クマチュー!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

T字路sニューアルバム「T字路s」リリースツアーファイナル/渋谷CLUB QUATTRO



5/11に、渋谷CLUB QUATTROで行われたT字路sのライブに行って来ました。

T字路sのライブ体験は今回が初となります。彼らの事を知ったのは2015年。当時ワタシには浅川マキブームが起きていまして(今もですけど)、そんなところにT字路sが「少年」をカバーしているのをYoutubeで偶然観てしまったんですが、とにかく、ボーカルの伊東妙子さんのボーカルが衝撃的!!GLIMのレミさんの声もたいがいでしたけど、妙子さんのまさに魂の叫びのような声は、なんか別次元のインパクトなんですよ!!

これはなんとしても生で聴いてみたいと常々思っていたのですが、そんなT字路sが、デビュー7年目にして初のフル・アルバムをリリースし、そのアルバムを引っさげてのワンマンライブが開催されるという事で、遂に行ってきました!!いやー、良かった!!本当に楽しいライブでしたよ。

T字路sはボーカルギター(妙子さん)とベース(篠田智仁さん)の2ピースバンドなんですけど、ライブはそこに今回のアルバムのレコーディングに参加したミュージシャンがそのままサポートで参加する形でした。妙子さんは歌ってる時はまさにあの声でド迫力!!日本の至宝だと思いますねあの声は。そして篠田さんのベースも渋い!!多くを語らない方でしたが、後ろでしっかりバンドを支えてる感じがいいですね〜。

ライブ全体としてはやはりあの昭和感!!これが実にたまらない。やってる曲もブルースからジャズ、フォーク、カントリーに昭和歌謡と、幅広くて楽しい。あと、ドラムレスなんですよ。元々CD音源からドラムは入ってないけど、ライブにもドラムがいない。なのに基本リズムがベースとギターのみであのノリは素晴らしい!

アルバムの曲はほとんどやった気がしますし、それらの曲はもちろん良かったんですけど、中でもジャジーな「あの野郎」とか良かったですねぇ。今いつの時代?みたいな感じで楽しく盛り上がる「銀座カンカン物語」、妙子さんがギターを手放して歌う日本語カバー「電気椅子」、「T字路sのテーマ」はやはりの大盛り上がり!!そして圧倒の「愛の讃歌」!!魂が震えるとはまさにこの事。楽しすぎてどれが良かったとかほとんど忘れた!!個人的には「少年」が聴けたのが一番嬉しかったなぁ。このカバーからT字路sを好きになりましたからねぇ。

で、曲間の妙子さんのMC。やっぱり想像した通りのチャキチャキで楽しいお姉さんでしたが、喋ると歌ってる時とは全然違う、舌足らずのかわいい声でギャップがまたいい!!箱が小さいせいもありますが、バンド全体のアットホームな感じも良かったですねぇ。途中でちょっと長めの休憩(おしっこタイム)が入るのも珍しいですけど、おじさんには助かった!!

渋谷CLUB QUATTROは700人くらいの箱ですけどかなり埋まってましたし、観客の年齢がバンドの性質上結構高めではありましたけど、いい感じで盛り上がっていました。今回珍しくライブ前に酒を飲んだんですけど、そんなほろ酔いな感じで観たのもあって実に居心地が良かった!!また機会があったらライブに参加したいです。あと、サポートの下田さんのトランペットがすげぇ良かったので、カンザスシティバンドも聴きたくなった!とにかくT字路sとサポートの面々の皆様には、こんな感じのライブを末永く続けて欲しいですね。
  1. 2017/05/14(日) |
  2. ライブ
  3. | コメント:0
<<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス [シネマ日記-1019] | ホーム | ライト/オフ [シネマ日記-1018]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。