クマチュー!!

2010/4/30のいろいろ

[観た]
■浜ちゃんが!/大島優子
 4/22放送分。AKB48は子供が多くてうるさい(笑)。
■けいおん!!#4
 修学旅行編。美術キレイですなー、中学の修学旅行で京都行ったの思い出した。男子だけどいろいろ共感。
■リターナー
 PS3でDVD再生。アップコンバートのおかげで、前にRD-X7で再生したのよりくっきり観れた。やっぱりすごいね。

[聴いた]
■Love Generation/dream
 この頃まではまだ良かったんだ…。
■導火線/キャッツ★アイ
 セクシーなピンクレディー。スリリングでカッケー。
■太陽が好き!/菅野美穂
 元桜っ子クラブですがソロでも歌っています。今では想像つかないかわいいアニメ声でサーフロック。ラストの「太陽がすきっ!」がいいすな。
■おこりんぼの人魚/仁藤優子
 87年のデビュー曲。爽やかでキャッチーで、最高のアイドルポップス。今聴いても古くさくないし、何より歌が上手い。誰かカバーすればいいのに。
■待ち遠しいの/福原遥
  1. 2010/04/30(金) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/4/29のいろいろ

[観た]
■仮面ライダーカブト#19
 仮面ライダーサソード(山本裕典)登場。ひよりの「俺様系が2人か。ちょっと疲れるな」に笑った。
■アメトーーク/ポンコツ芸人
 三村の人の名前を忘れるエピソードにえらく共感。そう言えば三村や山ちゃんは同世代なんだよなぁ。自分もポンコツという事かー。

[聴いた]
■アテンション・プリーズ/能瀬慶子
 無名時代の浜田省吾作曲です。なんとなーーく、浜省テイストが(「♪いーいーいーいー」のところとか、サビのメロの置き方とか。)
■グッド・バイ・マイ・ラブ/坂上香織
 ワタシゃこの曲が大好きなのです。最近では福田沙紀もカバーしてましたな。
■初恋/三田寛子
 1983年の村下孝蔵のオリジナルが発表されたすぐ後にリリースされた三田寛子バージョン。意外にいいですぞ。
■抱いてくれたらいいのに/工藤静香
 三連ロッカバラードの名曲。工藤静香では一番好きな曲。17歳で歌いこなしているのに驚く。この曲が無ければB'zの「Don't Leave Me」や「MOTEL」は好きになっていなかった。
■Do it Bang Bang/榊原郁恵
  1. 2010/04/29(木) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パンツァードラグーン ツヴァイ(SEGA SATURN)/SEGA

100506NEC_0007.jpg

 急に思い立ってプレイしました。セガサターンの名作3Dシューティング、「パンツァードラグーン ツヴァイ」。現行ハードに比べると、ポリゴンが荒いとかいろいろありますけど、そういうのはゲームの面白さには関係ないと分かります。

100506NEC_0008.jpg

 久々にやったら最終ボスのドラゴンにボコボコにされてしまいました…。

100506NEC_0006.jpg

 一応「アイン」「ツヴァイ」「アゼル」揃えてます。なんとかセガサターンとドリームキャストのソフトをハイビジョンアップコンバートできる環境はできないものか。PS3で旧セガハードのオンライン配信とか無理なんですかねぇ。
  1. 2010/04/28(水) |
  2. テレビゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/4/28のいろいろ

[気になった]
■レイストームHD(PS3)
 5/6に配信開始だとか。おお、どうしよう。
■ダライアスバーストリミックス ワンダーワールド
 こっちも押さえないと。

[聴いた]
■愛していただきます/坂井真紀
 今ではベテラン女優の93年のデビュー曲c/w。そんなにお上手じゃないけど、力の入ってない素直な歌声は嫌いじゃないです。
■マボロシナイト/SCANDAL
 カッコカワイイ、ロカビリー。
■大切なもの/みつき
 コブクロの小渕健太郎プロデュースのデビュー曲。マジ歌上手いです。2008年以降歌手活動してないけどまた歌って欲しい。
■Independent Girl~独立女子であるために/Buono!
■不自然なガール/Perfume
  1. 2010/04/28(水) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/4/27のいろいろ

[観た]
■ギブアップ・トーク/ノースリーブス
 峯岸みなみの名言「勝って奢るな、負けて腐るな」。
■絶対零度#2
■ジェネラル・ルージュの凱旋#4

[聴いた]
■バナナ・マンゴー・ハイスクール/恵比寿マスカッツ
 これも10年後には伝説になるのでしょうか。
■幸せルージュをつけなさい/秋ひとみ
 中学時代に「週間漫画 ゲラゲラ45」観て、婦警さん役の秋ひとみのファンになりました。囚人役で稲川淳二も出てたなぁ。
■三枚の写真/三木聖子
 いい曲だよなぁ。石川ひとみが「まちぶせ」に続いてカバーした方が有名なんでしょうか。
■ブルーウォーター/森川美穂
 森川姉さんと言えばクールでロッキンなバカウマボーカルのイメージですが、デビュー当時のアイドル風かわいさはガチ。
■はんぶんこ/ステレオポニー
  1. 2010/04/27(火) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/4/26のいろいろ

[観た]
■SMAP × SMAP/石橋貴明
■モヤモヤさまぁ~ず/北区
 まだゴールデンに行く前の「モヤさま」をぼちぼち。

[気になった]
■交通安全女子高生マチるダ
 みうらじゅん考案の町田警察のゆるキャラ。結構カワイイ。
■竜馬におまかせ!
 「龍馬伝」で龍馬ブームが巻き起こっている今こそ、浜ちゃんの「竜馬におまかせ!」(三谷幸喜脚本)を再放送すべき。

[聴いた]
■ナチュラルに恋して/Perfume
 これはイイ。最近のPerfumeの曲の中では一番好きかも。
■黄色いサクランボ/ゴールデンハーフ
 一世風靡したお色気歌謡。バラドルのはしりだったエバ。今何してるのかなー?
■素直になってダーリン -Darlin' With My Love-/少女隊
  1. 2010/04/26(月) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トップガン [シネマ日記-548]

トップガン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

-Top Gun- (1986年/アメリカ)
監督/トニー・スコット
出演/トム・クルーズ ケリー・マクギリス ヴァル・キルマー メグ・ライアン ティム・ロビンス トム・スケリット マイケル・アイアンサイド

言わずと知れた戦闘機モノの代表作であり、80年代アメリカ映画を象徴するような、ストーリーはそっちのけのMTV的作風が特徴。トム・クルーズが一躍スターになった事でも有名。

最近ではこういう映画なら見栄えをアップさせるためにCGを使うのだろうが、この映画は20年以上も前の映画なのでそういった特殊効果をほとんど使っていない。にもかかわらず今観ても遜色の無い迫力のドッグファイトシーンが堪能できるのは見事だ。背面飛行の合成など、特撮を使う部分はさすがに技術の古さが目立ってしまっているが、まあ、一部なのでほぼ気にならない。ストーリーはベタ過ぎでほとんどあって無きがごとし、ドッグファイトシーンのみ楽しめればそれでいい、というのは公開当時からの変わらぬ感想。割り切って楽しむなら文句なしの分かりやすく楽しい映画だ。

この映画は非常に流行ったが自分は映画館には観に行けなかったので、大学に入って初めてレンタルビデオで借りて観たのが最初だったが、あの頃は15インチの小さなテレビで画質の悪いVHSで観て、それでも面白かった。まさに青春の1ページ的な映画だ。今回20年ぶりくらいに地デジ放送されたキレイなハイビジョン画質で、37インチの大画面で観てなかなか感慨深い気持ちになった。端役で出てるメグ・ライアンやマイケル・アイアンサイドが若いわけだ。
(TV)
  1. 2010/04/25(日) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

ザ・テレビ欄 1975~1990

NEC_0006.jpg

 1970年代~80年代にテレビっ子としての基盤を築いた自分にとって、まさに「神」のような本「ザ・テレビ欄 1975~1990」を購入。その名の通り、1975年から1990年までのテレビ欄を順番に抜粋した本ですが、朝起きてまず真っ先に新聞のテレビ欄を隅々眺めるのが日課だったワタシにとっては(今もですけど)、これがもう眺めているだけでその時その時の出来事が思い浮かんでくるわけです。

 帯には安斎肇氏の「ぼくの宝箱の。これが地図だ!」、大槻ケンヂ氏の「ここにあの頃のすべてがある!ここ以外のどこにある?」という推薦文が寄せられてますが、まさにその通りです。ここに、ワタシの「あの頃」をひもとくすべてが詰まっている気がします。いずれ、この本の内容をネタに記事アップしようかと思っています。

P1010315.jpg

 テレビわが人生!

ザ・テレビ欄 1975~1990ザ・テレビ欄 1975~1990
(2009/03/31)
テレビ欄研究会

商品詳細を見る
  1. 2010/04/25(日) |
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/4/25のいろいろ

[観た]
■トップガン
 アフターバーナークライマックスやってたら観たくなった。HD画質最高。
■Q.E.D 証明終了#9
 あらためて観るとこのドラマの高橋愛はナチュラルで非常にいいです。今回は同級生役の中村静香、垣内彩未も共演の最強エピソード。ノスタルジックなストーリーも楽しめました。
■週刊AKB/AKビータン
 今までの週刊AKBで一番面白かった。高橋みなみ+渡辺麻友+大島優子+小嶋陽菜による全編ガールズトーク。もっとやって欲しい。
■仮面ライダーW#32
 サイクロンジョーカーエクストリームに吉川晃司の挿入歌。観ててゾクゾクした。メモリが4つ刺せるプリズムビッカーが出て来た時は、「たいへ~ん」と夫婦で顔を見合わせた。甥っ子に買ってやりたい。
■ドラゴンボール改#54
■龍馬伝#17
 まだあっちゃん出とる!
■チェイス国税査察官#2
■新参者#2
 お、この阿部寛×夏川結衣コンビと言えば?
■ガキの使いやあらへんで!
 ヘイポーのおっぱいバレー。下らなさ過ぎる。

[聴いた]
■タブー/小出広美
■水色の輝き/小出広美
 「タブー」はともかく、ダンバイン挿入歌の「水色の輝き」を知っている人がどれだけいるのか。ワタシはドーナツ盤買いました。
■おしゃれな土曜日/ミミ
 女子プロレスラーとしての方が有名なミミ萩原の歌手デビュー曲。意外にもポップでキュートな歌声。
■狼なんか怖くない/石野真子
  1. 2010/04/25(日) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2010/4/24のいろいろ

[観た]
■警部補 矢部謙三#3
 芦名星が「ターイムイズマネー!!」
■ヤンキーくんとメガネちゃん#1
 メガネっ娘仲里依紗が素晴らしい。ゼブラクイーンとの振り幅はハンパない。もともと注目していたがいよいよブレイクか?
■けいおん!#2
■仮面ライダードラゴンナイト#4
■AKB48ネ申テレビシーズン3#7~8/明治大学で大学教授になれ!
 大島優子のしっかり具合に驚く。宮崎美穂はマジホラー好きなんだな。
■週刊AKB
 水泳大会シリーズ。思いのほか良かった。最後の番外編、ワイプ曲SPと小野恵令奈フィーチャーも○。
■タンブリング#2
 ますます「ごくせん」に。これってあれでしょ?ポスターでネタばれしてるけど最後には全員新体操部に入るんでしょ?荒井萌が1シーンのみ出演。
■怪物くん#2
 2回目にしてもう観るの辛くなったけど川島海荷が出るなら観るしかない。
■仮面ライダーカブト#16~18
 「さらばゴン」まで一気に。
■おんなじキモチ/東京女子流(PV)
 デビュー曲よりはちょっと明るい感じのライトな曲。やはりSweetSっぽくて悪くはないんですが、コーラスが薄いのと、ダンスフォーメーションがやや淡白なので、自分の中ではまだ超えてない感じ。頑張って欲しい。

[聴いた]
■10年桜/AKB48
■男の子/Berryz工房
■Boys Be Stylish!/BOYSTYLE
■NIGHT FLIGHT/Perfume
■瞬間センチメンタル/SCANDAL
■夢と現実/あぁ!
 哀愁あるメロや途中ブレイクを入れる展開とか見事に「あぁ!」らしさを踏襲した曲。メンバーに夏焼雅と鈴木愛理が残ってるのも嬉しい。
■僕たちの行方/鮎川麻弥
 鮎川麻弥ってまだ歌ってたんだなぁ。そう言えば高橋瞳はデビューの頃は良かったんだけど、最近はなんだかなぁ(ビジュアル的に)。
  1. 2010/04/24(土) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くりぃむナントカDVD VOL.グー・チョキ・パー



 そう言えば届いておりました。くりぃむナントカDVDの第2弾、グー・チョキ・パー。

 やっと念願の「第1回 チャラチャラしようゼ」が収録されたのでVol.グーだけちょっと観ました。やっぱり笑えるわー。ギャル姿の大木ちゃんもカワイイし、そりゃカットされるわのグダグダなおぎやはぎ「ChooChooTrain」もらしくて良し。この番組深夜枠で復活して欲しいです。年数回の特番じゃ物足りない。

 あ、今更ながら、大木ちゃん結婚おめでとう!

くりぃむナントカ VOL.グー [DVD]くりぃむナントカ VOL.グー [DVD]
(2010/04/07)
くりぃむしちゅー大木優紀(テレビ朝日アナウンサー)

商品詳細を見る
  1. 2010/04/23(金) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/4/23のいろいろ

[観た]
■プロゴルファー花#3

[買った]
■PS2/PS3用D端子ケーブル
 急にREGZAにPS2を接続したくなって購入。アウトラン2SPやスペースハリアーを37インチでやるとなかなかの迫力。プログレッシブ出力も対応してるから画質もそこそこで満足。

[聴いた]
■渚の『・・・・・・』/うしろゆびさされ組
 これってやっぱり「モニカ」なんですかね?
■メビウスの恋人/うしろ髪ひかれ隊
■ノックは暗号/リンリン・ランラン
■わたしの彼は左きき/麻丘めぐみ
■パパはもうれつ/しのづかまゆみ
 個人的にはこの曲のAメロを聴くとローズマリー・バトラーの「汚れた英雄」や中森明菜の「飾りじゃないのよ涙は」を思い浮かべてしまいます。あと声が田中真弓似。
■花の精-わたしのOn-Air-/沢田玉恵
■私星伝説/真璃子
■Sawnaunda/小池里奈
 ふ~ん、サウンナンダ。
  1. 2010/04/23(金) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/4/22のいろいろ

[観た]
■アメトーーク/立ちトーク

[買った]
■アフターバーナークライマックス(PS3)
 あの名作体感ゲームの続編がダウンロード販売開始。って事で買ってみました。HD画質のフライトシューティングすばらし過ぎる。

[聴いた]
■モテレッチソング/北神未海(CV小川真奈) with MM学園 合唱部
 変な歌だけど歌は上手い。「ですわよっ!」がイイ!
■宇宙戦艦ヤマト/ささきいさお・ロイヤル・ナイツ
 ロイヤルナイツバージョンはミュージカル・アカデミー版よりコーラスがめっちゃ前に出てますね。
■アノヒト/七緒香
■小さな決心/中山忍
■手のひらの勇気/ときめきアイドリング!!!
■虹色の永遠 (Sweet Light Wave Mix)/SweetS
■Tiny Rainbow/田村ゆかり
  1. 2010/04/22(木) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

杏野はるなのレトロゲーム読本



 (レトロ)ゲーマーアイドル・杏野はるなの本「杏野はるなのレトロゲーム読本」です。どうしようかと思ったのですが、レトロゲームファンとしては高橋名人と遠藤雅伸との対談が見逃せなくて買ってしまいました…。

 たしかにこの2人を含めた対談は面白かったのですが、その他のゲーム攻略はコンシューマメインで特に無くても良かったような…。それより独自の視点のゲームレビューの量ををっと増やして欲しかったですね。第2弾があるならその方向でよろしくお願いします。あ、バイクの旅は良かったです。ほのぼのしてて。

杏野はるなのレトロゲーム読本 (ブレインナビブックス)杏野はるなのレトロゲーム読本 (ブレインナビブックス)
(2010/01/29)
杏野はるな

商品詳細を見る
  1. 2010/04/21(水) |
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/4/21のいろいろ

[観た]
■しゃべくり007/川島海荷
 Perfume好きって事でちゃあぽんの事に触れるかと思ったらそれどころか9nineについてすら言及なし。
■けいおん!!#3
 やっと主題歌が耳に馴染んで来た。と思ったら急に名曲に思えて来た!

[聴いた]
■ルパン三世'80/ユー・アンド・エキスプロージョン・バンド
 最近になってやっとこの曲の良さが分かって来た。大人になったのかしら。
■Lonesome Cherry/SweetS
■Girly Storm 疾走 Stick/田井中律 (佐藤聡美)
■Coolly Hotty Tension Hi!!/真鍋和 (藤東知夏)
■ふわふわ時間/桜高軽音部
■La La La ~くちびるに願いをこめて~/大森玲子
 やっぱ名曲だわ~。
  1. 2010/04/21(水) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソウ5 [シネマ日記-547]

ソウ5 [Blu-ray]

-SAW V- (2008年/アメリカ)
監督/デヴィッド・ハックル
出演/トビン・ベル コスタス・マンディロア スコット・パターソン

あの「痛い」サスペンスホラーシリーズ第5弾。ジグソウ亡き後、ジグソウありきで話を続けるにはなるほどこういうやり方しかないだろう。言わば、あの時の裏側には実はこういう事があった、という「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」方式だ。当然1本の映画の中で整合性の破綻がないように練り込まれた設定ではなく、シリーズ化以前には考えてもいなかったと思われる後付設定であり、こうなったらいくらでも話は広げられるのでなんでもありだ。パート1の裏側まで遡るので回想でダニー・グローヴァーがちらりと出てくるのは面白いが、あんまりこういう事をやられるとよっぽど予習復習をしないと本当に誰が誰だかよくわからなくなる。その上、今回は「6」に続くこと前提で投げっぱなしの伏線があったりするので困る。

お約束の生き残りゲームについては、今回もいかにも「SAW」的なグロくて痛いシーンが満載でそれなりに満足できるが、よく考えるとストーリー上は別に必要ないのに「SAW」なので一応やっておかないと、という付け足し感がアリアリと感じられる。さらにその仕掛けは、「誰が作ってんだよ、テーマパークかよ!」と思ってしまうほどの大掛かりなもの。あんなの絶対2人3人の仲間で実現できるわけがない。もうツッコみ上等でわざとやってるとしか思えない。既に「6」も公開されているが、「7」も制作決定とか。もういい加減終わってもいいんでは?
(CS)
  1. 2010/04/20(火) |
  2. 映画(ホラー)
  3. | コメント:0

2010/4/20のいろいろ

[観た]
■KOBUKURO LIVE TOUR '09"CALLING" FINAL(Blu-ray)
 PS3導入という事で嫁が購入。デカ画面で客席の様子まで細かく再現しているのはさすがブルーレイ!B'zのが楽しみになった。
■ソウ5
 ホラー映画の「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」。
■絶対零度#2
■ジェネラル・ルージュの凱旋#3
■三代目明智小五郎~今日も明智が殺される~#2
 エンケンこんな役まで…。
  1. 2010/04/20(火) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイ・アム・レジェンド [シネマ日記-546]

アイ・アム・レジェンド [DVD]

-I Am Legend- (2007年/アメリカ)
監督/フランシス・ローレンス
出演/ウィル・スミス サリー・リチャードソン ウィロウ・スミス

過去に何度か映画化された「地球最後の男」のリメイクらしいが、それらオリジナルは未見。主人公は伝染病により人類がほとんど死滅した地球上に、偶然にも免疫を持っていたためただ一人残った(と思われる)科学者。前知識が全く無かったので、最初はこの主人公がそんな世界でいかにサヴァイヴしていくのかを描き、結末は他に生き残っていた人が見つかって云々...、みたいな話なのだろうと思っていたが、途中から全く想定外な展開になって驚いた。この映画は○○○映画だったのか!(言うとネタバレになっちゃいます。)なるほど、後で映画評を読んだりしてみると、オリジナル作品は今や伝説となっているあれやこれやの名作映画達に明らかに影響を与えているのが分かる。

ラストに主人公が取った行動については個人的には違和感があり、せっかくあんなに伏線が張ってあるのになぜ全部ほつぼらかしてそうなるの?と疑問に思った(そこがこの映画の物足りないところだった)のだが、実は原作にはもっとシニカルな「価値観の逆転」という結末があったようだ。ハリウッド映画としてはそれをやってしまうと納得いかない人が多そうだし、タイトルにそぐわない気もするのでしょうがないのだろうが、個人的には原作の展開の方が絶対いい。DVDにはもうひとつのエンディングとしてそちらのパターンも収録されているらしいが、まさに自分が思っていたものに近いラストのようなのでちょっと観てみたい。
(TV)
  1. 2010/04/19(月) |
  2. 映画(パニック)
  3. | コメント:0

僕の彼女はサイボーグ [シネマ日記-545]

僕の彼女はサイボーグ [Blu-ray]

(2008年/日本)
監督/クァク・ジェヨン
出演/綾瀬はるか 小出恵介 吉行和子 竹中直人 小日向文世 伊武雅刀

絵に描いたようなヘタレ男が、ある日突然目の前に自分を守るために現れた女サイボーグと共同生活を始める事で巻き起こる出来事を描くSFファンタジー(?)映画。基本的に主人公達が暮らす空間は現代の東京なのだろうが、描かれている世界はそうであってそうでないような、全て空想で繰り広げられている感じが常にしている。

綾瀬はるか演じるサイボーグ彼女は、「ターミネーター」のテレビドラマ版に登場した女ターミネーターそのもので、それが綾波レイのコスプレをしているというイメージだ。謎の伏線回収はなかなか頑張っていると思うが、ストーリー自体は矛盾だらけで整合性がなくアラばかり目立つ。ただ、そもそもこの映画はリアリティが全くないし、この手のプロットの映画ではどんな大作でもそれはしょうがないところなので、そこは編されて観るのが正解だろう。

噂のクライマックスについては、単純にコメディだと思っていただけにさすがにこの展開は予想できなかった。映画評ではトンデモ映画として評されている事が多いこの映画だが、自分もまさにその通りだと思うので、未見で興味のある人は是非自分の目で確かめて頂きたい。綾瀬はるかに関しては文句なしの映画だし、ファンなら十分楽しめるだろう。ただ、お話的にツボにはまるかどうかは観る人次第なので、後から文句は無しの方向で。
(TV)
  1. 2010/04/19(月) |
  2. 映画(SF)
  3. | コメント:0

2010/4/19のいろいろ

[観た]
■僕の彼女はサイボーグ
 カオスすぎる。綾瀬はるかはナイス。
■アイ・アム・レジェンド
 あのエンディングは納得いかない。と思ったら…。
■仮面ライダードラゴンナイト#2
■ドラゴンボール改#53
■けいおん!#1
 スカパーで第1シリーズが始まったのでそちらも。唯がまだバンドすら初めていない。こっち先に放送開始して欲しかった。

[聴いた]
■Mr.Moonlight~愛のビックバンド~/モーニング娘。
 ビッグバンド系アイドルソングとしてはこれもよく出来てます。今更ながら。
■抱きしめたい/Mr.Children
■ね~え/松浦亜弥
■恋人達の明日/白石まるみ
■Rock'N Roll Star/doa
■お誕生会/細野晴臣
■ルーム・キー/森進一
  1. 2010/04/19(月) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1/1000 宇宙戦艦ヤマト



 去年再販されていたので買っておいた、バンダイの1/1000宇宙戦艦ヤマトがなんとか完成しました。

NEC_0007.jpg

 約30年近く前のプラモデルなので、接着剤が必要です。久々にあの接着剤臭を嗅ぎながら作りましたが、次の作業までに乾燥を待たなければならなかったりとまぁ大変。しかもパーツの合いがすこぶる悪いんですよね。あちらをかっちりくっつければこちらに隙間が空く。逆もしかり。という訳で、無改造派のワタシとしては、スミ入れ以外は細かい対応はあきらめました。

NEC_0009.jpg

 しかし、完成品を改めて見てみると、そんな古いキットなのに凄くいいプロポーションしています。これでスナップフィットで色プラだったなら…。バンダイさんには新金型でこのサイズのヤマトを出して欲しいです。
  1. 2010/04/18(日) |
  2. プラモデル・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/4/18のいろいろ

[観た]
■仮面ライダーW#31
■ドラゴンボール改#53
■龍馬伝#16
■チェイス国税査察官#1
 NHKにしてはいろんな意味でハードなドラマ。江口洋介の娘役・水野絵梨奈に注目。
■新参者#1
 龍馬伝観た後に観たらこっちにも香川照之が。もう岩崎弥太郎にしか見えない。
  1. 2010/04/18(日) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呪怨 白い老女 [シネマ日記-544]

呪怨 白い老女 [DVD]

(2009年/日本)
監督/三宅隆太
出演/南明奈 鈴木裕樹 みひろ 中村愛美 福永マリカ 雨宮チエ 星野晶子 鈴木卓爾 ムロツヨシ 宮川一朗太

加護ちゃん主演の「黒い少女」と同時上映された「呪怨」劇場版シリーズの1作。こちらも時系列をバラバラにして登場人物毎にエピソードを配置しているのだが、伽椰子さんが出ないにも関わらず、雰囲気はこっちの方が「呪怨」に近い気がした。舞台となる家屋内の嫌な雰囲気もいいし、呪われた人間が静かな狂気に取り愚かれていく様は救いようがなく怖い。

伽椰子さんに成り代わりスピーディーにドーンと驚かせる白塗りばあさんもいいが、特に山場となる受験生が幼い妹を含め家族を無表情に惨殺していくシーンはなかなかキていて良かった。 ちなみに白塗りばあさんは、知っている人もいるだろうが、「怪談新耳袋」という映画の三宅監督の撮った一番インパクトのあったエピソード「姿見」に登場するキャラであり、「白い老女」はいわばその長編化。ばあさんの出自やなぜバスケットボールを持ってるのかなどの理由が盛り込まれているが、じゃあなぜこれが「呪怨」?という疑問が沸いてくる。

本来は「黒い少女」とともに別の作品として公開する予定だった企画を、集客を見込んで無理やり「呪怨」として公開したような気がするのだがどうなんだろう。
(CS)
  1. 2010/04/17(土) |
  2. 映画(ホラー)
  3. | コメント:0

2010/4/17のいろいろ

[観た]
■プロゴルファー花#2
 まさかの「プロゴルファー猿はどうなのよ!」
■警部補 矢部謙三#2
 「おいこら宇宙刑事!」
■タンブリング#1
 岡本玲目当てで観始めたものの、彼女は端役もいいところで目立ちもせず。ドラマは主人公2人が仮面ライダーってのもアレですが、まるで「ごくせん」と「スラムダンク」を合わせて2で割ったような感じで、それにも関わらず意外に面白かったのが悔しい。
■怪物くん
 川島海荷目当てで観ました。大野君の怪物君は結構合ってると思う。
■呪怨 白い老女

[聴いた]
■最低ブギ/BOYSTYLE
 ビッグバンド風のスウィング感溢れる楽しいナンバー。生で聴いてみたかったなぁ。
■カレーのちライス(唯MainVo.)/放課後ティータイム
■ふでペン ~ボールペン~(唯MainVo.)/放課後ティータイム
■翼をください/桜高軽音部
■恋のチューイング/渡り廊下走り隊
■世界は サマー・パーティ/真野恵里菜
■秘密く・だ・さ・い/宮里久美
■飛行機雲/綾瀬はるか
■未来へススメ!/ももいろクローバー
  1. 2010/04/17(土) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイ・バイブル



 ワタシのバイブルとも言える2冊です。「テクノ歌謡ディスク・ガイド」と「秘蔵シングル盤天国・邦楽編」。

 前者はテクノポップという観点から、主にアイドルを中心とした80年代の歌謡曲を詳しく解説。後者はアナログシングル盤のジャケットで振り返る日本のポップス史の紹介本。どちらもレアでマニアックなアイドルが多数紹介されています。この2冊は本当に何度読んでも飽きないので暇があると眺めています。

 スターデジオのアイドルチャンネルが、この本を見てチョイスしてるんじゃないかと思うぐらいシンクロしたセレクションを時々やるので、それを録音して聴きながらこれらの本を眺めるのが、ワタシの至福のひとときとなっております。
  1. 2010/04/16(金) |
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/4/16のいろいろ

[観た]
■Q.E.D 証明終了#8
■アメトーーク!/人見知り芸人完全版

[聴いた]
■恋の始発列車/モーニング娘。
 今振り返るとこの頃もモー娘。の曲は良かったな。
■銀河鉄道の夜/中原香織
 細野さん独特のコード進行。いきなりキャッチーになるサビ。クセになるガッシガッシと走る機関車のようなリズム。ある意味「風の谷のナウシカ」を超えている。
■Royal Orleans/Led Zeppelin
■チューしようぜ!/AKBアイドリング!!!
■Kのトランク/ムーンライダーズ
■大阪ラプソディー/W
■花ねがわくば/井上望
■春が来た/水谷麻里
  1. 2010/04/16(金) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/4/15のいろいろ

[観た]
■仮面ライダーカブト#15
■絶対零度#1
 上戸彩と北大路欣也(お父さん)の夢の共演。第一話の内容に関しては、今のところう~ん…。
■男!あばれはっちゃく#62

[買った]
■Guitar magazine 5月号
■Rhythm & Drums magazine 5月号

 これもB'zライブレポ。

[聴いた]
■バンジー宣言/SKE48
■through the looking glass/中川翔子
■ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~/中川翔子
■オペラグラスの中でだけ/村田恵里
■Return to Myself/デーモン小暮
■バレンタイン・キッス/柊つかさ (福原香織)
 電波。
■Troublemaker/嵐
■Still…/嵐
■もう一歩/嵐

 カップリング曲も手抜きなくいい曲なのには脱帽。
  1. 2010/04/15(木) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/4/14のいろいろ

[観た]
■三代目明智小五郎~今日も明智が殺される~#1
 コメディエンヌ小池里奈が帰って来た!いいですね!
■けいおん!!#2
 今回もまた何も起こらない。
■Q.E.D 証明終了#7
 今頃録画を観てます。クイーン役の垣内彩未は元Doll's Vox。同期メンバーには近野成美(フルーツポンチ)、横山ルリカ(アイドリング!!!)、大島優子(AKB48)、そして出村真美(1/3娘)!

[買った]
■WHATS' IN? 5月号
■CD&DLでーた 5月号

 B'zライブレポ。
■TVブロス/Perfume特集
 ちゃあぽんとの対談が見もの。

[聴いた]
■プリティ・ロックンロール/永井真理子
 FMラジオ・「ローディ・ライブ・コンサート」版。なつかしい。
■初日/AKB48
■明日は明日の君が生まれる(Chocolove-mix)/Chocolove from AKB48
■セピアの夏のフォトグラフ/吹石一恵
■フィクション天国/宇浦冴香
■未来惑星/いきものがかり
■戦え!仮面ライダーV3/宮内洋
  1. 2010/04/14(水) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/4/13のいろいろ

[観た]
■ジェネラル・ルージュの凱旋#2
■ミュージックステーション(3/12)/北乃きい「サクラサク」いきものがかり「ノスタルジア」
■Love Wars/Queen & Elizabeth(PV)
 PVがカッコカワイくて良いです。音も思った以上にヘヴィ。Wとアクセルも競演。
■青空片想い/SKE48(PV)

[聴いた]
■旅立ちの歌/doa
 相変わらず福山雅治と区別がつきません。
■僕らスタイル/misono
■Change/Every Little Thing
■乙女の祈り/真野恵里菜
■Honey Bee~/中野腐女子シスターズ
  1. 2010/04/13(火) |
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

沈黙の奪還 [シネマ日記-543]

沈黙の奪還 [DVD]

-SHADOW MAN- (2006年/アメリカ・イギリス・ルーマニア)
監督/ミヒャエル・ケウシュ
出演/スティーヴン・セガール スカイ・ベネット エヴァ・ホープ

「暴走特急」を含む「沈黙シリーズ」12作目、15周年記念作品だそうです。今回の敵は敵ながら不燗になるほど弱い(おそらく再弱)ので、もう話にならない。セガールはセガールで、人質を取られようが周囲を囲まれようが敵を発見次第問答無用で即発砲して即死させるので、抗う者がほとんどいない。しまいにはピストル一丁でヘリコプターを撃墜してしまうメチャクチャ展開の上、(たぶん)どんでん返しのラスボス(?)との決着のあっけなさはセガール映画の中でも随一だろう。

そして根本的なテーマや人間関係、主人公や娘・ヒロインが巻き込まれた理由、黒幕の意図などはなんだか良くわからないまま終了…。なんですかこれは?ただセガールが暴れるところ撮りたいだけだろ!でもセガール映画としては正しいから怒らないけど。最近のセガール映画はほとんどセガール拳なしというのは、それを楽しみに観るファンもいるのだからどうかと思うが、セガールの衰えを考えると致し方ないのかどうなのか…。
(TV)
  1. 2010/04/12(月) |
  2. セガール
  3. | コメント:0
次のページ