クマチュー!!

帰ってきた時効警察 第3話

時効警察オフィシャル本 時効警察オフィシャル本
テレビ朝日『時効警察』スタッフ (2006/05/26)
太田出版
この商品の詳細を見る

 今回も面白かったです。プクーちゃん人形最高。みんなして「プクー!!」とか言ってるの観てたら、この番組一体なんなのかが分からなくなってきた(笑)。バッチグー杉本彩もいい味出してる。貧乏時代の黒髪お下げにジャージに黒ぶちメガネの杉本なんてなかなか見れない。オダジョーが最初はプクーちゃんの事をバカにしていたのに、ビデオをみているうちにだんだん顔がだらけてきて、案の定しまいには「プクー!!」とか言ってハマッてしまう件がも面白すぎ。よく分からない「トップシークレット本部のウルトラトップ本部長」黒部進は今回限りでしょうか?そういえば今回時効前の事件を解決してたみたいだけど、それも「誰にも言いません」なの?6と9が盗聴してなかったら迷宮入り??まぁ、霧山は全て見越して行動してたみたいですけど。

 今回このドラマで久しぶりに元Folder5の満島ひかりを見たかわりに、あんまり真加出くんが活躍しませんでした。予告だと私服で登場するみたいなんで、次回活躍を期待!
  1. 2007/04/30(月) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴールデンウィークは仕事だ!

必殺仕事人 一掛之巻 必殺仕事人 一掛之巻
藤田まこと (2007/05/09)
キングレコード
この商品の詳細を見る

 …という京楽の社内吊広告。「CRぱちんこ必殺仕事人III」の広告(音でます)なわけですが、見るたびに「こっちはリアルに仕事だ!」と悲しくなってしまう今日この頃。導入された店があったので会社帰りにちらりと覗いたところ、まぁ満席でございました。相変わらず京楽らしい派手なガセ擬似連で吊りまくってますな。ぱっと見は水戸黄門っぽい展開。絵柄も黄門や冬ソナのキャラデザイン。あれ誰がやってるんだろう?今回の新枠はアツいとハンドルがキュルル!と音を発して光るらしく、CMのラストの京楽マークが出る時にも使ってますな。そう言えば、昔京楽は振動ハンドルっての作ってたよな~。なぜか禁止されたらしいんだけど、採用機種の「わくわくネット」ってパチンコがデザインセンスが非常にスカしてて好きでした。振動すると人知れずアツくなれるのが良かったのになんで禁止?
  1. 2007/04/29(日) |
  2. パチンコ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

オリンパスE-410CM

宮崎あおい 2007年 カレンダー 宮崎あおい 2007年 カレンダー
(2006/09/21)
ハゴロモ
この商品の詳細を見る

 写真愛好家としても知られる宮崎あおいが、選ばれるべくして起用されたカメラのCM、しかもコンパクトデジカメではなくてごっつい一眼レフデジカメ・オリンパスE-410のCMです。で、このCMの出来が素晴らしい。数あるあおいCMの中でも個人的にピカイチ。あおいちゃんがとあるところで犬を連れた男の子と出会う。あおいちゃんが「何て名前?」と聞くと男の子は「伸男」と答える。「この子(犬)の名前だよ」と言うと、男の子は「だから伸男。」と答える。あおいちゃんは「男の子か~。伸男、いい表情だ!」と伸男の写真を1枚パシャリ。…というストーリー性があってまるで15秒間のロードムービーですよ。あおいちゃんに顔をぐにぐにされてもおとなしくしてる柴犬の伸男がまたカワイイんですよ。何度も見直してしまう。なんだか長い映画を見終わったような感動があります。なんせあおい、子供、犬の3拍子揃った上に、イメージソングもミスチルでバッチリですからね。マジで一眼レフデジカメが欲しくなる。そして旅に出て写真を撮りたくなる。出演タレントの魅力を最大限に引き出しながら、商品もちゃんと欲しくさせる。非常に良く出来ているCMだと思います。

 このCM、実はロングバージョンもあってラストのナレーションがそれぞれ違うんですけど、15秒版は「その日の空は青かった」、伸男は実はメスで、男の子が弟が欲しくてつけた名前だった事。そして男の子の名前が「そら」だと分かる30秒版は「そらと出会った日の空は青かった」、さらにあおいちゃんが撮った伸男の写真が出てくるWebのみ公開の52秒版は「そらという少年に出会った。その日の空は青かった」と、ちゃんと変えてあるところがなんだかいいですね。
  1. 2007/04/28(土) |
  2. CM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ビタミンウォーター

 最近は「てぃん呼吸」で話題のTシャツ編になってしまった「ビタミンウォーター」CMだが、その前くらいにやっていた咳熱トム編。速水いまいちが犬の散歩してると風邪をひいた関根勤(テロップはずーっと咳熱トム)に出会って、ビタミンウォーター飲むと速水もこみちにシャキーンと変身するやつ。あれ、ラストの関根勤の大滝秀治に気を取られて気付かなかったのだが、いまいちが連れてたヌボーっとしたブルテリアもシャキーンとして紀州犬に変身してるのね!こういう細かいネタ入れてるとこ好きだなぁ。
  1. 2007/04/27(金) |
  2. CM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セクシーボイスアンドロボ 第3話

「セクシーボイスアンドロボ」オリジナル・サウンドトラック 「セクシーボイスアンドロボ」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ (2007/05/30)
バップ
この商品の詳細を見る

 香椎由宇がカワイかった。以上。…じゃあ、感想にならんな。ようやくスパイっぽい活動が開始されましたが、「っぽい」だけでやっぱこれはスパイじゃないよぁ。どっちかっつーと少女探偵とおっさんの助手っていうか…。ブライガーネタとかダイターン3ネタとか、ワシの年代にはマッチするけど松山ケンイチの世代ってどうなの?…と思ったけど、セクシーボイスアンドロボの時代設定って、現代よりちょっと前の時代のような気がする。そういう意味では今回のお歯黒女は、ワシ世代でブームになった「口裂け女」がモチーフなのか。ロボがクラリスの乗ってたシトロエン2CVに乗ってるのは、当時のヲタだから?(ちなみに原作ではユーノス・ロードスターに乗ってるらしいが)。ちなみにロボは25歳という設定らしいが、口裂け女ブームが1980年頃、彼のロボットコレクションにボトムズあたりがあるという事は、大体1983年前後なのかなぁ。マックスロボとか、あのセンスのアニメも今じゃないしねぇ。あ、でもエヴァもあったか?…てことは、…やっぱ現代なの?まぁどっちでもいいや。

 えー、このドラマ、なんでも視聴率がヤバイことになっているらしく(今回6.9%!)、早くも「レガッタ」の二の舞(打ち切り)が危惧されているようなんですが、やっぱりあの松山ケンイチのキャラが受け入れられない人が多そうだというのと、ドタバタコメディを期待してると意外にテンポが悪くてマッタリシリアスな展開してるのってのが原因かも。あとテーマもストーリーもイマイチ分かりにくいし、設定も生かしきれてないんだよなー。特にストーリーはかなりないがしろなイメージ。今回は特によくわからなくて、お話が破綻しまくりで如実に視聴率に響いた感じ。とりあえずワシは大後ちゃんと村川ちゃんが見られればいいので観続けますけど。
  1. 2007/04/26(木) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライアー・ゲーム 第2話

LIAR GAME 2 (2) LIAR GAME 2 (2)
甲斐谷 忍 (2006/01/19)
集英社
この商品の詳細を見る

 録画しそこねたんですが、嫁の知り合いが貸してくれました、見てないだろうけどありがとう!!

 うーん、実は前回ラストで薄々思ってたんですよね。必ず先生が自分で金庫を開ける瞬間なんだろうな、と。問題はその瞬間、どうやって先生から奪うかですが、最初は回収人が来た時点であぁ、こりゃ仕込みだ!と思いました。後になって本当に回収人が来るとは思わなかったけど。で、時間はどっかのタイミングで時計を全部ずらしたんじゃないか(一度先生の家に上がりこんで、金は金庫の中だ!とかやりとりしてた事があったからその時?)と思ってましたが、まぁ、手紙を偽装とはね。…という事で、あんまり意外性は無かったです。ただ、戸田恵梨香があんまりにもバカ正直なので、だんだんイライラしてきますな。

 警察含めてグルな組織って何だよ!とか思いましたが、次回からはなんだか大人数集めてサバイバルゲームが始まる展開。個人的には雰囲気が金田一少年っぽくなってきたなぁとか思いますがいかがでしょう。最後はこの謎の組織の招待を暴いて終わるのか?それとも単純に勝ち抜いて終わるのか?
  1. 2007/04/25(水) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうついていけない

 なんすか。ギャルルて…。つじじて…。ハロプロマンセーのワシでもさすがにこれはありえんわ。只でさえ最近化粧がケバくなってきててうんざりだったのに、さらに駄目押ししますか。20歳になったらソッコー煙草吸わせる気じゃあるまいか。ギャルサーやってた矢口がやるならまだしも。

 もうねー、つんくもいい加減こういうおっさん臭い勘違いカンベンして下さいよ。なんで今辻ちゃんがギャルなのよ。前々から常々思ってたけど、みんなが辻ちゃんに求めてるのってそーゆーのじゃないっつの!!なんでこんな企画モノにしか参加させないの?普通にそのまんまソロで売ったほうが絶対イケるのに。…いや、イケてたのに。確かにおバカな子ですけど、こういうベクトルに増長させてどうする。てかこれじゃおバカな子じゃなくて単なるアホの子になっちゃうでしょう。

 辻ちゃんに関してはグダグダ半端なポジションに置いてるうちにアイドルとしての旬はとうに過ぎてしまったし、ソロを出すタイミングを完全に逃がしたから(アニメタイアップのソロはあるけど)、もう時すでに遅しなんだよね…。もうケバドル(ケバいアイドル)として生きていくしかないのか?普通でいいんですよ普通で。せめて「ブレーメン」の時期にあのドラマのビジュアルで出してくれてたら…歴史は変ったかもしれない。そう思うとやはり久住小春の今のポジションは本気で勝ち組。

 加護ちゃんもああなっちゃったし、本気で潮時と感じた一瞬でございました。
  1. 2007/04/24(火) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロポーズ大作戦 第1話

ドラマコミックス プロポーズ大作戦(上) ドラマコミックス プロポーズ大作戦(上)
脚本・金子 茂樹/画・遠藤 さや (2007/05/22)

この商品の詳細を見る

 いやー、ファンタジーですね。マンガです。リアリティなどかけらもない。それはそういうものだと思って見るしかないドラマ。賛否両論はあるだろうけど。なので、山Pみたいな髪型した高校球児がいるかよとか、そんな事言っちゃいかんのだと思います。あと、主演の女子2人がデカすぎる(長澤まさみ(168cm)榮倉奈々(170cm))。二人並ぶと他の男と背丈が変らないので全然可愛げがないのはどうしたものか。

 それにしても、基本は結婚式のスライドショーの場面で、そこから毎回写真毎に過去へ行ってなんかして帰ってくるって寸法ですかね。で、戻ってくるたびに写真の内容や周りの過去の思い出が少しづつ変ってきていると。そして、最終回に戻ってくると、長澤まさみの横に座っている、みたいななんか読めてしまうんですけど、そういう結末だとしたらあまりにも安易。そうならない展開を期待します。但し夢オチは却下。

 でも、夢オチ却下となると、確実に過去を変える事になるんですけど、それって問題ないのかぁ。タイムパラドックスを扱うパターンとしては、過去や未来へ行く場合、自分が既に存在している所へ行くパターン(「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「サマータイムマシーン・ブルース」など)か、過去や未来の自分自身になってしまうパターン(「時をかける少女 」「リプレイ」など)がありますけど、今回は後者の方。こういうのって必ず本人が過去の世界に干渉しちゃいけない、っていう微妙なルールがあるじゃないですか。で、結局過去が変わったとしても、それを含めて歴史に組み込まれてる、ってパターンがワタシ的には一番納得いくんですが(その点「サマータイムブルース」とかうまくできてるなぁ、と思う)、このドラマの場合、本人による歴史改編大前提だもんね。パラレルワールドに行くって事ですか?この広げまくった大風呂敷をどうやってたたむのか、それだけが気になります。いっそ最終回だけ観るか?
  1. 2007/04/23(月) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生徒諸君! 第1話

生徒諸君! (教師編1) 生徒諸君! (教師編1)
庄司 陽子 (2004/04/13)
講談社
この商品の詳細を見る

 1977年から漫画連載されていた、ワシら世代にはおなじみのタイトル「生徒諸君」。続編「教師編」が2003年からスタートしたそうですが、そのドラマ化だそうです。原作もそうなのかは読んでないんで知らないが、なんか、やたらテンションの高い新米女教師と、それを「大人は信用できないうんちゃらかんちゃら~」で無視するクラスの生徒、という、まぁ学園モノでは非常にありきたりな設定。嫁は「GTO」の女版とか言ってました。ワシは「GTO」は観ていないのだが、どっちかと言うと「ごくせん」の焼き直しみたいだなー、と思って観ておりました。「GTO」は元暴走族だし「ごくせん」は極道の娘だしで、後ろ盾が凄すぎるのでむしろコメディ要素が大きかったし、毎回後半スカッとする展開もあったわけですけど、今回はとりあえず主人公が裕福な家庭の出ってぐらいで、後は快活さだけ?なので、どうにも展開が重~くなりそうでヤな予感。しかも内山理名が演じるナッキーのキャラだけどうにも浮いてるのが気になります。イメージ的にまぁ、普通だとだんだん生徒が心開いていくんでしょうけど(事実1人心開いた)、どうなんでしょうねぇ?1回に1度はスカッとさせて頂きたいものですが…。1話はスカっとしかけてうやむやになっちゃったからなぁ。とりあえず堀北真希は怪しいと思います。陰でクラス仕切ってそう(…と思わせておいて実は…てな展開希望。)

 ちなみに、ナッキー役は今までこんな方々が演じていたようです。「ナッキーはつむじ風」の郁恵ちゃんは無関係。

 映画(1984)    小泉今日子
 アニメ(1986)   原田知世(声)
 連続ドラマ(1980) 上田美恵
 単発ドラマ(1987) 伊藤美紀

 ふーん、て感じですね。ところで、悪たれ団は出てこないの?
  1. 2007/04/22(日) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰ってきた時効警察 第2話

帰ってきた時効警察 オリジナル・サウンドトラック+三木聡×坂口修作品集
 エンジンかかってきましたなー。今回すげー面白かった。テンポの良さは1話以上で、1時間全く飽きさせない展開。小ネタも満載でありました。まぁ、観てる人それぞれにツボがあるでしょうが、ワタシの今回のツボは「BAR魔の素」。パチンコで嫌ほど見たあのバーの内装・アングルを完全再現。マスターもちゃんといて、雰囲気もバッチリ。これで横に喪黒福造のカッコした伊東四郎がいたりして「良くいらっしゃいました。ドーーーン!!」とかやってくれたら良かったのに。キラキラはデスノートのパロディ?あと、テトラポット買おうとして値段知ってたり、突然エヘヘ…とか思い出し笑いする真加出くんカワユス。いいわー、やっぱあのキャラ。あー、最終回あたりに「実はワタシ警視正なんです」とかいうオチこねぇかなぁ。
  1. 2007/04/21(土) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MUSIC GARAGE III

ギター弾き語り チャットモンチー Songbook
 奥田民生がさまざまなアーティストとコラボレーションする企画番組の第3弾(らしい。前2回は見てません。)を録画していたのをやっと観る。出演はコブクロとチャットモンチー。

 まずはコブクロとのコラボ。1曲目はコブクロの「桜」をセッション。民生がソロで歌う部分は、完全に民生の曲になってしまっていた。歌声ですぐ自分のものにしてしまうって、やはり民生は凄いなぁ。対する民生の「さすらい」のセッションは、さすがのコブクロも高音がキツそうで、ハーモニーもやや雑。民生の曲ってダラーっとしてるようで難しいんだなぁ、と認識した。

 次はチャットモンチーとのコラボ。嫁はコブクロ目当てだったようだが、ワシはこっちが本命。ただ、「シャングリラ」1曲のみで、民生の参加もコーラスのみとやや不満。TVではめずらしくフルで聴けたのは良かったが。

 これ観てて思ったのが、民生はどんどん所ジョージ化していくなぁ、ということ。あの適当具合は所さんと高田純次に匹敵だ。
  1. 2007/04/20(金) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セクシーボイスアンドロボ 第2話

セクシーボイスアンドロボ 2 (2)
 えーと、これいつになったらスパイコメディになりますか?

 それはさておき。今回は強盗事件に巻き込まれ、逃走する車に同乗する事になったニコとロボが、犯人と次第に打ち解けてともに行動をはじめる、というなんとなくロードムービーっぽい展開。これはこれでいいですよ。強引ながらも泣ける展開だったし、ナナシとのやりとりは取り違えモノの王道でありきたりではあったけど面白かったし、地デジで見る富士山はキレイだったし、大後ちゃんはカワイかったし…。単発のドラマだったらこれでも良かったかな。でも、なんかこのドラマ全体に期待している展開ではないんだよなぁ。まぁ、2話で今だ土台が固まってないってのもありますが、3話目ぐらいには固めて頂きたい。話広げるのはそれからですね。今後どうなっていくのか?来週は香椎由宇が出るのでちょっと期待です。
  1. 2007/04/19(木) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怪奇大作戦 セカンドファイル

 NHKハイビジョンで4月からスタートしていたのを先日知ったのであわてて観た。と言っても全3話なのでもう最終回である。知っている人は知っているだろうが、これは円谷プロが「ウルトラマン」「ウルトラセブン」の後に作った、怪獣抜きのちょっと大人向け特撮シリーズ「怪奇大作戦」のリメイク。3話目の「人喰い樹」は、「リング」の中田秀夫が演出したというちょいとホラーテイストの作品。ちなみに1話目は「呪怨」の清水崇が演出だったとか。それ観たかったー。

 まぁ、ホラーテイストとはいえ期待したほど全然怖くはなく、妙にあっさりしたその内容は、SF短編としてまぁ可も無く不可も無くという感じでした。主人公まで事件の被害の当事者になったりとかはらしいな、という感じだが、解決の仕方はいかにも昔の特撮というか、ご都合主義的な感じだったのだが、これは「怪奇大作戦」テイストを出すという意味ではしょうがないのか。ちょっと期待しすぎた感はある。オリジナル観てたらもっと面白く観れたんだろうなと思うとちょっと残念。SRIメンバーの西島秀俊とココリコ田中のキャスティングは個人的には絶妙だと思った。特に田中はシリアスで張り詰めた中になんとなくマイルドな雰囲気をもたらすいいムードメーカーである。これ45分だとちょっと間延びしてダラけるから、30分の単発でシリーズで観てみたいなぁ。

 そもそもオリジナルの「怪奇大作戦」はワタシの生まれた頃の作品なので、リアルタイムでも再放送でも観た事がないのだが、当時としては結構先をいった内容だったらしく、欠番になるほどの強烈な話もあって、カルトな人気はあるという噂だけは聞いていた。かねがね観たいとは思っていたが、なかなかその機会がなかったのだ。今回2話見逃したが、5月にBS2でオリジナルのセレクションとともに再放送するらしいから、そっちは是非全部見たい。チェックチェック。

 これ観てたら、ホラー嫌いの嫁が「なんで私の前でこんなもん観るの!」と激怒して部屋を出て行ってしまいましたよ。いやいやいや、これ円谷特撮だから。SFだから。てか全然怖くないから!どんだけ~。
  1. 2007/04/18(水) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

アイドルグループの改名

ハレンチ☆パンチ 2007年カレンダー ハレンチ☆パンチ 2007年カレンダー
(2006/12/18)
ハゴロモ
この商品の詳細を見る

 最近チェックしてなかったので、久々に覗いたオフィシャルサイトでハレンチ☆パンチが80☆PAN(ハレパン)に改名していて驚いた。以前も紹介した事があったかと思うが、ハレパンはアイドルの中でもロック寄りなので自分の中で注目株。オフィシャル開いてすぐ流れてくる新曲が、相変わらずハレパンテイストだったのでちょっと安心したが、この改名はどうなんでしょう?確かにアイドルのグループ名に「ハレンチ」とか入ってると違和感があるけど、世の中には「ポルノグラフィティ」という名前のバンドっだって堂々と活動して人気を集めてるし、それはそれでインパクトがあって良かったのになぁ。ただ、「破廉恥」ってネガティブな言葉だからね。だからと言って、80☆PANはどうなのよ。せめて慣れ親しまれている略称を残そうという事なんだろうけど、なんで「80(ハレ)」とか当てちゃうかね。普通に「ハレ☆パン」でいいでしょう。「0930(オクサマ)」じゃないんだから…。最初どう読むのか分からなかったよ。…とか言いながら、方向性が変ってないならこっちはまぁ別にいいです。

7th Anniversary Best(DVD付) 7th Anniversary Best(DVD付)
dream (2007/01/01)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る

 それ以上に話題沸騰なのがdreamの改名ですよ。まだいたのかとか言われそうですけどね。次のリリースからDRM(ディーアールエム)になるそうです。DRMて。あたしゃ真っ先に大一の液晶+ドラムパチンコ「CRディーアールエム」を思い出しましたよ。あと、今はDRMと言えばデジタル著作権管理(Digital Rights Management)がまず思い浮かぶでしょうし、その他にもDRMを略称とする言葉はたくさんあったはず。そんなありきたりな略語に敢えて参入??確かにですね、dreamというグループ名は「dream」という単語自体が普遍的過ぎて検索するにもすぐ出てこなくて困る、ってのはありましたよ。ただ、今このタイミングで一体誰がどういうつもりでこの名前を付けたのか、全く理解に苦しむ。少なくともさすがに定着しているものを、一旦リセットしてしまうという事でしょう?まさかアイドルグループから方向性を転換する気なのか?deepsが伊秩がもうプロデュースやらん!という事で区別をつけるためにdpsにしたようなパターンですかね。MAX松浦が遂に見放したとか?まぁでもその他の面でも相当改革しない(本人たちだけじゃなくて会社全体で)と、名前変えた直後にアウト!とかありますよ。同じく普遍的な名前付けられて微妙な立場だった「SweetS」の、受験組2人が復帰→直後にいきなり解散宣言、みたいな強烈なコンボが来なければいいですが。せめてね、Google一発トップ!のような個性的な名前付けないとダメですよ(その点「チャットモンチー」は凄い)。だから言ったでしょ?麻衣ちゃんの交代要員は山本サヤカだけで良かったって。いやー、完全にワタシの中のdream終了。麻衣ちゃんがいた3人dreamだけを思い出の中に収めて生きていきます。

dream LIVE 2001 dream LIVE 2001
dream (2005/03/24)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る

これ最強。
  1. 2007/04/17(火) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デスノート 第25話~第26話

DEATH NOTE 1 DEATH NOTE 1
大場つぐみ、 他 (2006/12/21)
バップ
この商品の詳細を見る

 時々録画失敗しながらも半年間ずーっと観てきましたが、途中時々乱れはあったものの全体的に安定した作画品質はさすがマッドハウス。ここんところはゾクゾクするような展開をしておりまして、特によつば編クライマックスから25話にかけてはテレビアニメである事を忘れさせるような高クオリティで引き込まれました。第25話「沈黙」では遂に物語がひっくりかえるような事態が(原作読んでる人はとっくにご存知でしょうが)うお!ワタリが!?レムが!?そしてLが!?そうなっちゃうの?そういう展開かー!そうきたかー!なんて悪いやっちゃー月!そして第26話「再生」前半15分にこれまでの25話分を一気に凝縮。ここまで詰め込んだ総集編もすごいな。観てる人が「そういう話だったな」と振り返るにはいいけど、観てない人にはなんのこっちゃ全く分からないテンポ。後半はすげー意味深な展開で次回に続く。これ次どうなるの?って事でいよいよ3クール目に突入です。原作読まずに我慢した甲斐あって、毎回ドキドキ観させていただいてます。でも話によるとここからグダグダという噂…。

 しかし、今更ながらですけどここまで悪い主人公のアニメってなかなか珍しいですよね。確かに「犯罪人のいない平和な世界を創造する」という大義名分はあれど、こういうキャラって大概正義を履き違えた仇役であって、普通はLのようなキャラが主人公だよね。今までここまで狡猾で悪どい主人公が出てくるアニメってあったっけ?そういう意味でもウケてるんだろうけど、原作があの「努力・友情・勝利(順番は忘れた)」の少年ジャンプで連載されてたってのがやっぱすごい。成功したからいいようなもんだけど、良くGOが出たなー。
  1. 2007/04/16(月) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰ってきた時効警察 第1話

時効警察 DVD-BOX 時効警察 DVD-BOX
オダギリジョー (2006/06/23)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る

 初めて観ました(前作は観てません)。すげー、ゆるいんですね、このドラマ。その上深夜枠ドラマらしい小ネタ満載の超マニアックさ。通好みだなぁ。なんとなく時効の来た事件専門の古畑任三郎みたいですな。あのオダギリジョーの飄々とした感じとか。ふせえりとか緋田康人とかビシバシステム絡みの面々も出てくるので、そのシュールな会話風景は、深夜の竹中直人のコント番組観てるようでした。

 「ケータイ刑事・銭形雷」の小出早織(初期矢口と横峰さくらを足して2で割ったような丸顔アイドル)が今シーズンから新レギュラーで出ているのもポイント。これだけでも毎回要チェックです。髪型がいつもと違って横分けのデコ出しなので最初気付かなかった。なかなかクセのあるキャラで良い(全員そうだけど)。ケータイ刑事ネタ出して欲しいけど局違うしなー。でも一番ウケたのは、麻木久仁子の滝川クリステル座り。これから楽しみです。前作観てなかったのが悔やまれるなー。テレ朝チャンネルでもう1回再放送やんねーかな。
  1. 2007/04/15(日) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライアーゲーム 第1話

LIAR GAME 1 (1) LIAR GAME 1 (1)
甲斐谷 忍 (2005/09/16)
集英社
この商品の詳細を見る

 詐欺師主人公モノでは「クロサギ」とかありましたけど、まぁあんな感じで大差はありません。今回はクールな天才詐欺師が騙されたバカ正直な女の子の片腕となって騙してくる相手を騙し返すというパターン。出演の戸田恵梨香に関しては、今回は素直過ぎるほど素直な女子ということで、ギャルサーの時のアバズレ感がなくて好印象です。今回はハマってると思う。詐欺師役の松田翔太も、そのつっけんどんな態度が「クロサギ」の山ピーを彷彿とさせますけど、「ライアーゲーム」では主人公の女の子に(金目当てとはいえ)協力するところが違うところか。「レガッタ」の時も思ったけど、ちょっと演技が大根なのが残念。ルックスは流石に親譲りでカリスマティックだけど。彼、こういう役しかやらないのかね。

 それから、登場人物に全く生活観がなくて、リアルというよりは全体的にファンタジーっぽいドラマですね。敢えて原色を使った背景セットとか照明とか、演出もわざと現実感を無くしてるような感じで。あと、ビデオに出てくる人形が思いっきり「ソウ」のジグソウ人形で笑った。とりあえず面白かったし、続いちゃったので次も観る。
  1. 2007/04/15(日) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

セクシーボイスアンドロボ 第1話

セクシーボイスアンドロボ1 セクシーボイスアンドロボ1
黒田 硫黄 (2001/11/30)
小学館
この商品の詳細を見る

 キャラ設定とか、小ネタの配置とか、普通に面白かった。初回は「メメント」がヒント?ただ、展開がかなり強引なところがあり、シリアスにもコメディにも徹してなくてちょっと半端な印象。これからの展開次第かな。願わくばより一層のコメディ側へのシフトとテンポアップを希望。

 大後寿々花が意外に可愛かったのがめっけもん。これは観るしか。ただ、まだ中学生でルックスが固まってない感がある上にちょっぴりしゃくれの気があるので、これからもっと可愛くなるか、ダメになるかは微妙なところです(個人的には鈴木京香みたいな顔になるとみたね)。村川絵梨の出番は少なかったですね。あんなにロングヘアになっているとは思わんかったが。ロボ役の松山ケンイチが実写版「デスノート」のLと同一人物ってのがどーしても信じられないんですけど。あれは良くバケたなぁ。さすがゲイリー・オールドマンを尊敬しているだけはある。浅丘ルリ子は「すいか」そのまんまでしたな。

 あと、みつきという新人が歌っている主題歌「ひとつだけ」の編曲・プロデュース・コーラスを担当してるのはコブクロの小渕君なんですねぇ。気付かなかった。プロデュースするような大物になったんだ…。しみじみ。
  1. 2007/04/15(日) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

史上最強のメガヒット カラオケBEST100

辻希美写真集 のんの19 辻希美写真集 のんの19
田中 和子 (2006/11)
竹書房
この商品の詳細を見る

 辻ちゃんが出るというので観る。この番組は、出演者からランダムに選ばれた挑戦者が、与えられた課題曲を歌詞を見ずに歌いきれれば賞金が出るという番組。この番組、どこまでガチでどこまでホンなのかは良く分からない。課題曲がピックアップされてあるとはいえ、その中からいきなり選ばれて歌えと言われたら、それはかなり難しいだろう。持ち歌だったとしても難しいと思う。もしかしたら歌う人と出される課題曲ぐらいはもともと決まっているのかも知れない。そうなると、どれだけ記憶力があり、記憶する時間がとれるかにかかってくるだろう。どのくらい前から出演依頼が来るのか知らないが、期間によっては相当シビアだと思う。

 で、辻ちゃんは2回チャンスを与えられていたがやはりというか2回とも失敗。しかも1曲は1コーラス目のサビまでもいかずに終了。もっと聴かせて下さいよ。まぁ、辻ちゃんの「さくらんぼ」というレア映像が観れたから良しとするか。

 そんな中、なんともう1人ハロプロから出演していた里田まいが、ユーミンの「卒業写真」を歌いきって200万円獲得してしまった。そういえば以前保田圭も「キューティーハニー」歌って完走してたが、里田がねぇ…。おバカキャラではあるけど、やっぱさすがは幾多のコンサートをこなす歌手ですよ。基本記憶力がないと歌詞って憶えられないしね。やればできる子だったんですよ、やっぱ里田は。番組的にはどうだったのか知らないけど。

 ちなみに大沢あかねも出てましたが(「赤いスィートピー」→「Flavor Of Life」で撃沈)、大沢歌うまいね。加護ちゃんにも似てますし(自称)、かわいいのにお笑いもイケるし、もうハロプロに入ってダブルユー再結成すればいいじゃん!辻ちゃんと大沢で。許す。
  1. 2007/04/14(土) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今シーズン見る予定のドラマ

(月)
 ・プロポーズ大作戦 長澤まさみ&榮倉奈々が出るので。

(火)
 ・セクシーボイス アンド ロボ 大後寿々花&村川絵梨が出るのと木皿泉脚本なので。

(木)
 ・まるまるちびまる子ちゃん SPドラマ版は観たのでとりあえず観る。

(金)
 ・生徒諸君! 堀北真希が出るので。
 ・時効警察 なんとなく面白そうなので。

(土)
 ・喰いタン2 前作を観ていたのでしかたなく(笑)。
 ・ライアーゲーム 戸田恵梨香が出るので。

 相変わらず基本的に出演する女優で見るドラマを選ぶワタシ。前シーズンは「華麗なる(相武紗季)一族」と「きらきら(小西真奈美)研修医」の2本だったのに(あと付き合いで「ハケンの(大泉洋)品格」)、今シーズンは7本かー!日曜と水曜日がお休み。追いつけるかなぁ。心配だけどオラ頑張る!全部お気楽なドラマで、「華麗なる」のような重厚で次が気になるというようなドラマが全然ないのがちょっと。あとそろそろガッキーが出るドラマも恋しいぞ。(その前に「ダンドリ」と「セーラー服」観ろって話が…。)

 ここ見てる人で、これらのドラマ観るって方いらっしゃいますかね?
  1. 2007/04/13(金) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 第2話

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 1 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 1
神山健治、士郎正宗 他 (2002/12/21)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る

 NHK-BS2「精霊の守り人」特番で神山健治監督作品にちなんで「平成14年度文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門優秀賞」を受賞した攻殻機動隊S.A.C第2話の「暴走の証明 TESTATION」をまるごとやっていたので観る。

 うーん、良く出来ていますねぇ。テレビアニメとしてはもう最高のクオリティ。が、劇場版のようにくどいほどクオリティが高くない分、逆に観易い感じ。劇場版の「攻殻」は観ていて世界背景にもとりあえずついていけたので、話も分かりやすかったし。わずか20数分間でここまで完成度の高いSFアニメを見せて頂けて大満足です。これ、パチンコにならねーかな。エヴァンゲリオン以上に面白くなると思うんだけど。マニアックすぎるか。

 そう言えば確かS.A.Cって前に日テレ深夜にやってたのほとんど録画してたよなぁ。これも録画してたっけ。でもこの2話の見覚えがない。あと、地上波放送とはOPとED違うんすね。引っ張り出して観て見たいけど時間がない…。時間マチマチで録画失敗した回もあるし、地上波カットされた回もあるらしいから、アニマックスとかでまたやるの待つか。
  1. 2007/04/12(木) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やぐちひとり(C)

やぐちひとりDVD Vol.1&2 BOX やぐちひとりDVD Vol.1&2 BOX
矢口真里 (2006/07/14)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

 毎週楽しみにしていた「やぐちひとり」が遂に最終回!?DVDも全然売れてなくて在庫余りまくってるらしいしなぁ…。遂に打ち切りかぁ…。…なんて思ってたら、収録スタジオ引越ししてタイトル変えただけでした(笑)。新しいタイトルは「やぐちひとり(C)(マルシー)」。当初は「やぐちひとりスーパー」になるはずだったが、春樹の「今時スーパーはないよね」の一言でマルシーに。ってそっちもよく意味が分からないんですが。そもそもタイトル別に変えなくていいんじゃないの?スタジオ変えて今までのいい雰囲気変ってたら嫌だなぁ、と思っていたけど、それはあんまり変ってなくて安心。今は「映画を紹介する番組」って設定がありますけど、そのうちあって無いような状態になっていくんでしょうな。

 この番組、もう適当にダラーっとやってるスタンスが本当に大好きで。結構長くやってるから矢口とひとりの掛け合いもかなりいい感じで適当感が出て来てるんですよね。で、毎日やってるSaku Sakuよりは週一だから見るのが追っつかない!ってのもなくて観やすいし。もう、二人が老けてってもかまわないから永久に続けて頂きたい番組です。
  1. 2007/04/10(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里田まい VS 木下優樹菜

里田まい写真集 「my life」 [DVD付] 里田まい写真集 「my life」 [DVD付]
熊谷 貫 (2007/03)
ワニブックス
この商品の詳細を見る

 めちゃイケで辻加護が「バカのツートップ」として愛でられていたのも、今では遠い目で語る過去の話だが、今ハロプロでその座を欲しいままにしているのが里田まい。カントリー娘で唯一苗字がついているメンバーとして知られ、モデル並の端麗な容姿を持つのに中身はおっさんOSという里田だが、彼女はもともと石川、吉澤、辻、加護が合格した4期メンオーディションの落選組(他に藤本美貴、若槻千夏も4期落選組)。インタビューで「現在のモーニング娘。は歌が上手いと思わない」と発言したのは有名な話。先だってカントリーからあさみとみうなが芸能界引退で抜けて実質1人になってしまい、今後どうなってしまうのかが懸念されていた。が、今彼女がハロプロのアウェイでの活動では、最も頂点を極めているのではないかと思われる時代が到来している。いわゆる、「ヘキサゴンII」でのおバカキャラ開花だ。

 しかし、そんな里田に手ごわいライバル出現。若槻の事務所の後輩であるグラドル・木下優樹菜だ。若槻を上回るバカさ加減と、そのふてぶてしいキャラ設定で、早くも里田の地位をおびやかしている。この人実は、高橋、紺野、小川、新垣が合格した5期メンオーディションで最後の最後まで残っていた人である。今と違って結構かわいらしい系のキャラで、合格していてもおかしくないような子だったと思う。このオーディション落選組では、先に嘉陽愛子がアイドルとして出てきたのでそっちが話題になったが、最近は木下優樹菜についても話題が再燃しているようだ。

 しかし、同じモー娘。になり損ねた境遇で、方やハローでカントリー娘、方やグラビアアイドルとしてデビューし、今は同じ土俵でおバカを争っているとはなかなか感慨深いものがあります。大沢あかね・福田沙紀・小倉ゆうこりんという伏兵に足元すくわれないよう、キャラ力をつけて頑張れ!
  1. 2007/04/09(月) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑顔YESヌード/モーニング娘。

笑顔YESヌード(初回生産限定盤)(DVD付) 笑顔YESヌード(初回生産限定盤)(DVD付)
モーニング娘。 (2007/02/14)
アップフロントワークス(ゼティマ)
この商品の詳細を見る

 今モーニング娘。のメンバーが何人いて、一番新しいメンバーは何期で何と言う名前か?と聞かれて即答できる人は少なくなってきてるのではないだろうか?正解は9人、8期、光井愛佳なわけですが、この春にはよっすぃ~が抜けて一番古いのが5期メンバーの高橋ちゃん&ガキさんになってしまうというのが、もうなんとも時代を感じさせます。しかも、今度は8期メンとして中国人メンバー2人が追加(ちなみにジュンジュンはカワイイ)と、もう何が何やらわからないカオス期に突入のモーニング娘。ですが、そんな中ひっそりリリースされたこの最新シングル「笑顔YESヌード」は、原点回帰と言いますか、モーニング娘。初期の頃を彷彿とさせる、うねるベースがブリバリのクール&ファンキーなディスコナンバー。ここ最近のシングルではかなりカッコいい曲に仕上がっております。ダンス☆マンが久々参加したのかと思うくらいセンスのいいアレンジ。まだまだ捨てたもんじゃないですが、もうどのパートを誰が歌っているのか微妙に聴き分けられなくなってきているのがちと悲しい。また、モー娘。史上唯一キャラで選ばれたような、一見みつまJAPAN?と目を疑ってしまう新メン光井愛佳ではありますが、ファニーフェイス好きのワシとしては全然大丈夫、むしろ応援したい。しかも歌わせると意外にイケるのもあなどりがたい。最近モー娘。ってどんな曲歌ってんの?とか思ってしまう方には是非聴いて頂きたい1曲です。

 さて、ハロプロのサイトからは加護ちゃん関連の画像が遂に全て消えました。あまりにもメジャーな黒歴史の誕生です。未見の加護ちゃん出演ビデオでも整理すっか。
  1. 2007/04/07(土) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕾/コブクロ

蕾 (初回限定盤)(DVD付) 蕾 (初回限定盤)(DVD付)
コブクロ (2007/03/21)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る

 すっかり嫁がヲタになってしまい、気付くと弟とか10年くらい連絡とってなかった同期の女の子とか、もうみんながファンになってしまっていたという、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのコブクロでございます。ニューシングルの「蕾」も、それはまぁコブクロらしいというか、まさにコブクロというか、これぞコブクロというか、そんな感じの曲に仕上がっております。美しいハーモニーは言わずもがな、欲を言えば「またこの曲調?」ていう気がしないでもないので、もうちょっといろいろな曲を出してみるのもいいかと思います。ライブとかも中盤ずーっとこのパターンだとさすがに眠くなるからねぇ。絢香×コブクロの「WINDING ROAD」がなかなかソウルフルで良かっただけに、彼らはもっといろんな曲やれると思います。でも、あんまり冒険するとセールスの面に響くからできないのかなぁ。今が正念場だから、こういった曲でファンつかんどくってのも大事か。

 で、この曲にもですねぇ、あるんですよサビ前に「きっときっときっと」が。この手のフレーズ探せば結構たくさんありそうだなぁ。

アンジェラ・アキ「サクラ色」
ずっとずっとずっと
もっともっともっと

山本サヤカ「クリスマス行進曲」
きっときっときっと
そっとそっとそっと
ずっとずっとずっと

コブクロ「蕾」
きっときっときっと
  1. 2007/04/06(金) |
  2. 日本のポップス
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

B'z -EP/B'z

B’z-EP

 2005年の11月末に、米国iTMSに一瞬だけアップされて速攻消えた「B'z-EP」が、4月3日より再度販売開始したようです。と言っても相変わらず日本版iTMSでは売ってないのだが…。特に今回はこれまた海外のみ発売のゲームソフト「バーンアウト ドミネーター」の挿入歌となった「Friction」(一部で「♪シャリが美味いねぇ~」でおなじみのアレ)も販売しているという事で、力技で購入しました。まぁ、いずれ日本でも正式リリースされるのかもしれないけど…、そん時はそん時です。

今回買えるのは以下の6曲。いずれも新曲、ミックス違いなど、全て日本では未発表曲です。
Ai No Bakudan(「愛のバクダン」のミックス違い)
Home(「HOME」の英語バージョン)
Dangan(「さまよえる蒼い弾丸」の新録バージョン)
Ultra soul(「Ultra soul」の新録バージョン)
Brighter Day(「Brighter Day」のミックス違い)
Friction(新曲)

 この中では特に「Dangan」と「Ultra Soul」が良かったっすねー。生音で再録されていて、なんでこれで最初から出さなかったんだ?ってくらい、オリジナルよりカッコ良いです。「Friction」はねぇ…、まぁ爆音で聴けば悪くはないんだけど、なんか英語のハマリが悪いというか、香港映画のラストで中国人バンドが歌ってるロックみたいだなぁと思った。

 でもなんか気に入っちゃってずーっと聴いてます。これでまた最近B'zプチブームが起こった感じ。ライブはやらんのかライブは。
  1. 2007/04/05(木) |
  2. B'z その他レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マツモトタカヒロ、CDデビュー!?

 と言っても、B'zのタック松本ではなく、ダウンタウン松ちゃんの兄・松本隆博がCDデビューとのこと。なんとB'z松本を凌駕するギター暦34年!ギター教則DVDも出しているとか!すげー。

 写真を見ると隆博氏、松ちゃんと同じく坊主頭にしてるようだが、なんと松ちゃんにソックリで笑えます。
  1. 2007/04/04(水) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はなまるマーケットに夏帆

夏帆写真集 step in 小さき勇者たち ガメラ 夏帆写真集 step in 小さき勇者たち ガメラ
アライ テツヤ (2006/04/22)
角川書店
この商品の詳細を見る

 本日久々の有給休暇により朝ゆっくり。はなまるマーケットにプチ好き女優の夏帆が出る(「学校へ行こう」の番宣?)というので見る。あれー?夏帆ってこんな顔だったっけ?なんか髪型がウェービーだし、目が小さくなったような…。デビュー時の写真も見せていたが、そちらはワタシの知るタイプの目の大きな。小動物系であるところの夏帆だった。大人顔になったという事か。背も一気に伸びたらしいし、声もなんだか声変わり途中のようだ。U-15アイドルや女優って、結局成長期なわけですから、数年、いや数ヶ月経っただけでもものすごく印象変わってしまいますよね。中でもやっぱり夏帆はめちゃくちゃ変わりまくってるような気がする。いや、だからどうって事はないんですが。
  1. 2007/04/03(火) |
  2. 俳優・女優
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

お花見ビーナス/the do-nuts

お花見ビーナス お花見ビーナス
the do-nuts (2007/03/14)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る

 これも桜ソングの一種なのか? ORANGE RANGEの妹分という謎の肩書きを持つユニット・the do-nutsのメジャー第2弾シングルとなる能天気宴会ロックンロール。妙にキュートで楽しいです。最初は大塚愛のアッパー系の新曲かと思ったぐらい。まぁプロデュースはORANGE RANGEと同じシライシ紗トリだそうですから、その辺の能天気さはまぁ、いかにもだな、という感じです。個人的には、ルックスはともかく曲がいいので今後の動向がちょいと気になっているユニット。ていうか、正直この人たちのルックスはアイドルと言うには、沖縄出身という事を差し引いてもちょっともっさい(だってガッキーとか沖縄出身なのにもっさくないし)。特にエリコさん。濃い。いや、まぁアイドルというか、Puffyとかあの辺目指してるんだったら別にいいんですけどね。
  1. 2007/04/02(月) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なつかしのファミリードラマ主題歌全集/V.A.

なつかしのファミリードラマ 主題歌全集 なつかしのファミリードラマ 主題歌全集
テレビ主題歌、榊原郁恵 他 (2007/01/24)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 スカパーテレ朝チャンネルの「男!あばれはっちゃく」全102話のオンエアが遂に最終回。ええ!全部録画しましたよ。ワタシは小学生の頃からあばれはっちゃくマニアでしたからね。「俺はあばれはっちゃく」のDVD-BOXももちろん揃えましたし。今回の最終回もビデオ持ってなかった当時カセットテープに録音して何度も聴いたので台詞の一字一句今だに鮮明に覚えてるんですが、映像は久々に見直したので感動もひとしお。ちょっと前にやった「さよならドン平」の回なんか、当時はなんとも無かったのに今見たら号泣ですよ、ええ、号泣。

 でもって、このはっちゃくの主題歌。今まで全5シリーズをコンプリート収録したCDってのは出てませんで、いつになったら出るんだ!とか言いながら久々に発売元のコロムビアのサイトを覗いたところ…。既に1月に出てたー!という事でAmazonで速攻注文。今聴いてますがもうナミダモノですな。結構主題歌のドーナツ盤は持ってましたが、やっぱCDでデジタルリマスタリングしてあるから音がイイ!言わずと知れたミッチが歌う主題歌「タンゴむりすんな!」が名曲なのは間違いないですが、今までフルで聴いた事になかった挿入歌「はっちゃくひとりうた」が超名曲なのに驚いた!リコーダーとホルンによるもんのすごくせつないメロディライン。これで泣けないのはおかしい。あと、「男!」の主題歌「そいつぁだれだ!」も、木琴とストリングスの使い方が絶妙!さすが「キューティー・ハニー」のナベタケ!この手の曲作らせたら天下一品。ミッチのしゃくりボーカルもいいんだなぁ。あと、はっちゃくソングのアレンジに、いくつか久石譲氏の名前も!そうなんですよ。こんな仕事もしてたんですよねぇ。ていうかワシ的には久石譲って言ったらジブリ作品でもたけし作品でもない、「バンバンビンビンはっちゃめちゃ」がまず頭に浮かびますよ。その他にもビッキーズやらケンちゃんやらカッチンやら、懐かしい主題歌が目白押しで涙なくしては聴けません。買って本当に良かった!

 五代目はっちゃくの酒井一圭氏(ガオレンジャー)が、3月末にあばれはっちゃく関係者全員集めて同窓会やったとか!すごいなぁ。なんでも当日はっちゃくイベントを予定してたらしいけど、延期にして同窓会にしたんだとか。延期なんだったらイベント今からでもチケット買えるのかなぁ?是非行きたい!そう言えばこないだはっちゃく時代の酒井一圭氏が出てるテレ朝番組対抗ボーリング大会(’85)のビデオが出てきたよ。桂三枝司会の。東野英心とうちゃんももちろん健在。なつかしい。
  1. 2007/04/01(日) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0