クマチュー!!

太陽にほえろ!を聴く

太陽にほえろ!オリジナル・サウンドトラック 70’sベスト太陽にほえろ!オリジナル・サウンドトラック 70’sベスト
(2010/01/27)
TVサントラ

商品詳細を見る

 スターデジオで「「太陽にほえろ!のテーマ」だけの1時間」という特集をやっていたので捕獲。これまたデジオならではのイカした企画。オリジナルのテーマから劇伴の派生アレンジ曲まで、1時間全部あの「チャララ~チャララ~」というおなじみのメロディ曲だけを集めた特集です。

 しかし、「太陽にほえろ!のテーマ」はやっぱり72年版の最初のテーマが一番いいですね。それ以降は2001年バージョンに至るまで、なんかハンパに新しいっぽいサウンドを取り入れたり、微妙にオリジナルに似せたり、かなりたくさんのバリエーションがありますが、やはりオリジナルに勝る曲なし。あと、テーマのスロー版「愛のテーマ」。これも渋くていいですね。こちらも実は結構バリエーションがあるのに驚きます。

 デジオは時々こういう通な企画をサラっとやってくれるので止められません。ちなみにこの間やっていた「デビュー約30周年・柳沢慎吾ワールド」「社歌、企業イメージCMソング特集」もツボりました。これからも通な企画をお願いします!
  1. 2010/01/31(日) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハッピーフライト [シネマ日記-531]

ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]

-HAPPY FLIGHT- (2008年/日本)
監督/矢口史靖
出演/田辺誠一 時任三郎 綾瀬はるか 吹石一恵 寺島しのぶ 田畑智子 岸部一徳

空港で働く人たちの活躍を、今までにないマニアックな視点で描くコメディ映画。テレビ版を観たが、最近JALが会社更生法適用で話題騒然となったタイミングで、ANA完全協力のこの映画をテレビオンエアするというのがものすごくシニカルだ。

公開当時から相当な高評価を受けていたのは知っていたが、今回観てなるほどと納得。これは確かに面白い。花形であるパイロットやCAだけでなく、管制官や地上勤務者、整備士に果ては飛行機の周りの烏を追い払う人のような裏方まで空港で働く人をものすごいディテールで見せる。昔なら伊丹十三がやりそうな感じの映画だ。こういう映画は航空オタクにはたまらないであろうが、マニアックになり過ぎず一般人の観客でもちゃんと楽しめるようになってるのが素晴らしい。ストーリーはさほど凝ったものではないが、ディテールが細かいのでそれだけで面白いし、途中までのんべんだらりとしていた人たちが緊急事態になるととたんにシャキっと頼れるようになったりと、カタルシスもそれなりに得られるのも好印象。

キャストもはまっている。生真面目な教官の時任三郎、厳しくも芯の通ったCAのチーフ寺島しのぶ、田畑智子と平岩紙のデコボココンビ、そしてまさに彼女のためにあつらえたようなドジCA役の綾瀬はるか。瓢々としながらややる時はやる岸部一徳。全てがピッタリなイメージ。個人的にはキザで冷徹な教官役とかが似合いそうな田辺誠一が、おっちょこちょいでドジな副操縦士を演じているのも面白かった。

この映画を観ると飛行機を飛ばすというのは本当に大変な事だと分かるし、そりゃ旨くやらないと赤字にもなるよなあと思った。マイナスイメージになるんじゃないかとこっちが心配するほど社内の実情を見せているのも驚くが、そうしながらラストはしっかりこの会社は素晴らしいと思わせるのだからANA天晴れという感じだ。下手にいいところだけ持ち上げた宣伝映画を作るより、逆に評価も上がったろう。結果、制作側も協力側もウィンウィン。よくやった なぁ。
(TV)
  1. 2010/01/30(土) |
  2. 映画(コメディ)
  3. | コメント:0

けいおん!を聴く

Cagayake!GIRLS(初回限定盤)Cagayake!GIRLS(初回限定盤)
(2009/04/22)
桜高軽音部豊崎愛生

商品詳細を見る

 先日「けいおん!」のアニメ主題歌はそんなに云々…、などと書いてしまいましたが、申し訳ありませんでした。スターデジオでグッドタイミングで「けいおん!」特集やってたので捕獲して聴いてたらハマった…。いやいやこれはいいわ。素晴らしいではないですか。

 豊崎愛生が桜高軽音部の平沢唯として歌っている主題歌の「Cagayake!GIRLS」ですが、確かにアニメ声ですが想像以上に音がロックしてます。しかもベースが目立ってるのが素晴らしい。ED曲の「Don't say ''lazy''」は、先にSCANDALがカヴァーしたのをテレビで観たことがありますが、これもスピーディーでハードなリフがキマッててカッコいいですな。挿入歌でパンキッシュな「翼をください」なんか、実際学園祭で女子バンドがこんな演奏やってたらきっと泣くくらい素晴らしい。

 主題歌以外に本編中に放課後ティータイムとして演奏してる曲や、キャラソンなんかももキャッチーなガールズロックばかりでいいすな。パンクありポップありと聴いていて気持ち良くなる曲ばかり。マーティ・フリードマンがポップパンクを8歳の女児が歌ってるようだと衝撃を受けたらしいですが、なるほど言い得て妙。

風をあつめて(限定生産盤)(DVD付)風をあつめて(限定生産盤)(DVD付)
(2009/11/25)
スフィア

商品詳細を見る

 あと、豊崎愛生が所属するユニット、スフィアの「風をあつめて」という曲も聴いたのですが、これがまたコーラスワークが絶妙な爽やかなポップスで絶品。豊崎愛生は現在のところ、「けいおん!」系アニソン、グループアイドル系、そしてソロと、3系統に楽しめる、ワタシ的に現在最注目の歌手となりました。
  1. 2010/01/30(土) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

love your life / 豊崎愛生

love your life(初回生産限定盤)(DVD付)love your life(初回生産限定盤)(DVD付)
(2009/10/28)
豊崎愛生

商品詳細を見る

 これは癒される~。声優・豊崎愛生のソロ・ファーストシングル「love your life」でございます。Rie fu作詞作曲による、まったりほっこりした実に心地いいテンポのヒーリング・ソングです。きちんと歌っていながらウィスパーっぽい部分があったり、語りっぽいところもあったりしますが、あくまでもさりげない。そして何よりも声質が素晴らしい。

 豊崎愛生は、一部で話題のアニメ「けいおん!」の主役のCVなどでブレイクしてる人のようです。個人的に声優さんと言いますと、声はかわいいけど実際のルックスを観ると「う~ん…」みたいな事が多くてはまる事はなかったんですが、豊崎愛生に関して言いますと本人も実に可愛いです。そして先にも言いましたが声も実にいい。さらにキャラも面白のようで、これはちょっと注目するしかないかな、という感じです。

 ただ、音楽活動には注目しますけど、アニメはさすがに追っかけきれないかな…。アニメキャラのCVとしての歌も聴きましたが、それはそれで可愛くはあるのですがなんとなく作った感も否めず。そもそも「萌えキャラ」とかあまり興味ないので、やはり中の人がナチュラルにやってるこのソロ曲を推してしまいます。アルバムとか出るなら是非聴いてみたいですね。
  1. 2010/01/29(金) |
  2. 日本のポップス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろきたのか? 9nine

ヒカリノカゲ(初回限定盤A)ヒカリノカゲ(初回限定盤A)
(2010/01/20)
9nine

商品詳細を見る

 9nineはワタシが2008年頃から気になっていたアイドルグループ(こことかここ)です。一時期沈黙していた頃にはどうなるかと思ってましたが、最近ちらほらメジャーな音楽番組にも顔を出すようになり、いよいよ本格的に知名度がアップしてきた気がします。新曲「ヒカリノカゲ」ですが、ミディアムなバラードで非常に耳馴染みのいい美メロが心地いいです。

 2年ほど前は、やはりPerfumeのあ~ちゃんの実妹・西脇彩華がメンバーにいるという事が話題になるかと思ってましたが鳴かず飛ばず。2006年頃から注目していた川島海荷が2007年に途中参加して、この娘がどう引っ張ってくれるか期待してましたが、最近になって女優としてグンと活躍しはじめて、それも知名度アップの要因になったのだと思います。

 8人組からいつの間にか5人組になってますが、メンバーのキャラが立つとともにいい具合に淘汰されたというか、ちょうどいいグループバランスになったかと思いますし(これ以上多いと把握しきれない)。これはもしかしたらもしかしてですね。川島海荷がもっと人気女優になってしまってこの9nineの活動を黒歴史にしてしまわない事を願います(上戸彩の「Z-1」のように)。

 ちなみに「ヒカリノカゲ」はオリコンウィークリーでは残念ながら2941枚28位と意外にふるいませんでしたが、前作の44位よりは着実にアップ。これからの伸びに期待したいところです。ただ、個人的にはその前のもうちょっとポップ寄りのシングル「Smile Again」の方が好きです。PVも良く出来てるので必見。

Smile Again(初回限定盤A)Smile Again(初回限定盤A)
(2009/10/21)
9nine

商品詳細を見る
  1. 2010/01/28(木) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲームアーカイブス



 レトロゲーム好きなのでWiiのバーチャルコンソールなどで昔のゲームを遊んでますが、このたび買いましたPSPでも過去のPS1ソフトやPCエンジンソフトがダウンロードで買えるゲームアーカイブスなるものがあるという事で試しに1本買ってみました。

P1010223.jpg

 PS1で出ていた「学校であった怖い話S」です。600円。このソフトはスーパーファミコンで出ていたホラーサウンドノベルのリメイクですが、ダウンロード販売が始まるまでは生産数の少なさもあり中古で1万超えのプレミアがついていたとか。

 今やってもそれなりに面白いです。携帯機ならではでちょこまかとできますし、画質も特に問題なし。むしろ画面が小さいため絵がしまってキレイに見えるくらいです。ただ、そんなには怖くないですね。携帯機という環境もあるし、自分がホラー耐性つきまくってるせいもあるのかもしれませんが。

 PS1の資産はこのまま埋もれさせるには惜しいものが多数ありますから、これからもどんどんアーカイブ化して欲しいです。特にシューティング!
  1. 2010/01/27(水) |
  2. レトロゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガチ☆ボーイ [シネマ日記-530]

ガチ☆ボーイ【ガチンコ・エディション】 [DVD]

-Gachi☆Boy- (2008年/日本)
監督/小泉徳宏
出演/佐藤隆太 サエコ 向井理 仲里依紗 宮川大輔 泉谷しげる

大学のプロレス同好会を舞台に繰り広げられるドラマを描く青春スポコン映画。いろいろなレビューを見る限り結構評判はいいようだが、特にプロレスに思い入れのない自分にとっては普通の映画という感じ。プロレスファンかどうかで面白さが違ってくると思われる。

とある事情を抱えながら、ひたすらマジメにプロレスに取り組む主人公のひたむきさがドラマの肝になるわけだが、個人的にはここがどうもしっくりこない。別にあの設定じゃなくても成立するような気がするし、逆にそうだったらこんなにすんなり(でもないが)事が運ぶものだろうかと、気になってしょうがなかった。あと、もっとテンポのいいコメディかと思いきや意外にまったりした映画で、途中でとある真相が判明した以降はすっかり重くなってしまうのも気になった。クライマックスのガチブロレスシーンはそれでも盛り上がるが、途中で無理やり感動的させようとする演出が入ってかえって興ざめ。あそこは淡々と描いても普通に感動しただろうから、あざとく感じてしまった。

確かに全く面白くないわけではなく、最後は手に汗握るし爽やかな感動もあるにはあるのだが、期待しすぎたせいもあってどうもイマイチ感を感じてしまった。ただ、個人的にはヒロインのサエコと妹役の仲里依紗が非常にかわいくて、その点は良かった。
(TV)
  1. 2010/01/26(火) |
  2. 映画(青春)
  3. | コメント:0

東芝BD VARDIAとPS3 torne

TOSHIBA VARDIA 地上・BS・110度CSデジタルチューナー搭載VTR一体型ハイビジョンブルーレイレコーダー HDD1TB D-BW1005KTOSHIBA VARDIA 地上・BS・110度CSデジタルチューナー搭載VTR一体型ハイビジョンブルーレイレコーダー HDD1TB D-BW1005K
(2010/02/10)
東芝

商品詳細を見る

 東芝のブルーレイレコがいきなり2月発売との発表で色めきたった東芝部周辺ですが、よくよく聞くと他社のOEM、VARDIAらしい編集機能はバッサリとなし、といったガッカリ仕様でほとんどのRDファンが「これはない」と意気消沈のようです。ワタシもこの機種は全く魅力を感じませんねぇ。ただ、1世代目はOEMでもなんでもして形だけは他社と同じ土俵に立つ、というのが目的だったと思うので想定内です。なんと言っても、「VARDIA」のブランド名は持ちつつ、その実型番は「RD」ではなく、ただの「D」です。東芝からの「まだ本気じゃないよ。今すごいの作ってるからRDファンはしばらく待っておれ」というメッセージなのではないでしょうか。東芝部員の神である片岡氏インタビューを読んでも、アナログ停波までにはブルーレイRDの登場が期待できそうな予感がします。

torne(トルネ)(仮称)torne(トルネ)(仮称)
()
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る

 それと同時に、個人的にはPS3のtorneが気になっています。PS3で地デジの録画が可能となるキットですが、インターフェースを操作している動画を観たところ、ものすごいスピード。サクサク感がハンパなく、多くの人が「絶対買う!」と前評判が凄い事になっています。かねてからデジタルレコの動作のモッサリ感には嫌気がさしていましたが、確かにこれはちょっとすごい。残念な事に、今のところブルーレイ録画や二番組同時録画とかできないらしいですが、個人的には地デジ録画のPSP連携がソニーのBDレコを買わずとも安価に導入できるという点がものすごいセールスポイント。ここが満を持してPS3を導入するジャストなタイミングだろう!という事で貯金を始めようかなと思います。
  1. 2010/01/26(火) |
  2. デジモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

龍馬伝

龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
(2009/12/19)
福田 靖 作NHKドラマ制作班 製作協力

商品詳細を見る

 今年から始まった大河ドラマ「龍馬伝」を観ています。昨年の「天地人」はパスしましたが、今年は福山雅治主演に加えて、広末涼子やAKB48前田敦子が出るという事で観る事にしました!ピエール瀧が大河に出てるのが、及川奈央が出てる以上に不思議なのは何故でしょう(笑)。

 坂本龍馬については、ヤングサンデーでやってた小山ゆう×武田鉄矢の「お~い!竜馬」ぐらいしか知らないですが、なかなか面白いですね。あと、画質が今までと違って映画のフィルムに近い質感になっていたり、手持ちのカメラを使ったいわゆる「揺れる」カメラワークが多用してあったりと、今までにないスタイリッシュな感じになってますね。個人的には「篤姫」の時代とまるかぶりなのも面白いです。キャストも同じにしたら面白かったのに、まぁそれは無理か。

 そう言えばワタシ、武市さんをやってる大森南朋さんの事を「おおもりなんとも」とばかり思ってましたが、調べてて「おおもりなお」と読むと初めて知りました。読めないっす。あと、大森さんは麿赤兒さんの息子なんですね。これも驚きました。麿赤兒さんは「篤姫」にも出てましたね。ワタシにとっては麿赤兒さんと言えばシュシュトリアンのお酉様なんですけど。まぁ、それだけの話です。
  1. 2010/01/25(月) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

W-B-X~W Boiled Extreme~/上木彩矢 w TAKUYA

W-B-X~W Boiled Extreme~W-B-X~W Boiled Extreme~
(2009/11/11)
上木彩矢 w TAKUYA

商品詳細を見る

 霧彦さんいい人だ!と思い始めた矢先にいきなり死亡で「え~~!?」とか新ライダーアクセルが微妙にカッコ悪いぞ!とかいろいろ盛り上がっている「仮面ライダーW」ですが、甥っ子に買ってやろうとダブルドライバーを探すもどこも悉く品切れという異常事態に驚く今日この頃です。

 そんな「仮面ライダーW」の主題歌、上木彩矢と元ジュディマリのTAKUYAが歌う「W-B-X~W Boiled Extreme~」ですが、この曲メチャクチャカッコいいですよね。怪しくムーディなメロディから一転ホーンセクションが賑やかに鳴りまくるイントロ。ミステリアスなAメロからラップを絡めて盛り上がるBメロ。上木彩矢とTAKUYAの掛け合いも気持ち良くはまる疾走感と開放感のあるサビ。ガチャガチャ細かく刻むギターやうねりまくるベースも素敵です。ワタシはいつもOPを早送りせず観てしまいます。子供が歌うヒーローソングじゃ全くないですけどね。

仮面ライダーダブル エンディングテーマ4仮面ライダーダブル エンディングテーマ4
(2010/01/27)
園咲若菜(飛鳥凛)

商品詳細を見る

 「W」の曲としては今後もいろいろリリースされるみたいですけど、中でも若菜姫が歌う「Naturally」は気になりますね。飛鳥凛は「口裂け女2」の主題歌「醒めない夢」でその歌唱力は実証済みですから楽しみですね。

Love(白抜きハート記号)Wars 初回限定生産盤A(仮)Love(白抜きハート記号)Wars 初回限定生産盤A(仮)
(2010/03/31)
Queen & Elizabeth

商品詳細を見る

 あと、こんなのも出るみたいで。クイーン&エリザベスの「Love Wars」。AKB48(板野友美、河西智美)と仮面ライダーWのコラボレーションっつー事でいいんでしょうか?俺ホイホイもいい加減にして下さい!と嬉しい悲鳴です。
  1. 2010/01/24(日) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミスト [シネマ日記-529]

ミスト Blu-ray

-The Mist- (2007年/アメリカ)
監督/フランク・ダラボン
出演/トーマス・ジェーン マーシャ・ゲイ・ハーデン ローリー・ホールデン

スティーヴン・キング原作作品の監督として定評のあるフランク・ダラボンがメガホンを取ったホラーという事で、公開当時それなりに話題になった映画。謎の霧に包まれる街と、そこから現れるグロテスクで異様なモノたち、そして一箇所に閉じ込められてお互い疑心暗鬼となっていく人間たち、という流れから感じたイメージとしては「ザ・フォッグ」+「ゾンビ」+「遊星からの物体X」+「サイレントヒル」てな感じである。最初は結構まったりしているのだが、何かとんでもない事が起きているという事を登場人物全員が認識しはじめてからがぜん面白くなり、次に一体どうなるのか、最後はどうなってしまうのかと、画面に完全に釘付けになる。モンスターホラーとしてのサスペンスももちろんだが、人間対人間の心理的恐怖についても実にうまく描写してあって非常に怖い。

原作は未読だが、この映画のラストシーンは原作のラスト以降が「衝撃の結末」として追加されたもののようで、賛否両論となっているらしい。主人公は何故躊躇もせずああいう行動をとってしまったのだろうかとも思うが、中盤の息子との会話を伏線として、ラスト直前に現れるモノを前にした主人公の心境を考えるとそういう展開もありだろう。そして絶妙なタイミングで起こる次の展開…。「セブン」並みに後味は悪いが、「衝撃」かはともかくとして、自分的にはこういう結末は嫌いではない。ただ、手放しに大絶賛するほどかと言うと、個人的にはそこまででもないとは思うが。
(CS)
  1. 2010/01/23(土) |
  2. 映画(ホラー)
  3. | コメント:0

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society [シネマ日記-番外]

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society [Blu-ray]

(2006年/日本)
監督/神山健治
出演/田中敦子 大塚明夫 山寺宏一 阪脩

2作あるテレピシリーズ「攻殼機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の続きとなるオリジナル長編。元々クオリティの高かったテレビシリーズをさらにクオリティアップした感じである。映画の「GHOST IN THE SHELL」では「人形遣い」というハッカーが出てきたが、映画とはパラレルワールドになっている今作ではそれに良く似た「傀儡廻」というハッカーが現れる。両者の趣はかなり違うが、相変わらずのサイバーさはシリーズが好きな人にはたまらない。どちらも甲乙付lナがたい面白さだ。

幼児虐待や少子化・高齢化問題というものを盛り込んでおり、若者はそんなに気にせず観れるのだろうが、特にこれから老人となっていく運命である自分にはなかなか見るに辛いテーマでもある。全自動介護システムについては、昔観た「老人Z」というアニメも似たようなシチュエーションはあったが、今作に出てくる「貴腐老人」達はなおさら悲観的なイメージしかなく見ていて鬱になる。

ただ、長編とはいえテレビシリーズよりは話がコンパクトになっており、さすがに前2作の劇場版に比べてもスケールが小さくなった感があるのは致し方ないか。あと、CGがもうちょっとなじんでれば良かったかも。車のデザインとかタイアップのせいか半端に新しいのも気になった。まあ、ささいな事ですが。そろそろ次のシリーズも観たいですね。
(TV)
  1. 2010/01/23(土) |
  2. 映画(アニメ/特撮)
  3. | コメント:0

贅沢銀行

おニャン子クラブ大全集CD-BOX(HQCD盤)おニャン子クラブ大全集CD-BOX(HQCD盤)
(2008/09/17)
おニャン子クラブ新田恵利+おニャン子クラブ(福永恵規・内海和子・中島美春)

商品詳細を見る

 サントリーBOSSのCMでおニャン子クラブ復活

 おニャン子復活自体は何度かありましたが、こうやって定期的に何かやってくれると嬉しいですねー。国生さんとかまだ芸能活動やってる人はともかく、もう主婦になってる人もおりますからね。

 今回嬉しかったのは、おニャン子で一番好きだった22番の白石麻子さんが参加している事ですよ!CMでは番号しか呼ばれないし、後列で目立たないところにいるし、インタビューでも一言も喋らないんですけど、今回のメンバーの中で一番変わってない。たぶん40になったくらいだと思いますが、相変わらずかわいらしい。いや~このCM、感慨深いオサーンは多いんじゃないですかね。

 あれから25年か…。あの頃は良かったなぁ。
  1. 2010/01/23(土) |
  2. CM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The☆Peace! (H&A Death Tracks)/HANGRY&ANGRY

Sadistic Dance(初回生産限定盤)Sadistic Dance(初回生産限定盤)
(2009/11/18)
HANGRY&ANGRY

商品詳細を見る

 謎のヴィジュアル系ユニット、HANGRY&ANGRYのアルバム「 Sadistic Dance」にボーナス収録されているモーニング娘。の「ザ☆ピ~ス!」のデスメタルカヴァー。まぁ、石川梨華と吉澤ひとみのユニットなのですが、なんでこんな事やってるの?というのはさておき、個人的にはこういう企画は好きなので楽しまさせて頂きました。旧来ファンには賛否両論でしょうが、ハロー・プロジェクト卒業という事でいろいろ模索してるのでしょう。ちなみにアルバム収録の他の曲は、デジタル・グランジとか言われる比較的ソフトでメロディアスな曲が多く、それなりに聴きやすいですが、自分は正直そんなにハマる感じじゃないです。

 ただ、アイドル上がりでこういう路線ってウケたためしが無いような気がするんですよね。明らかに元のファンが期待する路線じゃないと思うし、本人もなんかやらされてる感がひしひしと…。まぁ、企画モノだと割り切ればいいんでしょうけどね。いつの間にか消えて無かった事にならないよう、とりあえず頑張って頂きたい。
  1. 2010/01/22(金) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダライアスバースト オリジナルサウンドトラック/ZUNTATA

ダライアスバースト オリジナルサウンドトラックダライアスバースト オリジナルサウンドトラック
(2010/01/20)
ZUNTATA

商品詳細を見る

 ダライアスバーストのオリジナルサウンドトラックが届きました。ファンならやはり押さえておかないとですね。ゲームミュージックというジャンルは非常にニッチなので昔はCDショップで買うのは苦労しましたが、今はAmazonとかネットで買えるのでいい時代ですね。とは言え、このアルバムも発売日前後に一旦品切れになりましたから、安心はできません。うっかりするとすぐに廃盤になってしまいますからね。ワタシは予約してたのですが、珍しくAmazonからフライング日に到着してました。

 ゲーム中はあんまり音楽に集中できないのと、携帯機であまり音質良く聴けないというのもあって、今回じっくり聴けるサントラが出たのはありがたいです。ダライアス・スピリットを十分継承しながら、新しい要素もあり、個人的には期待以上にいいBGMだったなと思います。

 軽快なのに重厚、みたいな感じがメインですが、中でも「Abyssal Holic」や「Baptize Silver Hawk」「The World Of Spirit」とかは自分の中ですごいツボです。「Fast Lane」のメロディとベースラインなんかも泣けますねぇ。一方、カオスでアヴァンギャルドな「Cylinder」とかもダライアスっぽくて良いです。PVや1面のBGM「Good-Bye My Earth」はさすがに聴き過ぎて…という感があったので、ロングバージョンで収録して欲しかったですかね。ゲーム中の演出で「サイバリオン」が出て来たのには驚きましたが、ちゃんとBGMもサイバリオンしていたのはロートルファンとしては嬉しい限り。あと旧作メドレーとかも嬉しいですね(さすがにオリジナル収録はなかったですが)

 個人的にはボス曲にもうちょっと重厚でゴツイ曲があった方が良かったかな。でも小倉さん唯一の参加曲、グレートシングBGMの「Hello 31337」はさすがという感じです。ワタシのフェイバリット BGM、「Gダライアス」の「B・T・DUTCH」を彷彿とさせながらよりポップに仕上がった感のあるさすがの1曲。今更ながらOGRさんの「ダライアス」の新譜を今聴けるという事に涙がちょちょ切れます。

 ファンなら必聴でしょうか。廃盤になってしまう前にどうぞ。シューティングBGM万歳!
  1. 2010/01/20(水) |
  2. ゲームミュージック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くりぃむナントカDVD VOL.1

くりぃむナントカVol.1 [DVD]くりぃむナントカVol.1 [DVD]
(2009/09/30)
上田晋也有田哲平

商品詳細を見る


 くりぃむナントカDVDVol.1をやっと観ました。ビンカン選手権と長渕剛ファン王決定戦。やっぱりナントカは面白かったなぁ。シルシルミシルもいいですが、やっぱあの時間にナントカを復活して欲しい。土田と矢作のコメンタリーもそればっかり言ってて、出演者も本当にこの番組楽しかったんだろうなぁと思います。



 そう言えば同時購入特典も届きました。3分足りませんの撮りおろし。まぁ、あのまんまのグダグダなコーナーなんですけど、13分しかなくてちょっと期待はずれだったかなぁ。まぁ、タダですからねぇ。

 …といってるうちに次のDVDシリーズが発売決定のようで。今度はぜひとも「チャラチャラ」入れて下さい。「へそくり」や「からいやつら」は入りそうかな。
  1. 2010/01/19(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セピアの夏のフォトグラフ/吹石一恵

VISUAL QUEEN OF THE YEAR’97「吹石一恵」 [VHS]VISUAL QUEEN OF THE YEAR’97「吹石一恵」 [VHS]
(1997/08/20)
吹石一恵

商品詳細を見る

 スターデジオのアイドル特集で拾った1曲、吹石一恵セピアの夏のフォトグラフです。今女優として活躍中のフッキーこと吹石一恵がリリースした最初で最後のシングル曲。1997年のリリース時には全くノーチェックでしたが、今回聴いてみてものすごい衝撃を受けました。

 作詞作曲は広瀬香美です。彼女らしいキャッチーかつ爽やかな感じで、アイドルポップスとして普通にいい出来の曲です。しかし、そこに乗っかるフッキーのボーカルがかなりパンチが効いてるというか、インパクトがもの凄い。ピッチもまずくないし高音もちゃんと出てる。しかし、歌唱法ががさつというかぶっきらぼうというか、とにかくガナるような歌い方なんですね。プロデュース側は新人アイドルらしく明るくはつらつとしたイメージを想定したのかもしれませんが、元気をはき違えている感がものすごく、これでGOが出たのが驚きです。でも個人的にはキライじゃないです。むしろ好き。こういうのアイドルポップスでなかなか無いですもん。

 逆に言うと、フッキーはこういうアイドルポップスではなく、LINDBERGとかあの辺のガールズロックのような曲を歌うとはまったのかも知れませんね。これ1曲で終わったのは本当に惜しい。ほかにもいろんなパターンの曲を聴いてみたかったですねぇ…。
  1. 2010/01/18(月) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

追悼・奥村公延

 今日の新聞で、俳優の奥村公延さんが昨年12月24日に、呼吸器不全のため亡くなっていた事を知りました。大変ショックです。

 ワタシは奥村さんの飄々とした雰囲気が好きだったのですが、決定的に印象に残っているのはやはり東映不思議コメディでの怪演です。



ペットントンの野原先生

P1010217.jpg

ネムリンのタイムスリップおじさん

P1010218.jpg

カミタマンの突撃じいちゃん(国野為三)

 シリアスな役からコミカルな役、そしてその名を知らしめた死体役まで、実に幅広い演技の幅を持つ名バイプレイヤーでした。とても残念です。

 奥村公延さんのご冥福をお祈りします。
  1. 2010/01/14(木) |
  2. 俳優・女優
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PSPその後



 年末に買ったPSPですが、「ダライアスバースト」にはまったり、寝る前に寝床でビデオを見たりと、今のところ楽しませてもらっています。

 しかしこいつ、いい歳こいたオサーンが通勤電車の中で出すのはなかなか恥ずかしい事に気づきました。1回だけ出してビデオ観てみましたが、これがことのほかデカい。デカけりゃいいかと思ってましたが、そうでもないんですね。

※ちなみに写真で見ると、DSも広げると意外にデカイですね。個人的にはDSも結構電車の中でやるのは抵抗があったりします。

P1010215.jpg

 そう考えると、手のひらの中にスッポリ入ってしまうクッキー型iPodnano3Gって、電車の中でビデオ見るには最適なサイズだったんだなぁと改めて実感してしまいました。PSP、DSと比べてもももちろん、iPod touchや今の最新の横型nanoとかに比べても実にコンパクト。やっぱりまだまだnanoは活躍しそうです。
  1. 2010/01/12(火) |
  2. テレビゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイナル・デッドコースター [シネマ日記-528]

ファイナル・デッドコースター [Blu-ray]

-Final Destination 3- (2006年/アメリカ)
監督/ジェームズ・ウォン
出演/メアリー・エリザベス・ウィンステッド ライアン・メリマン

「ファイナル・ディスティネーション」シリーズ第3弾。飛行機事故、交通事故に続いて今回はジェットコースター事故を回避した事から始まる、計画された死の恐怖を描く、これまでとほぼ同じ鉄板の設定。ストーリーはどうでも良くて、人が死ぬまでのギミックを楽しむだけという非常に悪趣味なシリーズではあるが、これはそう割り切って見るのが正しい。

前作は高速道路のシーンが大作映画ばりにやたらよく出来ていて印象に残ったが、その点今回はやや小ぶりになった感じ。死亡シーンも唐突だったりアイデア溢れるヒネッた死に方ではなく、ほぼ伏線に対して予想通りの展開になっている。かわりにそこまでの流れがドミノ倒しの仕掛けのごとく、何もそこまで回りくどくしなくてもと思うほど凝っているのだ。死に様の演出は今までになくグロくエスカレートしているはずなのだが、個人的には前作までの勢いがなくなってなんとなく地味な映画になってしまったように感じた。伏線にもなっているのでしょうがないが、登場人物の紹介が薄く、誰が死の対象になるのかとか、人間関係が分かり辛いので、そこも感情移入できなかった一因かも。

主役のメアリー・エリザベス・ウィンステッドは鈴木杏ちゃん似で、なかなかカワイイなあと思っていたら、「ダイハード4.0」でブルース・ウィリスの娘をやった子だった。あの映画でもそういう感想を書いていたのを思い出した。
(CS)
  1. 2010/01/12(火) |
  2. 映画(ホラー)
  3. | コメント:0

真マジンガー 衝撃!Z編

真マジンガー 衝撃!Z編 9 <最終巻> [DVD]真マジンガー 衝撃!Z編 9 <最終巻> [DVD]
(2010/04/23)
赤羽根健治本多陽子

商品詳細を見る

 録画して溜め込んでいた「真マジンガー 衝撃!Z編」全話をようやく観終わりました。いやー、最近テレビアニメはほとんど観なくなりましたがこれは楽しかった。「マジンガーZ」をリアルタイムで観ていたオッサンにはたまらないアニメでしたねぇ。あの頃のキャラやメカデザインはほぼそのままで、クオリティの高い作画と、より大人向けに作られたストーリー。でも、変に難解にせず、ちゃんとなつかしのロボットアニメ的なケレン味は残すという、実に心憎いリメイクでした。最近「エヴァンゲリオン」の再構築劇場版が話題になってますが、こっちの再構築版も負けず劣らずすばらしかったです。

 最終回にやっと第1話の「大団円」に戻りましたが、これは第1話を観てないと分からないところもあるんですね。しかも、第1話と2話の冒頭にちょびっとあったラスト以降の話がスッパリ切られているので、そこを見てない人はもう何がなんだかという気も…。でもこれは第1話作った時点で最終回まで出来てたんですかねぇ。途中のローレライが登場するところなんかも盛り込まれてたしなぁ…。

 最後のどんでん返しと結末は驚きました。こう終わるか!という。これは賛否両論あるでしょうねぇ。本当の主役はあしゅら男爵だった気がします。いかにも続きそうな終わり方ですが、今のところ続編の話は出てないようで。でも、剣鉄也とグレートマジンガーのシルエットが出てそれはまた後で!とか言いながら結局出ませんでしたから、「真グレートマジンガー」が制作される事を期待したいと思います。

真マジンガー 衝撃!Z編 OP主題歌 守護神-The guardian真マジンガー 衝撃!Z編 OP主題歌 守護神-The guardian
(2009/08/05)
JAM Project

商品詳細を見る


 後期主題歌のJAM Project「守護神-The guardian」もカッコいいすなぁ。前期の「感じてKnight」よりも好きかも。宮川彬良氏のBGMもなんかレトロっぽくて良かったですね。でもEDのSKE48「強き者よ」は曲は好きなんですがこのアニメにはちょっと合ってなかったかな。
  1. 2010/01/11(月) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SweetSその後

Bitter sweetsBitter sweets
(2006/03/23)
SweetS

商品詳細を見る


 自分の中ではもはやレジェンドと化したSweetS。結成から7年、解散から3年経った今でも彼女たちが残した楽曲は未だに色あせる事無く、何度聴いても飽きる事がございません。マイiTunesの再生トップレート25は、その内実に20曲がSweetSの曲というダントツの再生回数。去年の風呂掃除のBGMはSweetSのベスト「Delicious」でした。もう(自分の中で)彼女たちを超えるアイドルグループは出ないのではないか、と思うほどです(実際出て来てない)。

 解散後、願わくは再結成を、それが無理なら各メンバーのソロ活動をと長らく期待していましたが、最近になってやたら元メンバーの瀧本美織さんをみかけるようになりました。ソニー損保のCMの娘がそうです。瀧本さんと言えば鳥取が生んだ美少女アイドルとしてワタシの中だけで有名であり(握手会で瀧本さんと鳥取出身の話をした事が思い出されます)、SweetSの中でもルックスがトップだったのでこの娘はクると思っていましたが、今や期待の新人女優としてポスト竹内結子と言われているほどとか。これは今から要チェックですよ。

 あと、2トップボーカルの1人、吉村綾花さんもシンガーソングライターとして活動開始したようで。ネットの音源聴きましたが、相変わらずの歌声で安心しました。というか、より歌声が艶っぽくなったような。もう19歳なんですね!彼女は歌のうまさは定評ありましたから、頑張って欲しいですね。この調子で他のメンバー、竹輪さん、柏木さん、そして最も好きだったメンバー、岩崎さんにも是非戻ってきて欲しいものです。

 そう言えば、エイベックスがSweetSの後継とも言えるアイドルグループ・東京女子流(TOKYO GIRLS' STYLE)をデビューさせるようで。11歳~13歳かぁ。SweetSもこの位にデビューでしたが、好きになるには2年かかりましたから、あと2年!2年です。2年大事に育ててあげて下さい。話はそれからだ。
  1. 2010/01/10(日) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東芝BDレコーダー



 ウホッ!東芝、ついにRDのBDレコーダー発売へですと?いや~、一時はもう絶望かとも思いましたが、想定以上に早い展開ですなあ!実に感慨深い。

 とは言え…、ウチもBDには興味はありつつ、東芝のデジレコが2台もある以上、これらがオシャカにならない限り買う予定はなく。詳細もまだ発表されてないから仕様がどうなるかですよね。1世代目はどっかのOEMという噂もありますが、やっぱり東芝のエンジンで現行の操作手順でBDも扱いたいものです。あと、現行デジレコからのTSタイトルiLinkムーブは必須にして頂きたい!これは絶対条件。

 今年はまずエコポイントやってるうちにハイビジョンテレビを買う予定なので、BDレコーダーにはまだ手が回りません。まぁ、1世代目より2~3世代目ぐらいの機種の方がこなれてるだろうし、その頃丁度アナログも終わる時期だろうから、買うとしたらその頃にどんな機種が出てるかで考えようと思います。

 …あぁ、そう言えば早まってMぞう先生にブルーレイおすすめしちゃったなぁ…。この展開読めなくってどうもすいませんでした。まぁ、欲しい時が買いどきですから!
  1. 2010/01/08(金) |
  2. デジモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダライアスバースト(PSP)/TAITO

ダライアスバーストダライアスバースト
(2009/12/24)
Sony PSP

商品詳細を見る

 辛抱たまらず買ってしまいました…。「ダライアスバースト」。当然ながら、持ってなかったのでPSPもです。 続きを読む
  1. 2010/01/04(月) |
  2. テレビゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初富士



 新年2日目は久々に愛車イス子でロングドライブ

 最初は御殿場のアウトレットに行くつもりでしたが、駐車場がどこも満車で入場を断念。

 昼食を取ろうと店を探していたら道がどんどん渋滞に。

 やっと入ったファミレスは小さい子供連れの家族ばかりでパチンコ屋かと思うほどの騒音でウンザリ。

 帰りの高速に乗ろうかと思えば帰省ラッシュ真っ最中で入り口から大渋滞。

 やむなく下道から246をひたすら走り、大和のショッピングセンターで晩飯をテイクアウトしようと思ったら、ちょっとのんびりしたばかりに閉店で買えず。

 …と、新年早々全てが裏目裏目となる散々な感じのドライブではありましたが、まぁ、正月に真っ白に雪をかぶったキレイで神々しい富士山を目の前に見れたから良しとしましょう。それにしても疲れた~!
  1. 2010/01/02(土) |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます 2010

2010.jpg

あけましておめでとうございます。

 旧年中はお世話になりました。昨年後半はほとんど更新しませんでしたが、生きております。

 年末は珍しく大掃除を決行し、今までにも増して物を捨てまくれて満足です。特に寝室の物が大幅に減ってゆったり眠れるようになったのが嬉しいですね。

 大晦日はいつものように「ガキの使い・笑ってはいけないホテルマン」を見ながら過ごしましたが、夫婦共々新年を迎える前に撃沈。起きたらもう日が上がっておりました。面白かったけど6時間は長過ぎ。元日の夜にやっと見終わりました。内容も長いせいもあってか今までよりややパワーが落ちた気がして、ちょっとマンネリなのかなぁとも思いましたが、これからも年末恒例で続けて欲しいですね。ちなみに個人的にツボだったのはマツコDXと芸能人神経衰弱。

 今年の正月は久々に帰省しなかったので、おせちなどを頼んでみました。元日は本当に飲んで食べてテレビ見てダラダラ。W録×3台を駆使して録画した年末年始特番が山のように残っているので必死に消化です。

P1010187.jpg

 いつも言ってる気がしますが、今年こそはなんとか定期的に記事アップできるように努力したいと思っております。

 時間があれば昨年末にアップしたかった記事も含めて過去記事アップするかもしれません。

では、今年もなにとぞよろしくお願いします。

  1. 2010/01/01(金) |
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0