クマチュー!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

光る眼 [シネマ日記-780]

光る眼 [DVD]

-VILLAGE OF THE DAMNED- (1995年/アメリカ)
監督/ジョン・カーペンター
出演/クリストファー・リーヴ カースティ・アレイ リンダ・コズラウスキー マイケル・パレ マーク・ハミル

カーペンターによる同名クラシックSF映画のリメイク。数々の傑作を生み出したカーペンターだが、この作品の出来は彼らしさがあまり感じられず、正直物足りないものだった。子供達の眼が不気味に光るエフェクトの効果や、考えさせられるラストは悪くはないが、主人公が意識を読み取られまいとする時の壁や、クライマックスの頭蓋骨が透けるまで光を発するなど、一歩間違うとコントのような演出がされていて首を傾げる。

午後ロードの吹き替え版で観たが、クリストファー・リーヴがささきいさおだったのでほとんどスーパーマン。あと、マーク・ハミルやマイケル・パレなど、有名俳優がものすごくさらっと出ているのもある意味驚いた。子供達のリーダー役の女の子はブサかわで良かった。
(TV)
スポンサーサイト
  1. 2014/07/28(月) |
  2. 映画(SF)
  3. | コメント:0

テレフォン [シネマ日記-779]

チャールズ・ブロンソン DVDコレクションBOX

-TELEFON- (1978年/アメリカ)
監督/ドン・シーゲル
出演/チャールズ・ブロンソン リー・レミック ドナルド・プレザンス

硬派なスパイ・ストーリーと、ボンドガールのような美女との共演。これはブロンソン版「007」か。現在からしてみれば「古いな」という設定は多々あるし、ラストは盛り上がりに欠け、カタルシスもあまりない。どっちかと言うと、やはり「DEATH WISH」シリーズの方が面白い。ブロンソンは妻子を殺されて静かに怒りに燃える方が似合っているのだ。

でも、今風にリメイクしてみれば面白いものが出来そうだ。もっとも、自分が観ていないだけで、こういうプロットの映画はたくさん作られているような気がするが。とにかくもう、だんだんこのしわくちゃでうだつの上がらない、あばれはっちゃくの父ちゃんみたいなオジさんが、かっこ良くて仕方なくなってきている。これがブロンソンマジック!!う~ん、マンダム。
(CS)
  1. 2014/07/18(金) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

ロボコップ [シネマ日記-778]

ロボコップ/ディレクターズ・カット [Blu-ray]

-ROBOCOP- (1987年/アメリカ)

監督/ポール・バーホーベン
出演/ピーター・ウェラー ナンシー・アレン ロニー・コックス カートウッド・スミス ミゲル・ファーラー

いやぁ、懐かしいな。大学生の頃、先輩の家でよくレーザーディスクで観たのを思い出す。今観ても復讐劇として面白いし、結構残虐描写もグロい。さすがバーホーベン。午後ロードのTV放送で観たのだが、グロのカットシーンもあまり無かったように思う。吹き替えは故富山敬がミゲル・フェラーをやってる初回放送版で嬉しかった。

今や重鎮役や悪役などで登場する事が多いマーフィ役のピーター・ウェラーがまだ若いが渋い。アン・ルイス役のナンシー・アレンは「キャリー」にも出てましたね。あれ?この人死んだ?と思ったら「2」にも「3」にも出ているそうで。「2」は観た記憶はあるが、全然覚えてない。「3」は観てないが、空を飛ぶんだったか?P.ウェラーも出てなかった気がするが…。

ロボコップのデザインは「宇宙刑事ギャバン」の引用許可取っているらしいが、そこまで似てるか?という気はする(当時はカッコいいと思えなかった)。敵ロボコップはミニチュアのコマ撮りでチープだけどなんかかわいい。今だったら完全にCGでやるんだろうが、当時は実写であの鳥ロボが動くのに単純に驚いたし、それはそれで味がある。リメイク版もストーリーや設定トレースしてるのだろうか。見較べるのが楽しみである。
(TV)
  1. 2014/07/15(火) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

道化死てるぜ! [シネマ日記-777]

道化死てるぜ!  Blu-ray

-STITCHES- (2012年/アイルランド)
監督/コナー・マクマホン
出演/ロス・ノーブル トミー・ナイト ジェマ=リア・デヴェロー

期待しすぎた。子供達のイタズラで事故死したピエロが、数年後何故か蘇って(でもゾンビじゃない)成長した子供達をコミカルに殺していく!…というアイデアは面白いが、いかんせん怖くもなく、コメディにもなりきれず中途半端だ。

登場人物も、子供の頃かわいかった女子はみんなアバズレてかわいくないし(特にヒロイン)、男子は尽くイカレポンチになっている始末。アメリカ人てみんなこんな感じなのか?と思ってしまう。でも、そんな中でおデブの子がかなりいいキャラに仕上がっているのだが、残念ながら生かしきれてない。あからさまに結末を予想させる伏線とかもどうだろう。

そもそもピエロを生き返らせる謎の集団がよく分からないのだが、それも含めて話を膨らませて続編がいくらでも作れそうなラストもあざとい。最後はホラー映画でNG集とか…。グロシーンはなかなかなのだが、WOWOWのR15放送だったからなのか、モザイクやネガポジ反転がかけられていて興ざめだ。ただ、無修正版が観れたならまた評価は変わるかもしれない。
(CS)
  1. 2014/07/12(土) |
  2. 映画(ホラー)
  3. | コメント:0

ロサンゼルス [シネマ日記-776]

ロサンゼルス [DVD]

-DEATH WISH II- (1982年/アメリカ)
監督/マイケル・ウィナー
出演/チャールズ・ブロンソン ジル・アイアランド ヴィンセント・ガーディニア

びっくりするほど「狼よさらば」をトレースする続編。前作はワルなら誰彼かまわずぶっ殺していたが、今回はまたまた暴行されたあげく事故死してしまった娘と、いい迷惑にも巻き添え食らってしまったお手伝いさんの仇を討つべく、ちゃんと犯人を見つけ出してぶっ殺す。

…が、本来感じるはずのカタルシスを今作では感じられないのは何故か?新しい恋人が出来たからか?娘が死んだというのにその後の生活がやたら普通に見えるからか?あの暴力性に目覚めた狂気というよりは、普通の復讐劇になってしまったからか?

前作に登場するフランク警部も再登場し、いい味出してたりするのだが、結果なんともしっくりしない出来なのある。ちなみに音楽は元ZEPのジミー・ペイジ。それっぽい劇伴ではあったが、特筆すべきでもない感じ。
(CS)
  1. 2014/07/10(木) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

狼よさらば [シネマ日記-775]

狼よさらば [DVD]

-DEATH WISH- (1974年/アメリカ)
監督/マイケル・ウィナー
出演/チャールズ・ブロンソン ホープ・ラング ヴィンセント・ガーディニア

ワタシもようやくブロンソン映画を楽しめる年齢になったか…。思えばこのかたずっと、なんであの冴えないブルドッグのような顔をしたヒゲのオッサンが大人気なのか全く分からなかったが、…今なら分かる!ブロンソンカッコいい!!

嫁を殺され、娘を犯されたブロンソンが復讐に立ち上がる…、と思いきや!!犯人には全く復讐せず、街のゴロツキを狙い、わざとおびき寄せては血祭りに上げるという斜め上の展開!この一筋縄ではいかない狂気の沙汰が、この作品の人気の秘密なのであろう。

ときに、この作品発表時のブロンソンは43歳(1921生)!!ワシはポール・カージーよりはるかに年上なのか!?こっちが衝撃。
  1. 2014/07/07(月) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

追悼 斎藤晴彦さん

img-00065.jpg

俳優の斎藤晴彦さんが2014年6月27日、亡くなられました。心不全だったそうです。また惜しい名優が…残念です。

斎藤さんと言えば、ワタシにとっては東映不思議コメディの名バイプレイヤー。バラバラマン、セロリ、ザ・グレートデンキ…。あの独特な演技に大いに笑わせてもらいました。

心よりご冥福をお祈りいたします。
  1. 2014/07/01(火) |
  2. 東映不思議コメディ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小栗そのがいつの間にかチャームキッズを卒業していた!

どれどれ、新曲出たりとかはないのかい?と、久しぶりに小栗そのさんの情報を検索したら、3月にチャームキッズ卒業してたー!

移籍!?引退!?アイドル頂点めざすはずだったから、まさか飽きて辞めたってことはないよなー。意外なところで再デビューとか??

ぜひともあの歌声をまた聴きたいので、とりあえず…、まぁ、よろしく。
  1. 2014/07/01(火) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。