クマチュー!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

ガンダム我が家に立つ

HG 1/144 RX-78-2 GUNDAM Ver.G30thHG 1/144 RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th
(2009/07/11)
バンダイ

商品詳細を見る


 先日会社の同期会へ出席するついでに寄った秋葉原で、ガンダムの30周年記念プラモ「HG RX-78-2 GUNDAM Ver.G30th」を売っていたので思わず買ってしまったのですが、ようやく完成しました!



 これ、今話題の1/1お台場ガンダムを1/144スケールにした模型ですが、実にカッコいい。思えばまさに28年前くらいに初めて手に取ったガンプラも300円の1/144ガンダムだったなー。今やほとんど塗装しなくても写真のような完成度に仕上がるんですけど、当時のプラモは単色成形だったから、ガンダムみたいなカラーの模型はシンナーの匂いを我慢しながら本当に苦労して塗装しないとちゃんと仕上がらなかったんですよね。ワタシの初めて作ったガンダムは、失敗しては薄め液で消してまた塗って…とやっているうちにプラが溶けてしまい、ほとんど原型を留めないような頭部になって涙したのが今でも思い出されます。

P1000900.jpg

 30年近い年月を経て進化したガンプラは、接着・塗装なしで、1日あればかなりの完成度のものが仕上がります。というわけで、当時あまりガンプラを買えなかった子供たちが、今現在アラフォーのオサーンになってから、出戻りでガンプラにはまる、というのも必然でありましょうねぇ!

P1000890.jpg

 これからも、小遣いが少なくなったら安いガンプラ買ってしばらく凌ぐ、という趣味時間の過ごし方になりそうです。次はグフかな(劇場版エヴァ零号機売ってない…)。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/27(月) |
  2. プラモデル・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダブルレインボウ

20090719184559.jpg


 3連休中は、だらだら、まったり過ごしておりました。久々に嫁と映画(ターミネーター4)を観に行ったぐらい。それもまた良し。

 真ん中の日曜日、買い物に出かけた時に二重の虹を観ました。慌てて携帯で写真を撮った時にはすでにだいぶ薄くなってしまってましたが…。二重の虹と言えばハロプロファンは、松浦亜弥のアルバムを思い出すのでしょうが、ワタシはSweetSの「Sentimental journey」を思い出します。名曲です。

5 elementS (初回限定生産盤DVD付)5 elementS (初回限定生産盤DVD付)
(2005/10/05)
SweetSAKI

商品詳細を見る


  1. 2009/07/21(火) |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 話題の「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」。嫁が発売日に普通に買ってきましてね。テレビでは早朝から行列とかさんざんやってましたが、日曜日の夕方とかでも普通に大量に売ってましたよ。相当初回出荷が多かったんでしょうか。でもこれセーブが1カ所しかできないらしいじゃないですか。今までのゲームは嫁と交互にやったりして進められたのに、これどっちかが終わるまで出来ないじゃないですか。え、遊びたい人の分だけ買って下さい?なんというアコギな!

 …と一瞬思いましたが、ワタシは今現在絶賛これ↓をやっているのでした。

P1000760.jpg

 「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」。PS1ですよ!約7年のブランクを経て、何故か思い出したようにプレイ再開。内容思い出すのに苦労しましたが、当時より攻略サイトが充実しているので、なんとか復活しました。今ではかなり面白くなってきましたが、なんせこのVIIは時間がかかる!!100時間以上やってまだディスク1だし。

P1000764.jpg

 ちなみに今この辺でうろうろ。これが終わったらこれまた途中でやめてる「VIII」をやるので、「IX」が出来るのは相当先になりそうですよ、奥さん。
  1. 2009/07/12(日) |
  2. テレビゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新劇場版 エヴァンゲリオン 初号機

新劇場版 エヴァンゲリオン 初号機新劇場版 エヴァンゲリオン 初号機
(2007/08/26)
バンダイ

商品詳細を見る

 「新劇場版 エヴァンゲリオン 初号機」のプラモデルです。映画観てあまりに燃えてしまったので、先日買ったキットを一気に作ってしまいました。

P1000743.jpg

 いやー、今更ながら、今のプラモデルの進化はすざまじいですな。無塗装のパチ組みなのに恐ろしいほど出来が良い!

P1000753.jpg

 もうカッコ良過ぎて見惚れます。もこみちテイストな猫背も完全再現。そこに痺れる、憧れる!!

P1000757.jpg

 次は零号機作ります。
  1. 2009/07/11(土) |
  2. プラモデル・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITIONヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITION
(2009/07/08)
サントラ林原めぐみ

商品詳細を見る

 というわけで、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」観ました!もうね、いろんなブログ観てても「すごい」「面白い」の感想のオンパレードで、気を抜くとうっかりネタばれ見てしまいそうな勢いだったので、我慢できずに映画館へ行ってしまいました。レイトショーだというのにすごい人で、指定席も残り僅か状態。確かに話題になってるんだなぁ、と実感しました。

 で、感想ですけど、確かにこれは「すげー!」以外に感想書けないですな!もうあっしは上映時間中ゾクゾクして燃えまくって力入りまくって、冷房効いてて寒いはずの劇場内で汗かいてましたよ。大体、これで終わってもいいくらいの満足感なのに、まだまだ続くなんて嬉しくてしょうがありません。多少なりともエヴァ好きで観てない人はすぐに観るべきです。逆に初心者には恐ろしくハードル高いので、テレビ版全部観るくらいの予習は必要でしょうね。

 ところで、ミサトさんは何故エヴァの事を「エヴァー」と伸ばして言うのでしょうか?
  1. 2009/07/10(金) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]
(2009/05/27)
三石琴乃林原めぐみ

商品詳細を見る

 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」、テレビ放送されていたのを見ますた!劇場公開時は、テレビ版とあまり変わらないと聞いていたので、なんとなくぼやぼやしているうちに観る機会を逸してしまったのですが、今劇場公開されている「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」がえらい事になっていると聞いて、観に行きたいなぁ、と思っていた矢先のテレビオンエア。ナイスタイミング。

 いやぁ、確かにテレビとほとんど同じ展開ではありましたが、全編作り直しているだけあって同じ構図の映像でもなかなか新鮮で、かなり楽しめました。特にヤシマ作戦は燃えますね。テレビ版の「決戦、第3新東京市」も良かったんですが、あの回ってストーリー展開に対してもったいないくらい作画がイマイチだったので、今回完全に作り直されていてものすごい熱いものになっていました。

 これでエヴァンゲリオン熱が復活しましたよ。深夜のテレビ再放送も観はじめてます。こりゃもう「破」は観に行くしかないですね。
  1. 2009/07/05(日) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

no hesitAtIon / 加護亜依

no hesitAtIonno hesitAtIon
(2009/06/24)
加護亜依

商品詳細を見る

 加護ちゃんが2度目の喫煙問題で解雇された当時、ワタシは某所の温泉にぼーっと浸かりながら、「もう彼女はアイドルとしての復活は無理だろうなぁ」と思う一方、「であれば、どこかインディーズでもいいから、歌手として復活すればいいのではないか」、などと妄想しておりました。

 …それから紆余曲折、まさかの芸能界復活、バラエティ・女優活動を経て、遂にこの「no hesitAtIon」で待望の歌手・加護亜依としての活動が現実のものに!これを感動と言わずして何と言いましょう。個人的にはもうちょっとアナーキーでロックテイストな感じの曲での復活を妄想していたので、意外なほど正統派なポップスだったのがちょっと想定外でしたが、作曲・プロデュースが中西圭三とそのクオリティは鉄板、作詞は加護ちゃん自身で等身大の彼女を表現、サプライズはないものの、1発目としてはなかなかの良曲だと思います。なにより、ハロプロ時代から加護ちゃんソロとしてのまともな曲はほとんど無かったに等しいわけですから、むしろ今こうやってちゃんと加護ちゃんの歌声が普通に聞けるという事は、まさに災い転じて福となした結果ではありゃしませんでしょうか?

 ハロプロ在籍時のあのキュンキュンボイスは健在ながら、少し大人っぽくなったボーカルがこれまた絶妙で、なかなかいい曲だと思います。…あんま売れてないみたいですけどね…。アルバムが出せるかが正念場かなぁ。なんとか頑張って頂きたい。
  1. 2009/07/01(水) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。