クマチュー!!

中村美里

 北京オリンピックで個人的に一番注目していたのは、女子柔道52kg級の中村美里選手です。たまたまテレビで観ていて、ボーイッシュですが結構かわいらしい顔をしているのが、女子柔道では珍しい感じがして思わず目を引かれました。銅メダルを獲得しながら「金メダル以外は同じ」と常にストイックで無口でクール。実にオットコマエな女子だ。カッコイイ。後輩の女子とかからモテそうな感じですね。

 …というか誰かに似てるなぁ、と思いながら観ていたのですが…。 続きを読む
  1. 2008/08/27(水) |
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銭形愛 VS 銭形舞

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOXケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX
(2003/05/22)
宮崎あおい山下真司

商品詳細を見る

ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOXケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX
(2004/04/23)
堀北真希山下真司

商品詳細を見る

 「篤姫」ではついにあおいちゃんと堀北ちゃんが対面しましたですねぇ。この共演のために今まで観続けてきたと言っても過言ではないですよ。つってもここまでも結構楽しく観てましたけど。井伊直弼をあんなにムカツク悪役として描いておきながら、桜田門外の変の直前でちょっといい奴だと分かる演出とか心憎いですよねぇ。結構重要な登場人物が意外にあっさり死ぬのに比べ、井伊様の最期はなかなかドラマチックでありました。

 さて、あおいちゃんと堀北ちゃんですが、なんといってもケータイ刑事銭形愛と銭形舞、しかもケータイ刑事四姉妹ではこの2人は共演してませんから夢の初顔合わせという事ですよ。実生活ではあんまり仲良くないって噂聞きますけど、役の上でも和宮と天璋院は嫁と姑、最初はあんまり仲の良くない設定ですからどうも現実とシンクロしてるようでハラハラしてしまいますねぇ。まぁ、最後は仲良くなるんでしょうけど。ただし、堀北ちゃんのあのごん太眉は…、ちょっとかわいくない。

 思えば初の大河鑑賞も半分が過ぎたという事か。しかも遅れなしでリアルタイムで観てるのが自分的にはスゴイ事です。本格時代劇も結構面白いもんですねぇ。ドラマの最後の「篤姫紀行」を観ていると、いつも紹介されているゆかりの地を巡りたくなってしまいます。
  1. 2008/08/24(日) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元気をだして / みつき(高畑充希) [アクトレス歌謡]

夏のモンタージュ夏のモンタージュ
(2008/07/30)
みつき

商品詳細を見る

 竹内まりやのカバー。8代目ピーターパンことみつきはコブクロの小渕プロデュースでデビューして、2ndシングルは川嶋あい、そして3rdシングル「夏のモンタージュ」は竹内まりやが書き下ろしと非常に恵まれていますね。その3rdシングルのC/Wにこの名曲「元気をだして」が収録されておりまして、こっちの方ばっかり聴いています。この曲大好きなんですよね。去年の大阪の音楽フェス「風に吹かれて」で、まさかの竹内まりやと松たかこのデュエットで聴いて心底感動したのですが、このみつきのカバーはオリジナルにかなり忠実でありながら、彼女の独特の伸びのある声質でオリジナリティも出ているという好印象なカバーです。歌唱力も高いですから安心して聴けますし、若さというかピュアさというのも感じられていい。そして、この曲は本当に素晴らしい曲なんだな、と改めて感動するというわけです。
  1. 2008/08/23(土) |
  2. アクトレス歌謡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続く世界/中川翔子

続く世界(初回生産限定盤)(DVD付)続く世界(初回生産限定盤)(DVD付)
(2008/09/10)
中川翔子8bit Project

商品詳細を見る

 しょこたんの最新曲「Shiny GATE」はアイドルチックなポップスの良作でしたが、早くもリリース予定の次のシングル「続く世界」は、非常にヘヴィなナンバーとなっております。「空色デイズ」も結構なハードナンバーでしたけど、今回は輪をかけてハードですね。同じアニメの今回は劇場版の主題歌と言うことで気合が入っているようです。サビに入るとややキャッチーになりますが、そこがちょっと中途半端で「空色デイズ」より印象に残りにくい感じではありますね。カッコいいけど。しょこたんの曲はこんな感じでポップとハードなナンバーがローテーションしていくんでしょうか。どっちのパターンもボーカルスタイルを合わせてそつなく歌いこなせるってのは何気にしょこたんの凄いところというか、強みですよね。マンネリにもなりにくいし。

 今回PVも渋いんですよねー。ちょっとばかしB'zのPVも思い出す感じなので、ファンの方は見てニヤリとしてみて下さい。ただ、ここまで渋く作ってあるのにしょこたんの衣装が妙なのでそこだけが惜しい。
  1. 2008/08/22(金) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オモイデ星 / 黒瀬真奈美 [アクトレス歌謡]

オモイデ星/笑って(初回限定盤)(DVD付)オモイデ星/笑って(初回限定盤)(DVD付)
(2008/08/13)
黒瀬真奈美

商品詳細を見る


 「花ざかりの君たちへ」のこまり役や、「太陽と海の教室」の優奈役など、メインではないけどちょっと気になる役で出演していて、ワタシが密かに注目中の女優・黒瀬真奈美がいきなり歌手デビューしてびっくりしました。女優で歌も歌うと言うと、最近だと綾瀬はるかとかガッキーとかを思い出しますが、彼女の場合女優としてまだブレイクしていないこの時期に早々とCDリリースという大抜擢に驚かされます。

 デビュー曲「オモイデ星」は、佐藤竹善プロデュースのキャッチーなポップ。はずむピアノとアコギ、そしてさり気なく入るピコピコ音が爽やかな曲。歌唱力はデビュー曲にしてはなかなかのものですね。ガッキーよりは声量もある感じで、そのくせなんとなくフワフワ包み込んでくるような歌い方がいい感じです。C/Wのしっとりとしたこちらもピアノメインのバラード「笑って」もかなりいいです。なんかクセになって延々リピートしてしまうんですねこれが。ガッキーは生歌だとちょいとヘロっとしてしまって残念なのですが、彼女の場合はどうなのでしょうか?生歌もいければ、これはもしかしてもしかすると化けるかも知れませんよ。2ndシングルのリリースも早くも決定しているという事で、要チェックですな。
  1. 2008/08/21(木) |
  2. アクトレス歌謡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悲愴感/悲愴感

悲愴感(DVD付)悲愴感(DVD付)
(2008/08/27)
悲愴感

商品詳細を見る

 「はねるのトびら」から生まれた、アンガールズ田中・ドランク鈴木・ロバート山本の3人が組んだ、羞恥心便乗パロディユニット悲愴感のデビュー曲「悲愴感」。これとにかく曲が良いです。あのキャッチーかつ哀愁漂うサビは1回聴いたら耳から離れない。歌詞とか振りとかかなりおちゃらけてるはずのに、そんなの吹き飛ばすような楽曲のクオリティ。羞恥心もデビュー曲「羞恥心」は往年のジャニパロとしてはかなり良くできていたし、曲自体も良かったから結構好きでしたけど、2ndの「泣かないで」は個人的にはフックがなくてなんだかなぁ、と思っていました。アラジンに至ってはなんじゃこれ?という感じで興味も沸かなかったんですが…。ここに飛び込んできた奇跡の1曲。曲の出来は羞恥心を超えたと言ってもいいのでは?いやー、素晴らしいです。

 悲愴感もこのデビュー曲はいいところまでいけるような気がします。ただ、欲を出さずこの1曲で止めておいたら伝説になれるんじゃないですかね?
  1. 2008/08/20(水) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ICHIGEKI 一撃 [シネマ日記-401]

ICHIGEKI 一撃 [Blu-ray]

-OUT OF REACH- (2004年/アメリカ)
監督/レオン・ポーチ
出演/スティーヴン・セガール アイダ・ノヴァクスカ アグニェシュカ・ヴァグネル マット・シュルツ ロビー・ギー クシシュトフ・ピチェンスキ ニック・ブリンブル、ミュラー・イルマズ

時々何故か観たくなる、お手軽B級アクションと言えばこの人。というわけでセガール映画です!!今回は沈黙シリーズではなく、ローマ字タイトルシリーズ(?)の1本。セガール作品の中ではテーマが世界的児童人身売買と比較的重く、アクションも控えめな地味目な仕上がり。特にセガール映画のキモとなる肉弾アクションが極端に少ないのが残念ですが、主役の少女がそんなに美少女ではないものの、杏野はるな似なところがちょっとだけ良かった。

話の展開が強引過ぎてよく考えると納得いかないところは多々ありますが、それもセガール映画!!とにもかくにも無敵のセガールが圧倒的強さで悪に立ち向かうのを、ものすごい安心感を持ちながら観れるのはある意味様式美でありますから、設定と展開がマンネリと言われようがこれでいいのです!!これからもこの調子で年に2、3本同じような映画を撮ってゆるーく楽しませて頂きたいですね!!
(CS)  

テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

  1. 2008/08/05(火) |
  2. セガール
  3. | コメント:0

ワリオランドシェイク(任天堂)/Wii

ワリオランドシェイクワリオランドシェイク
(2008/07/24)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 下品なメタボおやじが主人公の、ちょっと懐かしい感じのする2Dアクションゲーム「ワリオランドシェイク」。嫁がワリオ大好きなので買って来ました。嫁が寝静まった後に密かにワタシもやっています。デモのアニメはプロダクションI.Gが制作しているらしいですね。ワリオにプロダクションI.G。無駄に豪華ですねー。で、これが道中クリアは結構簡単なんですが、全ノルマクリアとかお宝コンプリートとか、ボス戦とかいきなり滅茶苦茶難しいですよ。でも昔の2Dアクションゲームってもっと凶悪なのもありましたよね。そういうのも含めてなんかついついやってしまいます。でも、4面のボスがどうやっても倒せないっす…。

 しかし、Wiiをプレイしてる姿ってホント間抜けですよね。ワタシは本腰入れなきゃならないアクションやシューティングをやる時は大概正座なんですが、このゲームの場合正座してコントローラーを体ごと傾けたりムキになってシャカシャカ振ったりしてるんですよいい大人が…。あ、後ろに嫁の白い目が…。
  1. 2008/08/01(金) |
  2. テレビゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0