クマチュー!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

1周忌

 昨日(1/30)はおばあちゃんの1周忌でした。1月22日に1年祭をやったそうだが、出席できなくてすいません。あれからもう1年か。月日の流れるのは早いものです。おばあちゃんは天国で楽しくやってるだろうか。おじいちゃんやおじさんにも会えてればいいね。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/31(火) |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のパチンコ

 最近のパチンコって、タイアップじゃない方が珍しいくらいもうなんでもアリ状態なのだが、先日紹介したビスティ「CR新世紀エヴァンゲリオン・セカンドインパクト」の他にも中年のオサーン心を揺るがすかなりキテるタイアップ台が続々発売らしい。個人的に気になってるのは「CRF銀河鉄道物語」「CR女ねずみ小僧ただいま参上!」「CR魁!男塾」だが、それ以外に奥村からは「CRマジンガーZ対グレートマジンガー」リリース決定!ぎゃー!キターー!!それから、マイトガイ・小林旭が大活躍、「熱き心に」「ギターを持った渡り鳥」さらに「自動車ショー歌」(!)などの名曲の数々が各種演出のBGMとして流れる、藤商亊の「CR渡り鳥AKIRA」!!超やりてーー!!その他にも今稼動中のさまぁ~ずの台とか安田美沙子の台とか云々云々…。

 中でも今突如CMが流れ始めている京楽の「CRぱちんこ冬のソナタ」!まさか本当に出るとは!?パチンコ業界侮りがたし!これまさにこないだの「練馬大根ブラザーズ」に出てきた、ババァの有り金をバキュームするというあの韓流パチンコそのまんまじゃないすか。これが「ウルトラセブン」級の極悪パチだったらどうなるんでしょう。世の中のヨン様ファンのオバハンがお玉を借りまくって身を滅ぼすのか…?恐ろしい!
  1. 2006/01/30(月) |
  2. パチンコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松本孝弘×KAT-TUN

 昨日「犬神家の一族」リメイクでびっくりしたばかりだというのに、今朝一発目でビックリしたのが、「KAT-TUN CDデビュー!作曲B'z松本孝弘・作詞スガシカオ」のニュース。おおーー!これまた興奮しますな!なまじ外国のロッカーとコラボ!とかいうより、こういうアイドルとコラボ!しかもジャニーズ!とかいう方がワタシゃ盛り上がりますよ。次はたぶんマーティ・フリードマンがハロプロとコラボ。絶対決まり。シングルは当然購入するつもり!ですが、ジャニーズのCDっていろんなパターンがあって、全部買ったらえれぇ金額になるんじゃなかたっけ!?しかも今回はアルバムとDVDが同時発売じゃないですか。しまった!はめられた。ここでコレクター根性出すべきか?悩む~~。それよりもB'zの曲より売れたら笑う。是非B'zも次のシングル同発でぶつけてみて欲しい。
  1. 2006/01/30(月) |
  2. B'z 松本君と稲葉君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「犬神家の一族」市川崑×石坂浩二でリメイク!!

 正月の稲垣「女王蜂」を見てから、昔の劇場版を見直したり、小説を読み始めたり、金田一研究本の類を買い漁ったりと、ちょっとしたマイ横溝ブームが来ていたわけですよ。その折りにこのニュース!「犬神家の一族」30年前と同じ監督・主演で再び映画化!!ひゃーー!!いやー、久々に興奮した。マジか!!スゲー嬉しい。…んですが、やや不安も。まず、何故に「犬神家」のリメイク?せっかくなら「本陣殺人事件」とか「悪魔が来たりて笛を吹く」とか市川×石坂で映画化してないのを作ってくれればいいのに。で、映画のテイストは是非70年代版の感じでお願いしたいところなんだけど、そうしてしまうとなおさら「犬神家」じゃそのまんまになってしまうから面白くないよねぇ。でもなぁ、新機軸を打ち立てるなら打ち立てるで、トヨエツ版「八つ墓村」の出来を考えるとやや不安もある。ちゅーか、リメイクなら「八つ墓村」を石坂浩二ですればいいんだよ。なんにせよ、このリメイクが評判良ければ、もしかすると長年の夢だった市川×石坂版再シリーズ化なんかも実現しちゃうんじゃないかと、期待しているのである。石坂浩二64歳、市川崑監督に至っては90歳(大丈夫か!?)。早くしないと本当に不可能になってしまうので、迅速によろしくお願いします!

 香取「西遊記」3話まで見る。2話は敵妖怪にミッチーとかヒロインに酒井若菜とか出てるのに3話は何故に石井愃一アンド蘭ちゃん?というか、三蔵法師って元から女だったっけ?まぁ、いいんですが、その後にMXテレビでやってたマチャアキ「西遊記」の最終回見てたらそっちの方が全然面白かった。もちろん特撮とか全然チャチなんだけど、それ以前に悟空・悟浄・八戒の会話のテンポとかが絶妙。三蔵も夏目雅子を見てしまったらそれ以外あり得なくなる。ゴダイゴの音楽も素晴らしいねー。
  1. 2006/01/29(日) |
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エウレカセブン 26話まで

 エウレカセブン、26話まで。ようやく半分まできたんだけど、なっかなか本筋は進展しないですなー。とはいえ、この24~26話はなかなかくるものがあった。ただ、やっぱり悲しい展開になっていきそうだねー。ビームス夫婦に全てを打ち明け、逆に打ち明けられ、お互い辛いが別れざるを得ない…。「しかし、戦場で会ったらこうはいかんぞ。頑張れよ、レントン君」みたいな状況になりそうな感じだ。途中まったりしながらも、26話のラストにはかなりぐっときた。あの空を飛ぶ感覚。美しい背景。いやー、久々に1~2話あたりで感じていた爽やかな「エウレカセブン」が感じられて良かった。これからも怒涛の如きおもしろ展開が待っていればいいのだが。ところで、レーダーが効かなくなる七色雲海見て、「宇宙戦艦ヤマト」の七色星団の攻防を思い出した。今度はチャールズがドメルに見えてきたー!てか、これも…ネタですのん?

 ネタと言えば、今週のケロロはまたまたイデオンネタ爆裂。カララのお父ちゃん、ドババって…。バイラル・ジンは出るは、イデオンゲージは出るは、ラストにはケロロの皮を被った結構カッコイイロボが登場するんだが、…これ元ネタロッグ・マック?だとしたら渋すぎ。
  1. 2006/01/28(土) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカギ17話

 アカギ、どう考えても浦部との決着がつく回を逃がすはずはないんだよなぁと思っていたら、1月3日に13話14話って連続で流してたんかーい!だから次の週に見た時やたらすっとんでしまったんだな。前にも攻殻でこういう事やりやがって1話すっとんだ記憶があるぞ、日テレ!やめてください。で、話を戻してアカギ17話ですが、対戦相手は出てくるたんびにこんなの勝てるかよ、ってな怪物が出てくるのだが、勝ったと思ったらもっとすげぇ怪物が現れるってのは半ばお約束。今回の鷺巣も透明な牌を使うやら、アカギの血を賭けの対象にするやら、何がなにやら分からない状態になってきたが、それを眉をピクリとも動かさずに冷静に了承し、あまつさえ自らレートを上げるなんつー、無敵の天才っぷりがもうたまりません。アカギカッコいい!!もう、勝つって分かってるのに面白い。
  1. 2006/01/27(金) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うたばん

 HINOIチーム with コリッキー目当てで見たうたばんだが、出演者が丸山弁護士に高田純次に初代いいとも青年隊(withコージータモリ)って、あいかわらずポイントのずれ方がいいんだか悪いんだか。でも60近い純次のあのいい加減さは見習いたい。あと、意外に丸山弁護士の歌は上手かった。…って口パクかよ(笑)!

 それはそうと…、コリッキーいいからHINOIチームもっとフィーチャーしろ!せめて自己紹介だけでもさせてあげろようたばん!
  1. 2006/01/26(木) |
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くまごろう村へ初の来賓

 遂に!「おいでよ動物の森DS」で、初の遠方からの来客がありました。Mすけさんところのアルフォンスちゃん(これは、パトレイバー?)。なんかコックさんのカッコウしてかわいらしいです。お土産のさくらんぼありがとうございました。ちょっとの時間でしたが、新鮮な体験ができて楽しかったです。でも1日にやるのはあのくらいの時間が限度ですね。今度はお休みの日の夜くらいにそちらに遊びに行きたいと思います。

 それにしてもWi-Fi通信って面白いな。確かMすけさんて四国の人ですよね。それがそこのキャラがですねー、ウチのゲーム機の中に遊びに来て会話とかできちゃうわけですよ。ただ、やっぱりチャット特有の会話のタイムラグとかあるし、キーボードもタッチパネルのキーボードだから一言話すのもとても時間がかかるのよね。だから時間が無い時に始めちゃうとちょっと大変。ネットゲームとかずっとやってる人はすごいと思いますよ。ところで、これは海外ともやりとりできるんですかね?なんかやりたがっている人がいるみたいで。ねぇ、Kつぴー、Hっしー。

 嫁がiPod nano(4GB・黒)買う。いいなー、いいなー。パチ屋に預けたお金引き出して来なきゃ。
  1. 2006/01/25(水) |
  2. テレビゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エウレカセブン 23話まで

 エウレカセブン、23話まできました。レントン家出で気のいい仲良し夫婦に出会うってか。おー、なんか今度はガンダムみたいになっちゃってるぞ。さしずめチャールズがランバ・ラルで、レイがハモンですか。チャールズのLFOなんて青くてなんとなくグフっぽいしね。乗ってたリフボードはド・ダイYS??…なんて思いつついろいろ巡ってたら皆さん同じ感想持ってるみたい(笑)。いや、それにしてもこのレイ・チャールズ夫妻(笑)、実にいい夫婦だね。レントンも非常に居心地良さそうで、見てるほうもホッとする。それに比べ月光号の面子のなんと殺伐とした事よ。やっとお気に入りのキャラクターが出てきた…って感じだけど、得てしてこういう人たちが登場すると不幸な展開になりそうな気が…。とにかくようやく次が気になってしょうがないほど面白くなってきました。みなさんの言う事は本当だった。諦めずここまで見てきて良かったよー。
  1. 2006/01/24(火) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おはスタの司会にアンガールズの山根

 今週のおはスタはアンガールズ山根が山ちゃん担当。くそー、そうきたかー。すっかり山崎邦正がくるとばかり思ってた。ちなみに田中はADやらされてました。キーワードコーナーで山根が微妙なエヴァンゲリオンのモノマネするも、おはガールのみづきに「エヴァンゲリオンって何ですか?」と返されて「テレ東でやってたアニメでしょ!!」とプチ激怒。笑った。ところで頭に山がつく苗字のお笑い芸人他にいたっけ?

 休みに車のポリマーコーティングをする予定だったが、ディーラーから「雪が凍って路面凍結が危険」「気温が低すぎて今日やると走ってるうちにコーティングが真っ黒になる可能性がある」という電話をもらったため、予定を延期して調整してもらう事にした。まぁ、いつでもいいんだけどね、とりあえず平日は無理だから。ちゅーか今年1回もイス子ちゃんに乗ってないんですよ。いやー、乗ろう乗ろうと思って、今週末こそはと思ってたら雪で路面凍結ですよ。うちもう、買ったばっかの時に1回雪道走ってツルリとやっちゃって以来、凍結路は全くお手上げですんで。チェーン?スタッドレス?何それ?って感じですし。最後に乗ったのって、12月30日…、以来?最後に給油してから3ヶ月くらい経ってますか?わーガソリン腐るね。まいったねこれは。バッテリーはこないだ交換したばっかりだから大丈夫と思うけど…、年1回バッテリー交換しなきゃいけない車ってのもヒドイよね。ヒドイオーナーですまん、イス子。
  1. 2006/01/23(月) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エウレカセブン 20話まで

 エウレカセブン、やっと20話まで見た。で、やっと!面白くなってきた。ここまでは相変わらずレントンがホランドやタルホに殴られっぱなしで、「お前らどうしてそこまで直情的に子供を殴るんだよ!」とか「お前も殴られるような言動を繰り返すなよ!」とイライライラ…。でもエウレカがスカブ(って何?)に取り込まれて大変な事になった上、レントンとニルバーシュが暴走。おおー、こりゃ結構エグイね!まるでエヴァンゲリオンだ!この2話はちょっと良かったなぁ。さぁ20話超えました。いよいよ面白くなるの?続きが気になる~…、ってところで眠くなったのでまたにして寝ます。

 新しいエヴァパチ、「CR新世紀エヴァンゲリオン セカンドインパクト」が2月稼働予定。初代は異常に相性が悪くて1回も当たった事がないのだが、今回はどうなんだろう。「魂のルフラン」も流れるらしいからやってみるかなぁ。個人的には磯山さやかの「CR女ねずみ小僧」が超やりたいんだけど。
  1. 2006/01/22(日) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪!

 起きたらすごい雪が積もっていた。でも今週末は全く出歩くつもりがないので平気だ。今週は資金がないのでパチにも行けないし。こんな時は引き篭もって昔のカセットテープのデジタル化だ!という事で、今日はTM NETWORKの「Gift for Fanks」「DRESS」と、ハナ肇とクレイジーキャッツのベストのカセットをデジタル取り込みしました。なんつー一貫性の無さ。給料日になったら嫁がiPod nanoを買うらしいよ。ちきしょー。いいな。先越された。
  1. 2006/01/21(土) |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女王蜂

 正月にオンエアされた、稲垣金田一の第3弾「女王蜂」。個人的に映像の比較元としてのオリジナルは、市川×石坂の劇場版「女王蜂」であるが、大幅な改変が加えられていた映画と比較すると、こっちは大体に於いてほぼ原作に近い感じだ。映画ではただの村落(月琴の里)になってしまっていた舞台が、伊豆の孤島・月琴島となっているのも原作通り(ちょっとCGが過剰だが)だし、殺害順・殺害方法もほぼ原作通り。ただ、嵐三朝のくだりは、尺の長さの都合からか、どちらも省略されて別設定になってしまっていたが、これはしょうがないだろう。

 特筆したいのが女王蜂=大道寺智子役の栗山千明。これが超ハマリ役。今までの映像化では、絶世の美女であるはずの智子役が、中井貴恵、片平なぎさ、井森美幸と何故か微妙な配役だったのに、今回は文句なしに納得だ。母親の琴絵を2役でやったのも正解。映画版は違う女優がやっていたが、どちらも絶世の美女とはほど遠かったからである。ああ、1978年に栗山千明がいて、市川「女王蜂」に出演していたらなぁ。大道寺欣造は若い頃の役は若い役者がやっているのでこれも正解。映画では仲代達矢が学生役もやっていたので無理がありすぎた。逆に石橋凌の存在感が妙に無かったのは気になるが。神代先生はずっと手塚さとみがやっていてこれはさすがにちょっと無理が。まぁ、それを言ってしまったら劇場版の岸恵子はもっと無理があったが。重要なポイントとなる神代先生の編物がちょっとないがしろにされ過ぎてたのは残念。ミッチーの多門連太郎はなかなか合ってたなぁ。映画では沖雅也だし、結局ラストには…だもんね。小日向文世の金田一先生が妙に絡んでくるのが気になるが、まぁ、それは稲垣シリーズの特徴なので良しとしよう。等々力警部にはいっそ「よし!わかった!」まで言って頂きたい。それぐらい、ゆるしてあげて。セリフがいつも「よし!」で止るので欲求不満が溜まってしまうのです。

 映画と比べるとおどろおどろしさとか、色彩色豊かで格調高いゴージャスさみたいなものは薄くなってしまったけど、結構いいドラマ化だったんじゃないですかね。
  1. 2006/01/20(金) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釣りはじめました

 飽きたと言いつつ、ここんところ毎日起動している「おいでよどうぶつの森DS」。夜だと言うのに村の中を徘徊している村民が結構多く、「まだまだ宵の口だぜ!」と元気が良い。知らないうちに人が増えてるし。意外に面白いかもよ?相変わらず夜中にはタヌキの店が閉まっていて物を売ることもできないので、釣りをはじめてみました。最初釣りの仕方が分からなかったので、全然釣れなかったのだが、ネットでやり方調べたら釣れるようになりました!エサいらなかったんだ!今夜はコイまで釣れました。休みの日までは毎晩釣りですな。あと、喫茶店がすごい好き。コーヒー1杯ちょっと高いんだけど、あの無口で渋いマスターがコーヒーいれる仕草がやけにリアルでいいんですよ。ただ、マイキャラが一瞬で飲んじゃうんで長居出来ないんだよなぁ。もうちょっとゆっくりと飲めばいいのに。

 ここ見てる人で他にも「おいでよどうぶつの森DS」やってる人がいたら教えて下さい!行ったり来たりしましょう!
  1. 2006/01/19(木) |
  2. テレビゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おはスタの司会に南海の山ちゃん

 三谷幸喜の舞台出演のため大阪に行っているおはスタの山ちゃん。先週のコーキーに続き、今週の司会代行は南海キャンディーズの山ちゃん。でもレギュラーメンバーにはおはスタの山ちゃんとは認めてもらえず、常に「南海さん」と呼ばれ続けてしまう。ここで「お願いだから山ちゃんって呼んで!」と懇願するところが笑うところらしい。個人的には結構いい感じで面白い。でも漫才より面白いってのは本人達にどうなんだろう。火曜日にはしずちゃん、水曜日には久々にダブルユー本人も登場。キャラメルってまだやるつもりなんだ!残念なのは加護ちゃんが「山ちゃん」と呼んでしまった事。そこは綿密に打ち合わせて加護ちゃんにも「南海さん」と呼ばせれば完璧だった。山ちゃんが山ちゃんと呼ばれて逆に突っ込みドコロをなくして困ってたもんなぁ。

 ガハッ!直前まで起きてたのにまた眠りこけて「アカギ」見逃した。まぁ、勝負が始まったばかりだろうから見逃してもあんまり話は進んでないんだろうけどさー。アカギファン失格でやんす。来週からは毎週予約にすべきか…。
  1. 2006/01/18(水) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

練馬大根ブラザーズ

 ワタナベシンイチ×浦沢義雄の「はれぶた」コンビが放つ、異色ギャグアニメ「おろしたてミュージカル 練馬大根ブラザーズ」。浦沢先生、ホント練馬が好きだなぁ。遂にタイトルにまで練馬ですよ。これは絶対観る!と決めていたのに、すっかり第1話を見逃して意気消沈。しかし、気を取り直して第2話から。いやー、これオモロイ!期待以上。これはいいね。夜中に酒飲みながらボーっと見るのに最高。ほとんどの台詞がミュージカル仕立てで、「うたう!大龍宮城」を髣髴とさせるシュール感覚は相変わらず。主人公の声が松崎しげるってのもなかなか。しげるは歌えるから選ばれたのだろうか?とりあえずしげるボイスとしては劇場版「コブラ」とあの「スターウォーズ」テレビ初オンエア版のハン・ソロの声しか憶えがないんだけど、とりあえず違和感ない感じ。「韓国パチンコ」でババァからあり金をバキュームする整形ニセ韓流スターもどきを退治するっていう展開がいかにも浦沢節だけど、「はれぶた」と違い深夜枠という事で、ちょっぴりアダルトテイストも。むほ。特に最近のパチで負けがこんできたワタシとしては劇中歌「パチンコレクイエム」が泣けたなぁ。でも「CRF銀河鉄道物語」は打つよ!絶対。

 浦沢氏では最近はオダジョーとチャン・ツィイーの映画「オペレッタ狸御殿」とか結構活躍してるけど、ここいらで実写版の不思議コメディ復活してくれないかなぁ。浦沢脚本はアニメより実写の方が数倍面白いんだよね。個人的には、是非ダブルユー主演で、「キャラ&メル」をやって頂きたい。ところで今スカパーで浦沢作品の「ポワトリン」とか「てれもんじゃ」とかやってて感動なんですが、2月から遂に東映チャンネルでマイ・フェバリット・ウラサワである「勝手に!カミタマン」がスタートですよ!スカパー入ってて良かった!待ってて良かった!

 ちなみに今回の「練馬大根~」の作画監督だった三浦貴弘君はワタシの小中学校時代の同級生で漫画仲間です。頑張ってる!いい仕事してるね!ていうか浦沢脚本の作監できるなんてメチャクチャウラヤマ。元気でやってるか~?宇宙戦艦トマト!月刊ミイラ!アチヤトロロキ!(←暗号)
  1. 2006/01/17(火) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

穴堀りはじめました

 早速飽きてしまった「おいでよどうぶつの森DS」だが、Mさんがやってるというので、もうちょっと続けてみる事にした。さしあたって借金返済と、スコップ買ってハニワとか化石とか掘ったりしている。村の音楽とかも変えてみた。しかし、平日は夜しか出来ないので、タヌキの店とか閉まってて不便だし、役場の担当の女の子も態度が悪い!やっぱり今のところ「やめたいけどやめられない!」みたいな面白さが伝わって来ないなぁ、このゲームは。そういうんじゃないんだろうけど。

 「どうぶつの森」が飽きたらやってる「スーパーマリオ」のワールド2が越えられません。「マリオ2」じゃなくて無印の方の!昔は、もっと先まで余裕で行けたはず。もう、相当ゲームができなくなってきている。まぁ、確かにDSはアクションの操作がし辛いんだけどね。重いし…。そういや昔得意だったシューティングも最近全然ダメだ。ヨボヨボ。
  1. 2006/01/16(月) |
  2. テレビゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エウレカセブン 18話まで

 エウレカセブンですが、遅まきながら、じわじわと観ている。このあたりのエピソードは、ガンダムで言うところの「ククルス・ドアンの島」みたいな、劇場版作ったら絶対カットされそうなサイドストーリー的なお話が続くので、全く劇的な展開がなく非常にまったりしているのであるが、それに加えてレントンだけじゃなくてエウレカまでウジウジしてくるわ、ホランドも結局ヘタレだわで、どのキャラにも全く感情移入できないんですけど!あと、なんだか「エヴァンゲリオン」の影が見え隠れするのは気のせいか?20話越えしたら面白い展開になるんです…よね?
  1. 2006/01/15(日) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おいでよ!どうぶつの森DS

 今やミリオンセラー、ハードも品切れが続いているニンテンドーDSのソフト「おいでよ!どうぶつの森」。嫁が買って来たのでやってみる。…で、1回やってもう飽きた。まったりしたゲームなら、クリアに追われる事もなくゆっくり楽しめると思ったが、逆にまったりしすぎてやってるとすぐ眠くなる。Wi-Fi通信環境もあるのに、外にお友達いないから遊びに行きようがない。これだからネットワークゲームって嫌いだよ!ワシは80~90年代のレゲーで十分です。ハイデフ?何それ?

 そんなわけでワタシがやるゲームは、PS2の「タイトーメモリーズ」の「バブルボブル」とか、PC用の「スターフォース」とかばっかりです。おじさん的には今年は「カプコンクラシックコレクション」が超期待。
  1. 2006/01/14(土) |
  2. テレビゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早稲田アカデミー

 今までなかなかお目にかかる事が少なかった「早稲田アカデミー」のCMだが、最近怒涛のような大量オンエアが始まっている(関東圏のみ)。結構ゴールデン枠の有名番組でも流れてるんだよね。で、このCMで「メジャーをめざせ!早稲田アカデミー!」とニッコリ微笑むのが、鳥取県が生んだスーパーアイドル・我らが瀧本美織さんです。ていうかSweetSのメンバーのMIORIなのだが、このCMで「誰だ、あの娘は?」とお偉いさんの目に止ってもっと露出が多くなって、女優としてもデビューして、翻ってSweetSの活動も盛り上がってウハウハ!…なんて事にはならないでしょーか!期待しております。そんなSweetSですが、なんと!5人で復活のニューシングルが3月22日に発売決定したとか!とりあえずめでたい。このままフェードアウトかと思ったよ…。まだまだ油断ならんけどね!

 ところで早稲田アカデミーは早稲田塾とは違うんですか?
  1. 2006/01/13(金) |
  2. CM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

創聖のアクエリオン

 異色の合体ロボアニメ、創聖のアクエリオン。最終回まで観終わった。個人的に深夜枠アニメを全話見たのってほとんど無かったから自分でもびっくりしている。で、「堕天翅」と「人類」の決着がようやくついた…の?やっぱこの手のアニメの最終回って、やっぱり何がなんだか分からないんですけど…。地球が割れそうになったのをアクエリオンが守ったの?うーん。まぁ、見てる間は面白かったけど、見終わったら何だったの?という感じだ。でも、そういいながらも楽しめたアニメだったなあ。途中作画がどうなる事かと思ったが、なんとか持ち直したし。なんにしろ、CGのメカ描写のクオリティが高い上にCG以外の部分との親和感がかなり良かったから、全体的にも質がいいと感じられたんだろうか。このアニメの肝となるメカの3体合体も、最初は3パターン程度だったのが終盤になるにつれて敵と合体したり新たなパーツが出て来たりで、無限のパターン展開になっていったのも面白かった。この辺、最初からもっと生かしてたら面白かったかもしれないけど、全26話だと結構キツイか。

 アカギ、気が付いたら1週見逃してたみたい。浦部との対決が終わって、もう次の展開になってるー!ショック。で、次は裏が透けて見える透明な牌を使って勝負だって。もうこうなったら何でもアリだな。あ、それは最初からか。
  1. 2006/01/12(木) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

衝動 / B'z

衝動

【CDS】衝動 / B'z

スカパーでB'zの「衝動」のフルプロモがオンエア開始しました。これ…、まさかとは思いますが「衝動」と「書道」をかけてみようという安易な発想じゃないですよね??いや、絶対そうですよ、やりかねん。そうならそうで「ダサカッコイイ」B'zの面目躍如なんですが。音声をiPodに取り込んでひたすら聞いてみたところ、路線的には「愛のバクダン」が近いのように思います。シンプルで疾走感があるのは非常に好みですね。サビ前のドラムのフィルに心が躍ります。重ねたコーラスワークはなんとなく初期B'zっぽいテイストもあります。ポイントは、やっぱりサビラストの「衝動!」のところでしょうか。あれが無いと本当に普通の曲です。ただ、今までの曲以上にここぞ!と言うフックが少ないので飽きるのも早そうかも。
  1. 2006/01/11(水) |
  2. B'z CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おはスタの司会が三谷幸喜

 朝、いつものように「おはスタ」にチャンネルを合わせたら、司会が山ちゃんじゃなくて三谷幸喜だった。…って、えーー!!そんなアホなーー(笑)!?。しかも割と本格的に仕切ってるー。まどかに「コーキー」呼ばわりされて嬉々としてるー。なんだこの絵!?シュールすぎる!

 ちなみに三谷幸喜は子供番組はよくチェックしているらしく、この「おはスタ」もよく見ているらしい。山ちゃんこと山寺宏一が三谷作品を主に俳優としても活躍しているのは、「おはスタ」で三谷さんに注目されたからなんだそうな…。しかし、映画「有頂天ホテル」の宣伝とはいえ、わざわざこの番組を選ぶところがなんとも三谷さんらしい。

 「マシュー」のなまり亭に柴田理恵。富山出身の嫁は大笑いで見ている。が、ちょっと出演者固定されすぎじゃないですか?なんかローテーションで同じ人が出てる。ここは一つ、福井の高橋ちゃんと福岡の田中ちゃんとで対決させて欲しいです、そろそろ。あと、「BEST HIT GENERATION」のコーナー復活、熱烈希望。BEST HIT TVはあれがあってBEST HIT TVだったと思う。
  1. 2006/01/10(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西遊記

 月9で始まった、香取慎吾主演の「西遊記」。1話にはキムタクが出演するなど、今クールのドラマではかなり期待を煽っていたので観たが、思いっきり「新春かくし芸大会」のコントドラマだった。全部中国語でやったりしたら完璧そうだったのに(笑)。たぶんビデオだからチープに見えるんだと思う。これがマチャアキ西遊記のようにフィルムだったら結構いい感じだったと思うのだが。それから孫悟空がちょっと能書き垂れすぎかなぁ。力入り過ぎなんだよね。もっと飄々と闘って欲しいです。あと、きん斗雲がニルバーシュのリフボードそのまんま。なんか新しいもの作ろうとしながらも、根本的にマチャアキ西遊記の陰が見え隠れする半端な雰囲気が気になります。もっと大胆な解釈で全く変えてしまえばいいのに。夏帆ちゃんがカワイかったからいいけど。来週はミッチーか。

 B'zの新曲「衝動」が主題歌のコナンSPのオープニングだけ見る。もうスカパーでフルで聴いたが、キャッチ-でなかなか好きな曲調ではある。OPアニメはちょっと手抜きっぽかったが、今回はスペシャルだから?次の週は変わるのだろうか(「ギリギリchop」の時も微妙に変わったんだよね)。
  1. 2006/01/09(月) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放課後。

 深夜にオンエアされていたドラマ「放課後。」を見る。「野ブタをプロデュース。」の堀北真希に戸田恵梨香、そしてマイクぶっ倒れでおなじみWaTの小池徹平が出演している、1年くらい前にオンエアされた実験ドラマらしい。特に何が起こるわけでもないが、女子高生の仲良しグループがちょっとした恋愛話を軸に、淡々と学園生活を送るお話。何気になかなか良かった。なんつっても堀北真希がカワイイ。野ブタほどではないが、内気でおとなしい感じの女の子役。浴衣姿アリ。堀北ちゃんはホントこの手の役が似合う。さすれば、ケータイ刑事は相当異色だったんだなぁ。逆に「野ブタ」では優等生のお嬢さんっぽい雰囲気だった戸田恵梨香が、なんだかガラ声で芋っぽくてアバズレた感じなのが意外だった。まだこの頃は今みたいになるなんて、誰も思ってなかったんだろうなぁ。

 Bフレッツ導入完了!工事というのでどんな大掛かりな事をやるのかと思いきや、モジュラージャックに端末機器とVDSL機器を取り付けるだけであっさり終了。早速サイトに接続してみると…、あれれ?無線で2.5Mbps、有線で8.5Mbps程度か…。あんまり出てないなぁ。でもマンションタイプをさらに内部分配してるからこんなもんなのか?とりあえず前の1.5Mbpsでフルでスピード出て無かった頃に比べればそれでも格段に早いんですけどね。動画のストリーミング系が劇的に早くなったのと、フレッツスクエアに接続できるようになったのも嬉しい。さて、次は何をグレードアップしようか。考えているときが、一番楽しいですね。
  1. 2006/01/08(日) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古畑任三郎FINAL

 今回の「古畑任三郎」は、なかなか工夫をこらした珍しい展開。今泉君が久々に出てきたのにもびっくり。何か確執があって出なくなったのかと思った。その代わり八嶋さんは出なかったが。以下ネタバレ。 続きを読む
  1. 2006/01/08(日) |
  2. テレビドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さんまのまんま

 嫁が唐沢寿明目当てで「さんまのまんま」を観ていたところ、小西真奈美が出ていたのでいっしょになって観る。小西真奈美やっぱりかわいいなぁ。あれで27歳ですって事ですが、さんまと有田がメロメロになるのもわかる。大人っぽさと子供っぽさが見事に同居してる。しかも女優だけにどんな役でも出来るんだよね。前に生で見た野田秀樹の「赤鬼」とかの舞台での荒ぶる迫真の演技、コマーシャルやドラマなどで見せるおしとやかで清楚な演技、ミラクルダイブのコントなどで見せる小悪魔風のすっとんだ演技。どれをとっても小西真奈美ってのが見事です。

 ネットdeダビング機能を使ったRD→PCへの映像ファイル転送成功。これでメール予約以外の使いたかった機能がほぼすべて実現。感無量。最初はVirtualRDを使ってやってみたのだが、無線LANで組んでいるせいか、全くRDがPCを認識してくれない。そこで、もう一つのツールRANDERDで試してみたところあっさり成功。年末にBSで録画した「ロック誕生50年」からZEPのビデオを録画してみると、3分程度のビデオで88MB程度になる。30分番組だと300MB、1時間だと600MBぐらいか。映画だと1GB突破するなぁ。あんまりたくさん移すとあっという間にパンクですな。
  1. 2006/01/07(土) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シェークスピア紀行 蜷川幸雄ヨーロッパ旅

 蜷川幸雄と鈴木杏がシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台となったイタリアのヴェローナをを旅するドキュメンタリーをやっていたので見た。久々に見た杏ちゃんはまたタテヨコがでかくなっているような気がした。もちろん、顔も。小西真奈美と並べたらとんでもない事になりそうだ。でもカワイイから許す。

 ネットdeモニター接続成功。RDからの映像がストリーミングでPC上から見れるというこの機能。まぁ画質はこんなもんかという程度、操作も3秒ほどのタイムラグがあるなど、機能的にはそんなにいいものではないが、それでもテレビが占有されているときに、ちょっとPCでテレビや録画再生できるのはなかなか便利かも。
  1. 2006/01/06(金) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケロロ軍曹

 スカパーアニマックスで「ケロロ軍曹」テレビシリーズを1話から放送。ケロロは途中から見始めたので、この機会に1話から見る。いやー、いきなりケロロが日向家にいるんですけど。と思ったら、後半でケロロが日向家に居候したいきさつが。まだ仲間達は全然集まってないのね。とにかく最初から飛ばしてて、勢いがあるし、むしろ今より面白い。絵柄も今とあまり変ってないので違和感もなし。見始めた頃の話まで追いかけて見るか…。

 遂にPC←→RD環境無線接続化に成功。LANケーブルを這わすとお部屋の美観を損ねるという事でどうしても有線接続を避けたかったので、先日導入した無線LAN環境にメディアコンバーターを導入して接続した。朝4時までかかりました。これから劇的に便利になる…のか?

 ついでに…。設定作業中に突如PCが「プツン!」という音とともに落ちて、もうボタンを押してもうんともすんとも言わない状態に。コンセントもちゃんとささってるし、なんか変な音だったし、って事は!わー!死んだ!電源かマザーボードが逝ってしまったか!あーー、買ったばかりなのに修理に出すのかYO!…と、念のためもう一度コンセント確認すると…。タップにはささってたけどその元のスイッチがオフになっておりました…(OAタップなのでON/OFFボタンがついている)。単なるバッテリー切れでした。だー!基本的な確認ミスをやってしまいました。素人かよ!これで修理に出してたら大笑いになるところでした。あぶねー。
  1. 2006/01/05(木) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

装甲騎兵ボトムズ~赫奕たる異端~

 OVA、「装甲騎兵ボトムズ~赫奕(かくやく)たる異端~」を見る。ボトムズは、80年代のテレビロボットアニメとしては最もリアル路線を追求したアニメで今でも熱狂的なファンが多いが、ワタシも本放送当時夢中で観ていたクチである。放送終了後も、テレビシリーズのプロローグ的な「レッドショルダードキュメント~野望のルーツ~」や、ストーリー補完的な「ザ・ラストレッドショルダー」「ビックバトル」などのOVAは作成されていたが、それからしばらくインターバルを置いて、1994年に突如テレビシリーズの完全な続編としてこの「~赫奕たる異端~」が制作された。

 個人的にはこの作品は成功とは言えないと思う。相当イマイチな出来である。テレビのラストはあれで終わるべきで、OVAを作るならサイドストーリーとして作るべきだった。むしろ本編を最新の作画レベルでリメイクして欲しかったくらいだ。そもそも監督の高橋良輔氏は続編は作らないと宣言していたらしいし、スタッフにもこの作品には否定的な意見が多かったと聞く。確かに丁寧な作画で描かれるキャラクターやATのバトルなどはファンには嬉しいが、パーフェクト・ソルジャーではなくネクスタントという副脳を持つサイボーグが登場するのも、設定的にはボトムズらしからぬ気がする。結局最初のターミネーターっぽいテイタニアとキリコのバトル、中盤の宇宙港への強行突破、ラストのATバトル以外はずいぶんと退屈なアニメとなってしまった。あと、ロッチナが悲しすぎ。
  1. 2006/01/04(水) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。