クマチュー!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

Dreams Come True!!



3月29日にはっちゃくDVD-BOXシリーズ最終巻、「逆転あばれはっちゃく DVD-BOX」が発売されました!これで、全てのあばれはっちゃくのエピソードがリリースされた事になります。半分ぐらい未見のエピソードだった「逆転」全話が収録されているのもうれしいですが、解説書が今まで何だったのかというほど充実しているのが驚きです。あらすじ、エピソードガイドもかなり詳細ですし、企画段階の知らなかった事実も掲載されていて、なんで最初からこういう解説書にしてくれなかったんだ!という思いでいっぱいです。あと、「俺は」BOXのようにフルカラーでキャラ解説や出演者インタビューとかついていたら完璧(酒井君とか喜んで協力してくれそうなんですけどね)。

136468816036713225785_13033101.jpg

シリーズ長いですから、パッケージングもすごい事になりましたね。見てください、このボリューム!壮観です。ただ、今となっては熱血BOXまでのバカでかさが気になります。痛快からのスリムボックスが最初から採用されていれば…。まぁ、それは欲張り過ぎというものでしょう。

136469105222813204418_10033102.jpg

ワタシはその昔、「逆転」が終わった頃に参加した同人誌に全話のビデオを出して欲しいとのコラム(↑)を書いたのですが、25年を経て実現したわけです。本当に実現したのですな!それもかなりディスカウントされてますw(当初想定80万円オーバー!)。想像以上に安く買えるから待っていろと、25年前の自分に教えてやりたい気分です。

今回の「逆転」BOX、特典映像の域を超えた特典、スペシャル2本が収録されているのもうれし過ぎです。本放送では確かに見ましたが、スカパーでも再放送しませんでしたから、実に30年ぶりに見る事になります。早速「俺は男だ」を見ましたが、もう感動でうち震えましたね。OP映像が新規映像だったり、エンディングが山内賢さんの「おれは男だ」だったりと、改めて「そうだったな」という事実に驚き。もったいなくて「男三人」が見られません。

さあ、これからはゆっくりこのBOXの未見エピソードを堪能したいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/31(日) |
  2. あばれはっちゃく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メカニック [シネマ日記-667]

メカニック [Blu-ray]

-THE MECHANIC- (2011年/アメリカ)
監督/サイモン・ウェスト
出演/ジェイソン・ステイサム ベン・フォスター トニー・ゴールドウィン ドナルド・サザーランド

1972年のチャールズ・ブロンソン主演のアクション映画「メカニック」のリメイクという事だが、オリジナルは未見。「アドレナリン」シリーズとはうって変わって、プロの殺し屋というジェイソン・ステイサムの渋い活躍が楽しめる。やっぱりどちらかというとジェイソンは寡黙な殺し屋とか運び屋といったパターンの方がしっくりくる。

オチは設定からするとなんとなく予想がつくが、まさにその通りの展開をするので意外性は無かった。全体的には普通に面白いのだが、あともう一息の盛り上がりが欲しかった感じだ。
(CS)
  1. 2013/03/14(木) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

アドレナリン:ハイ・ボルテージ [シネマ日記-666]

アドレナリン2 ハイ・ボルテージ [Blu-ray]

-CRANK:HIGH VOLTAGE- (2009年/アメリカ)
監督/マーク・ネヴェルダイン、ブライアン・テイラー
出演/ジェイソン・ステイサム エイミー・スマート クリフトン・コリンズ・Jr エフレン・ラミレッツ バイ・リン

ジェイソン・ステイサム主演の18禁バカアクションの第2作。前作は主人公がヘリコプターから落っこちて終わったが、本作はその直後から始まる。前作にも増して、テンポ感・バカバカしさ、マンガチックさがよりパワーアップ。個人的には前作でもの足りなかった振り切れ度がより増していて非常に面白かった。もう「あり得ねー」感が半端ないので逆に嬉しい。

もちろん、エログロな下品さもパワーアップしているので、当然ながら一人でこっそり観よう。いくらでも理由をつけて続けられそうなので、こうなったらステイサムのライフワークとして続編を作りまくって欲しい。
(CS)
  1. 2013/03/14(木) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

コラテラル [シネマ日記-665]

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

-COLLATERAL- (2004年/アメリカ)
監督/マイケル・マン
出演/トム・クルーズ ジェイミー・フォックス ジェイダ・ピンケット=スミス

トム・クルーズが完全なる悪役として登場するのが珍しい。にも関わらず、信念を持った悪役なのでやけにカッコいい。また、相手役のジェイミー・フォックスの押さえた演技もいい。全体的に渋くてムードのある大人のアクション映画という風情で、なかなか面白かった。

ちなみにヒロインのジェイダ・ピンケット=スミスは、「マトリックス」のナイオビの人。後で気付いた。また、冒頭運び屋役でジェイソン・ステイサムが、本当にそのシーンだけのカメオ出演だったので驚いた。
(CS)
  1. 2013/03/11(月) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

ブレーキ [シネマ日記-664]

ブレーキ [Blu-ray]

-BRAKE- (2012年/アメリカ)
監督/ゲイブ・トーレス
出演/スティーブン・ドーフ

つい最近観た、「[リミット]」に良く似たソリッド・シチュエーションスリラー。「[リミット]」は棺桶に閉じ込められた男の話で完全固定されていたが、今回は仕掛けのされた車のトランクの中に閉じ込められるため、いろいろな所に移動するのがミソ。当然似て非なる展開をするわけだが、だんだん閉じ込めた犯人の意図がわかると、「わざわざこんな回りくどい事する必要ある?」という疑問がわき始める。その疑問は一旦は氷解するのだが…。

結果ラストのラストは違った意味で意表を付かれる。個人的には、最後までは良く出来た話と思っていただけに、「えー、なんだかなぁ…」という終わり方だった。この手の映画で溜飲を下げるようなものはなかなか難しいのだろうか。
(CS)
  1. 2013/03/08(金) |
  2. 映画(サスペンス)
  3. | コメント:0

ザ・ウォーカー [シネマ日記-663]

ザ・ウォーカー [Blu-ray]

-THE BOOK OF ELI- (2010年/アメリカ)
監督/アルバート・ヒューズ アレン・ヒューズ
出演/デンゼル・ワシントン ゲイリー・オールドマン ミラ・キュニス ジェニファー・ビールス

最終戦争によって国家も文明も滅びた世界を歩き続ける男の物語。「マッドマックス」や「北斗の拳」的な終末世界の中で、超人的な戦闘能力を持つ一匹狼の主人公が持っている一冊の本を巡ってイザコザが起きるが、デンゼル・ワシントンの年齢に割にはキレのあるアクションの冴えは素晴らしいし、たった一人でチンピラ集団をボコボコに叩きのめすシーンはスカっとする。後半のマッドな老夫婦宅で繰り広げられる長回しシーンは特にスリリングで見所。

 ただ、この作品のテーマと言うか、世界観や結末は日本人には分かりにくいのではないか。キリスト教が関わっているようなので、なおさら自分にはピンとくるところがなさ過ぎた。アメリカ人なら分かるのだろうか。
(CS)
  1. 2013/03/06(水) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

G.I.ジョー [シネマ日記-662]

G.I.ジョー スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

-G.I.JOE : THE RISE OF COBRA- (2009年/アメリカ)
監督/スティーヴン・ソマーズ
出演/チャニング・テイタム レイチェル・ニコルズ クリストファー・エクルストン ジョゼフ・ゴードン=レヴィット シエナ・ミラー イ・ビョンホン

ゴージャスなバカアクション映画。主人公をはじめとするG.I.ジョーたちが、ゴッツい重装備をもちながらことごとく敵に出し抜かれるのが本当にイライラする。というか敵がとにかくタフすぎ。列車とクラッシュした車が豪快にぶっとんでるのに、中の人間は全然無事とかどういう理屈なのか。

ただ、不評ながらも頭を空っぽにして観る分にはなんだかんだで結構面白い。アメリカならではの間違った日本観で描かれるイ・ビョンホンの忍者映画コーナーとか、パリでの人間と車が同じスピードで追いかけっこするシーンはなかなか面白かった。ラストは続編ありきのようですな。
(TV)
  1. 2013/03/02(土) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。