クマチュー!!

スケバン刑事・コードネーム=麻宮サキ

スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ OFFICIAL PHOTO BOOK スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ OFFICIAL PHOTO BOOK
加藤 義一、奈良 英雄 他 (2006/09)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る

 川崎チネチッタにあやや主演の「スケバン刑事・コードネーム=麻宮サキ」の初日舞台挨拶に行って来た。あややと美勇伝に加え、チッタでは竹内力と長門裕之、そして監督の深作健太が登場と、超お得な舞台挨拶。報道陣もいっぱいいましたな。あややも良かったが、特に生で力兄ィを拝めて大興奮!力兄ィ最高にカッコイイ!あと、初代から出演している暗闇警視こと長門裕之を見れたのもなかなかレアだった。お茶目なトークがまた絶妙。あややそっちのけ。

 映画の内容自体は、これはもう完全に観る人を選ぶ映画。あやや(ハロプロ)ファンで東映特撮ヒーローみたいな突拍子もない設定のアクションモノがOKな人はとても楽しめると思う。逆にアイドルやヒーローものに興味ない一般の方々にはちょっと…という感じ。ワタシは、期待してなかっただけに予想以上に楽しめました。感想はいずれシネマ日記にでも。
  1. 2006/09/30(土) |
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀河鉄道999/ゴダイゴ

〈ANIMEX 1200シリーズ〉(1) 交響詩 銀河鉄道999 〈ANIMEX 1200シリーズ〉(1) 交響詩 銀河鉄道999
TVサントラ (2003/09/25)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 録画したテレビのカラオケ特集番組を観ていたら、(また)再結成したゴダイゴが「銀河鉄道999」を演奏していた。個人的に言わせて頂くと、やっぱりこの曲はオリジナル版のアレンジが一番好きだ。ライブアレンジだと何故かテンポが早い上にド派手なホーンセクションが入ってるのが嫌なのです。ホーンが入っている曲が嫌いなわけじゃないし、ゴダイゴの曲でもホーン入りの名曲は数多くあるが、この曲に限っては入れない方が好き。オリジナルの無駄な音の少ない淡々と汽車が走っている感じのアレンジがいいのだ。あと、一時期タケはこの曲を「演歌かよ」ってくらい妙に溜めて歌ってて嫌だったのだが、最近は素直な歌い方に戻ったので好印象。でもなぁ。外見がすっかりなぁ。他の人はあんまり変ってないのに(浅野さんは別格)。
  1. 2006/09/27(水) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「CR松浦亜弥」もう撤去!?

 あややのパチンコ「CR松浦亜弥」。行きつけのパチ屋では導入当初の勢いはどこへ!?という感じで客が離れて閑散としていたあややの島ですが、1ヶ月あまりでもう撤去。マジか!?替わりに「冬のソナタ」とこれまた評判激悪だった「美ら島」とを同時に総撤去して話題作の「美空ひばり」を2島も導入してました。スゲー。他の島には小柳ルミ子。こっちの台は微妙だなぁ。なんで今ルミ子?

 しかし、SANKYOとビスティは最近ヤバイんじゃないの?特にSANKYOの台はキツイのが多い。SANKYOは「ハーロック」、ビスティは「エヴァンゲリオン・サードインパクト」の噂があるので、是非ここいらで巻き返して欲しいねぇ。あ、でもビスティには「CR WINK」があるな。これは打ちたい。

 あとは、奥村の「CRマジンガーZ VS グレートマジンガー」!これがおじさん的には超期待だなぁ。当たったら水木一郎兄キの熱唱する主題歌が流れるんですってよ。しかも、グレンダイザーも出るらしい!デジハネなのにハマりまくる「CRガッチャマン」が微妙だっただけに、頼みますよ。しかし今後はどんな「なつかしアニメ」パチンコや「なつかしアイドル」パチンコが出てくるんですかねぇ。密かに期待してるタイトルがあるんだけど、ホントに出たら泣くよ。
  1. 2006/09/25(月) |
  2. パチンコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結婚できない男(最終回)

結婚できない男 DVD-BOX 結婚できない男 DVD-BOX
阿部寛 (2006/12/20)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

 「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」とともに毎週楽しみにしていたドラマ、「結婚できない男」も遂に最終回。

 さして大した盛り上がりもないのに毎週あんなに面白かったのは、ひとえに究極のマンネリズム。診察室での伸介と夏美のやりとり。伸介がバーでいつも会う女連れの金田。更新される金田のホームページを事務所でチェックする伸介と英治。伸介がいつも必ず寄るレストラン・コンビニ・レンタルビデオ屋とそこの店員とのやりとり。みちるの飼ってるパグ犬・ケンちゃんとの妙な交流…などなど。それらのお約束シーンが毎回必ずあって、今回はいったいどんな趣向か?と非常に楽しみなのである。たまにヒネってくると、そうきたかー!みたいな。で、ほぼ1話完結なので途中から見ても入りやすいし、1回見逃してもついていける。もちろん毎週見ていればマンネリシーンでニヤリとできる。こういうタイプのドラマを最近見てなかったので、非常に新鮮で面白かった。

 ラストは意外にあっさり終わってしまったが、これまでの展開考えるとこれはこれで良かったのかも。一応ハッピーエンドみたいだし。続編作って欲しいなぁ。スペシャルはありそう。

ケンちゃんの全てが分かるコーナーもある公式サイト

「お、金田更新してる!」
  1. 2006/09/21(木) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマトのCM

 DAKARAの銀河鉄道999「ジョビジョバ~」CMに続き、今度は宇宙戦艦ヤマトのデスラー総統が「ヤマトの諸君、久しぶりだな…あれ、誰もいない」とボケをかますANAのCMが登場。初めて見た時は吹いた。最初の方は「さらば」での再登場の時のシーンだね。ホントだったらあの後「また会えて光栄の至りだ」って言うんだけどこのシーンメチャクチャ好きで。声は伊武さんかな?加えて古代君達がのん気に観光してる新作のおふざけ動画とか用意しちゃって。やるなぁ!パチンコ業界だけじゃなくて今松本零士ブームなのかー!?でも、最後は「へー」じゃなくて、「タラン、我々も行くぞ!」とか言って欲しかったなぁ(タラン将軍大好き)。

 10月から「銀河鉄道物語」の新シリーズが始まるし、年末には(噂が本当なら)ハーロックのパチンコと、もう零士フィーバーは冷めやらぬって感じ。レイジメーター常にブオーー!!ですよ。ワクワクです!
  1. 2006/09/20(水) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」最終回

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー (出演 長瀬智也、手越祐也) マイ☆ボス マイ☆ヒーロー (出演 長瀬智也、手越祐也)
()

この商品の詳細を見る

 「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」がとうとう最終回。いやー、笑いあり、涙ありの実にいいドラマだった。泣いた。こんな現実離れした突拍子もないドラマでも、脚本や演出が良くて、出演者のキャラが立ちまくると面白くなるんだなぁ、と実感。高視聴率キープもうなずける。最初はどうなる事かと思ったが、回を重ねる毎にどんどんこなれて面白くなっていったし、結末も読めそうで読めなかった絶妙な収束の仕方。お見事である。特に2つ縛りガッキーの可愛さが発見できたのが収穫。…しかし、このラスト…、続けようと思ったら永遠に続くんじゃないですか(笑)?

 で、土9の次作はまた亀梨君のドラマですか。いくら旬とは言えちょっと彼を使いすぎなんじゃないの?まるで今しかないみたいな使い方。「マイボス」でいい味出してた田中もまた出るんだねぇ。綾瀬はるかはいいとして戸田恵梨香も出るらしいからちょっと見たいけど、土9らしいトンデモドラマじゃなくてなんか恋愛モノらしいんだよね。微妙…。どっちかっつーと堀北ちゃんの日曜劇場「鉄板少女アカネ!!」の方が土9でやるドラマじゃないの?あと、長澤まさみの「セーラー服と機関銃」は絶対観る。無条件で。

 吉野家の牛丼限定復活だったみたいね。でも食べられなかった。まだ安全とは言い切れないしー、と負け惜しみを言っておこう。
  1. 2006/09/18(月) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

富山にドライブ

 ドライブに出かけたら、いつの間にか富山の嫁の実家に着いてました。しかし、翌日発熱!富山に帰ると必ず具合が悪くなる罠。どこにも行けなかったー。ご迷惑おかけしました。でも、お寿司とスープカレーとハローのハンバーグは美味かったです。ゴチ!
  1. 2006/09/17(日) |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MATTHEW'S BEST HIT UV

 ゲストに、ぁみにぃこと時東ぁみとしょこたんこと中川翔子。いやー、マシューでこの共演いいね。完全にベストヒットジェネレーション復活の風情。でもしょこたんは将来もこのままいけるのだろうか。いや、本人は変らずいけそうだけど、こういうキャラクターの個性が強い女子って飽きられるのも早いから…。時東ぁみはメガネはずすっていう次の一手があるが、…はずしたら終了だと思う。
 この番組、何気にハリセンボンが番組の落しどころに重宝がられてそうで見逃せない。…なんつったら今クールでマシュー終わりらしいじゃない。もう、バカッ!
  1. 2006/09/16(土) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Yeah!めっちゃホリディ/松浦亜弥

Yeah! めっちゃホリディ Yeah! めっちゃホリディ
松浦亜弥 (2002/05/29)
アップフロントワークス(ゼティマ)
この商品の詳細を見る

MUSIC ON! TV「ユメレジ」火曜日(MC:中川翔子)内コーナー「マーティ・フリードマンのアイドルLAB」。
第8回は松浦亜弥の「Yeah!めっちゃホリディ」

●注目ポイント 音楽食べ放題!
 次から次へといろんなジャンルの要素が現れる音楽のてんこもり。中国風のAメロ、Bメロのちゃちなエコー、サビ前はジェットコースターが頂上へ上がるように盛り上がり、サビで一気に爆発する流れの曲作りが素晴らしい。みんなつんく♂の音楽が普通に流れているから気づかないだろうが、新しい耳でチェックしてみて欲しい!

 あやや再登場。もうネタ切れか?もっと意表をつくアイドルが出てくるのを期待しているのだが…。この曲しばらく聴いてなかったけど、最近は「CR松浦亜弥」で流れるのでまたマイブームがきております。この曲一番最初に聴いた頃のレビューでもマーティーと全く同じ事を書いたような気がする。いろんな展開とサビ前の盛り上げ。これはアイドルポップスのある意味頂点を極めた曲だと思う。ワタシもアイドル嫌いな人に、もっとアイドルソングに耳を傾けて頂きたいと節に願う。
  1. 2006/09/15(金) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Brilliant Dream/中川翔子

Brilliant Dream Brilliant Dream
中川翔子、sabohani 他 (2006/07/05)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

MUSIC ON! TV「ユメレジ」火曜日(MC:中川翔子)内コーナー「マーティ・フリードマンのアイドルLAB」。
第7回は中川翔子の「Brilliant Dream」

●注目ポイント ギザ王道!!!
 この曲はよく出来てる。いい意味で典型的な日本のトランス・ポップ・ソングの王道。間奏の後の静かな落ちサビの後、通常のサビへ一小節タメてから移行する典型的なトランスのキメを入れるなど、展開が計算し尽くされている。

 遂にMCしょこたん自身の曲登場。確かにいいですこの曲は。ブリブリなところが受け入れられない諸兄もおられましょうが、なんせ聖子ちゃんギザリスペクトのしょこたんですから、これが正しいボーカルスタイルなのである。よく聴けば意外に芯があってしっかりしてるところが聖子ちゃんチックでもある。あと、王道のトランス。このキラキラしたアレンジと、走るリズム。いやー、良い。
  1. 2006/09/14(木) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

深愛/Say a Little Prayer


深愛深愛
(1998/04/29)
Say a Little Prayer

商品詳細を見る

MUSIC ON! TV「ユメレジ」火曜日(MC:中川翔子)内コーナー「マーティ・フリードマンのアイドルLAB」。
第6回はSay a Little Prayerの「深愛」

●注目ポイント ヘタウマがカワイイ!
 アイドルの歌があまり上手すぎるのはかわいくない。音程が微妙になっているところが敢えてそのまま曲に入っているところがいい。これは日本ならではでの現象であり、最高の技術である。

 また通なのを。こんなのまで押さえてるって事は並大抵じゃないですよ、マーティさん。モー娘。以前のASAYANで河村隆一がプロデュースしていたグループですね。この「深愛」はメロディアスで、いかにも河村的なスローバラード。彼自身もあのねちっこい歌い方でセルフカバーしてましたが、曲は非常にいい。個人的にも好きな曲である。

 ポイントについてだが、確かにアイドルは歌唱力が稚拙なところこそ魅力たりえる部分があるわけでして、これはまさしくその通りだと思う。華原朋ちゃんの曲も時々音程が微妙になるところを例に出していたが、それは同意。あの独特の朋ちゃんビブラートはあの音程が外れるか外れないかの微妙なところこそ個性であり、カワイイところなんだよね。歌の上手さよりパーソナリティやかわいさを重視する。これはアイドルポップスの最重要ポイントだと、ワタシも思います。小室哲哉が敢えて音程が微妙なところを使ってるって説は多少疑問だが。
  1. 2006/09/13(水) |
  2. アイドル楽曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらんぼ/大塚愛

さくらんぼ -Encore Press- (大塚愛描き下ろし絵本同梱5万枚限定生産盤) さくらんぼ -Encore Press- (大塚愛描き下ろし絵本同梱5万枚限定生産盤)
大塚愛 (2005/03/30)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る

MUSIC ON! TV「ユメレジ」火曜日(MC:中川翔子)内コーナー「マーティ・フリードマンのアイドルLAB」。
第5回は大塚愛の「さくらんぼ」。

●注目ポイント サビが最高にイイ!
 いいサビだったらしつこくこれでもかというくらい、何百回でも続けて欲しい。作ってる人もいいと思ってるに違いない。とにかくサビがいい曲はイイ!

 今回マーティがなんだか渋い。コメントも比較的少なめですね。大塚愛がアイドルかは置いといて、確かにこの頃の大塚愛はビジュアルを含めてアイドルテイストもあったかと思う(PVとか観ると特に)。大塚愛を一気にメジャーに押し上げたこの曲だが、やっぱりこのしつこく繰り返されるサビはサブリミナル効果というか、とにかく耳に残るよね。売れるにはやっぱりいいサビ。そしてそれをしつこく繰り返す。これは必須かも知れん。ちなみに最近の大塚愛の髪型可愛いですねぇ。こないだのMステの時が特にグッド(後ろハネショート好き)。
  1. 2006/09/12(火) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィーバーとフューチャー/GYM

フィーバーとフューチャー (初回生産限定盤)(DVD付) フィーバーとフューチャー (初回生産限定盤)(DVD付)
GYM、山下智久 他 (2006/08/30)
ジャニーズ・エンタテイメント
この商品の詳細を見る

 ジャニーさんが「You、やっちゃいなよ」と言ったか言わないか知らないが、いやー、この曲もキたね、実際。すげー気に入りました!耳から離れない。山ピー、またいろいろやらされてるみたいだけど、そこはイチオシユニットなわけですから、曲自体はやっぱりジャニーズ、キッチリ外しません。今回はジャパニーズ・トランス!日本人が一番好きな四つ打ちのキックにキラキラとしたシンセのデコレーション、そしてキャッチーなメロディでJ-POPファンはこれだけでもうメロメロですよ。しかも敢えてこのダサいタイトル。普通つけないこんなタイトル。狙ってるとしか思えない。一度聞いたら忘れないでしょ絶対。もうジャニーズソングの虜。でも横のタイ人はとりあえず、興味ない。
  1. 2006/09/11(月) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宙船(そらふね)/TOKIO

宙船/do!do!do! 通常盤(初回プレス) 宙船/do!do!do! 通常盤(初回プレス)
TOKIO (2006/08/23)
ユニバーサルJ
この商品の詳細を見る

 今年のジャニーズの勢いは留まる事を知らないね。しかも出す曲がいい曲なのだ、実際。この曲もMステで長瀬君が歌っているのを見たけど、CDではモロ中島みゆき風の歌い方だったのに、テレビではちょっとガナる感じに歌い方を変えていた。これがまた合ってて良い。TOKIOは、いい曲もらうとホント光るバンドですよ。あと、途中の早口になる部分ね、あそこがもうたまらんスよ。ドラマではラストのいいシーンでかかるのだが、最近このパートに入る前に曲が一瞬途切れてラストの一番重要なシーンに突入→その後早口パートへっていう実に憎い使い方をしているワケ。もう曲の良さがガンガン引き立つわけですよ。単なるお飾りのテーマ曲じゃなくて、もうドラマにガッシリ食い込んでる。そりゃドラマと曲が相乗効果でどっちも人気がうなぎ登りってもんです。これぞ正しいタイアップ。ホントすごい。
  1. 2006/09/10(日) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「レガッタ」最終回

レガッタ 君といた永遠 DVD-BOX レガッタ 君といた永遠 DVD-BOX
速水もこみち (2006/12/06)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

 「下北サンデーズ」とともに、低視聴率のあおりを受けて打ち切りの憂き目に遭ったドラマ「レガッタ」の最終回。このドラマがまぁ、相武紗季出しときながら自分にはどうにもつまらなかったんですが、最終2話のすっ飛ばしっぷりにはちょっと感動さえ覚えましたよ。大事なシーンはすべていいところでバッサリカット。次にはもう時間が何ヶ月とか経っちゃって、どんどん話が進んでいく。要は「レガッタ」に関してはやはり盛り上がりが遅かったんだよね。前半ダラダラと操とのウザイすれ違い恋愛話続けるより、早いうちに大沢と八木の仲を親密にしといて、後は全日本の選手と張り合うボートレースシーンとかをメインにする構成にすれば毎回ハラハラと引っ張れて良かったと思うんだけどなぁ。ようやく盛り上がる頃には視聴者離れちゃって打ち切りですもん。そりゃ尻切れトンボにもなるわ。あのたぶん2話分ぐらいすっ飛ばした(と思われる)シーンを前倒しでちゃんとオンエアしてれば、結構面白いドラマになってたんじゃないかなぁ。DVD-BOX出るみたいだけど、そこが補完されて全11話完全版とかになってたら見てみたい。…と思ってAmazon見たら普通に全9話収録みたい。つまんねー。
  1. 2006/09/09(土) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほんとにあった怖い話 夏の特別編2006

 稲垣吾郎MCでおなじみ「怖い話」のスペシャル版。ビデオに録っていたので見る。まぁ、テレビなので恐怖の限界はあるが、懐かしの「あなたの知らない世界」再現ドラマテイストもあってそこそこ面白いので毎回見ている。ドラマ以外は飛ばすが。前回のスペシャルはあややが出演していたが、今回は堀北真希が目当て。やっぱりホラークイーンだけあってこの手の暗い話に堀北ちゃんは合うなぁ。彼女が主演したカラオケボックスの話、画面から出てくる女子高生のビジュアルインパクトは、結構あったんじゃない(笑)?その他はどっちかというと不思議なショートショート的な話が多くて別な意味で面白かったが、高嶋政伸の「そこにいる!」はホラー的になかなか良かった(詰めは甘かったけど)。森三中の「四畳半の貴婦人」はホントかい!?って感じだったが。フジには「世にも奇妙な物語」というこれ系の本命があるけど、このシリーズも夏の風物詩として旬の若手女優を起用しつつ続けて欲しい。吾郎ちゃんと「ほん怖クラブ」のコーナーは、いらないと思う。あと、721で再放送しないかなぁ。以前も相武紗季とか堀北真希とか長澤まさみとか綾瀬はるかとか和希沙也とか本仮屋ユイカとか、その他モロモロの今旬の女優が出てたみたいなので。今考えるとスゲー豪華。ある意味登竜門。
  1. 2006/09/07(木) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雷音/ジン

雷音 雷音
ジン (2006/08/02)
パームビーチ
この商品の詳細を見る

 もっさりしたずんぐりむっくりのおねぇちゃんが、ヘヴィなサウンドに乗せて暴れながらガラガラ声で意味不明の歌詞をがなりたてるという、もうこう書くだけで拒絶反応が出そうなバンドだが、ワシは好きだ。ワシは無条件にハスキーボイスの女子ボーカルが好きなのだ。

 ボーカルのひぃたん(この愛称だけは合わないからヤメレ。アイドルじゃないんだから普通に名前でええやん)のルックスはともかく、声はいいと思う。ロングトーンの末端がガーッとダミ声になるので汚く聴こえるが、基本意外にカワイイ声をしていると思う。よく言われているが、田中真弓の歌声に近い。そう言えば、この曲がテーマになってるアニメ「BLOOD+」の以前の主題歌は高橋瞳の「青空のナミダ」だったが、あの歌も田中真弓っぽい歌声だったなぁ。なんか関係あるのか。曲もヘヴィながら意外にポップな面もあるし。ただ、やっぱり歌詞が何を言っているのか全く分からないのは改善した方がいいんじゃないのかなぁ。響いてこないもん。あんなにカツゼツ良く歌っているにも関わらず、英語が英語に聴こえないならまだしも、日本語が日本語に聴こえないってのは、詩の作り方や音への乗せ方自体、根本的に何か間違ってる気がする。聴きとれなくていいって言うんなら、詩は単なる記号になってしまう。じゃあ作詞する意味ないじゃん。って大きなお世話か。とにかく個性的なこのバンド、ワシは大いに期待しておるのですけれども…、今のこの御時世にはおおよそ受けそうにないんだよなぁ。売れるのかなぁ。消えないでおくれ。

 ジンの最初で最後の出演になりそうなMステ見逃してしまって非常に残念なんですけど。もうテレビに出ないのか?出させてもらえないのか!?ジン!
  1. 2006/09/05(火) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箕輪はるかに人気集中!

 うちのブログ、現在の訪問者のサーチワード第一位はなんと…、「箕輪はるか」です!もうダントツです。グラフが1本だけぐーんと飛び出てます。その他にも「うたばん 箕輪はるか」とか複合キーワード合わせると箕輪はるかの検索率が異常に高い。正直彼女がこんなに興味持たれてるとは思わんかった!でもウチは箕輪はるかファンサイトじゃありません。はるかファンの方、ゴメンナサイ。いや、ハリセンボン自体はライトに好きですけれども。
  1. 2006/09/03(日) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HOUND DOGに光明?

 ニッカンスポーツを見た人はこのような広告が載っていて驚いた人もいるんじゃないだろうか。

20060902.gif

 分裂騒動のHOUND DOGを見かねて、ファン有志が自腹で広告費をかき集めて掲載したようだ(嫁のところにも話がきたようだが、目的と効果に疑問があったので辞退)。大友康平以外のメンバーは裁判でも和解し、ファンに対しても常にメッセージを送り、もう大友が戻ってくれさえすれば万事OKの状態であるようだが、当の大友が完全沈黙。公式サイトやライブ、ラジオでもこの事に全く触れないばかりか、メンバーと会う事も避けてきている様子。口ではロックロック言いながら、態度が全くロックじゃないと言われても仕方ない状態である。(HOUND DOG騒動についてはココのブログが詳しい)

 嫁が今日の大友HOUND DOGの武道館公演に行ってきたので感想を聞いてみると、微妙ではあったが、やっぱり盛り上がると拳が上がってしまうんだよね~、との事。ここのところ、嫁のDOG仲間で本来の生粋のファンの中には見るに耐えられず腕も上げられなかった人もいたみたいなのだが、さすがウチの嫁はクールというか、無頓着というか、一応こんな状況でも楽しんでしまうところがさすがだ。ただ、演奏が上手過ぎでそこがDOGらしくなかったらしい。そりゃそうだ。サポートメンバーとしては相当の実力者をかき集めてるわけだから、演奏技術だけを言えば下手すりゃオリメンより上手いだろう。でもお決まり通りのキッチリし過ぎの演奏で、なんかカラオケバックの歌謡ショーのようだったとか。逆に大友は声が出てなかったみたいなので、これじゃバランスがメチャクチャだ。あと、やっぱりというか武道館は全て埋められなかったようで、ステージを大きめに設置した上に、多くの席にシートが被せてあったそうだ。噂では結構な席が関係者招待席だったようで、嫁がざっと見かけただけでも渡部篤郎や布施博や京本正樹がいたらしい(どういう関係?)

 何はともあれ、大友以外のメンバーは仲直りしているわけだから、元サヤの希望もないわけではなくなってきた。後は、大友次第!7人目のHOUND DOGメンバー達のメッセージは、果たして大友康平に届いているのだろうか…。
  1. 2006/09/02(土) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MATTHEW'S BEST HIT UV

 ゴールデンに移ったと思ったら、いつの間にか深夜枠に出戻っていたマシューのゲストに、長澤まさみハリセンボン。今一番気になる人たちがセットで登場というゴージャスな内容だ!マシューは久々に見たが、昔の「ベストヒットジェネレーション」的雰囲気が戻っていて良かった。全盛期に比べると若干枯れた印象はあるが、ゴールデンに移った後は全く別番組になってしまってひどかったからなぁ。

 まーとにかく長澤まさみさんのかわいいーこと。オチャラケてる彼女を見るのは初めてだったので、これにて好感度もグーンとアップ。対するハリセンボンはあくまで長澤のオマケ出演なのであんまり前には出て来ず、あだち漫画ネタの小芝居の相手をさせられたのみ。この人たちは先日のQさまの高飛び込み(特にピンク柄のかわいいセパレートの水着を臆面もなく着る近藤さん)がヒットだっただけに残念。長澤にツッコミまくってキレてくれるのを期待してたんだけど…。

 …ワシだけかも知れないが、長澤まさみがアップで切ない顔をするシーンを見て、なんとなく表情が加護ちゃんっぽいような気がした。あぁ、加護ちゃん、そう言えばもう謹慎から半年以上、あれから音沙汰なしかぁ。自然消滅確定かなこりゃ。紺野ちゃんも抜けたし、これからのハロプロ、応援しようという気になるのは矢口っちゃんと辻ちゃんぐらいになってしまった。せつないねぇ。いつの間にかモー娘。8期オーディション始まってるし。この斜陽期に加入しても、おニャン子の末期メンバーぐらいショボイ事になりゃせんだろか?まぁ、小春が稀に見る成功をしてるから何とも言えないが。
  1. 2006/09/01(金) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0