クマチュー!!

RESCUE/HASYMO

RESCUE/RYDEEN 79/07 RESCUE/RYDEEN 79/07
HASYMO/Yellow Magic Orchestra (2007/08/22)
エイベックス・エンタテインメント
この商品の詳細を見る

 YMOに関しては小学校以来のファンでして、散開時にはとてもコンサートへ行けなくて悲しい思いをしましたが、その後再生して大喜びしたのも束の間、なんかアンビエントに特化してしまったその作風が、「YMOは遠くへ行ってしまった」という感じがして淋しかった覚えがあります。東京ドームのコンサートにも行きましたが、高校生の時分大枚叩いて買って何度も繰り返し見た散開コンサートのビデオほどの感動が得られませんでした。その後、YMOの紙ジャケ再販やUCYMOといったベスト盤リリースの時に自分的ブームが再到来して、やっぱYMOはええのう、と聴きまくってましたが、AUDIO SPONGEとか最近のメンバーソロとか聴くと、やっぱり違うなぁ…と思ってしまう自分がいるのでした。コアなファンはそんなんじゃダメだと言うのでしょうが、ワタシはそこまでコアじゃないんでしょうね。

 今回のHASYMOの「RESCUE」も、細野節バリバリですごく雰囲気があって、ボーッとしたい時に部屋でかけたり、オシャレなカフェでBGMでかかってたりする分にはいいのでしょうが、じっくり聴くともなるとずいぶん眠くなってしまう曲です。60でどう見てもおじいちゃんなホチョノさんが未だこんなエッジな曲作ってるのを驚くべきなんでしょうが…。YMO名義の「RYDEEN 79/07」もそう。やっぱりCDで出したか、というのはいいとして、やっぱり自分の好きな「RYDEEN」じゃないんだよなぁ。やはりオジサンはテクノポップが好きみたいです。YMO(というかメンバーの方々)にしてみりゃ、我々のような過去のYMOにすがるようなリスナーは切り離したいんでしょうがね。だからPerfumeとか聴いちゃうのかー。

 スカパーのスペースシャワーとVMCで似たようなYMO特番をやってたので両方見ました。基本どちらもスペシャなので、インタビューは使いまわしてる感じ。カエラちゃんの「Honey B~みつばちダンス」のビデオは、YMOの「体操」のビデオが元ネタだったのに初めて気づきました。
  1. 2007/09/30(日) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結婚披露パーティ

 今年結婚したお友達Yちゃんの結婚披露パーティーにご招待頂いたので出席してきました。あんまりない機会なのでドキドキしますね。同じく夫婦でご出席されるMぞうさんの日記に旦那さんをカジュアルオシャレにドレスアップする!と書いてあったので、ワシも対抗して一応コジャレた格好を取り揃えました。イトーヨーカドーとタカキューで。但しブーツだけ奮発して丸井です!ユニクロは止めときました。

 Yちゃんの旦那さんはプロのドラマーという事で生演奏をされてましたが、いやー、さすがに上手い。ジャジーな感じが非常に大人っぽくていいムードです。でもあんまりにも上手いとあれですね、逆になんかBGM聴いてる感じがしてきて、うっかりすると聴き流してしまいます。いや、それほどスゴイって事なんですが。でもそれ以上にMCが面白かったです。この辺がプロですなぁ。しかし新郎自らが司会進行する披露パーティって初めて見た。

 そんな中、やっぱり目玉はスペシャルボーカル・嫁のコーナーですが、ラストに想定外のチューを求められて本気で嫌がってたYちゃん、お気持ち分かります。人前でチューなんて死んでもできん。ワシはそれが嫌だから教会式もしなかったし二次会もしなかったんだよねー。
 こじんまりしてましたが、なかなか素敵なパーティでしたね。料理も美味しかったし。終了後の「カラオケボックスで3時間歌わない」会合もまったりして良かったと思います。

 次はmちゃんとこの「櫛の会」オフですかね?ワタシは相変わらず実は櫛の会会員じゃないんですが(ヤキソバ会員)、もし行けるようなら乱入したいと思います。しょこたん+半田DVD作るか。
  1. 2007/09/29(土) |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

おいしいレシピ/Perfume

モノクロームエフェクト モノクロームエフェクト
Perfume (2004/03/17)
インディペンデントレーベル
この商品の詳細を見る

 新曲「ポリリズム」でPerfumeがテレビ出演してますねー。でもなぁ、「MUSIC JAPAN」と「音楽戦士」を観ましたが、どちらもイマイチ!カットしすぎでしょうあれは。とにかくあのポリリズムの部分がバッサリないのでこの曲の良さの半分は失われてます。これじゃ普通のアイドルソングですよ。どうせ口パク前提なんだからTVバージョンも思いっきりトリッキーなアレンジにすればいいのに…。あの初期dreamを彷彿とさせる変なダンスが素晴らしいだけに、ちと残念ですなー。

 ところで、最近やっと「モノクロームエフェクト」のC/W「おいしいレシピ」の音源が手に入ったので聴いてます。3年前の曲ですけど、これいいなぁ。途中でダカダカテンポアップするところもいいし、パックマンの音とか入ってるのもこれまた。「ジェニーはご機嫌ななめ」でも思いましたが、声あまりいじってなくても結構いい声してますよね。次はエフェクトなしで歌わせてみては?
  1. 2007/09/28(金) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイドルになりたい。/林未紀


アイドルになりたい。(初回盤)(DVD付)アイドルになりたい。(初回盤)(DVD付)
(2007/08/22)
林未紀

商品詳細を見る

 この娘は雰囲気がなんとなくデビュー時のあややみたいだなぁ、と思ってましたが、どうもあややよりやらされてる感が漂っていて痛いのが難点です。

 で、このデビュー曲「アイドルになりたい。」ですが、それに輪をかけてあざとさが目についてしまいます。初めて聴いた時はゆうこりんの「オンナのコ オトコのコ」に似てると思ったのですが、何のことはないこれも小西康陽の曲でした。あぁなんというワンパターン!!しかもイントロにこっぱずかしいセリフを入れたり「みきPO~N!」という合いの手をバックトラック自体に仕込んだり、敢えてわざとハロプロテイストに仕上げたとしか思えない。やりたい放題ですな。

 しかし、あややほど歌唱力があるわけでもなく、かと言ってゆうこりんほど独自な世界観が極まってるでもなく、イマイチ中途半端です。そもそも「アイドルじゃないんならじゃあ今何なんだ」という。数年後に「あぁ、あんなのいたいた」とマニアがサルベージしてきそうなレアアイドル化される筆頭なような気もしないでもないですが、今後化ける可能性も無いではないのでとりあえずチェックしたいと思います。
  1. 2007/09/27(木) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏シーズンの挫折ドラマ

牛に願いを Love&Farm DVD-BOX 牛に願いを Love&Farm DVD-BOX
玉山鉄二; 小出恵介; 中田敦彦; 相武紗季; 香里奈; 戸田恵梨香; 田中圭; 大杉漣; 小日向文世 (2007/12/19)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

 まず「牛に願いを」。結局挫折しました。しょっぱなHDDレコーダー死亡にやられてピンチだったんですが、DVD貸して頂いて視聴を続けるも3話あたりでもうダメ。相武紗季、戸田恵梨香という2大好き女子が出てたんですがねー。残念ながら今回の相武ちゃんはワシの好き系じゃなかった。明るさはあるけどどうも魅力を感じない…。戸田ちゃんは思いっきり「ライアー・ゲーム」の直とまるかぶりなキャラだったですが、どっちかというとそっち系の戸田の方が好きなのでこれはこれで良し。でも3話まで見てあまりにもまったりなんでやめてしまいました。

 そう言えば前に観た「がんばっていきまっしょい」に結構キャストがかぶってましたねぇ。関西テレビの企画・制作でプロデューサー・脚本も同じってのもありますが、キャラもここまでかぶらすのもなんだか…。主役の相武紗季をはじめ、大杉漣、市毛良枝、小日向文世、相島一之、藤本静なんてほとんどそのまんまな役だし。戸田恵梨香が鈴木杏、玉山鉄二が田口淳之介、小出恵介が錦戸亮、香里奈が岩佐真悠子だったらまんまじゃない?すると、中嶋朋子が石田ゆり子で、池内博之が中村獅童で、濱田マリは友近?(無理やり)あ、佐津川愛美と浅見れいなが余った。オリラジ中田(男だけど)と有村実樹ってとこかなぁ。まぁ、どうでもいいですけど。

 ちなみに視聴候補だった「探偵学園Q」と「ライフ」もHDDレコーダー死亡にともなって1話の録画が出来なかったのでやめました。「ライフ」のショートカットの北野きいはちょっと可愛かったんですが、「いじめ」がテーマ、しかも福田沙紀がいじめ役ってのがちと重そうで…。もっと明るいはじけた役のドラマをやるようだったら観たいですね。「ファースト・キス」もちらりと観ましたが、これも微妙なのでやめ。主役の井上真央が(役柄も含め)ちょっとダメでした。

 さて、次のシーズン、面白いドラマはあるのでしょうか??
  1. 2007/09/26(水) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス

「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス」オリジナルサウンドトラック 「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス」オリジナルサウンドトラック
TVサントラ (2007/09/05)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る

 ひたすら有り得ないマンガ的な設定・演出と、比較的シリアスなドラマ展開が同居する妙なドラマでしたが、そう割り切ってみればボーイッシュな堀北ちゃんの新たな魅力が堪能できて結構面白かったです。お話はともかく堀北ちゃんがとにかく可愛いので、堀北PVとして最高でした。最終回のメイド姿はヤバすぎる。逆に女性はイケメンが山盛りに出てるので楽しかったりするのでしょうか?

 そう言えば今回観たドラマ、ほとんどが主人公が秘密を持ってるってパターンでした。「パパムス」は父娘の中身が入れ替わり。「山田太郎」は裕福そうな主人公が実はド貧乏、「ホタル」はバリバリのキャリアウーマンが家では実は干物女。そして「イケメン」は主人公の男子校生徒が実は女。それぞれバレるバレないでいろいろハラハラさせてくれて面白かったです。秘密を持った本人が気にしてるのもあれば、逆に本人は気にしてないけど周りが気にしたり、周りが気にしてなかったりといろんなパターンがあって、ハラハラがバラエティに富んでたのも良かったですね。

 最終回の次の週にこれまた堀北ちゃんのドラマスペシャル「出るトコ出ましょ! 」をやってましたが、これがもーまたまた漫画的で(漫画原作なんだけど)法廷モノとしてもどうしようもないんですが、何と言っても堀北ちゃんが素晴らしく魅力的なのでそれだけでOK。「銭形舞」からファンになったものでして、やっぱり彼女は明るいコメディタッチのキャラが似合うと思うな。
  1. 2007/09/25(火) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEROスペシャル

「HERO」TVシリーズ オリジナル・サウンドトラック 「HERO」TVシリーズ オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ (2007/09/05)
EMIミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る

 先日テレビシリーズを一気に観たのと、劇場版との繋ぎとして必見とのことで、先日の再放送を見ました。主な登場人物はテレビシリーズとは総入替になってましたが、ヒロインに最近俺ランキングが急上昇の綾瀬はるかが出ている事もあってなかなかに面白かったです。綾瀬はるかは「ホタルノヒカリ」のホタルの元になったような能天気だがやる時はやる、といったキャラクター。綾瀬はやっぱりこういうキャラがいいなぁ。「はァ!?」もありましたしね。

 ストーリーは後半本放送の時に見てしまっていた事もあってあまりワクワク感は無かったのですが、それでも中井貴一の間の取り方の上手さとかはさすがだなぁとか思いました。バーのマスターが飲み屋のオヤジで登場し、初めて「無いよ」というのにも笑った(同一人物!?)。でも、ラストのタバコの吸殻を探す件。海に捨てたと言ってましたが、その捨てたという吸殻自体は普通簡単に見つかるもんなんだろうか。見つかったとして、それがあの男のものだとどうやって分かるんだろうか?それだけがちょいと気になりました。
  1. 2007/09/23(日) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮崎あおい in SMAP×SMAP

ウフ.2007年10月号 ウフ.2007年10月号
(2007/09/15)
マガジンハウス
この商品の詳細を見る

 めったにテレビのバラエティに出ないあおいちゃんがスマスマに出演していたので観ました。相変わらず顔は童顔ですが、やっぱり雰囲気は大人になりましたなー。今「銭形愛」の再放送を深夜にやってますが(地デジで再録画中)、この頃のあおいちゃんは変に仕事を選んでなくておちゃめな面も見れるのが本当に良かった。今はなんか高尚な日本映画、しかも単館上映系の渋い映画にしか出ないイメージですんで…。「銭形愛」はやっぱりあおい的黒歴史なのか?ちなみにビストロって最近勝者にキスしないパターンがあるんですね。前に出たカエラちゃんの時もそうだったけど、やっぱり抵抗ある人もいるもんねー(本人よりもむしろファンが抵抗あったりして)。

 Qさまのスペシャル。大木ちゃんも出てましたが、相変わらず元気だけはあるのはいいなぁ。堂ちゃんがカワイイ上に頭がいいってのも素晴らしすぎ。めざましの大塚さんがフリーだって初めて知りました。てっきりフジの人かと思ったら元NHKの人だったのか。いや、そんな事は良くて、大坪千夏を久々にテレビで観た。ファンだったんですよ!いつの間にか離婚→再婚してたりタレントになってたりスイスに住んでたりしてんの。でも全然変ってない。カワユス。
  1. 2007/09/17(月) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPod nano 3G

Apple iPod nano 8GB グリーン MB253J/A Apple iPod nano 8GB グリーン MB253J/A
(2007/09/06)
アップルコンピュータ
この商品の詳細を見る

 ビデオも見れる最新の第3世代iPod nano買いました。嫁が。ワタシは嫁の初代nanoを譲り受けました。ヤッター!この手のガジェットは新しモノ好きの嫁がいつも先に買うのですが、それは嫁を人柱にしてどんなものか様子見してるからです。嫁が使ってて良さげだったらワシも買うという寸法です。でもこのnanoはなかなかいいかも…。幅が意外に広いのがちょっと使いにくそうですが。あとiPodにまでカバーフローとか、画面半分にプレビュー画面とかいらない。ウザイだけ。
  1. 2007/09/15(土) |
  2. デジモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山田太郎ものがたり

山田太郎ものがたり 山田太郎ものがたり
二宮和也.櫻井翔.多部未華子.忍成修吾.大塚ちひろ.吹石一恵.吉沢 悠.松岡 充.菊池桃子.宇津井 健 (2008/01/09)
TCエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 スタート当初は正直期待してなかったが、かなり面白かったです。

 特に多部未華子!!彼女がこんなに魅力的な女優だとは思わなかった。彼女の妄想が、CGやコスプレを駆使して有り得ないほど暴走するのが楽しい。特に、多部が妄想明けに顔をキュッと(>∇<)/するところがキュート。正直多部の出演作を見るのは初めてなので、このキャラが多部の俺デフォルトになってしまいそうで怖い。

 あと柴田理恵が久々にいい味出してたなぁ。このオバサンキャラ、柴田がかつて出演していた東映不思議コメディの珍々亭とかアイアンおばさんとか三軒茶屋のおばさんとか、あのあたりを彷彿とさせて素晴らしい。割と人情派なのもいい。泣きの演技なんか素かと思うくらい。

 後半やや失速した感がありますが、悪人が全く出ずにサスペンスもさして無いという設定のなか、毎週ほんわかまったりと楽しむ事ができた、いいドラマだったのではないでしょうか。
  1. 2007/09/14(金) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホタルノヒカリ

ホタルノヒカリ オリジナル・サウンド・トラック ホタルノヒカリ オリジナル・サウンド・トラック
TVサントラ (2007/08/29)
バップ
この商品の詳細を見る

 嫁が観ていたのを覗いてたら面白かったので観始めたのですが、最後にははまってましたね。綾瀬はるかは元々そんなに興味のある女優じゃなかったのですが、このドラマは良かった。ちょっとファンになりましたが、このドラマ以降どの綾瀬はるかを見てもホタルに見えてしまう。ジャージを着てないと違和感があります。

交差点days 交差点days
綾瀬はるか (2006/09/13)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 というわけで、綾瀬はるかの交差点daysを今更聴いてます。こっちも出た当時はあんま気にしなかったけど、結構いい。もう曲出さないのかな?
  1. 2007/09/11(火) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クイズ!上田を探せ!!

クイック・ジャパン (Vol.73) クイック・ジャパン (Vol.73)
くりぃむしちゅー/銀杏BOYZ/峯田和伸 (2007/08/11)
太田出版
この商品の詳細を見る

 今週の「くりぃむナントカ」は、上田が女子高生やフリーターに混ざってなり切って答えた5つの回答の中から、上田の回答がどれか当てるというクイズ。先週までのN-1は個人的にちょっと微妙だったが、今回は結構面白かった。ナントカでツッコミの上田がメインでピックアップされるのは珍しいですが、そのためウォーリーの格好で出てきたにも関わらず誰から突っ込まれず、「格好をいじらんかい!」と逆にツッコむようツッコんでいたのが笑えました。ただ、やっぱりナントカは1コーナーで1時間やるとちょっとダレるので、1回に2コーナーくらいにしてテンポいい方がいいなぁ。ノリノリVS小阪も3週に1回くらいはやって欲しいです。
  1. 2007/09/10(月) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

憑神

憑神 憑神
浅田 次郎 (2007/04)
新潮社
この商品の詳細を見る

 鈴木杏ちゃんが出演という事で、新橋演舞場に舞台「憑神」を観に行きました。席は1階席の花道の真横。よく取れたなぁ。主演は中村橋之助。出演者であと知ってる人は升毅、デビット伊東、藤谷美紀、秋本奈緒美、野川由美子くらいか。葛山信吾は「真珠夫人」に出ているというのを聞いて調べてみたら、「仮面ライダークウガ」とか「呪怨2」とか「犬神家の一族(リメイク)」にも出ていた。どおりで見たことあると思った。内容は今まで観たお芝居の中では派手目な演出だったし、舞台チェンジのギミックとか回想シーンの演出とか面白いアイデアがいろいろあって楽しかった。お話は比較的分かり易く、終始コメディタッチで笑わせるので飽きないし眠くもならないのだが、その割には終わって見てあんまり何も残らない、サッパリ地味目な印象。ガサツでツンデレな杏ちゃんが観れたのは良かったけど、思ったより出番が少なかったし、しかも全然花道に来なくて残念。観客もあんまり盛り上がってなくて、カーテンコールも1回しまなかったけど、ここじゃこんなものなんですか?

 帰りに銀座のAppleストアへ新型のiPodを観に行く。目玉のiPod Touchは入荷してないようでしたが、他は全部触れました。iPod nanoは実際に触ってみると結構いいなぁ。なんかクッキーみたい。動画が観れるのがなんと言っても魅力。それ以上にclassicがいいなぁ。あの容量と薄さ。80GBのが是非欲しい(160GBは容量多すぎ。あと厚さと重さが…)。Touchはテレビで見た時はインパクトあったが、あれを外で操作する事を考えるとイマイチ。容量も最大16GBは微妙。それ以上に、新しいMacが欲しくなってきた…。うーん、欲しい。どうしよう…。
  1. 2007/09/09(日) |
  2. 舞台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天国と地獄

天国と地獄<普及版> 天国と地獄<普及版>
三船敏郎;山崎努;香川京子;仲代達矢;木村功;三橋達也 (2007/12/07)
東宝
この商品の詳細を見る

 黒澤明監督の名作を、テレビ朝日が佐藤浩市主演で初のテレビドラマ化。基本的には映画からの大幅な改変はなく、そこそこは面白く観れましたが、まぁ、本当にそこそこという感じです。それはあのオリジナルをそのまんまやったら普通に面白くなるのは当然なんですから…。というか現代風リメイクなはずなのにあまりにもオリジナルそのまま過ぎで逆に違和感が発生してます。もっと現状に合わせて改変した方が良かったのでは?捜査にパソコンやインターネットなどのハイテクが駆使されているのに、熱血的である意味過剰な正義感を持つ警察の、やりすぎとも思われる強引なおとり捜査や、泥臭い張り込みなどは全く過去の原作そのまんまなので、リアルどころか実に妙なレトロフューチャー感があるんですよね(阿部ちゃんのキャスティングはピッタリだと思いましたが)。それ以外にも妙に画面分割を使う演出がそもそも狙いすぎな感じでしたし、あの「天国と地獄」が思いっきり土曜ワイド劇場ライクになってしまっていたのがどうにも悲しいです。

 で、この作品のリメイクとして気になるのが、やっぱり「煙突から煙」と「唐突なラスト」がどうなるかですが、結論から言うとワタシ的にダメダメでした。「煙」については、そもそもカラー作品なので普通に煙を出しただけではインパクトが薄くなるのは分かりきっていたはず。なのにホントに煙出すだけとは…。もうちょっと工夫してオリジナルに匹敵するインパクトは出せなかったのでしょうか?ハッキリ言ってこの作品のキモですよ。「ラスト」も犯人が何故かニヤリとしたり、エンドロールで主人公のその後を蛇足的に描いたりと案の定余計なものを付け加えていて、あのいきなりな衝撃が半減しています。エンドロールが必要なら黒バックに文字だけでいいのに。なんだかなぁ、という感じでした。
  1. 2007/09/08(土) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポリリズム/Perfume


ポリリズムポリリズム
(2007/09/12)
Perfume

商品詳細を見る

 中田ヤスタカ仕事では最も安定感のあるPerfumeのニューシングルですが、いやー、ヤバイのが出てきたなぁ。前作の「チョコレイト・ディスコ」もこれでもかというリフレインが特徴のサブリミナル感溢れる曲でしたけど、今回もマジでクセになりますよこれは。

 基本的には定番中田アレンジのキャッチーなテクノアイドルソングという体裁で、リサイクルのCMで使われているサビの部分だけ聴いただけでは「あぁ、いつものPerfume節ね」という感じですが、この作品のキモは途中で出てくるタイトル通りのポリリズムな部分じゃないでしょうか。4つ打ちのリズムに「ポ・リ・リ・ズ・ム」や「リ・ズ・ム」などの奇数連符のメロディラインが乗っかっていて、メインリズムから微妙にズレていきつつ一定のタイミングでのみ同期するという展開が実に快感です。これずーっとやられるとトランス状態入るの確実。普通のアイドルシングルのメイントラックではまずやらないと思われるこの趣向、まさにPerfumeならではと言えましょう。今一番のオススメ曲です。

 PVも傑作なので是非。最初ウムムだったメンバーが最近可愛く見えはじめてきた…。
  1. 2007/09/07(金) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HERO

HERO DVD-BOX リニューアルパッケージ版 HERO DVD-BOX リニューアルパッケージ版
木村拓哉 (2007/08/22)
Viictor Entertainment,Inc.(V)(D)
この商品の詳細を見る

 劇場版の公開で一気に盛り上がってる感のあるドラマ「HERO」ですが、フジテレビで再放送やってたので11話一気に見ました。いやー、面白いですね、このドラマ。本放送の時はドラマはほとんど観てなかったのでチェックもしてなかったんですが、なんでこれ観てなかったんだろうと思うほど面白い。最近のドラマでも観ててこんなに夢中になる、1時間が短く思えるドラマは珍しいです。関東圏で視聴率全話30%超えは伊達じゃない。やはり法廷モノは盛り上がりますしねぇ。

 とにかく出演者のキャラがいいですね。キムタクのあの、普段はちゃらんぽらんしてるけどキめるところはキめるという主人公の役どころは普通にカッコいいですし、松たか子ってほとんど興味無かったのですが、このドラマでの松たか子はかわいいと思いました。他も今観るとものすごく豪華キャストでキャラが立ちまくっている。このドラマの主役がもうちょっと極端になってくると「弁護士のくず」みたいになるんでしょうな。あれも面白かったけど。

 個人的には無名の磯山さやかが女子高生役で出てたのと、宇多田ヒカルの無理やりっぽいカメオ出演が観れたのが収穫。映画も観たくなってきたなぁ。
  1. 2007/09/03(月) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

cosmic cosmetics/嘉陽愛子


cosmic cosmeticscosmic cosmetics
(2006/11/15)
嘉陽愛子

商品詳細を見る

 中田ヤスタカがちょっと前にプロデュースした曲なので、最近ほどムチャクチャやってない。ボーカルも弄ってないので、素直にスペーシーできらびやかなアイドルソングとして楽しめる1曲です。個人的にはアイドル×中田コラボはこのくらいで収めてくれるのが丁度いいのかなとは思いますが、全く弄ってないのもそれはそれで物足りないと思ってしまうのが恐ろしい。また嘉陽愛子プロデュースしないかなぁ。今度はガッキンガッキンで。
  1. 2007/09/01(土) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0