クマチュー!!

Kumagoro的 2011年アイドルソングランキングベスト10 (3)

第3位 抱きしめちゃいけない / AKB48(アンダーガールズ)

【多売特典生写真無し】フライングゲット(Type-A)(全国握手会イベント参加券1種ランダム封入)(数量限定生産盤)

ここまで売れるとやはりランク上位に入って来ざるを得ないAKB48の楽曲。少なくとも昨年出したシングルは悉く毎回ハズしなしのキャッチーな曲に仕上がっており、天晴としか言いようが無いです。そんな中、ワタシがAKB48の楽曲の中で昨年最も聴いたのは「フライングゲット」のC/W、アンダーガールズの「抱きしめちゃいけない」です。昨年この曲のレビューを書いたのですが、やはりその後も飽きずに聴き続けています。やはりメロディがオッサン世代にピッタリくるんですな。もちろんその他の曲もいい曲多いんですが、再生回数は「抱きしめちゃ~」がダントツです。

その他の曲については、昨年はアルバムも出たし、シングルカップリングも含めると結構な曲数が出ているのでなかなか選ぶのが大変ですが、中でもビーイング風の「ゼロサム太陽」とかロッカバラード風の「ノエルの夜」、美メロバラード「ゴンドラリフト」あたりは好きですね。

第2位 ショートカット / スマイレージ

ショートカット【初回生産限定盤D】

一聴しただけでビビっとやられました。ワタシ的にアイドルソングに求めるほとんど全てを網羅した、完璧に近い名曲。非の打ち所がない。ハロプロの曲ながらつんく♂臭がほとんどしないのもGOOD。曲調としては℃-uteの「桃色スパークリング 」と姉妹曲のような感じですが、スマイレージ独特のボーカルスタイルにマッチしていて、ワタシ的にはこちらの曲に軍配が上がります。とにかく何度聴いても全く飽きない。

スマイレージは個人的に最注目株のアイドルグループでしたが、ボーカルの柱だったと言っても過言ではない小川紗季と前田憂佳が立て続けに抜けたのは痛過ぎます。特に前田さんは加護ちゃんの再来とも言うべき独特の甘いキュートボイスだったため非常に残念です。前田さん在籍ラストシングルの「プリーズ ミニスカ ポストウーマン!」はなかなかの佳曲だったため、新メンバー含め6人体制という体制に落ち着いた後の今年の曲がどうなるかが気になるところです。

第1位 Z伝説 ~終わりなき革命~ / ももいろクローバーZ

Z伝説~終わりなき革命~

今の時点でももクロちゃんを1位にするのは、流行に乗っかったにわか感があってちょっと気に食わないんですが、「Z伝説」の再生回数が1番多かったのは間違いないのでしょうがない。とにかくこの曲好きすぎる。リリースに先駆けてスカパーでPVがオンエアされた時は、録画して狂ったようにリピートしてました。

昨年は待望のアルバムがリリースされましたが、その中で自分が好きなのは盛り上がり度がハンパない「ワニとシャンプー」と正統派アイドルポップス「コノウタ」です。最新シングル「労働讃歌」はちょっと狙い過ぎな気がしますね。せっかくの大槻ケンヂの詞が聴き取りにくいし、なんせキャッチーさが薄いんですよね…。好きな人は好きなんだろうけど、ワタシはあくまでアイドルポップスファンなので。

以上、ベスト10でした。人それぞれ様々なベスト10があるでしょうが、ご覧の皆様と意見が合うところがありましたでしょうか。はたまた全く合わなかったでしょうか。
  1. 2012/01/06(金) |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Kumagoro的 2011年アイドルソングランキングベスト10 (2)

第6位 ひらひら / Not yet

【特典生写真付き】週末Not yet (DVD付)(Type-A)

AKBの中でワタシの推しメン・指原莉乃と北原里英の2人を擁するNot yet。昨年出たシングル「週末Not yet」「波乗りかき氷」「ペラペラペラオ」はいずれもキャッチーなポップスとして想像以上に出来が良かったという感想です。しかし、そんな中でもワタシが一番気に入ったのは「週末Not yet」のC/W「ひらひら」です。ミドルテンポのバラードですが、サビメロの美しさったらないです。バックのコード展開もツボなんですよね。サビ終わりのギターの音色を聴いていると泣きそうになります。本当に好きで、一時期1曲リピートで延々聴いてました。

あと、「波乗りかき氷」のC/W「僕たちのオフショア」の疾走感もなかなかいいです。この曲も結構リピートしましたね。

第5位 Liar / 東京女子流

Liar / W.M.A.D(DVD付)【ジャケットA】

昨年の女子流ちゃんはスゴかった。シングル、アルバムともにハズレなし。U-15アイドルにあてがう曲としてはとにかく楽曲が高クオリティで、他のアイドルグループとは明らかに頭一歩抜き出ています。ワタシ的心のトップアイドル・SweetSに勝るとも劣りません。これはひとえに楽曲制作の松井寛の本気度によるものでしょう。

そんな中で最新シングル「Liar」のカッコ良さたるや。こんな攻撃的なファンクチューンをアイドルが歌うという事自体がセンセーショナル。今一番皆様にオススメしたいアイドル・ソングNo.1です。あまりに気に入ってリピートしまくったので、前作である同じくファンクな「Limited addiction」や、アルバム収録の高速BPMチューン「Attack Hyper Beat POP」、ロカビリーテイストの「孤独の果て~月が泣いている~」などを一気に追い抜いて、女子流の再生回数トップになってしまいました。もうとにかく先入観なく聴いてみて。ホントカッコいいから。

第4位 雑草のうた / Buono!

雑草のうた(初回生産限定盤)(DVD付)

レコード会社移籍などから自然消滅の予感もしていましたが、見事に生き残ったBuono!。2011年第一弾としてリリースされた「雑草のうた」は、それまでのファンも納得のアイドル・ロック。ハードなギターサウンドとキャッチーなメロディ、そしてキュートなボーカルの融合はBuono!の真骨頂であり、聴いているだけで嬉しくなってしまう納得の出来です。

C/Wの「ラナウェイトレイン」も、ロックテイスト溢れるリフとアイドル的サビの融合がなんともカオスな曲でいいです。シングル「夏ダカラ」・ミニアルバム以降の内容がやや方向転換している感じで不安材料もありましたが、2012年にリリースされる「初恋サイダー」はなかなかいい出来っぽくて、ファンとしてはひとまず胸をなで下ろしているところ。このまま長く続けて欲しいグループです。

Kumagoro的 2011年アイドルソングランキングベスト10 (3)へ続く。
  1. 2012/01/06(金) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Kumagoro的 2011年アイドルソングランキングベスト10 (1)

2011年は、アイドル界はなかなかの賑わいを見せた年になったのではないでしょうか?特に、AKB48のかつてのハロプロを凌駕する躍進が記憶に残る人が多いと思います。あの秋葉原のローカルアイドルが、今や国民的アイドルになるなんて、想像できたでしょうか。ワタシはまず無理と思っていたので、この世界何が起こるか分からない、だから面白い!…というわけで今後もとりあえずウォッチしていきたいと思っています。

さて、今回はワタシの2011年によく聴いたアイドルソングのランキングベスト10を紹介したいと思います。2011年にリリースされたアイドルソングで、単純にワタシのiPodの再生回数が多い物からランキングしているので、一般的なアイドルの人気・評価などは全く関係ありません。Kumagoroがアイドルの楽曲として気に入ったかどうか、の単純なランキングですので悪しからず。

第10位 バンザイVenus / SKE48

【特典なし】バンザイVenus (劇場盤)

2011年までのSKE48のシングル曲は、もうワンパターンに近いほどのフォーマットに従った底抜けに明るいアッパーチューンというのがお決まりでしたが、それだけにキャッチーさは本家AKB48より飛び抜けていて、中でもこの「バンザイVenus」の楽しさは文句なしでよく聴きました。

このシングルはカップリングがまた秀逸で、通常盤TypeAに収録された「愛の数」「卒業式の忘れもの」は往年のビーイング系ポップス、特にZARDあたりの曲を彷彿とさせる曲になっており、ワタシなんかの世代にはモロツボです。

第9位 カッコ悪い I love you / フレンチ・キス

カッコ悪い I love you! (初回盤A)

疾走感のあるビート、ソリッドで音圧のあるバッキングギター、高揚感をかきたてるサビメロ。お嬢様系のコンセプト・ユニットにしてはロックテイストが感じられるこの曲、今年前半のお気に入りで良く聴きました。インストが聴きたくてAKB関連では珍しくシングル盤買った曲でもあります。

その他、シングル「If」のカップリングだった「前を向いてる君」も、ミドルテンポの美メロ曲で好きです。

第8位 message / さくら学院

1st Album 「さくら学院 2010年度 ~message~」初回盤「く」盤

タワレコ社長をはじめ通なら一昨年のデビュー時点、いや、それ以前に可憐Girl'sファンならデビュー前から注目していたはずのさくら学院。女子合唱部風のまっすぐな歌唱スタイル+音圧がやけにあるクオリティの高いバックトラックという、ワタシ的には見逃せないグループです。

普通だとアイドル+メタルという衝撃性で一部の話題になった、重音部 BABYMETALの「ド・キ・ド・キ☆モーニング」を推すんでしょうが、ワタシ個人的には1stアルバムのラストを飾る「message」がお気に入りです。ミドルテンポのなんとなくノスタルジィを感じさせる曲で、聴いていると心が落ち着いてきます。スケールの大きさもあって何度となく繰り返し聴いてしまいます。

第7位 桃色スパークリング / ℃-ute

桃色スパークリング(初回生産限定盤A)(DVD付)

THEアイドルポップス。タイトルからわかるように、炭酸水が吹き出すようなシュワシュワな感覚がなんとも爽やかな曲です。PVも含めて、メンバーのかわいさを十分引き出していると言う意味で出色の出来。ハロプロ枠もまだまだ捨てたものではないと思わせてくれました。

℃-uteではこの曲ほど聴き込みはしませんでしたが、シングル「世界一HAPPYな女の子」もキャッチーで明るい曲で、一時期不調を感じていた ℃-uteの楽曲が絶好調だった年であった気もします。

Kumagoro的 2011年アイドルソングランキングベスト10 (2)へ続く。
  1. 2012/01/06(金) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミーコ劇場 2011



昨年も富山で謎ネコ・ミーコに会って来ました。 続きを読む
  1. 2012/01/05(木) |
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

猫写真館 2011

2011年にKissX5買ってから近所で撮ったノラヌコたちをご紹介。 続きを読む
  1. 2012/01/04(水) |
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

S.H.Figuarts 仮面ライダーファイズ



ずいぶん前になりますが、「仮面ライダーファイズ」のフィギュアーツが再販されたので買いました。
続きを読む
  1. 2012/01/03(火) |
  2. プラモデル・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜散策

IMG_0940.jpg

お正月2日目は、横浜に出かけました。 続きを読む
  1. 2012/01/02(月) |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末~元旦のできごと

年末までブログ更新をあまりしなかったのは、まぁ、平日の通常業務がそれなりに忙しかったのと、休日は休日で「こんまりちゃん」に感化されて以来、お部屋の整理に明け暮れていたから、という事にしておきます。

ネタがないわけではないのですが、いざ書こうと思うとおっくうになって、部屋の整理を始めてしまうという。受験生が、勉強しなければならない時に限って部屋の模様替え始めてしまうとか、あんな感じです。

年末は29日からお休みを頂いてますが、年賀状は珍しく既に出していたので、とにかく嫁と大掃除!引きこもり部屋もそうですが、洗面所と風呂場を集中的に掃除してスッキリしました。



元旦の初日の出? …とりあえず起きたら陽が昇っていたので(当たり前ですが)カメラで撮影してみました。

IMG_0861.jpg

今年のおせちは「オリジン弁当」のやつです。なかなかどうしてなおせちですでしょ?嫁のお雑煮もなかなか美味しいので、何気に毎年楽しみなのです。いい感じにお正月気分になる事ができました。

後は、ドライブがてら近場のホームセンターへ。車のバッテリーがまたヤバい事になってますが、なんとかエンジンはかかりまして一安心。かねてから欲しかった座椅子をペアで買ったのですが、これがなかなかの座り心地で新年早々いい買い物でした。買い物の途中で結構大きな地震があって、「新年いきなりまたか!」と、緊張感が走りましたが、すぐに収まったので良かったです。

テレビはしゃべくり007と芸能界格付け見ました。やっぱガックンはすごい!あ、「笑ってはいけない空港」はまだ2時間分ぐらいしか観てません。 …という感じの元旦でした。今年は。
  1. 2012/01/01(日) |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます 2012

IMG_0736.jpg

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

ずいぶんとブログをさぼっておりましたが、一応生きております。
マメに更新、とはいかないとは思いますが、なんとか続けていきたいとは思っております。
  1. 2012/01/01(日) |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0