クマチュー!!

カテゴリー:「テレビバラエティ」の記事一覧

・2006/11/06 ラスト・メッセージ第1回 手塚治虫
・2006/09/16 MATTHEW'S BEST HIT UV
・2006/09/03 箕輪はるかに人気集中!
・2006/09/01 MATTHEW'S BEST HIT UV
・2006/08/26 スッピン
・2006/08/18 箕輪はるかは実は美人!?
・2006/07/25 夢ヶ丘レジデンス(ユメレジ)#01
・2006/07/03 特命記者“激撮”スペシャル
・2006/03/22 カエラちゃん、sakusaku卒業!?
・2006/02/07 リンカーン
・2006/01/23 おはスタの司会にアンガールズの山根
・2006/01/18 おはスタの司会に南海の山ちゃん
・2006/01/10 おはスタの司会が三谷幸喜
・2006/01/07 さんまのまんま
・2006/01/06 シェークスピア紀行 蜷川幸雄ヨーロッパ旅
・2005/12/30 すべらない話4
・2005/12/25 M-1グランプリ
・2005/11/22 リンカーン
・2005/11/20 黒バラ
・2005/11/08 リンカーン
・2005/11/02 HEY!×3とリンカーン
・2005/10/22 リンカーン
・2005/10/18 矢口さんの恋愛話
・2005/10/16 世界ウルルン滞在記
・2005/10/09 ガキの使いSP
・2005/10/07 すべらない話3
・2005/09/22 笑っていいとも!でプチ放送事故
・2005/09/19 バックアップとHEY!×3
・2005/08/17 GOIGOIさん安らかに…
・2005/08/08 馬場さん

ラスト・メッセージ第1回 手塚治虫

 NHKで手塚治虫のドキュメンタリー番組「ラスト・メッセージ」をやっていたので観る。亡くなる直前の講演会の貴重なビデオを元に構成し、「いのち」の大切さを子供達に伝える事をポリシーとした、栄光と苦悩に満ちた彼の生き様を振り返るドキュメント。

 ワシは結婚式の時、司会から「尊敬している人は?」と問われて、とっさに手塚治虫と答えた事がある。子供の頃、漫画を描く事は大好きだったワシだが、正直そんなに多くの漫画を読んでいたわけではないし、手塚漫画も「ブラック・ジャック」を読破したくらいでその他の作品はほとんど読んでいない。漫画フリーク、手塚フリークの方々に比べれば、屁ほどのファンですらない。しかし、そこで彼の名前がすっと出てきたように、漫画やアニメーションの祖として、そして現在の自分自身に直接ではなくとも多大な影響を与えた手塚治虫という人物は、やはり尊敬せざるを得ない。

 このドキュメントでは貴重な映像や感動のエピソードなどがとても興味深かったが、一番印象に残ったのはちらりと映った彼がスラスラと絵を描くシーン。確か下書きを描いていたようだったが、筆に迷いがなく、ほぼ一発で、しかもものすごいスピードで、完璧に描かれていた。晩年は世間の求めている漫画とのギャップや、絵が描けなくなってくる事に苦悩していたようだが、やはり、漫画家という職業は壮絶なものなんだなぁと実感した。子供の頃は漫画家に憧れていた事もあったが、やはり自分にはとてもじゃないが出来ない世界だったんだな、と改めて思い知らされた。
  1. 2006/11/06(月) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MATTHEW'S BEST HIT UV

 ゲストに、ぁみにぃこと時東ぁみとしょこたんこと中川翔子。いやー、マシューでこの共演いいね。完全にベストヒットジェネレーション復活の風情。でもしょこたんは将来もこのままいけるのだろうか。いや、本人は変らずいけそうだけど、こういうキャラクターの個性が強い女子って飽きられるのも早いから…。時東ぁみはメガネはずすっていう次の一手があるが、…はずしたら終了だと思う。
 この番組、何気にハリセンボンが番組の落しどころに重宝がられてそうで見逃せない。…なんつったら今クールでマシュー終わりらしいじゃない。もう、バカッ!
  1. 2006/09/16(土) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箕輪はるかに人気集中!

 うちのブログ、現在の訪問者のサーチワード第一位はなんと…、「箕輪はるか」です!もうダントツです。グラフが1本だけぐーんと飛び出てます。その他にも「うたばん 箕輪はるか」とか複合キーワード合わせると箕輪はるかの検索率が異常に高い。正直彼女がこんなに興味持たれてるとは思わんかった!でもウチは箕輪はるかファンサイトじゃありません。はるかファンの方、ゴメンナサイ。いや、ハリセンボン自体はライトに好きですけれども。
  1. 2006/09/03(日) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MATTHEW'S BEST HIT UV

 ゴールデンに移ったと思ったら、いつの間にか深夜枠に出戻っていたマシューのゲストに、長澤まさみハリセンボン。今一番気になる人たちがセットで登場というゴージャスな内容だ!マシューは久々に見たが、昔の「ベストヒットジェネレーション」的雰囲気が戻っていて良かった。全盛期に比べると若干枯れた印象はあるが、ゴールデンに移った後は全く別番組になってしまってひどかったからなぁ。

 まーとにかく長澤まさみさんのかわいいーこと。オチャラケてる彼女を見るのは初めてだったので、これにて好感度もグーンとアップ。対するハリセンボンはあくまで長澤のオマケ出演なのであんまり前には出て来ず、あだち漫画ネタの小芝居の相手をさせられたのみ。この人たちは先日のQさまの高飛び込み(特にピンク柄のかわいいセパレートの水着を臆面もなく着る近藤さん)がヒットだっただけに残念。長澤にツッコミまくってキレてくれるのを期待してたんだけど…。

 …ワシだけかも知れないが、長澤まさみがアップで切ない顔をするシーンを見て、なんとなく表情が加護ちゃんっぽいような気がした。あぁ、加護ちゃん、そう言えばもう謹慎から半年以上、あれから音沙汰なしかぁ。自然消滅確定かなこりゃ。紺野ちゃんも抜けたし、これからのハロプロ、応援しようという気になるのは矢口っちゃんと辻ちゃんぐらいになってしまった。せつないねぇ。いつの間にかモー娘。8期オーディション始まってるし。この斜陽期に加入しても、おニャン子の末期メンバーぐらいショボイ事になりゃせんだろか?まぁ、小春が稀に見る成功をしてるから何とも言えないが。
  1. 2006/09/01(金) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スッピン

 夜中にテレビを見ていたら、24時間テレビの裏で芸能人がスッピンでトークする「アイドルぶっちゃけトークすっぴん!」という番組をやっていた。

 司会の井森美幸、和希沙也をはじめ、ゲストのあびる優、有賀さつき、岩佐真悠子らも全員すっぴんになってトーク。でも意外に全員悪くない。井森や有賀は普通のちょっとキレイ目なおばちゃんといった感じだし、和希沙也なんかメイクしてない方が全然カワイイという始末。岩佐真悠子もまゆ毛がない以外は全然ノーメイクでもいける感じだ。あびる優はちょっと微妙だったが(アイライン刺青とカラコン入れてるもんだからメイク取ると異様に不自然)…。その他ガングロメイクで名をはせたあじゃもメイクを落としていたが、普通のどこにでもいそうなやぼったいおねぇちゃんだった。でも、決して美人とは言わないが、ガングロメイクよりは断然素顔の方がいいと思う。この番組オモロイなぁ。若手女優なら全然メイク落しで出演しても大丈夫じゃない?岩佐真悠子がイケるんだから、この番組レギュラー化してどんどんやって欲しい。

 そう言えばいつも会社近くの駅でたまに見かけるコギャルが、今までパンク風の赤髪ゴス系メイクだったのに、いつの間にか黒髪ナチュラルメイクの普通の女子高生になっていてびっくりした。うん、女子は自然が良いよね。
  1. 2006/08/26(土) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箕輪はるかは実は美人!?

 ちょっと前の「うたばん」夏休みスペシャルの録画を見る。最近プチブレイク気味でちょいと気になっている、お笑いコンビのハリセンボンが出ていた。ハリセンボンは「娘。ドキュ!」に準レギュラーで出ていていい味出してるのだが、この2人のビジュアルの破壊力は並大抵ではない。今回は倖田來未がハリセンボンをプロデュースしてキレイにするという企画だったのだが…、"死神"こと箕輪はるかの激変ぶりに驚愕!なんだこりゃ!滅茶苦茶キレイになっている(口を開けなければ)。元々スレンダーだし、あの手のキツイ顔ってモデル向きなんですな。あれで歯を矯正してしまったら本当に美人になってしまうんじゃなかろうか。しかし化粧は女を化けさせるねぇ。今美人系モデルで売ってる人も、化粧落すとみんな意外にナニかも知れないっすよ。倖田來未自体もスッピンはヤバイって話だし。ワシは化粧が濃い女性が苦手なもんで、化粧した美人見てもなんとも思わない。逆にいつもスッピンなのにたまーに化粧したら「おっ!?」て感じの方がいい。そういう意味では箕輪の本気出したら意外に美人、というこの事実というかギャップが今後の活動にどう影響するのか、ちょっと楽しみではある。対する近藤の角野卓三オチはちょっとつまんなかったなぁ。どうせなら彼女も出来る限りのところまでドレスアップしてみて欲しかったのだが、こっちはどうあがいてもダメだったのだろうか(笑)。
  1. 2006/08/18(金) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

夢ヶ丘レジデンス(ユメレジ)#01

 つい下にしょこたんとPerfumeのエントリーを書いたら、なんと、スカパーM-ONで今日からしょこたんがMCの「夢ヶ丘レジデンス」っていう番組が始まるっていうじゃないですか。しかもPerfumeがゲスト。まさに今のワシのためにあるような番組!というわけで早速視聴。

 この番組、夢ヶ丘レジデンスに住む「松田聖子のようなアイドルになる」夢を持つしょこたんが、ワンルームの部屋にやって来るゲストとヲタトークを繰り広げるという番組らしい。今日はしょこたんが部屋で中野ブロードウェイで買ってきた聖子ちゃんの昔の写真集を見ながら「カワユスなぁ~」とか言ってるところにPerfumeがやってきて、しょこたんにオロナミンCをふるまわれながらトークするという「ゆる系」の進行。その他も映画監督河崎実との「日本以外全部沈没」の薀蓄含めたヲタトークや、しょこたんの「デビューイベントへの道」みたいなドキュメント、イベントで「Brilliant Dream」を歌っている様子もワンコーラス流れるなどなかなか充実。特筆すべきは、途中に入る元メガデスのマーティ・フリードマンによる「マーティのアイドルLAB」なるコーナー。「つんく♂は天才」を公言する彼が、松浦亜弥の「ね~え?」の素晴らしさを様々な角度から熱く解説。やっぱりこの人は日本人以上に日本の音楽を分かってるな。さすがB'zでJ-POPに目覚め、今では日本の演歌とアイドルポップスをこよなく愛するようになった外人!視点が違う!このコーナーだけでも拾いものである。今後も火曜日はアイドル特化した内容でHINOIチームやハレンチ☆パンチがゲスト出演するそうなので、見逃がせん!

 ちなみにこの番組、火水木金の日替わり番組で、明日のMCはモデルの田中美保ちゃんだとか!これも見なきゃ。残りのMCは野郎なので、見るのはゲスト次第かな。

ね~え? (通常盤) ね~え? (通常盤)
松浦亜弥 (2003/03/12)
アップフロントワークス(ゼティマ)
この商品の詳細を見る
  1. 2006/07/25(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

特命記者“激撮”スペシャル

 悪徳詐欺を追跡するスペシャル番組。高齢者狙いの催眠商法、振り込め詐欺のアジト追跡、恋愛詐欺師直撃の主に3本立て。かなりのボリュームでなかなか面白く、2時間半がっつり見てしまった。一番面白かったのは振り込め詐欺を撃退したオバチャンのエピソードだったが。「なんでそんなに払わなきゃなんないのよ!ウチは夫婦仲悪いのよ!勝手に留置所入れて頂戴」に爆笑。名セリフだ。我が家でもかかってきたら使わせて頂きます。

 それにしても今の世の中、騙す方もしょうもない人間ばっかりだが、騙される方も騙される方である。この番組見てても分かるけど、なんでこんなのにコロっと引っかかるのか。ちょっと疑えばすぐわかりそうなもんなのになぁ。最近は地デジ詐欺なんていうものも出て来てるんで、怪しい話、美味しすぎる話はもうなんでもかんでも疑ってかかるしかないですな。ウチのおかんは昔引っかかりかけてるだけあって心配でござる。
  1. 2006/07/03(月) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カエラちゃん、sakusaku卒業!?

 すんごい久々にsakusakuを見たら、3月一杯でカエラちゃんが卒業だそうで!あの番組、なんかカエラMCが一生続いていきそうな気もしてましたが、反面最近人気が出てきて忙しくなってそうだし、びっくりした一方で「あー、遂に」という感じですかねぇ。もともとジゴロウ+ゴイゴイ+ボブカエラというゆるい組み合わせがツボで見始めたようなものなんで、ジゴロウがヴィンセントになって、ゴイゴイさんがいなくなって、カエラちゃんがパーマかけちゃった最近は興味が失せてあんまり見なくなったし、これが全部なくなった日には全く見なくなってしまいそう…。新しい住人が誰かにもよるが…。

 一方、Gyaoでなんとジゴロウとペパーと中川翔子がMCの「溜池Now」という超ニッチな番組が始まっておりまして、ジゴロウとペパーは吹き出しで喋るだけで声は出ないのが残念なのだが、しょこたんがメガネ姿な上ヲタクサイド丸出しで「カワユスな~」を連発しており、ちょっとヤバイ感じ。ヤバイヤバイ。sakusaku新住人がしょこたんだったら見るよ。
  1. 2006/03/22(水) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リンカーン

 最近リンカーン、つまらなくなってきてませんか?今回のぐっさん企画は特に…。なんかほとんど笑えなかったですよ。ダウンタウン全く絡んでなかったからかなぁ。次長課長河本のアイデアを続々採用してやったらいいんじゃないのかね。振り向き企画は結構オモロかったです。来週はフレンドリーダウンタウンなのでちょっと期待。

 これから書類作成で徹夜です。ツケが回ってきた。
  1. 2006/02/07(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おはスタの司会にアンガールズの山根

 今週のおはスタはアンガールズ山根が山ちゃん担当。くそー、そうきたかー。すっかり山崎邦正がくるとばかり思ってた。ちなみに田中はADやらされてました。キーワードコーナーで山根が微妙なエヴァンゲリオンのモノマネするも、おはガールのみづきに「エヴァンゲリオンって何ですか?」と返されて「テレ東でやってたアニメでしょ!!」とプチ激怒。笑った。ところで頭に山がつく苗字のお笑い芸人他にいたっけ?

 休みに車のポリマーコーティングをする予定だったが、ディーラーから「雪が凍って路面凍結が危険」「気温が低すぎて今日やると走ってるうちにコーティングが真っ黒になる可能性がある」という電話をもらったため、予定を延期して調整してもらう事にした。まぁ、いつでもいいんだけどね、とりあえず平日は無理だから。ちゅーか今年1回もイス子ちゃんに乗ってないんですよ。いやー、乗ろう乗ろうと思って、今週末こそはと思ってたら雪で路面凍結ですよ。うちもう、買ったばっかの時に1回雪道走ってツルリとやっちゃって以来、凍結路は全くお手上げですんで。チェーン?スタッドレス?何それ?って感じですし。最後に乗ったのって、12月30日…、以来?最後に給油してから3ヶ月くらい経ってますか?わーガソリン腐るね。まいったねこれは。バッテリーはこないだ交換したばっかりだから大丈夫と思うけど…、年1回バッテリー交換しなきゃいけない車ってのもヒドイよね。ヒドイオーナーですまん、イス子。
  1. 2006/01/23(月) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おはスタの司会に南海の山ちゃん

 三谷幸喜の舞台出演のため大阪に行っているおはスタの山ちゃん。先週のコーキーに続き、今週の司会代行は南海キャンディーズの山ちゃん。でもレギュラーメンバーにはおはスタの山ちゃんとは認めてもらえず、常に「南海さん」と呼ばれ続けてしまう。ここで「お願いだから山ちゃんって呼んで!」と懇願するところが笑うところらしい。個人的には結構いい感じで面白い。でも漫才より面白いってのは本人達にどうなんだろう。火曜日にはしずちゃん、水曜日には久々にダブルユー本人も登場。キャラメルってまだやるつもりなんだ!残念なのは加護ちゃんが「山ちゃん」と呼んでしまった事。そこは綿密に打ち合わせて加護ちゃんにも「南海さん」と呼ばせれば完璧だった。山ちゃんが山ちゃんと呼ばれて逆に突っ込みドコロをなくして困ってたもんなぁ。

 ガハッ!直前まで起きてたのにまた眠りこけて「アカギ」見逃した。まぁ、勝負が始まったばかりだろうから見逃してもあんまり話は進んでないんだろうけどさー。アカギファン失格でやんす。来週からは毎週予約にすべきか…。
  1. 2006/01/18(水) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おはスタの司会が三谷幸喜

 朝、いつものように「おはスタ」にチャンネルを合わせたら、司会が山ちゃんじゃなくて三谷幸喜だった。…って、えーー!!そんなアホなーー(笑)!?。しかも割と本格的に仕切ってるー。まどかに「コーキー」呼ばわりされて嬉々としてるー。なんだこの絵!?シュールすぎる!

 ちなみに三谷幸喜は子供番組はよくチェックしているらしく、この「おはスタ」もよく見ているらしい。山ちゃんこと山寺宏一が三谷作品を主に俳優としても活躍しているのは、「おはスタ」で三谷さんに注目されたからなんだそうな…。しかし、映画「有頂天ホテル」の宣伝とはいえ、わざわざこの番組を選ぶところがなんとも三谷さんらしい。

 「マシュー」のなまり亭に柴田理恵。富山出身の嫁は大笑いで見ている。が、ちょっと出演者固定されすぎじゃないですか?なんかローテーションで同じ人が出てる。ここは一つ、福井の高橋ちゃんと福岡の田中ちゃんとで対決させて欲しいです、そろそろ。あと、「BEST HIT GENERATION」のコーナー復活、熱烈希望。BEST HIT TVはあれがあってBEST HIT TVだったと思う。
  1. 2006/01/10(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さんまのまんま

 嫁が唐沢寿明目当てで「さんまのまんま」を観ていたところ、小西真奈美が出ていたのでいっしょになって観る。小西真奈美やっぱりかわいいなぁ。あれで27歳ですって事ですが、さんまと有田がメロメロになるのもわかる。大人っぽさと子供っぽさが見事に同居してる。しかも女優だけにどんな役でも出来るんだよね。前に生で見た野田秀樹の「赤鬼」とかの舞台での荒ぶる迫真の演技、コマーシャルやドラマなどで見せるおしとやかで清楚な演技、ミラクルダイブのコントなどで見せる小悪魔風のすっとんだ演技。どれをとっても小西真奈美ってのが見事です。

 ネットdeダビング機能を使ったRD→PCへの映像ファイル転送成功。これでメール予約以外の使いたかった機能がほぼすべて実現。感無量。最初はVirtualRDを使ってやってみたのだが、無線LANで組んでいるせいか、全くRDがPCを認識してくれない。そこで、もう一つのツールRANDERDで試してみたところあっさり成功。年末にBSで録画した「ロック誕生50年」からZEPのビデオを録画してみると、3分程度のビデオで88MB程度になる。30分番組だと300MB、1時間だと600MBぐらいか。映画だと1GB突破するなぁ。あんまりたくさん移すとあっという間にパンクですな。
  1. 2006/01/07(土) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シェークスピア紀行 蜷川幸雄ヨーロッパ旅

 蜷川幸雄と鈴木杏がシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台となったイタリアのヴェローナをを旅するドキュメンタリーをやっていたので見た。久々に見た杏ちゃんはまたタテヨコがでかくなっているような気がした。もちろん、顔も。小西真奈美と並べたらとんでもない事になりそうだ。でもカワイイから許す。

 ネットdeモニター接続成功。RDからの映像がストリーミングでPC上から見れるというこの機能。まぁ画質はこんなもんかという程度、操作も3秒ほどのタイムラグがあるなど、機能的にはそんなにいいものではないが、それでもテレビが占有されているときに、ちょっとPCでテレビや録画再生できるのはなかなか便利かも。
  1. 2006/01/06(金) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すべらない話4

 録画していた「人志松本のすべらない話4」を見る。なんだか前回より面白くない。しかも有田と宮川の話がすべった。この番組、すべる事もあるんだねぇ!ていうか、有田には荷が重いのでは?どっちかというと、上田の方がすべらない話をしそうな気がするのだが…。

 ユーミンの「オールナイトニッポンTV」が面白かった。aiko目当てで見たが、くるりのシゲールやマッキーとのコラボ、平井賢や浜崎あゆみへの歯に衣着せぬ物言いなどなかなかあなどりがたいトーク。小室哲哉との「BOY MEETS GIRL」のユーミンバージョンもなかなか。

 夜は「丘の湯」に1日早い1年の垢を落としに行く。人は多かったが癒されたー。
  1. 2005/12/30(金) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M-1グランプリ

 初めて見た。目当ては南海キャンディーズだったのだが、今回あまり面白くなかった。トークなどでは面白い山ちゃんの突っ込みが漫才になると聞いてて結構サムいのだ。彼らは漫才じゃなくて、普通のトークバラエティ向けなんだと思う。

 で、優勝はブラック・マヨネーズというコンビ。最終的に優勝候補の笑い飯と麒麟とで争ったわけですが、結局彼らが優勝。ふーん、今時の漫才で一番面白いのはこういう漫才なのか。正統な漫才をやってるってのはわかるけど、あんまり笑えないのは何故か。こういうのより個人的には「めちゃイケ」の「笑わず嫌い」とかの方が面白い。でもいろいろサイトの感想見ていると結構評判高いんだよなぁ。ワシの笑いのセンスが無いという事か。感性がジジイになってしまったという事か。そうか、そうですか。
  1. 2005/12/25(日) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リンカーン

 フレンドリーダウンタウン。今回の被害者はビビる大木。だいたひかるのネタ影武者も良かった。さまぁ~ずの立ち位置がかなりおいしくなってきた。逆に松ちゃんは1位獲っても心の中ではおいしくないとか思ってるんだろうなぁ。
  1. 2005/11/22(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒バラ

 4週目突入の仙台旅行特集。1回目のハイライトで確か温泉に入るシーンとかあったような気がするが、未だそこにすら到達していない有様。車の中での中居君の熱い恋愛トークや良純と矢口の恋人シチュエーション小芝居、あとクレープ屋に良純を残して車で逃げちゃうといういたずらを延々30分ダラダラ流しただけで、さらに次週に続く。すげーグダグダな番組だなぁ。一体いつまで引っ張るのよ!とツッコミながら、こういうのは嫌いではないので2ヶ月くらいこれでいいなぁとか思ったり。
  1. 2005/11/20(日) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リンカーン

 何気に楽しみな秋の新番組、「リンカーン」第4回は初回の雰囲気に戻った感じ。3週1サイクルくらいでスタジオ企画、ロケ企画をローテーションするんですかね。今週は初回の雰囲気に戻ってた。ネタ影武者第2弾で、テーマはレギュラーのあるあるを考えるってやつだったけど、ふかわの方が面白かったかな。合成写真コーナーも微妙だったしなぁ。30秒で面白い話をするコーナーは、参加芸人がふがいなさすぎる。ふがいないところを笑うんだったらいいんだけど、こっちとしてはミラクルな面白話を期待してるわけですよ。「すべらない話」レベルはもっていって欲しい。30秒で喋れる基本の面白話を何パターンか持っていれば、強引にお題に絡ませて喋れると思うのだがどうだろう。面白いは面白いんだけど、結構正念場な感じがしてきたぞ。
  1. 2005/11/08(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEY!×3とリンカーン

 「HEY!×3」に修二と彰。ジャニーズのメンバーが出ると必ず「ジャニーさん伝説」トークになるので見逃せない。ダウンタウンの食いつきも良好で、彼らがワクワクしながらトークしているのが良い。ただ、山ピーと亀梨君のデビュー秘話は以前メレンゲかなんかの番組で既にやっていたので新鮮味はあまりなし。

 一方「リンカーン」は、先週の初顔合わせドッキリ企画や、今週のフレンドリーダウンタウンなど、今のところはずしていない。「ガキの使い」に続いて毎週観るべきダウンタウンの番組に仲間入りはほぼ決定か。もうしばらく観て面白さが持続するようだったら毎週予約に変えよう。
  1. 2005/11/02(水) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リンカーン

 録画していた「リンカーン」観る。TBSにダウンタウンが出るのは10何年ぶりなんですって。そういえばそうかも。で、1回目の内容はダウンタウン含むレギュラー9人のお笑い芸人がメインで、その他に若手芸人多数が雛壇にいて、とっかえひっかえでネタ披露をするというスペシャル版。なんかダウンタウンDXとガキの使いの大喜利をミックスしたような、あんまり新鮮味は無い内容だったが、でもそこそこ面白く見てしまった。ふかわネタやおかんダービーとか良かったなぁ。10秒大喜利とかはちょっとマニアックすぎ?深夜にひっそりやるようなテーマだと思うけど…。キャイ~ンとかさまぁ~ずとか、ダウンタウンが今まであんまり絡んだ事がないようなベテラン芸人がレギュラーなのは面白いけど、あんまり長くは続かないような気もするなぁ。続いて内容が整理されていけば、面白い番組になりそうな気もするが。

 オープニングアニメがあのスタジオ4℃。中山大輔がキャラデザ・監督ですんごくファンキーでカッコいいのだが、この番組に合っているのかどうか…。
  1. 2005/10/22(土) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

矢口さんの恋愛話

 ちょっと前にやっていた「行列の出来る法律事務所」で矢口さんが過去の恋愛を暴露。「真剣にお付き合いしようと思っていた人がいて、その人に『ヒモにしてくんない?』と言われてドン引き」みたいな話だったが、これは芸能界に入って結構モーニングでの地位も高くなってる時点での話だよね。この相手は一般人なのかなぁ。矢口にそこまで近づける一般人っていったいどういう人なのよってのは置いといて、そりゃ相手は有名芸能人だろうけどさ、どうして矢口…ていうか女の子相手にその台詞が出るか?っつー事ですよね。アホだなー。逃がした魚は大きいなり。

 それにしても、以前のグータンとかその辺あたりから、矢口の恋愛話が結構フランクに語られ始めたが、事務所的にもこのこの話はネタ的にオッケー状態になってきたという事なんでしょうか?そもそももう恋愛バレを経て今のポジションがあるわけだから、もう今更何を隠すんだってのもあるしね。中澤姉さんに至っては昔から隠してなかったし。我々ファン的にもそういう話が出てきたほうが面白いしね。どんどんやっちゃって下さい。

 でも、矢口さんには悪いけど彼女の今の恋愛は長くは続かないような気がするね。紳介じゃないですが芸能界はそんなに甘くないでしょう。だって向こうもイケメン俳優ですよ。お互いまだまだ若いし、一つの所に収まる歳じゃない。で、30過ぎてから「え~!」と驚くようなお笑い芸人と結婚するんですよ、きっと。それ以前にあややの熱愛話が全く無かった事になって久しいですが、その後どうなった?
  1. 2005/10/18(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界ウルルン滞在記

 ソニンが出ていたので観る。スペインに行って綱引きチームに入って特訓という、まさに肉体派アイドルソニン向けの企画。最後はやっぱり感動でちょっとウルウルしました。しかしまぁ、スッピンですごい形相で綱を引いてるソニンの姿は、なんか子供でも生まれるんじゃないかという勢いで凄かった。それにしてもソニンは鍛えすぎ。もうガタイが女子プロレスラーです。EE-JUMPでカワイくアイドルやってた頃の面影は皆無。それでも髪を下ろして化粧するとまだカワイイんだけど、今後はこんな体を張ったレポート仕事がメインになっていくような気がする。電波少年がまだやってたら絶対ターゲットになって、今頃地球の反対側で野宿とかしてそうだ。でもこういうの、ハローからソロ転向した矢口さんのような人とかにはとても出来ないだろうから、ニーズはあると思うし、結構ソニンて芸能界で生き残って行きそうな気もするな。…でも歌の方も捨てずに頑張ってもらいたいです。
  1. 2005/10/16(日) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガキの使いSP

 録画していた「ガキの使い罰ゲームスペシャル・笑ってはいけないハイスクール」を観る。やっぱ罰ゲームはオモロイなぁ。もう終始笑いっぱなし。山ちゃんを利用して他の3人を笑わせようとするのは新機軸かな。最初のおばちゃん女子高生をもっと出して欲しかったなぁ。あとは劇団ひとりの理不尽ななぐられっぷり、ツボに入りまくりのジミーちゃん、何気にかわいいヨッパなトイレの花子さん、板尾の嫁の百発百中っぷりもナイス。でも板尾はなぜ嫁とからまなかったのかね?

 夜は「ガキの使い罰ゲーム未公開集」観る。本編だけでもお腹いっぱいなのに、こんなにオモロイシーンを沢山カットしていたなんて。「鶴光のお悩み問答」と女子高生河本なんて大反則。笑わないわけないじゃん。こちょばし隊は見てるだけでいつもこちょばしくなる。とどめの松ちゃんの「俺、今日誕生日やった…」。サイコーです。次はひとりぼっちの廃旅館またやってくれないかなぁ。でもこれは松ちゃんが1人で負けないとダメだな。

 久々に丘の湯へ。雨の中の露天風呂。冷た気持ちいい!
  1. 2005/10/09(日) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すべらない話3

 録画していた「人志松本のすべらない話3」を観る。前2回は観てないので比較は出来ないのだが、芸人が集まって普通の話をしているだけのシンプルな話なのに妙に笑える。さすがだなぁ。っつっても松ちゃんはどんな話でもすぐ笑い過ぎなんだよな。で、みんなつられて笑ってしまう。次長課長河本のおかんとおねぇの話は特に笑える。前の話も聞きたい。

 今回、誰の話もすべらなかったのだが、前回までにすべった話ってあったのかね?
  1. 2005/10/07(金) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑っていいとも!でプチ放送事故

 昨日の「笑っていいとも!」は、やぐっちゃんがゲストだったので、録画してそこのコーナーだけ見ていると、「いいとも年内終了」とか「くまのぬいぐるみ」をキーワードにみんなネタフリをして笑いを取っている。意味が分からなかったので最初から見直すと、テレフォンショッキングのゲストで山崎邦正が出ている時、客席からタモリに向かって「いいとも年内終了ってホントすか!?」と質問を投げかける輩が現れ、CM明けには彼が座っていた席にくまのぬいぐるみが置かれているという事態が起きていた。

 なるほどこれをネタにしていたわけか。これって山ちゃんヒッカケの仕込みかと思ったら、本当に素人がやっちゃったみたいで、軽い放送事故として話題になっていたのでビックリした。そういう事もあるんだねぇ。そう言えば「ロンパールーム」であったねぇそういうの!おかげで山ちゃんのトークはほとんど無くなってしまってたけど。かわいそうに…。まぁせっかくだから消さずに、t.A.T.uが出た時のMステと一緒に残しておこう。今週の増刊号ではカットされるのかな?やっぱり。そうそう、やぐっちゃん、「やぐちひとり」10月以降続行おめでとう!これからもあのゆるい番組が見れると思うと幸せです。

 10,000枚限定のくるりパスネット。今日発売だったけど、朝買いに行ったら既に売り切れだった。スゲー人気。無いとなるとますます欲しくなるのが人の性だが…、まぁ、「くるり特にファンって事もないしー」、とか負け惜しみを言って諦めます。
  1. 2005/09/22(木) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バックアップとHEY!×3

 3連休3日目は、先週買ったDVDドライブを使ってファイルをバックアップするための準備で忙殺。なんせDVD-Rは1枚4.7GBもあるから、どうせバックアップするならきちんと整理された状態でバックアップしたい。そうするとぐちゃぐちゃになったHDD内をとことん整理しないと気がすまなくなる。中身確かめながら、いるものいらないものきちんと体系立ててまとめていると、当然1日2日では終わらないわけで…。ああ、バックアップ完了するのはいつの日なんでしょう。

 夜にHEY!×3スペシャル観る。最近昔のスター芸能人の全盛期の裏話を振り返るというスペシャル企画多いよなぁ。杉田かおるはともかく、スター錦野とか伊代ちゃんとか、このところしょっちゅう見てる気がする。…と思いつつ、ど真ん中の昭和世代は悲しいかなこういう番組を楽しく見ちゃうです。「スターどっきりマルヒ報告」の野口五郎の「キリド」や、今見てもカワイイ石野真子ちゃんのアイドルに徹するキュートな姿が見れたから良しとしよう。今の中学生に当時のアグネス・チャンが一番人気ってのは驚いた。関ジャニ∞の扱いがこの上なく良くて、最近のハロプロの衰退を思うとウラヤマシイ!
  1. 2005/09/19(月) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GOIGOIさん安らかに…

 本日は帰省のお疲れ有休。休みは取ったが、会社はやってるので、念のため定時内は自宅で待機。んで、溜まっていた「sakusaku」のビデオを見ると、月曜日の放送の初っ端にいきなりGOIGOIさんの訃報が。くも膜下出血で9日に亡くなったそうだ。享年35歳。若すぎる。

 いや、実は先週の時点からネットに情報が上がっていたので知ってはいたのだが、やはりにわかには信じられなかった。しかし、こうやって放送で流れると、信じざるを得ない。今週オンエアまではGOIGOIさんは今まで通り普通に出演している。涙なくしては見れないなぁ。GOIGOIさん、ご冥福をお祈りします。どうか安らかに。
  1. 2005/08/17(水) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

馬場さん

 ここのところの矢口のバラエティ露出にはものすごいものがある。とりあえず押し込めるものには全て押し込めと言わんばかりに登場、それこそ借りてきた猫のようにちょこんと隅に座って一言二言コメントする番組から、メインゲストで結構大きく扱われる番組までいろいろとあるが、いつぞやオンエアされた「はなまるマーケット」や先日の「バニラ気分」などのトークゲスト番組では、現状のバラエティ進出についていろいろ考えている事が垣間見えて面白かった。そんな中でも異色な出演が「はねるのトびら」の馬場さんコントゲスト。パネラーや回答者などのゲストは数あれど、コント出演はアウェイでは珍しいのだが、これがいい意味でひどい。ここまでやれれば大丈夫だろう。ウ○コネタを臆面もなくやりきるところなんて、意気込みを感じた。感じすぎてアンタがそこまでやらなくても…とちょっと悲しくもあったが。

 ただ、「かわいいのに汚れも可能」なこのポジションには若槻千夏という強力な先駆者がいる。確か矢口バラドル化の後「正直しんどい」のスペシャルとかで何度か共演してたはずだが、全部持っていかれていた。「バニラ気分」で、1人SMAP(歌も踊りも役者もバラエティもなんでもこなせる)をめざし、目標のタレントを坂下千里子、兵藤ゆき、YOU、オセロ中島、磯野貴理子と無難なところを上げていたが、本当は絶対に若槻の座を狙っていると思う。ただ、ハロプロの矢口が若槻ほど突き抜けられるかは微妙(本人的には出来そうだけど事務所が許すかね)。果たして矢口は今後どのようなポジションに収まる事ができるのか。上手いことニッチなポジションがあればいいのだが。

 とりあえず、他の娘。脱退メンバーとは違い、矢口はなんとかこれからも細く長く生き残っていきそうな気がするので、応援したい。でもせめて歌は歌わせてやれよ、と言いたい。
  1. 2005/08/08(月) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ