クマチュー!!

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ [シネマ日記-1010]

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

-Captain America: Civil War- (2016年/アメリカ)
監督/アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ
出演/クリス・エヴァンス ロバート・ダウニー・Jr スカーレット・ヨハンソン セバスチャン・スタン ジェレミー・レナー

マーベル・コミックのヒーローチーム"アベンジャーズ"達が、その活動において一般市民に犠牲者が出てしまった事で国際的な社会問題となり、彼らを国際連合の管理下に置くか置かないかでキャップ勢とトニー勢に別れて対立する事になるが…という話。「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の続編であり、かつ「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」より続く物語で、これまでの「どこまでやるの!?」というド派手な展開からすると、どっちかというと人間ドラマにちょっとだけ比重を寄せた地味な作風(それでも十分派手は派手)になってましたよ!

「キャプテン・アメリカ」と冠してますけど、出て来るメンツを観るとこりゃもう一部の人が出て来ないだけのほぼ「アベンジャーズ」でして、もう『マーベル・シネマティック・ユニバース』としてはあんまり作品毎の垣根はなくなってきてる感じですね。シリーズを順番にきちんと観ていたり、MCU全体のファンの人にも嬉しい展開があったりします。ファンは毎回ワクワクしますけど、今回は特に前情報、ネタバレなしで観たい感じです!!(まぁ、今さらそれはなかなか難しいでしょうが。)

で、テーマ的にはこの作品のちょい前にやった「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」にも通じると言うか、「正義のためとは言え、人間世界でスーパーヒーローが本気で暴れるとやばいっすよね」というアレですよ。このテーマはまぁ、ヒーロー物をマジメに観てるとどうしても出て来るテーマなわけで、マーベルもDCもたまたまこの時期にやったんでしょうけど、それぞれの描き方をしていて個人的にはどっちもそれなりに面白かったです。

ただ、シリーズものの弊害として、シリーズをちゃんと観ていないとよく分からないところとかがだんだん増えてきた印象で、1つの作品として楽しめるのかというとどうかな、という感じですね。この作品的には完全にシリーズ前作までがありきで、さらに「次回に続く!!」という感じで終わるのは驚きました。まぁ、次も観ますけどね。
(WOWOW)

テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

  1. 2017/03/20(月) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0
<<劇場版 進撃の巨人 前編 -紅蓮の弓矢- [シネマ日記-1011] | ホーム | アントマン [シネマ日記-1009]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する