クマチュー!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

サンダーフォースVI(PS2)/SEGA

サンダーフォースVIサンダーフォースVI
(2008/10/30)
PlayStation2

商品詳細を見る


 今時PS2でシューティング、しかもセガサターンで発売された前作「V」からまさかの11年ぶりの新作となると、メガドライブの「IIMD」からやり続けている自分としては買わざるを得ないでしょう、というわけで買いました、「サンダーフォースVI」。

 この作品、前作が名作だっただけに期待が相当高かったようなのですが、実際発売されてみるとかなり残念な出来であるという評価がほとんどです。特に評価を下げているのが、「有名作曲家を揃えた割には世界観にマッチしていないBGM」「西夏文字とモンゴル語」そして「ラスボス」の3点かと思います。ワタシも確かにこの3点については正直残念感は否めません。昔からのファンにしてみれば、そのような評価を下されても仕方ないでしょう。

 しかし、それ以外については個人的にはそんなに言うほど酷い出来でもなく、普通に楽しめた気がします。グラフィックもまぁ合格点かなとは思いますし、「西夏文字」もそこまで酷いとは思わないです(モンゴル語はせめてエフェクトはかけて欲しかったが)。3D表現もややクドさはあるもののカッコいいですし、なんだかんだで結構繰り返し遊んでしまいました。まぁ、「サンダーフォース」であるが故に、待ち望んだファンによるハードルが非常に高いものになってしまった事が不幸でしたね…。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/28(金) |
  2. テレビゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケツイ デスレーベル 絆地獄たち(Nintendo DS)/ARIKA

ケツイ デスレーベル 絆地獄たちケツイ デスレーベル 絆地獄たち
(2008/10/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る


 最近自腹でテレビゲーム買うのはレトロゲームかシューティングだけなんですが、ここのところこのジャンルも頭打ちというか、あんまりめぼしいタイトルはほとんど発売されません。そんな中発売されたのが、「ケツイ デスレーベル 絆地獄たち」です。まさかニンテンドーDSで、しかも弾幕シューティングが発売されるとは思ってもみませんでした。

 ワタシはシューティングはストーリー性や演出等を重視するので、あんまり弾幕系って好んではやらないんですが、今回のこの「ケツイ」が事もあろうに画面が小さくて繊細な操作がしにくいDSに移植されると聞いて、正直大丈夫なのか、という感じでした。しかし、レビューを見るとことごとく評判が良いので買ってみたところ、想像以上に画面が見やすく、操作性も良好。それからボス戦だけに絞ったというのも、携帯機ならではのアレンジで非常に手軽に出来ていいと思います。

 結構やりこみ要素もあって、何かを達成するとパネルが開いて情報や動画が見れたりと飽きさせませんし、クリア毎に初期残機が増えていくのも親切設計。ヌルシューターのワタシでもベリーハードモードまではクリアできるようになって、ゲームが上手くなった気にさせてくれるのもココロ憎い。ただ、さすがにデスレーベルモードは素人には手が出ませんが…。

 こういうニッチなゲームは今後も出るかどうかわからないので、気になる人は今のうちに手に入れる事をオススメします。なんでも次回出荷分で最終生産らしいので、それを逃すと廃盤になってしまう可能性大。そのせいか、ワタシが買った時はAmazonで4700円くらいだったのが、今は定価の5800円に戻ってます。プレミア化する前に是非。
  1. 2008/11/27(木) |
  2. テレビゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰省

P1000648.jpg

 父親の古希のため、久しぶりに帰省しました。今年大病した割には元気そうで安心しました。お祝いにRD-E302という廉価版レコーダーを贈って東芝部に入部させましたが、果たしてちゃんと使いこなせるのでしょうか?

 甥っ子連中もすぐにどんどん大きくやんちゃに育って時の流れの速さを感じます。どんな風に大きくなるのか楽しみですね。伯父さんの事をいつまでも尊敬するように。
P1000649.jpg

 横山大観の作品と日本一の庭園で知られる足立美術館へ行きました。美術作品も素晴らしいですが、やはり庭園が美しかったですね。思いがけず紅葉も楽しめて良かったです。人があまりいない時に来て、いつまでもぼーっと庭を眺めていたかったです。安来名物どじょうの柳川鍋も食べましたが、これは微妙…。自然の中で露天風呂に浸かったりと、まったりした時間が嬉しかったです。

P1000644.jpg

 弟夫婦には両親の事をまかせっきりにしてしまい、本当に頭が上がりません。会うと照れくさくて面と向かって何も言えなくなってしまいますが、本当に感謝しています。これからもよろしくお願いします。来年また帰ります。電話もたまにはします(笑)。あと、ミスターの映画のエキストラどうだったか、嫁に連絡するように。
  1. 2008/11/25(火) |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sawnaunda/小池里奈

小池里奈 里奈は本日天然なり小池里奈 里奈は本日天然なり
(2007/10/19)
小池里奈

商品詳細を見る

 日曜の深夜にふと見た「不思議少女 加藤うらら」にはまりました。ジュニアアイドルの小池里奈(15)が天然の不思議ちゃん・加藤うらら(7)を演じるシュール・ブラック・コメディ。もうこの設定でノックアウト。もう5話目でしたが、YouTubeで前4話を探して見てしまいました。特にインパクトがあったのは、いきなりのモツ鍋に顔ツッコミ。いやー、この子体張ってるわ!毎週5分じゃ物足りません。もっと見てぇ~。

 それにも増して、出演の小池里奈自身が歌うこの番組のテーマソング「Sawnaunda」が頭にこびりついて離れません。「♪サウンナンダ~ サウナンダ~ サウナじゃありません~」「アタシはうらら うらら 北浦和~」ってやべー、何このセンス。すばらし過ぎる!CD発売して欲しい(今ダウンロード配信だけらしい)。

 でも、オジサン的に不思議少女と言うと、「ナイルなトトメス」なんですけどね。
  1. 2008/11/03(月) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結婚式

 大学時代の友人の結婚式に出席するために静岡まで出かけました。仲間内ではラストのゴールイン。一体いつになったら結婚するのだ?と言われていた彼が遂に結婚という事で、非常に感慨深かったです。集まった友人も10年とか会ってないのもいたけど、面白いもんで普通にあの頃に戻れた。こういう友達は本当に貴重です。ありがたや。奥さんも明るくていい人そうでした。

 結婚式もまったり楽しく、本当に2人とも楽しそうで良かったなぁ。そう言えば、お色直しが洋装が無くて和装だけでした。前に出席した友人の結婚式も確かそうでしたが、神前式だとそういうパターンもあるようですね。あと、今回友人代表スピーチを頼まれて焦りました。ワタシは友人の結婚式では2度ほどバンド組んで歌を歌ったりしましたが、もう絶対歌の方が楽。スピーチは全然駄目駄目。もう1回やり直したい。

 …これで友達の結婚式出席も最後かなー。2度目がいない限りは。
  1. 2008/11/02(日) |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。