クマチュー!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

エージェント・ウルトラ [シネマ日記-1006]

エージェント・ウルトラ [Blu-ray]

-American Ultra- (2015年/アメリカ)
監督/ニマ・ヌリザデ
出演/ジェシー・アイゼンバーグ クリステン・スチュワート トファー・グレイス コニー・ブリットン ジョン・レグイザモ

コンビニバイトのダメ男が、ある日謎の女性が残した言葉を聴いた瞬間、覚醒してスーパー・エージェントに変貌!悪漢をあっさり倒してしまう。その後すぐに元のダメ男に戻るが、背後には彼を消そうと迫る謎の組織の影が迫っており…、という話。CIAの「MKウルトラ計画」という実際に行われていたと言われる秘密洗脳実験がストーリーのベースになっているらしいです。

まぁ、そんなのは抜きにして過去になんかあるような話だなぁと思いましたねぇ。自分では気づかないままにスイッチが入って超人パワーを発揮するっていう…。なんだっけ、すぐに思い出せないですけど。この作品が公開された時期はスパイ映画が結構充実していて、これもそんな中の一つなのかなと思いながら観たのですが、スパイ映画というよりは超人アクション的な要素の方が強いという感じでしたね。

なので、スパイ映画を期待するとちょっと拍子抜けしますけど、「普段はダメだけどひょんな事でスーパーヒーローに覚醒する」モノだと思って観るとなかなか面白かったですよ!今回はエピソードゼロ的な展開でもあったので、今後シリーズ化しても面白いのかなと思ったり…。うん、でも結構地味な感じではあったのでそれは無いのかなぁ…。個人的にはエンディングのアニメが結構ポップでグロくて面白かったっていうね!
(WOWOW)
スポンサーサイト

テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

  1. 2017/01/28(土) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

ピラニア [シネマ日記-1005]

ピラニア

-Piranha- (1978年/アメリカ)
監督/ジョー・ダンテ
出演/ブラッドフォード・ディルマン ヘザー・メンジース ケヴィン・マッカーシー

陸軍の極秘施設で兵器として飼育されていた殺人ピラニアを、行方不明者の調査のためにやってきた女性調査員とガイドの男が河川に放ってしまい、さあ大変!!という話。70年代に「ジョーズ(1974)」が大ヒットした以降の殺人動物パニック映画ブームの際に作られた亜流の1作ですけど、いかにもな感じでなかなか懐かしく観れましたよ!!

2010年頃に3Dでリメイクされたのも記憶に新しいですね。あれは地割れの中から突如凶暴化した古代のピラニアが襲ってくる設定でしたが、このオリジナルはピラニアが軍の兵器という設定。まぁ、どっちかっつーとこっちの方がリアリティがあるというか!?昔テレビでよくやってたような気がしますが、全然内容に記憶がなかったので観た事無かったのかな?思ったほどグロ要素はなかった感じですねぇ。

むしろ、お約束のように何度かあるお色気シーンが、なんかこの頃のホラー映画「あるある」で微笑ましかったりしてね。それはともかく、一番気になったのはオープニングシーンですね。アタリの「シャークジョーズ(1975)」をプレイするシーンがあるんですよ!!超初期のビデオゲームですよ。これは貴重ですねぇ!なぜかBGMに「サーカス」の曲が流れるんですけど、オリジナルもそうなのかな?
(BS)

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

  1. 2017/01/25(水) |
  2. 映画(パニック)
  3. | コメント:0

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー [シネマ日記-1004]

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

-Rogue One: A Star Wars Story- (2016年/アメリカ)
監督/ギャレス・エドワーズ
出演/フェリシティ・ジョーンズ ディエゴ・ルナ ドニー・イェン フォレスト・ウィテカー

「スター・ウォーズ」の1作目、エピソード4で描かれた銀河帝国軍のデス・スター攻略の礎となった、設計図の強奪任務を遂行した名もなき反乱同盟軍の活躍を描く話。スピン・オフという事で個人的に全く期待してなかったんですが、エピソード4の開始10分前までの話という事で、世界観は全く違和感無く統一され、想像以上に面白い仕上がりでした!いや、むしろ日本人好みの激熱なストーリー展開に関しては、これまでのSW正編より面白かったんじゃないか、と思うくらいでした!!ブラボー!!

おなじみのキャラクターがほぼ出て来ない序盤に関しては、「フォースの覚醒」同様、ここはどこ?あなたは誰?状態で全くついていけないんですけど、だんだん話がエピソード4に近づいてくる兆候が見え始めるとがぜん盛り上がってくるんですよね!と思えば、こだわりの設定やビジュアルでまさにエピソード4的な世界観が再現されていて、詳しい人ほどニヤリと出来る小ネタも満載、てのが憎いです。ワタシはSWに詳しい方ではないんですけど、それでもどこかで観た事があるな、というシーンがちらほらありました。

戦闘シーンとかも最初が地味なんであまり無いんだろうな、と思ってましたが、おっとどっこい後半すごい事になってました。眼下に青い惑星が見える宇宙空間でXウィングとタイファイターのドッグファイトとか、今まで見た事の無いトロピカルなビーチでのAT-ATとの戦いとか、もう大好物なシーンの連続で胸躍りましたよ!!あと、ネタバレになるといけないんで詳しく言いませんけど、出るだろうなと思っていた人や、この人も出るの!?というようなおなじみの人たちがちらほら出て来るのも驚きます。たぶんCGとか駆使してるんだろうけど、これすごいし単純に嬉しいですよね。

やっぱり、個人的には「あの裏ではこんな事があった」という展開に弱いってのと、自らの信念のために反乱に近い形で蜂起したり、そこに同意したならず者の味方達が主人公のためにバタバタ倒れていったりする「さらば宇宙戦艦ヤマト」的なあの頃の日本SFアニメを彷彿とさせる熱くて切ない展開がもう泣かせる!ラストはもう分かっているのに、主役がメジャーキャストでないのでだれがどう活躍してあのシーンに繋がるのかが分からないワクワク感も素晴らしかったですねー!!次はもう年末に「エピソード8」公開ですか。楽しみですね!!
(THEATER)

テーマ:スター・ウォーズ - ジャンル:映画

  1. 2017/01/22(日) |
  2. 映画(SF)
  3. | コメント:0

エグゼクティブ・デシジョン [シネマ日記-1003]

エグゼクティブ・デシジョン [Blu-ray]

-Executive Decision- (1996年/アメリカ)
監督/スチュアート・ベアード
出演/カート・ラッセル ジョン・レグイザモ ハル・ベリー デヴィッド・スーシェ スティーヴン・セガール

指導者の釈放を要求しジャンボジェットをハイジャックしたテロリストと、それを阻止するためにジェットに乗り込んだ特殊部隊と軍事技術研究員の攻防を描く話。この作品は公開当時劇場に観に行きましたが、今回久々に観ました!「沈黙の戦艦」や「暴走特急」ですっかりセガールの魅力にとりつかれていたワタシは、当然今回の映画もセガール無双、しかもあのカート・ラッセルと共演!!ということでワクワクして観に行ったクチです。

宣伝などでもダブル主演っぽい紹介のされ方をしてましたし、ポスターでも左右にラッセル・セガールがババーン!!と乗っていて、当然そんな映画だと思うじゃないですか!!…結果、みなさんご存知のアレです。いやー、あっけにとられましたねー!!今の映像ソフトのパッケージ観ると、なんとセガールの方消されてるというね!!

それはともかく、「エアポート」シリーズと「ダイ・ハード」シリーズを折衷した感といいますかね、そういう映画はなんだかんだで面白いですよね。今観てもなかなかな見応えでした!!そもそもカート・ラッセルもマッチョで無敵な役も出来るはずなのに、今回は敢えて弱々しいインテリな役ってのも良かったです。あと、90年代の映画ですからね、セガールは若くてシュっとしてるし、ハル・ベリーもまだ初々しい!!いつもはクセのある役が多いジョン・レグイザモが特殊部隊の熱血リーダー、ってのも面白かった。

とまぁ、この映画はセガールが出ながら「沈黙」シリーズでもなんでもないわけですけど、ワタシは「マチェーテ(1作目)」もこの映画も「セガール映画」だと勝手に思ってます!!セガールが出ていればそうなんです!!なお、今回吹き替えで観ましたが、セガールが大塚明夫じゃなかったのだけが非常に残念だったなぁ…(玄田哲章でもなかったような感じだけどそうだったのか?)。
(WOWOW)

テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

  1. 2017/01/20(金) |
  2. セガール
  3. | コメント:0

ブリッジ・オブ・スパイ [シネマ日記-1002]

ブリッジ・オブ・スパイ [Blu-ray]

-Bridge of Spies- (2015年/アメリカ)
監督/スティーヴン・スピルバーグ
出演/トム・ハンクス マーク・ライランス エイミー・ライアン アラン・アルダ

冷戦時代にソ連のスパイがFBIに逮捕され、その弁護士となった男が、ソ連に捉えられ捕虜となったアメリカ偵察機パイロットを解放するため、秘密裏に奔走するという話。タイトルからスパイ映画かと思って観ていたら、主人公はトム・ハンクス演じる弁護士で、まだベルリンの壁があった冷戦中の米ソ間のスパイ交換のお話でした。「U-2撃墜事件」という、史実をもとにした映画のようですね!!

非常に渋い感じで展開するこの映画、アクションやサスペンス、意外性もさほどない歴史ヒューマンドラマといった趣きで、上映時間も結構長いんですが不思議とそう感じない。セリフに張られている伏線が分かりやすく展開が読みやすいし、地味に面白かった感じです。1カ所だけ何故か唐突にものすごい空中アクションシーンがあるんですけど、作品が作品なだけにちと浮いた印象でしたかねー。

でも、全体的には面白かったです!個人的にスピルバーグというと派手な特撮、みたいな印象がありましたけど、彼のこういうシックな映画もまたいいもんですね。
(WOWOW)

テーマ:ヒューマン・人間ドラマ - ジャンル:映画

  1. 2017/01/14(土) |
  2. 映画(人間ドラマ)
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。