クマチュー!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

[リミット] [シネマ日記-648]

[リミット] スペシャル・プライス [Blu-ray]

-BURIED- (2010年/スペイン)
監督/ロドリゴ・コルテス
出演/ライアン・レイノルズ ロバート・パターソン ホセ・ルイス・ガルシア・ペレス スティーヴン・トボロウスキー サマンサ・マシス

最初から最後まで棺桶の中、という究極のソリッドシチュエーション映画。ラスト直前までは面白かったが、結末が個人的に「う~ん」という感じ。別にグッドエンドでもバッドエンドでもかまわないのだが、この映画の着地点にはちょっと納得いかなかった。でもまぁ、こういう情報があまり開示されない映画だからこそ、裏設定をいろいろ想像しながら観るのも楽しいのだろう。

ちなみにこの映画の製作費は2億円。普通に考えると破格だが、こんな映画でも億単位で金がかかるとは映画作りも大変だ。
(CS)
スポンサーサイト
  1. 2012/11/30(金) |
  2. 映画(サスペンス)
  3. | コメント:0

カイジ2 人生奪回ゲーム [シネマ日記-647]

カイジ2 人生奪回ゲーム [Blu-ray]

(2011年/日本)
監督/佐藤東弥
出演/藤原竜也 伊勢谷友介 吉高由里子 生瀬勝久 香川照之

スケールのでかい「パチンコ映画」。こんな一発台のパチンコの話で2時間やってしまうなんてやっぱりカイジは凄い。でも、玉のすり替えは疑惑があった時点でとっととプレイ中止するのに、あからさまに不正しているのがバレている調整棒や台の傾き操作には全くおとがめなしでプレイ継続できたりと疑問点はちらほら。

ラストはイカサマVSイカサマの対決だし、玉のぶち込みは金で押し込むだけの力技のみで、技術や心理的なかけひきが全くないのが残念。原作もそうだったのだろうか?
(CS)
  1. 2012/11/28(水) |
  2. 映画(サスペンス)
  3. | コメント:0

GANTZ PERFECT ANSWER [シネマ日記-646]

GANTZ PERFECT ANSWER [Blu-ray]

(2011年/日本)
監督/佐藤信介
出演/二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子 本郷奏多 夏菜 千阪健介 白石隼也 水沢奈子 戸田菜穂 綾野剛 伊藤歩 田口トモロヲ 山田孝之

前作と今作の途中まで良かったのに、後半から良くわからなくなった。前作で結構盛り上がった「異形の星人」との戦いも今回がずいぶん減ってしまって、「人型の星人」との格闘がメインになってしまっているのが残念。ただ、地下鉄の格闘シーンは良かった。武器の使い方にルールや制限がはっきりしていないからなんとなくモヤっとしてしまうんだろうなぁ。敵もどこが弱点なのかハッキリしないし、展開が突っ込みどころばかりになってしまっている。

連載途中の漫画をオリジナルストーリーで完結させる事が難しいのは分かるが、だったら明確に完結させなくても良かったのでは?正直「つづく」でもいい気がする(その後作る作らないは別にしても)。少なくとも「今までなんだったの?」と思わせるような終わり方はやっちゃ駄目だと思う。
(CS)
  1. 2012/11/18(日) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

GANTZ [シネマ日記-645]

GANTZ [Blu-ray]

(2011年/日本)
監督/佐藤信介
出演/二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子 本郷奏多 夏菜 千阪健介 白石隼也 水沢奈子 戸田菜穂 綾野剛 伊藤歩 田口トモロヲ 山田孝之

原作漫画は未見のまま鑑賞。原作ファンにはいろいろ思う事があるようだが、自分は結構面白く観れた。テンポも良く、ほとんどだれずに話が進むのも好印象。CGを駆使した特撮シーンも日本映画にしては頑張っていて見応えがある。

ただ、登場人物が何度戦いに出ても戦闘を躊躇してしまうのが気になった。慣れてきたらどんどん敵(?)と戦ってスカっとさせて欲しい。そこで、後々「正義とはなんぞや?」という部分が余計に生きてくるような気がするのだが…。
(CS)
  1. 2012/11/14(水) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

iPad Retinaディスプレイ



11/2に発売された、iPad Retinaディスプレイ(Wi-Fi/32G/White)を買いました。miniじゃありません。ワタシ的にはiOS関連ガジェットデビューです。そろそろ欲しいなと思っていたのと、量販店のポイントがたまっていたところに新型登場という、丁度いいタイミングに背中を押されての購入です。

さっくり触った印象としては、とにかく画面が奇麗。写真はもちろん、フォントもドット感がまるでなくて印刷物を読んでいる感覚になります。ネット接続など含めてレスポンスも非常に機敏で、ちょっとした調べものしたり、テレビ観ながらいじったりするには最適。もうPC立ち上げる必要がないんじゃないかと思うくらい。非常に奥深いオモチャを買った感じで、しばらくはハマってしまいそうです。

しかし、買った後に気づいた。愛機のiMac(Leopard)では母艦として使えない!しかもOSのアップグレードも、LeopardからMountain Lionへは既に不可能!新しく買えという事か!…と言う事で嫁のWin7機を母艦にするしかないという。なんだかなぁ。
  1. 2012/11/03(土) |
  2. デジモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。