クマチュー!!

江口寿史展 KING OF POP



川崎市民ミュージアムで「江口寿史展 KING OF POP」をやっていると聞いて、行ってきました。

「すすめ!パイレーツ」が初めて自分で単行本を全巻揃えたマンガなんですが、あのギャグセンスは鴨川つばめ先生の「マカロニほうれん荘」と双璧で、ワタシとしてはかなり影響を受けました。「漫画家になりたい」と思っていたのは、間違いなく江口先生のマンガを読んでいたからです。まぁ、才能もなければ努力もしませんでしたのでなれませんでしたけどね…。原画とか見ていたら、子供の頃「すすめ!パイレーツ」丸パクリの漫画を描いていたのを思い出しましたよ。とにかく、あの頃を思い出してなんだか創作意欲がもの凄く湧いてきました。ああ、今すぐ絵が描きたい!と、会場でモチベーションがぐっと上がったのですが、家に帰るともう忘れるという…。ダメっすな。

思った以上に展示点数が多かったので、予定時間内に全てを観る事ができなかったのが残念。特にマンガ原稿はもうちょっとじっくり見たかった…。来年は展示内容を少し変えるらしいので、もう一度ぐらいはゆっくり行ってみようかと思います。

あと、川崎市民ミュージアムでは、江口寿史展関連上映・80年代日本映画という事で、名作「転校生」を上映していました。江口先生と何の関連があるのかは良くわかりませんが、こっちも観て来ました。良かったナ。
  1. 2015/12/30(水) |
  2. イベント
  3. | コメント:0
<<2015年アザマシタ! | ホーム | 転校生 [シネマ日記-番外]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する