クマチュー!!

輝きの描写(スケッチ) / 河田純子

輝きの描写(スケッチ)輝きの描写(スケッチ)
(1989/03/01)
河田純子

商品詳細を見る

 いやー、いいですね。河田純子がデビューした頃はアイドル冬の時代などと言われていた時期ですが、このデビュー曲「輝きの描写」は今聴いてもかなりインパクトがある名曲だと思います。まさにアイドル歌謡の王道をいく、キャッチーで疾走感のある曲調とそれに乗るつたない歌唱ってのが非常に好みです。本当に素晴らしいです。事実、ネットを徘徊するとアイドルファンでこの曲をレコメンドされている方は結構多いようで、なるほどという感じです。残念ながら彼女の楽曲は、アイドルとしての人気とともにこのデビュー曲を頂点として失速していくのですが、やっぱりこの時代に生き残るのは難しかったのでしょうか…。

 そういえば、Wikiで河田嬢の情報を調べたら、2006年に1回だけ復活してこの曲を含むライブをやったそうですね。そんな河田純子さんは当時32歳。観てみたかったような、そうでないような…。
  1. 2009/04/28(火) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

真マジンガー 衝撃! Z編

感じてKnight感じてKnight
(2009/04/22)
ULTIMATE LAZY for MAZINGER

商品詳細を見る

 最近始まった、「マジンガーZ」の新解釈リメイクアニメ「真マジンガー 衝撃! Z編」。これいいですね。素晴らしいですね。その筋にはカリスマ的人気を誇る今川泰宏が手がけている事からも分かるように、まぁ展開が熱い!しかもマジンガーZやアフロダイX、機械獣などのロボットや、兜甲児、弓さやか、ドクター・ヘルやあしゅら男爵など主要人物のデザインなどは変な今風のアレンジを加えず全く昔そのまんま。それでいて1話完結的な展開からストーリー性を重視した形に作り直した感じです。うまいぐあいに原作とオリジナルのアニメ版と折衷されていてどちらのファンも入りやすい感じで作られているのが好感持てます。欲を言えば兜甲児の声は石丸博也にやって欲しかったぐらい。

 ちなみにワタシは永井豪の原作漫画は読んでないんですけど、違和感無く入れました。あと、1話はいきなりクライマックスから始まったらしく賛否両論らしいのですが、ワタシは見逃したので2話から観始めた事もあって、普通にすんなり観れてます。主題歌がLAZY(当然影山ヒロノブがボーカルで、奥田民生、斉藤和義、JAM Projectがサポート!)の「感じてKnight」(「感じてナイト」のリメイク!)てのもなんか燃えますなー。

 とにかく「真マジンガー 衝撃! Z編」はリアルタイムでマジンガー見てた、70年代にちびっ子だったオサーンの心には確実にヒットすると思います。おすすめですよ!これ観てたら、「ドラゴンボール改」のインチキ再放送が情けなく思えてきます。OP・EDだけじゃなくて全編今の技術でちゃんと作り直せよ!みたいな。
  1. 2009/04/21(火) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パールモンド・KISS / 渡瀬麻紀

LINDBERG XX(DVD付)LINDBERG XX(DVD付)
(2009/04/22)
LINDBERG

商品詳細を見る

 再結成が話題のLINDBERGですが、ボーカルの渡瀬マキが「新堂本兄弟」に出演していたので懐かしく観ました。確かに全盛期に比べれば歳取ったなと思う反面、40にしてこのキュートさはなんなんだ?と驚きもします。渡瀬マキが元アイドルというのはご存知だった方も多いでしょうが、LINDBERG時代のトークでは話題にも出た記憶がないこのネタを写真なども出しながら平然と語っていましたので、チャンマキにとって黒歴史なのかと思っていましたがなんとも感慨深いものがございます。ワタシはアイドル時代にバラエティに出演している渡瀬麻紀を見て、かわいい顔をしながらフワフワした鳥羽弁で歯に衣着せないストレートな物言いをするところに魅力を感じてファンになったのですが、当時実際にテレビで歌っているのは見たことがありませんでした。しかもシングルが3枚出たきりでアルバムすら出てないので再販もなく、アイドル時代の曲を聴くのは困難を極める状態です。

 「新堂本兄弟」でも話題になっていたデビュー曲の「パールモンド・KISS」は、LINDBERG結成前後にラジオで流れていたのをなんとか捕獲して良く聴いていたのですが、既にアイドルとしてはかなりの歌唱力を持っている事が分かります。聖子ちゃんファンでよくモノマネしていた、というのは昔何かで聞いたことがあったのですが、番組でなんと1コーラスまるごと披露した「Sweet Memories」は確かによく似ていて、アイドル歌手としては非常に逸材であった事を感じさせられます。難を言えばモノマネ的にちょっとクセを強調しすぎていたので、もうちょっと普通に歌って欲しかったですけどね。ラストに平川氏をギターに迎えて演奏した「今すぐKISS ME」は、20年前をいろいろ思い出してちょっと感動しました。
  1. 2009/04/20(月) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIRL POP FACTORY 03

 DVD整理をしてましたら、2003年に行われた「GIRL POP FACTORY 03」の録画が出てきたので観てました。いわゆる女性Jポップアーティスト(アイドル含む)のサマフェスのようなイベントなのですが、今見ると出てるメンツがすごいですね。

相田翔子
AKINA
飯田圭織
市井紗耶香
SweetS
篠原ともえ
下川みくに
Snappeas
ジュエミリア
ソニン
辻香織
dicot
day after tomorrow
dream
Nyle
NAO
ナオリュウ
中澤裕子
Perfume
Priere
BOYSTYLE
BON-BON BLANCO
松本英子
mihimaru GT
宮原永海
モーニング娘。
RUCA
若槻千夏
MC:高島彩、安めぐみ
(Wikiより)

 出演者については「02」から「04」までがかなり多かった期間なんですが、特にアイドル出演の物量という点ではこの「03」が突出してる気がします。当時の目玉としては、やはり全盛期のモーニング娘。だったのかなと思うのですが、個人的には注目していたアイドルであるdream、SweetS、BOYSTYLE、BON-BON BLANCO、下川みくに、ソニン、あとはmisonoがまだ可愛げがあった頃のday after tomorrowあたりが一同に会してるのが豪華です。その他としては、モデルの鈴木えみと沖樹莉亜のユニット・ジュエミリア(t.A.T.u.の「ALL THE THINGS SHE SAID」をカヴァー)、ソロで歌っていた頃の若槻千夏、Folder5から一抜けたAKINA、そして特に夏帆小出早織が在籍していたSnappeas(TUBEの「あ~夏休み」をカヴァー)あたりが個人的ツボです。

 しかし、なんといっても一番のポイントはPerfumeが出演していた事でしょう。この頃はテクノポップに移行過渡期であれど、まだブレイク前。ルックスは今の洗練された感じではなく、旧Perfumeのヤボッたい感じそのまま。ステージでは「スウィートドーナッツ」を歌っていますが、おなじみのボイスエフェクトもかかっておらずいかにも地下アイドルな風情。当然のごとく当時はアウトオブ眼中的なアイドルで気にもしてなかったのに、今見ると逆に新鮮でこれはこれでいいですねぇ。まぁ、そんな感じで気がつくと懐かしさについ見入ってしまったのでした。



 「GIRL POP FACTORY」はイベントとしてはいまだに毎年やってるみたいですけど、最近は出演アーティストが絞られていて、なおかつアイドルよりは聴かせるアーティスト中心の構成になっているようです。「03」のお祭り騒ぎ感と比べると個人的にはちょっと残念ですね。
  1. 2009/04/18(土) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幸せの白い雲 / 西村知美

夢色の瞬間(とき)(紙ジャケット仕様)夢色の瞬間(とき)(紙ジャケット仕様)
(2003/11/27)
西村知美

商品詳細を見る

 カセットテープの整理をしていたら、西村知美のファーストアルバム『夢色の瞬間(とき)』からセレクションしたものが出てきました。その中の1曲がフレンチ・ポップス風の「幸せの白い雲」です。これ聴いたとき、途中までシルヴィ・バルタンの「あなたのとりこ」の日本語カヴァーかと思ってました。途中でメロディラインがコロっと変わるので気づきますが、そこまでやるかというくらい本当にソックリなのでビックリします。まぁ、時々こういうオマージュが発見できるのがアイドルポップスの醍醐味なんですけどね。

 『夢色の瞬間(とき)』は名作と呼ばれる事も多いですが、やはりちょっと世すれた女の子を歌う「おニャン子クラブ」がブレイクしていた当時にあって、彼女のような清純派はなかなかに貴重でしたし、曲のクオリティも実際高かったです。歌唱力については思う事もありますけど、アイドルと考えるとその稚拙ささえ魅力と取ることもできますし、少なくともイメージには合っていたと思いますね。
  1. 2009/04/17(金) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私の魅力に 気付かない鈍感な人 / 光井愛佳

プラチナ 9 DISC(初回生産限定盤)(DVD付)プラチナ 9 DISC(初回生産限定盤)(DVD付)
(2009/03/18)
モーニング娘。道重さゆみ

商品詳細を見る

 モーニング娘。の9thアルバム『プラチナ 9 DISC』収録の光井愛佳ソロ「私の魅力に 気付かない鈍感な人」にミラクルが起きてます。大変素晴らしい。アイドルポップスかくあらん。テクノトランス風の疾走感のあるリズムにピコピコサウンド、それに乗る明るいメロディがまず文句なし、サビのリフレインのコーラスが1回目より2回目の方がせつなく変わるところなどツボにドストライクです。余計なオッサン声やガヤ声もなく比較的つんく臭を感じないので、ヲタの評判もまずまずといったところで、やっぱみんなこういう曲を求めてるんだよなぁと思いました。℃-uteの鈴木愛理のソロ曲「Yes! all my family」にもちょっと似てますかね。光井愛佳の歌声は、ハロプロにありがちなキュンキュンひっくり返るアイドルタイプ(特に久住小春とかに顕著)じゃなくて、どっちかというとストレートでやや低く、ちょっと引っ張り感もある感じなので、それもまた新鮮な気がします。光井の普段の喋りはもっと気だるいので、このくらいのはじけ方で丁度よくなる感じ。光井にはもっとソロ曲を歌ってみて欲しいですね。

 でもこの『プラチナ 9 DISC』というアルバム全体についてはシングル曲を含めても相変わらず暗めのR&B的なセクシー路線曲が多く、どうも行き所に迷走してる感は否めません。つんく♂の趣味なんでしょうけど、やっぱり娘。の曲に大人っぽさやセクシー感なんてほとんど誰も求めてないと思います。その他で気に入ったのは壮大なバラードの「雨が降らない星では愛せないだろう?」くらいですかね。そんな感じなので、「私の魅力に 気付かない鈍感な人」が一際光って聴こえるんですよね。モーニング娘。がAKB48的な明るい女の子がはじけて歌うような、聴いてて楽しいグループに戻ってくれる事を願ってやみません。
  1. 2009/04/16(木) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハロー・グッバイ / 讃岐裕子

メリー・ゴー・ラウンドメリー・ゴー・ラウンド
(1997/07/25)
讃岐裕子

商品詳細を見る

 『♪紅茶のおいしい、喫茶店』でおなじみ「ハロー・グッバイ」は柏原よしえが歌っていたのを覚えている人が多いと思いますが、元々はアグネス・チャンの曲で、それを讃岐裕子がカヴァーし、さらに再カヴァーでヒットさせたのが柏原よしえです。今回紹介する讃岐裕子バージョンの「ハロー・グッバイ」はアグネス版のリメイクという感じで、タイトルと歌詞が一部変更されています。

 個人的にはルックスも声も柏原よしえより讃岐裕子の方が好みです。柏原よしえはやや鼻に掛かったこもり気味の声質ですが、讃岐裕子はきわめてクリアーで伸びやかな、かわいらしい声質です。今の曲だと言ってもアリな感じです。有名度は断然柏原よしえ版ですが、讃岐裕子版も是非お聴きになってみることをオススメします。
  1. 2009/04/15(水) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SAKURAグッバイ / SCANDAL

SAKURAグッバイ(初回生産限定盤)(DVD付)SAKURAグッバイ(初回生産限定盤)(DVD付)
(2009/03/04)
SCANDAL

商品詳細を見る

 女子高生バンドとしてはステレオポニーに頭一歩抜かれてしまった感のあるSCANDAL。今春メンバー2人がいよいよ高校卒業という事で、女子高生コスプレバンドと化しはじめましたが、問題はいつまで制服を着続けるのかです。前にも書きましたが、個人的にはAKB48よろしくいくつになっても着続けて頂きたい。大堀さんもまだ制服着てるので、20代後半までは余裕でイケると思います。

 そんな彼女らの最新シングル「SAKURAグッバイ」も桜ソングですね。思った以上にキャッチーでメロディックな曲調に少々驚きです。ドライブ感もあり、せつなさもありと、まさに日本で生まれたロックを地でいく作品とも言えますね。以前からボーカルの子の一人TOMOMIさんの歌い方がちょっと演歌調にコブシが回るので気になっていたのですが、この曲にはいい効果が出てる気もします。
  1. 2009/04/14(火) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さよならマイデイズ / Sweet Vacation

さよならマイデイズ(初回限定盤DVD付)さよならマイデイズ(初回限定盤DVD付)
(2009/02/18)
Sweet Vacation

商品詳細を見る

 Sweet Vacationの「さよならマイデイズ」は春恒例の桜ソングです。サビの「♪サクラ~サクラ~」は、いささかJ-POPに媚を売りすぎている感もありますが、ワタシはそういうの大好きで問題なしです。

 相変わらずメディア露出が非常に少ないSweet Vacationですが、以前Melodixに出演していたのを観ました。テレビでトークをしているのは初めて見たのですが、やっぱMAYちゃんはカワイイです。たどたどしく「なか卯」の歌を歌うところなんかSoキュート!そろそろくるんじゃないですか?Sweet Vacation。韓国人シンガーの次はタイ人シンガーですよやっぱり。
  1. 2009/04/13(月) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

散歩

20090405153925

 4月最初の休日。嫁とダラダラ散歩中。近所の桜がキレイです。お昼にビビンバで満腹になった後は買い物したり、コーヒーショップの試飲しながらまったり。のんびりしていいですのー。
  1. 2009/04/05(日) |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0