クマチュー!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

予言 [シネマ日記-1055]

予言 [DVD]

(2004年/日本)
監督/鶴田法男
出演/三上博史 酒井法子 堀北真希 小野真弓  山本圭 吉行和子

つのだじろうの漫画「恐怖新聞」を原作とした、Jホラーシアターの1作。「恐怖新聞」的な要素は、未来の事故などが記された新聞が主人公のもとに届き、その通りになるというところのみ。運命に抗って回避しようともがくところは、「ファイナル・ディスティネーション」と「バタフライ・エフェクト」のいいとこ取りみたいな…、っつってもそれらと比べると全くもって微妙なんですけどね…。

まぁ、雰囲気は悪くないですよ。Jホラーならではの嫌〜な感じとかね。でも、そもそも怖くないですし、ストーリーもなんかもう適当に作ったとしか言いようがないほど意味がわからない。鬼形礼も一応出てくるけど、とりあえず名前出しとけってだけですよね。大体、恐怖新聞がどういう因果で届くのか、それが回避可能なのか、説明がなさすぎる。クライマックスの夢オチの連続は、それが抜けられない無間地獄の表現だったとしても興ざめでしたな。ラストはこれで終わりか、それともこれからも…という含みがあったのでまだいいですが、それでも納得はいかない。

あと、堀北ちゃん…。出番少なすぎ。何のために出てきたのかも良く分からない。ごくわずかにあるショックシーンのビジュアルが悪くないだけに非常に残念な出来でしたなー。
(CS)

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2017/10/30(月) |
  2. 映画(ホラー)
  3. | コメント:0
<<ナイトクローラー [シネマ日記] | ホーム | ブレードランナー 2049 [シネマ日記-1054]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。