クマチュー!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第三章 純愛篇 [シネマ日記-1052]

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 3 [Blu-ray]

(2017年/日本)
監督/羽原信義
出演/小野大輔 桑島法子 鈴村健一  手塚秀彰 神田沙也加

正直言うと、この第三章は、2199からのヤマトで初めて「あれあれ?」となりました。どうも観ていてしっくりこない。最初のエピソード(無数の敵戦艦がうようよ来襲するやつ)はまぁまぁ熱かったですが、その他のエピソードがなんともイマイチ…。ただ、全体の中の4エピソードの連続上映ですから、映画ほど繋がりが良くないのはしょうがないですけどね、特に「ヤマト2」でもあった宇宙ホタルのエピソードの流れが唐突すぎて…。

個人的に「さらば」に比べて「ヤマト2」に思い入れが少ないってのもありますけどね。でも「さらば」で出てきたシーンとかが再現されるところもあって(特に古代と雪が退艦するしないで痴話喧嘩をするシーンは、あのBGMも含めて)良かったんですけどねぇ。なんかいきなり古代とズウォーダーがイメージで会話しちゃったり、究極の選択迫られて雪が突拍子もない行動取ったり、なんかうやむやに助かっちゃったりとか、どうしちゃったの?と言う感じです。作画も途中怪しかったしなぁ。

脚本がどうもヤマトとして納得いかないといいますかね。色々伏線的に詰め込み過ぎな感じもして、よく分からなくなってる。後でパンフの解説読んだら言いたいことは何となく分かるんですけど、とりあえずヤマトをあんまり小難しくしないで!!とは言っておきたい!!まぁ、次以降は仕込まれた謎が解明されていったり、あるのかないのかヤキモキしていたあの展開が期待できたりとかするようなんで、もっと熱く盛り上がると信じてます!!あと、コスモタイガー戦ももっと見せて!!
(THEATER)

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

  1. 2017/10/16(月) |
  2. 映画(アニメ/特撮)
  3. | コメント:0
<<ブレードランナー ファイナル・カット [シネマ日記-1053] | ホーム | バクマン。 [シネマ日記-1051]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。