クマチュー!!

Bird/下川みくに

Bird(初回限定盤)(DVD付) Bird(初回限定盤)(DVD付)
下川みくに (2007/03/14)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

 思えば下川みくには、チェキッ娘時代も含めてそろそろ活動期間10年を迎えようとしている。アイドルが消えずになにげにここまで息長く活動しているのもなかなか珍しいのではないだろうか。そして、下川みくにほど歌が上手くなったアイドルもなかなか珍しい。初期(98年~00年くらい)の下川の歌と言えば、高音の伸びは素晴らしいものの、全般的にフラットでビブラートすらかかっていなかった。しかし、しばらく聴かなかった間に下川の歌唱力は驚くほどグレードアップした。低音の落ち着いた声もそつなく出るし、高音の伸びはそのままにビブラートもかかるようになった。ただ、ワシは初期のフラット歌唱の方がアイドルらしくて可愛くて好きだったのだが、さすがに20代後半でそのまんまではアレなので、それはそれでいいのだろう。

 今回紹介する下川の最新曲「Bird」は、デビュー曲「BELIEVER」をテンポダウンして落ち着かせたような曲といった印象。エモーショナルで引き込まれる。格段に上達した歌唱力でもって、ここまでスケールの大きなバラードでも歌いこなしは完璧。ただ、サビメロを聴くとどうしてもコブクロの「ここにしか咲かない花」を思い出してしまうのはナイショ。
  1. 2007/03/31(土) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サクラ色/アンジェラ・アキ

サクラ色 (初回限定盤)(DVD付) サクラ色 (初回限定盤)(DVD付)
アンジェラ・アキ (2007/03/07)
ERJ
この商品の詳細を見る

 春になると毎年のようにリリースされる「桜」ソング。今年もどんだけあるのかわからないくらいリリースされてるようですが、そんな中でもこの「サクラ色」は、アンジェラ・アキらしいスケール感のあるミディアムバラード。なかなか聴かせます。こういうピアノでダン!ダン!と刻んで盛り上げる曲に弱いんですよね。もう、聴いているとこう、世界に入り込んでしまうというか、そんな力がアンジェラの曲にはあるような気がします。

 ところでこの曲、なんとなく後半Coccoテイストを感じるのですが、それ以上に聴いているとどうしても山本サヤカの「クリスマス行進曲」(ミニアルバム「惜春」収録)を思い出してしまいます。「ずっと ずっと ずっと」のフレーズがまんま同じ。確かDo As Infinityの曲にも似たようなフレーズがあったような…。

惜春 惜春
山本サヤカ (2005/02/16)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る
  1. 2007/03/30(金) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

ラムのラブソング/山本梓

あず☆トラ~うる星やつら ラムのラブソング(DVD付) あず☆トラ~うる星やつら ラムのラブソング(DVD付)
山本梓 (2007/03/07)
GIRLS' RECORD
この商品の詳細を見る

 以前浜田翔子のアニソントランスカバーを紹介しましたが、今回は山本梓の「ラムのラブソング」のトランスカバーです。こういうの流行ってるの?で、これがですねー…、意外にいいです。歌はハッキリ言ってあまりお上手ではないですが、逆にそれがかわいらしくて良い!サビの声の伸びなんて、上手くないのに聴いてて気持ちいい。う~ん、アイドルソングマジック!ワタシは今後もこのテのキワモノ曲を愛していくんでしょうなぁ…。

 ところで山本梓って安藤美姫に似てない?ワシだけか?
  1. 2007/03/29(木) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Love so sweet/嵐

Love so sweet Love so sweet
嵐、youth case 他 (2007/02/21)
ジェイ・ストーム(SME)
この商品の詳細を見る

 ジャニーズバカにしてる人いませんか?もうそういう方は例えB'zファンだったとしてもあまりお話したくない。それくらいワタシはジャニーズの曲好きオッサンなのですが、今回のこの嵐の「Love so sweet」も、ピアノをフィーチャーしたかなり明るくさわやかな素晴らしいポップスに仕上がっておりますよ。聴くだけで楽しい気分になってきます。主題歌になったドラマは見てませんので、その先入観なしでもいい曲と感じるってところが名曲たるゆえんですね。

 さらに、C/Wの「いつまでも」!これがまぁどこまで突き抜けるんだよってくらいさわやかな曲で、ワタシはむしろこちらの曲の方が好きです。とにかくポップ!キャッチー!疾走感!最近のジャニーズの曲ではイチオシです。カラオケで歌いてぇ!櫻井君のラップが難しそうだけど。
  1. 2007/03/28(水) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加護ちゃん

加護亜依写真集 加護亜依写真集
関 めぐみ (2003/11/22)
ワニブックス
この商品の詳細を見る

  再喫煙で解雇。うーん、なんちゅーか。もういいかな、「加護ちゃん」はって感じです。そもそも去年の時点でアイドルとしての復帰はほぼ無理だろうと思っていたので、今年に入って事務所でお茶汲みやってるとか復帰備してるとか、逆にまだやる気あんのかいと驚いたくらいでして。でもまぁ、今回でとどめさされましたね。いやー、残念ですけど、しょうがない。Wとか辻加護とか、ハローのアイドルとしての彼女の姿をもう一度見るというはかない希望はもうあきらめるしかない。

 でもね、違った形で復帰するのはいいんじゃないですか?(アップフロントが圧力かけない限りは)汚れバラドルでも、ちょっと擦れたシンガーでもいいですよ。もう一回反省するのか、逆に開き直るか、どっちでもいいですけどとにかく何らかの形で戻ってきて欲しい気もする。あの才能をこのまま眠らせるのはあまりに惜しい。薬で終わったと思われた岡村ちゃんとかも「ageHaベイベッ! 帰ってきたぜ!」なんつってノーテンキに復活できてるもんな。それが許されるのって芸能界だけだし。すげぇよな。

 ハロプロ系を追いかけるのも正直しんどくなってきたというか…。っつっても相変わらず矢口っちゃんとか辻ちゃんとかは好きなんで、対象しぼってほそぼそとファン続けようと思います。ハロモニも終わるしね…。
  1. 2007/03/27(火) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OutRun2SP(PS2)/セガ

きらきら研修医 最終話

きらきら研修医DVD BOX きらきら研修医DVD BOX
小西真奈美 (2007/08/03)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る

 最後の最後に挫折して復活。いやー、絵に描いたような予定調和な展開。こんなゆるいドラマでも、コニタンの笑顔だけでなんとか最後まで見続ける事が出来ました。個人的には加藤雅也と研ナオコのキャラも好きでしたね。どうせなら最終回、うさこが落ち込んだ時に今までの指導担当医総登場ではげます!みたいな仮面ライダー的展開をしてくれると良かったのになー、と思ったり。あと、えーと、こないだ出てきた理事長はどこへ行ったんでしょうか???…まぁいいか。
  1. 2007/03/23(金) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

華麗なる一族 最終話

もんじゃオフ!

 月島で恒例のもんじゃオフ。今回はいつものメンバーのうちのYちゃんが先日入籍されたという事でそのお祝いを兼ねての開催となりました。おめでとう!娘がどんどん嫁いでいくようでお父さんは嬉しいやら悲しいやら。

 でも、みなさんとはなんだかんだで長くお付き合いさせて頂いてて、このオフだけでも一番長い人だとそろそろ知り合ってから8年経っちゃいますねー。当時女子高生だった娘も今や結婚して主婦だもんね。わー、そりゃ歳とるわ。友達少ないワシとしては、会社外の人と飲めるのってこのオフくらいなもんなんで、とてもみなさんに感謝しています。これからも末永くダラーっとお付き合いよろしくお願いします。
  1. 2007/03/17(土) |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハケンの品格 最終話

華麗なる一族 第9話

(この感想は第9話鑑賞直後に書きました。) 続きを読む
  1. 2007/03/11(日) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗闇のレオ/クリエイション

TBS 水曜劇場の時間ですよ TBS 水曜劇場の時間ですよ
テレビ主題歌、堺正章 他 (2003/10/22)
Sony Music Direct
この商品の詳細を見る

 「暗闇のレオ」は、名ギタリスト竹田和夫を擁した伝説のバンド・クリエイションによる、70年代後半のなつかしのドラマ「ムー一族」のオープニングテーマ。前作「ムー」のテーマがもうとんでもなくすっとこどっこいなまったり曲だったのに比べ、うって変って軽やかなこの曲がシュールなイラストとともに流れる、ドラマと全く脈絡のないこのオープニング曲が大好きで、テレビの音をラジカセに録音してよく聴いていました。インストのドラマテーマでは「火曜日のあいつ」のテーマ曲「ブルファイト」と同じくらい好きだった。

 この曲何気に弾くのが難しい曲らしく、あまりにも高速に流れるメロディラインは鼻歌でコピーするのも難儀です。松ちゃん、「THE HIT PARADE」で「SPINNING TOE-HOLD」カヴァーするならなぜこの「暗闇のレオ」をやってくれなんだ!と泣くくらいです。松本ギターではいったいどうなるのか??聴きたかったー。
  1. 2007/03/09(金) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きらきら研修医 第9話

(この感想は第9話鑑賞直後に書きました。) 続きを読む
  1. 2007/03/08(木) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

∞Changing∞/BON-BON BLANCO


∞Changing∞∞Changing∞
(2007/02/21)
BON-BON BLANCO、FRANKEN 他

商品詳細を見る

 消えたかと思いきや、不死鳥の如く蘇りリリースを続けるボンブラの、奇蹟の最新シングル。今回は前回の浮遊感溢れるポップスと打って変わってロックテイストのハードナンバー。イントロでいきなりZEPの「移民の歌」をカマすなど、相変わずのどっかで聴いたことある感テイストも健在。でもサビはいかにもボンブラで安心できる構成。なかなか気に入りました。正統PAMELAH後継の小澤正澄サウンドが聴けるのは今やボンブラ頼りなので頑張って欲しい。
  1. 2007/03/06(火) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アタックNo.1 2005/福田沙紀

アタックNo.1 2005 アタックNo.1 2005
福田沙紀、Koma2Kaz 他 (2005/05/18)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

 「CRぱちんこアタックNo.1」で勝たせてもらったので記念エントリ。紳介のクイズ番組でキャラ開花しはじめているアイドル・福田沙紀が歌う、上戸彩でドラマ化された同作の主題歌です。アルフィーの高見沢がプロデュースという事で、かなりロック寄りのアレンジ。この曲での福田沙紀のボーカルって結構ガサツなんすけど、かえってそこがカワイイ。ラストにメタル風にテンポアップする所もなかなか熱くてカッコいい。ちょっとハスキー気味に言う、「だけど…涙が出ちゃう。女の子だモン!!」も素晴らしいです。
  1. 2007/03/05(月) |
  2. アクトレス歌謡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

華麗なる一族 第8話

(この感想は第8話鑑賞直後に書きました。) 続きを読む
  1. 2007/03/04(日) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0