新OVA「ペールゼン・ファイルズ」が遂に劇場版となって公開される事になったのです。劇場の大スクリーンで「ボトムズ」が見れる日が来るとは、夢のようです!しかも今回はイベントという事でTVシリーズ第1話「終戦」やOVA「野望のルーツ」が大スクリーンにかかるという事で、こんなレアなイベント、ファンとしては行かないわけにはいきません。

 会場の新宿ピカデリーは最近改装したという事でとてもキレイなシネコンになってました。中には既に多くの人がいましたが、これがまた25年前に中高生だったと思われる、ワタシ世代のアラフォーな感じの男女がたくさん!思った通りです。パンフ売ってないのは残念でした。

 最初はまず1時間半にわたるスタッフによるトークショーがありました。高橋良輔(監督)、郷田ほづみ(キリコ役)、塩山紀生(キャラクターデザイン)といった面々のトークを生で見れるとは…。25年来の夢でした。生きてて良かった。しかも今回のスペシャルゲストは織田哲…じゃなくてTETSU!ボトムズの主題歌である名曲「炎のさだめ」がこれまた25年ぶりに新録されて主題歌として復活という事でのまさかの出演。あのTETSUが「炎のさだめ」をデビュー直前だったため匿名で歌ったなどの裏話を生でトーク!レアすぎる…。ある意味今回一番の見所でした。しばし呆然。


↑入場者特典に切り出しフィルムもらいました。

 映画の内容ですが、まず女性キャラが一切出てこず、完全萌えなしの男臭さ爆発でした。いやーいいですね、これぞボトムズ!(TVシリーズでさえ主要な女性キャラは4人のみ)ストーリーはボトムズワールドをOVA含め知っている人前提ですので、シリーズを知らない人は当然のごとく門前払いな感じです。特に今回はTVシリーズの直前を描くという事ですが、さすがにこれが1話に繋がるというのは無理があるような気が…。でもなかなか面白かったので、全12話のOVA版も見たくなりました。

 ATがCGで描かれるのは最初はさすがに違和感があって微妙だったのですが、慣れてくればこれはこれでいいかも…。ただ、「野望のルーツ」を観ると、やっぱ手描きだよなぁ、と思ってしまいました。なんというか、パースを極端にデフォルメできて、無茶苦茶オーバーな陰影がつけられて、ケレン味のあるポーズがとれる手描きの方がCGよりもカッコいいんですよね。TETSUの新録「炎のさだめ」はあの!織田哲郎氏がアレンジでなんとなくデジロックチックに生まれ変わっていて、本人が気にされていたように多少違和感がありましたが、これはこれで良し。フルでじっくり聴いてみたいですね。
 
 と言う訳で、なんだかんだでとても楽しかったんですが、ただやはりオールナイトはキツい!夢のようだと言いましたが、本当に眠気との戦いで、最後の「野望のルーツ」の上映の時は本当にちょっと夢うつつになってしまいました。16日24時にスタートして終了が29時40分。老体にはなかなか厳しかったですわい。

 しかし、ボトムズは2009年も何かしらのプロジェクトが進むとか。ワタシも去年買った「ブルーティッシュドッグ」のプラモでも作りながら楽しみにしたいと思います。

P1000709.jpg

↑これはちまちま作っている1/20の「スコープドッグ」通称バンダコ。素組とちょっとのウェザリングでこのカッコ良さ!スバラシイ!
  1. 2009/01/17(土) |
  2. イベント・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足立美術館

P1000648.jpg

横山大観の作品と日本一の庭園で知られる、島根県安来市にある足立美術館へ行ってきました。

P1000649.jpg

美術作品も素晴らしいですが、やはり庭園が美しかったですね。思いがけず紅葉も楽しめて良かったです。人があまりいない時に来て、いつまでもぼーっと庭を眺めていたかったです。

P1000644.jpg

この後、安来名物どじょうの柳川鍋も食べましたが、これは微妙…。でも、自然の中で露天風呂に浸かったりと、まったりした時間が嬉しかったです。
  1. 2008/11/25(火) |
  2. イベント・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉本笑店街

吉本

千日前のなんばグランド花月地下にある、吉本笑店街に行ってきました。横浜ラーメン博物館のようなレトロな風情な館内の、吉本芸人テーマパークです。入場料1000円取られるので「え~?」とか思いましたが、中に入ると意外に入り組んでいて楽しめる。

松本

うろうろしてたら1時間くらいすぐ経ってしまいましたが、じっくり回ったらもっとかかりそうです。お店が芸人毎に建ってるんですが、それぞれ工夫が凝らされていてとても楽しい。でもやっぱりダウンタウンの家が一番面白かったですね。もっとゆっくりしたかった。

道頓堀

そういえばこの日道頓堀パレードというイベントがあったようで、歩行者天国がすごくにぎわっていました。似顔絵の人が上手かったなぁ。ストリート似顔絵師あこがれます。
  1. 2007/10/14(日) |
  2. イベント・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「スケバン刑事・コードネーム=麻宮サキ」舞台挨拶



川崎チネチッタで「スケバン刑事・コードネーム=麻宮サキ」の初日舞台挨拶があるというので行って来ました。松浦亜弥と美勇伝に加え、チッタでは竹内力と長門裕之、そして監督の深作健太が登場と、超お得な舞台挨拶。報道陣もいっぱいいましたな。あややも良かっですが、特に生で力兄ィを拝めて大興奮!力兄ィ最高にカッコイイ!あと、初代から出演している暗闇警視こと長門裕之を見れたのもなかなかレアでした。お茶目なトークがまた絶妙。あややそっちのけ。

映画の内容自体は、これはもう完全に観る人を選ぶ映画。あやや(ハロプロ)ファンで東映特撮ヒーローみたいな突拍子もない設定のアクションモノがOKな人はとても楽しめると思います。逆にアイドルやヒーローものに興味ない一般の方々にはちょっと…という感じ。ワタシは、期待してなかっただけに予想以上に楽しめました。
  1. 2006/09/30(土) |
  2. イベント・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHKスタジオパーク

弟夫婦と甥っ子に付き合って、渋谷にあるNHKスタジオパークで、NHKの教育番組「いないいないばぁっ!」に登場する着ぐるみキャラクター「ワンワン」の撮影会へ。ワタシはこのキャラクターの事は全然知らなかったのですが、子供達に大人気なのか、撮影会の時間になるともの凄い人の数でびっくり。下手なアイドルのフリーイベントよりもよっぽど集客しているのでは?だまだワタシの知らない世界が一杯あるんだなぁ。

あとはNHKの番組の歴史紹介パネルがあったり、スタジオセットの様子を見れたり、寅さんのロケセットで撮影できたり、200円という入場料の割には結構面白かったですよ。あと、「純情きらり」の宮崎あおいちゃんのサインとかもあったりして。NHKスタジオパーク、侮りがたし!こんなとこ、関東に住んでても普通行かないでしょうけど、意外に楽しめるので、行ったことにない人は暇なときにでも行ってみては?

20060611_01.jpg

あおいちゃんのサイン

20060611_02.jpg

ついでに斉藤直道先生のサイン
  1. 2006/06/11(日) |
  2. イベント・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「CUSTOM MADE10.30」舞台挨拶

木村カエラと奥田民生の映画、「CUSTOM MADE10.30」の公開初日舞台挨拶があるというので、川崎チネチッタに観に行ってきました。

映画終了後、カエラちゃん、民生氏、監督のANIKI氏の順に登場。何気に豪華なメンツ、しかも出演の2人は基本ミュージシャンなのに、映画の舞台挨拶ってなかなかレアな機会なんじゃないですか?生カエラちゃんは小さくてカワイイなぁ(嫁曰く、ケツはでかい)。

3人が3人とも開口一番「本日はチャーリーとチョコレート工場も観ずにいらっしゃって下さいまして…」との天丼ギャグ。しかも、みんなややアルコールが入っているらしく、ただでさえゆるいキャラ達が揃いも揃って相当グダグダな舞台挨拶になってしまっているという。最後の一言も、民生氏の「カープが弱くてどうのこうの…」という話で締められてしまいました。でもまぁ、楽しかったです。
  1. 2005/10/29(土) |
  2. イベント・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水木しげる記念館

20050822-20050815_01.jpg

水木しげるロードへ行ってきました。

20050822-20050815_02.jpg

水木しげるロードには水木グッズの店がたくさん。

20050822-20050815_05.jpg

精巧な手作りフィギュアも多数陳列。ほ、欲しい…。

20050822-20050815_06.jpg

みうらじゅん先生のサインとかあったり。

20050822-20050815_07.jpg

妖怪道五十三次の版画全セット。これも欲しい…。

20050822-20050815_03.jpg

衝撃!目玉おやじの誕生。結構グロ。

20050822-20050815_04.jpg

少女を拉致しようとたくらむねずみ男。

20050822-20050815_08.jpg

鬼太郎は人気で撮影できないので代わりにゲタを。

20050822-20050815_09.jpg

悪魔くんとメフィスト。漫画の悪魔くん面白かったなぁ。

20050822-20050815_10.jpg

最後に水木しげる記念館。奥に水木先生が…!?
  1. 2005/08/22(月) |
  2. イベント・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エプソン品川アクアスタジアム

20050522-20050521_01.jpg

品川プリンスホテルのすぐ側に出来たエプソン品川アクアスタジアムに行ってきました。水族館とアトラクションが一緒になった、さしずめ八景島シーパラダイスのミニ版というところでしょうか。

ミニなだけに、水族館の規模は非常に小さく、人で混んでなければあっという間に回りきってしまいそうなもの。とはいえ、水族館はやっぱり楽しいです。幻想的に照らされた水槽をぼーっと眺めているとしばし現実逃避できるし、品川水族館にもある海中トンネルの美しさにはうっとりしてしまいます。

イルカのショーを観てみましたが、ちょっとまだこなれていない感じ。八景島のショーの方がやはり一枚上手ですかね。でも、これからどんどん訓練されてショーアップされていくんでしょう。

そしてこれが今回の本命アトラクションだったのですが、屋内コースターの「ギャラクシーエクスプレス999」に乗りました。乗るまでの演出がなかなか凝っていて、999の新作CGムービーと振動する床の演出で期待感を盛り上げます。この辺は999ファンなら楽しめるのではないんでしょうか。ただ、肝心のコースターが、スペースマウンテンの小規模版という感じで、あっという間に終わってしまったのが残念。

あと、「バーチャルライドシアター」というのにも乗りましたが、これも乗るまでの演出がほとんど無いので余計物足りなく感じました。やっぱりディズニーランドと比べるとちょっと言う感じはしてしまいますねぇ。
  1. 2005/05/21(土) |
  2. イベント・展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0