クマチュー!!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q [シネマ日記-655]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]

(2012年/日本)
監督/庵野秀明
出演/緒方恵美 林原めぐみ 宮村優子 坂本真綾 石田彰

これは賛否両論でしょうなぁ。自分はと言うと、正直ずっとポカーンとしながら観ていた。とりあえず映像はすごいのだが、そもそもネタバレが嫌で前知識を何も入れずに行ったのが仇となり、話に全くついて行けない!旧劇場版の「Air/まごころを、君に」のあの「ポカーン感」が蘇った。ラストはまた「気持ち悪い」で終わるのかと思いましたよ。

「破」はテレビ版を基本としながらだんだんズレていくのに興奮した。でも、今回はテレビ版とも旧劇場版とも、ましてや新劇場版の前作からも全くかけ離れてしまっている。しかも、全然違うものであるにも関わらず、これ1本で1つの作品として観るのもまた不可能という非常に特殊な映画になっている。いやいや、一体どうしたものか。次はいよいよ完結編なわけだが、どうまとめるのか?まとまるのか??
(THEATER)
  1. 2012/12/29(土) |
  2. 映画(アニメ/特撮)
  3. | コメント:0

シャッター・アイランド [シネマ日記-654]

シャッターアイランド スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

-SHUTTER ISLAND- (2010年/アメリカ)
監督/マーティン・スコセッシ
出演/レオナルド・ディカプリオ マーク・ラファロ

謎の失踪事件を追い、閉ざされた島=シャッター・アイランドへやってきたディカプリオ演じる主人公の保安官。捜査を続けるうち、彼が知る事になる衝撃の事実とは?…という、いかにもプンプン匂う前振りのせいで、観る方も伏線を見逃さないようにと力が入ってしまった。

さて、その結果は…?いやいや、これは感想を書いても類似作をあげても、何を書いても全てネタバレになりそうなので書きません。最初に書いた以外の情報は全てシャットアウトして観るのが吉。
(CS)
  1. 2012/12/24(月) |
  2. 映画(サスペンス)
  3. | コメント:0

007 ムーンレイカー [シネマ日記-653]

ムーンレイカー [Blu-ray]

-MOONRAKER- (1979年/アメリカ・イギリス)
監督/ルイス・ギルバート
出演/ロジャー・ムーア ロイス・チャイルズ マイケル・ロンズデール リチャード・キール

ワタシが007ファンになったのは「私を愛したスパイ」が劇場公開された時期で、これはその次の作品。劇場には行かなかったし、テレビで観た記憶もほとんど無いのだが、何故か家にパンフレットがあって見覚えのあるシーンが多かった。

この作品、「スター・ウォーズ」などのSF映画がブームになり、「いっちょ007もと」それに乗っかったと思われるが、今観ると実に微妙な作品である。宇宙を舞台にしているのが売りな割には、後半ラストにしか宇宙に行かない。あげればきりがないほどツッコミどころも多すぎる。ムーアボンド、いや007シリーズ一番の珍作の評も納得できる。それを受けてか、次の「ユア・アイズ・オンリー」は小品ながらもスパイアクションとしては正統な作品になっていたが。
(CS)
  1. 2012/12/13(木) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

アドレナリン [シネマ日記-652]

アドレナリン [DVD]

-CRANK- (2006年/アメリカ)
監督/マーク・ネヴェルダイン ブライアン・テイラー
出演/ジェイソン・ステイサム エイミー・スマート エフレン・ラミッツ ホセ・パブロ・カンティーロ

世界一セクシーでカッコいいハゲ、ジェイソン・ステイサム主演のバカアクション映画。教育に悪そうなバイオレンスシーンやお下劣エロシーンなど気まずいシーン満載なので、決して家族や恋人とは観ず、一人でニヤニヤ楽しむべき映画。

個人的には前評判でもっとメチャクチャな映画を想像したのだが、思ったほどではなかった。確かに酷くて、いつもは寡黙で渋い役が多いジェイソンがこんな役やっていいのか?というほどぶっ飛んでいるのだが、いやいやこの設定ならもっともっとはちゃめちゃに出来そうなのに振り切れてない。実にもったいない。
(CS)
  1. 2012/12/12(水) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル [シネマ日記-651]

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル [Blu-ray]

-MISSION:IMPOSSIBLE GHOST PROTOCOL- (2011年/アメリカ)
監督/ブラッド・バード
出演/トム・クルーズ ポーラ・パットン サイモン・ペグ ジェレミー・レナー ジョシュ・ホロウェイ アニル・カプール

ちょっと期待し過ぎたところはあったが、前作よりは分かりやすい娯楽作になっていて楽しめた。孤軍奮闘せざるを得なかったチームの面々が徐々に団結し、アイデアを捻り合い、ピンチになってもあきらめず次の手を即座に考え対処していく様が、まさにプロのスパイ集団アクション。

この「スパイ大作戦」テイストが最新の映像効果で楽しめるのはなかなか嬉しい。ドバイの高層ビルアクションは一番の売りだったようなのでCMでやり過ぎていささか新鮮さは無かったが、クライマックスの立体駐車場でのアクションなど工夫溢れるアクションシーンが満載で飽きさせない。なお、基本的には3作目の登場人物が続投しているが、1作目から出ている人が意外なシーンで再登場したりするので、登場人物のおさらいはしておいた方がいいかも(自分は「あれ、この人前に出てたっけ?」となってしまって感動が薄れてしまったので)。
(WOWOW)
  1. 2012/12/08(土) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

ラビット・ホラー [シネマ日記-650]

ラビット・ホラー3D [Blu-ray]

(2011年/日本)
監督/清水崇
出演/満島ひかり 澁谷武尊 香川照之

清水崇監督作品という事で期待しつつも、前評判からちょっと嫌な予感はしていたが、案の定開幕早々怖くない。3Dでなく2Dで観たが、そのせいでもないと思う。最後まで観ると、これはホラーというよりホラー風味のファンタジーだと気付くが、コンセプトがそうならタイトルに堂々と「ホラー」と掲げないで欲しい。単純に清水ホラーを怖がりたい観客にとっては、失望を招きかねない。

逆にホラーだと思わずに観ると、心理サスペンス的な側面もありなかなか楽しめる。同じようなコンセプトの映画をいくつか観た事があるが、その名を挙げてしまうと一発でネタバレになるので言うまい。分かる人はすぐにオチに気付くだろう。悲劇としてもいいお話である。ただ個人的にはそろそろ最恐の清水ホラーが観たい。
(CS)
  1. 2012/12/03(月) |
  2. 映画(ホラー)
  3. | コメント:0

麒麟の翼 ~劇場版・新参者~ [シネマ日記-649]

麒麟の翼~劇場版・新参者~ Blu-ray通常版

(2012年/日本)
監督/土井裕泰
出演/阿部寛 新垣結衣 溝端淳平 中井貴一

一見関連のある1つの殺人事件の当事者(被害者と加害者)に、さらにそれぞれのドラマがあるというお話。テレビドラマ版「新参者」は観ていたし、出演者も共通でなじみやすく、展開もいかにも「新参者」なのだが、正直映画でやるほどの内容かとは思った。

今をときめく松坂桃李が主役級だったのにも驚いたが、やっぱり中井貴一が全部持っていくんだよなぁ。あと、犯人を推理しようと思っても、この映画では構成上正直難しいと思うので、人間ドラマとして楽しむのが吉。
(WOWOW)
  1. 2012/12/02(日) |
  2. 映画(ミステリー)
  3. | コメント:0