クマチュー!!

カテゴリー:「アイドル」の記事一覧

・2014/07/01 小栗そのがいつの間にかチャームキッズを卒業していた!
・2012/06/16 さしこ
・2011/08/24 小川紗季 芸能界引退
・2011/06/27 川嶋麻美さん
・2010/04/01 AKBINGO!に泣く
・2008/10/30 女子が好きな女子とは?
・2008/10/21 ハロー!プロジェクト・大リストラクチャリング
・2008/04/07 加護ちゃんまさかの復活??
・2007/12/09 HotchPotchi
・2007/06/02 藤本美貴 モーニング娘。脱退
・2007/05/08 辻ちゃん結婚
・2007/04/24 もうついていけない
・2007/04/17 アイドルグループの改名
・2007/04/09 里田まい VS 木下優樹菜
・2007/03/27 加護ちゃん
・2006/12/11 モーニング娘。第8期メンバー決定
・2006/08/02 ボンブラ復活!!
・2006/07/27 杏野はるながヤバイ
・2006/07/26 スイーツバトン
・2006/07/12 アイドル栄枯盛衰
・2006/07/04 加護ちゃん
・2006/06/21 踊る!さんま御殿!!
・2006/06/16 うたばん
・2006/06/05 かわいいと思う同世代の女優ランキング
・2006/03/25 SweetS解散
・2006/02/27 あややがジャニス
・2006/02/16 加護ちゃんショックから1週間
・2006/02/10 嗚呼、加護ちゃん終了…
・2005/12/07 モーニング娘。が面白くない
・2005/08/31 サンプル盤

小栗そのがいつの間にかチャームキッズを卒業していた!

どれどれ、新曲出たりとかはないのかい?と、久しぶりに小栗そのさんの情報を検索したら、3月にチャームキッズ卒業してたー!

移籍!?引退!?アイドル頂点めざすはずだったから、まさか飽きて辞めたってことはないよなー。意外なところで再デビューとか??

ぜひともあの歌声をまた聴きたいので、とりあえず…、まぁ、よろしく。
  1. 2014/07/01(火) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さしこ

昨晩のANN聞いてました。

指原よ、よりにもよってこのタイミングで…。

どこまでヘタレなんだ…。
でもまあ、加護ちゃんのアレに比べればね。

ミューズとかいいともとかゆび祭りとかどうするんだろうってのはありますが、ワタシは指原が活動続けるのであればとりあえずファンは続けていきたい。そんな感じです。
  1. 2012/06/16(土) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小川紗季 芸能界引退

有頂天LOVE(初回生産限定盤A)有頂天LOVE(初回生産限定盤A)
(2011/08/03)
スマイレージ

商品詳細を見る


最新シングル「有頂天LOVE」のカップリング「自転車チリリン」が神曲だったので、レビューでも書くぜぃと思っていたところにこのニュースは正直驚いた。島田紳助芸能界引退より驚いた。そして悲しい。

最年少ながらあの個性キャラの中で一番普通な感じがしていたし、個人的には嫌いじゃないメンバーなのだが、いろいろ思うところはあったんでしょうね。でもまさか新メンバー追加が、小川さんの脱退を見越して行われたものだったとはなぁ。
  1. 2011/08/24(水) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川嶋麻美さん



グリコのサイトにある「AKB48推し面メーカー」をやってみました。

それで出来ましたのが、「川嶋麻美」さん。

5分ぐらいの即席ですが、まぁかわいい、…ん…、じゃないかな?
これガンバッたらもっといいのできそうですけど。

パターンがかなり多い割には、意外にパーツ個々にするといいのがなくて、特に髪型などはバリエーションが少ないので結構カワイイ顔を作るのは難しいのでした!あと、好きなメンバーのパーツでやってもあんまりうまくいかないので、そこは割り切りが必要。

個人的にはショートカットアイドルを作りたかったのですが、AKBにはあんまりいないらしくていいのが無かったのが残念。でも面白い。
  1. 2011/06/27(月) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AKBINGO!に泣く

AKBINGO! オフィシャル BOOKAKBINGO! オフィシャル BOOK
(2010/04/15)
不明

商品詳細を見る


 今週のAKBINGO!は、「AKB本当にあった"ほっこりする話"」。

 まさかこのゆるグダバラエティでマジ号泣させられるとは思わなかった。宮澤佐江のいじめの話、高城亜樹のおじいちゃんの話…。どちらも全俺が泣いた!涙で前が見えないよ!的な。

 特に高城さんはこの番組で珍しく単独コントに抜擢された「新人アイドル春夏アキ」で個人的株が急上昇していただけに、このギャップでもうAKBの中でもお気に入り度がトップクラスに。

 ただその後に続くコジハルさんのオチがもう彼女らしいというか何と言うか…。

 最近AKBの露出がとんでもなくなって、いつぞやのハロプロを思い出してしまいますが、今のその後を見るとちょっと心配になってしまいます。この番組はこのままの雰囲気でずっと続いてもらいたいものですが…。

神曲たち(DVD付)神曲たち(DVD付)
(2010/04/07)
AKB48

商品詳細を見る


 そろそろ発売のAKBのベスト。マジ神曲揃いでとても欲しい!
  1. 2010/04/01(木) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女子が好きな女子とは?

大堀恵×妄撮 甘い股関節大堀恵×妄撮 甘い股関節
(2008/11/13)
Tommy (写真)

商品詳細を見る

 AKB48大声ダイヤモンド」がレコード会社移籍第一弾で遂に最高位3位達成。「ネ申TV」で有吉に「君ら最高何位ですか?僕は3位です」とバカにされていましたが、タイに並びました。枚数も4.8万枚をマークしたそうですが、これは最近のハロプロどころかコブクロとタッグのガッキーですら軽く凌駕。まぁ、特典商法のひどさは一層ヒートアップしてジャニーズも真っ青ですからアレですけど、それよりそもそも曲自体がいい曲でしたからね。ハローもせっかくの稼ぎ頭にショボ曲ばっか歌わせてると、AKBにトップアイドルの座を明け渡すことにもなりかねない勢いです。ただ、こうなると一層大堀姉さんが不憫に思えて仕方が無い。

 ところで、先日のSKE松井珠理奈の記事ですが、それについてMぞう姉さんが日記にコメントされてました。松井ちゃんはシュッとしすぎていてあまり好みではないとか。そうですかー。まぁ、シュッとしてるけどそれなりに笑顔には子供っぽい可愛さがあるとか、大人びた顔してても受け答えは小学生とか、実はアヒル口とか、キュート要素は結構あったりするとは思うんですけど、やっぱ女子が好きな女子っていう観点が男にはよくわからん部分ですかね。じゃあ、姉さん的にはワタシの名前と顔が一致している次のAKBメンバーのうちどの子が好きか聞いてみたい。

[ルックス推しのメンバー]
宮崎美穂[15](みゃお)…突如昇格参入した天然美少女
峯岸みなみ[15](みいちゃん)…生意気なガチャピン
小野恵令奈[14](えれぴょん)…普通になった辻ちゃん
板野友美[17](ともちん)…ナイス八重歯ちゃん

[キャラ推しのメンバー]
浦野一美[23](シンディ)…KYなお姉さん
大堀恵[25](めーたん)…セクシー担当クソババア=大堀めしべ
野呂佳代[25](ノンティー)…キャラはピカイチ
大島優子[20](コリス)…ナイスガラ声ちゃん

[その他AKBのフロントと思われる人たち]
前田敦子[17](あっちゃん)…AKBツートップその1
高橋みなみ[17](たかみな)…AKBツートップその2
篠田麻里子[22](麻里子さん)…誰もが贔屓する綺麗なお姉さん
小嶋陽菜[20](こじはる)…天然綺麗系
大島麻衣[21](まいまい)…トータルバランス良
  1. 2008/10/30(木) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハロー!プロジェクト・大リストラクチャリング

Hello!Project 2008 Winter ~決定!ハロ☆プロ アワード’08~Hello!Project 2008 Winter ~決定!ハロ☆プロ アワード’08~
(2008/03/26)
Hello!Project

商品詳細を見る

 ワタシの興味がAKB48にシフトしていくのを察したかのように、ハロプロのエルダークラブに所属しているメンバー(20歳以上のメンバー)全員が2009年3月31日をもってハロー!プロジェクトを卒業することが発表されました。総勢22人もの一斉卒業とも言われています。要はアイドルとして旬を過ぎたメンバーの大リストラ?あややすら含まれているのがちょっとびっくりしましたが、これは一体何を意味しているのか…。モーニング娘。・Berryz工房・℃-uteという、ハロプロ三大戦力を擁するワンダフルハーツ(未成年メンバー)と比べ、エルダークラブに所属していて、バラエティタレントとしてはともかくアイドル歌手として一線にいるメンバーは皆無と言って等しいわけで、その辺の住み分けを完全に分割してしまおうという事なのでしょうか。

 これはすなわち戦力外通告、お前ら後は勝手に頑張りなさいというお達しに等しい気がしますが、過去「卒業」という名目でハロプロを去った人で現在芸能界で大活躍している人は記憶にございませんので、なんだか雲行きは怪しいですね。辛うじて残れそうなのはせいぜいあややと里田まい、あと矢口くらいでは?これが一世を風靡した人たちの顛末かと思うと、アイドルという職業の諸行無常さに涙を禁じえません。

 今現在、一般の人にはハロプロメンバーっつったって、何が何だか全然分からない人がほとんどだと思います。モーヲタであったワタシですら、今やもうよく分からない世界になってしまいました。ハロプロどころか事務所を解雇された加護ちゃんの方が依然有名で、むしろ復活後はハロプロにいた時よりいい感じで仕事をしているというのも皮肉な話です。まぁ、それがハロプロ全盛期を支えたあの加護ちゃんだからというのはあると思いますけど、芸能界というのは、とにもかくにもネームバリューというものが最も重要な世界なのですねぇ。いや、本当にキビシー。

LIVE―未成年白書LIVE―未成年白書
(2008/08)
加護 亜依

商品詳細を見る

  1. 2008/10/21(火) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加護ちゃんまさかの復活??

 Yahoo!ニュース見ていたら「加護亜依、芸能活動再開へ」のニュースが目に入ってきてケツが浮く。マジですか!?復帰は絶対無理だと思っていたのに!

 でもなぁ、記事見てみると、どこの事務所で復活なのかも、女優なのか歌手なのかどちらで復活なのか書かれてないんで本当なのかは微妙ですな。

 加護ちゃんはショートカットにしてまじめで普通な清楚な感じのおねいさんになっていましたよ。アイドルとして一番いい頃である17歳から20歳の間を謹慎という形で潰してしまったわけで、取り返そうにも取り返せないものですけど、本当に反省して復帰するのならワタシは応援したいと思います。
  1. 2008/04/07(月) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HotchPotchi

こんにちワンからワンツースリー(DVD付)こんにちワンからワンツースリー(DVD付)
(2007/12/05)
ハッチポッチ

商品詳細を見る

 愛車が入院から帰ってきたので、バッテリー充電がてら高速に乗りいつも行くショッピングモールへ。吹き抜けのイベントスペースでなんか犬の着ぐるみ着た人たちが歌ってたので子供向けのイベントかと思いきや、ステージの前に陣取っているのはギャルとかおばちゃんばかりで子供はいない???なんと「HotchPotchi(ハッチポッチ)」(リンク先音出ますので注意)というスターダストプロモーションの男性アイドルグループのインストア・ライブでした。テレビ東京の「ペット大集合!ポチたま」とかに出ていたらしい。しかし…、この人たち本気でこの仕事楽しいのか??ていうか、こういうグループでさえ追いかけてる女性ヲタがいるのにも興味深い。メンバーには元ジャニーズJr.の子もいるみたいだから、相当コアなジャニヲタの人なのかなぁ。昨日行った秋葉原には駅前で地下アイドル撮影しているオッサン達が一杯いましたが、女子の方もなかなかキてますなぁ。ワシ的にちょっと興味深かったのでこれから注目してみたいです。
  1. 2007/12/09(日) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤本美貴 モーニング娘。脱退

 ミキティ、庄司との交際発覚→ケジメをつけるため脱退。もー、次から次へと…。でも今回は一番驚かなかった。ミキティは正直モー娘。辞めたいんじゃないかと思ってたし。リーダー就任後即脱退、って完全矢口パターン。でも矢口のバラエティしか出させてもらえなくてほとんど歌歌わせてもらえない状態に比べて、ミキティはGAMのライブやソロ活動はやるって言ってるけどホント?矢口はダメでミキティはなんでいいの?あそこの事務所のことだから、このライブツアー終わったらその辺全部自然消滅な気がしますよ。ミキティはバラエティピンで使いにくそうだしなぁ…。

 しかしまぁ…、なんかもう。崩壊の序曲って感じですが、大丈夫?大体、高橋ちゃんがリーダーなんて…。モーニング娘。つんく♂もフラフラいろいろやってないで、そろそろ本体を本気入れてテコ入れしないと終わりですよもうたぶん。頑張って下さい。
  1. 2007/06/02(土) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辻ちゃん結婚

 ものすごい変化球。加護ちゃんの一件から、ハロー、いやアイドル界にもう何が起きても驚かないと思っていたが、その騒ぎも冷めやらぬこのタイミングのこれにはさすがに驚いた。いやー、もともと枠にはまらない、型破りなアイドルでしたけどね、そこが気に入ってたわけですけどね、加護ちゃんはともかく辻ちゃんまで、セルフプロデュースでこんなオチを用意していたとはさすがに読めませんでしたわい。同期のよっすぃ~の卒業を軽くぶっ飛ばすこの破壊力。辻加護を侮っていた。

 とりあえず、辻ちゃんに関しては「ギャルル」の時点でこの先チェックしていくべきなのか、見切りをつけるのか、どうするか葛藤しておりましたが、この件で自分の中でやっと一区切りついた。とはいえ、アイドルとしてどうかはともかく、年齢的にも特に順番以外は問題ないおめでたい事ですし、加護ちゃんのようにダーティな状況でもないので、落ち着いたら個性派タレントとして芸能活動は続けて頂きたい。事務所が許すなら。
  1. 2007/05/08(火) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうついていけない

 なんすか。ギャルルて…。つじじて…。ハロプロマンセーのワシでもさすがにこれはありえんわ。只でさえ最近化粧がケバくなってきててうんざりだったのに、さらに駄目押ししますか。20歳になったらソッコー煙草吸わせる気じゃあるまいか。ギャルサーやってた矢口がやるならまだしも。

 もうねー、つんくもいい加減こういうおっさん臭い勘違いカンベンして下さいよ。なんで今辻ちゃんがギャルなのよ。前々から常々思ってたけど、みんなが辻ちゃんに求めてるのってそーゆーのじゃないっつの!!なんでこんな企画モノにしか参加させないの?普通にそのまんまソロで売ったほうが絶対イケるのに。…いや、イケてたのに。確かにおバカな子ですけど、こういうベクトルに増長させてどうする。てかこれじゃおバカな子じゃなくて単なるアホの子になっちゃうでしょう。

 辻ちゃんに関してはグダグダ半端なポジションに置いてるうちにアイドルとしての旬はとうに過ぎてしまったし、ソロを出すタイミングを完全に逃がしたから(アニメタイアップのソロはあるけど)、もう時すでに遅しなんだよね…。もうケバドル(ケバいアイドル)として生きていくしかないのか?普通でいいんですよ普通で。せめて「ブレーメン」の時期にあのドラマのビジュアルで出してくれてたら…歴史は変ったかもしれない。そう思うとやはり久住小春の今のポジションは本気で勝ち組。

 加護ちゃんもああなっちゃったし、本気で潮時と感じた一瞬でございました。
  1. 2007/04/24(火) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイドルグループの改名

ハレンチ☆パンチ 2007年カレンダー ハレンチ☆パンチ 2007年カレンダー
(2006/12/18)
ハゴロモ
この商品の詳細を見る

 最近チェックしてなかったので、久々に覗いたオフィシャルサイトでハレンチ☆パンチが80☆PAN(ハレパン)に改名していて驚いた。以前も紹介した事があったかと思うが、ハレパンはアイドルの中でもロック寄りなので自分の中で注目株。オフィシャル開いてすぐ流れてくる新曲が、相変わらずハレパンテイストだったのでちょっと安心したが、この改名はどうなんでしょう?確かにアイドルのグループ名に「ハレンチ」とか入ってると違和感があるけど、世の中には「ポルノグラフィティ」という名前のバンドっだって堂々と活動して人気を集めてるし、それはそれでインパクトがあって良かったのになぁ。ただ、「破廉恥」ってネガティブな言葉だからね。だからと言って、80☆PANはどうなのよ。せめて慣れ親しまれている略称を残そうという事なんだろうけど、なんで「80(ハレ)」とか当てちゃうかね。普通に「ハレ☆パン」でいいでしょう。「0930(オクサマ)」じゃないんだから…。最初どう読むのか分からなかったよ。…とか言いながら、方向性が変ってないならこっちはまぁ別にいいです。

7th Anniversary Best(DVD付) 7th Anniversary Best(DVD付)
dream (2007/01/01)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る

 それ以上に話題沸騰なのがdreamの改名ですよ。まだいたのかとか言われそうですけどね。次のリリースからDRM(ディーアールエム)になるそうです。DRMて。あたしゃ真っ先に大一の液晶+ドラムパチンコ「CRディーアールエム」を思い出しましたよ。あと、今はDRMと言えばデジタル著作権管理(Digital Rights Management)がまず思い浮かぶでしょうし、その他にもDRMを略称とする言葉はたくさんあったはず。そんなありきたりな略語に敢えて参入??確かにですね、dreamというグループ名は「dream」という単語自体が普遍的過ぎて検索するにもすぐ出てこなくて困る、ってのはありましたよ。ただ、今このタイミングで一体誰がどういうつもりでこの名前を付けたのか、全く理解に苦しむ。少なくともさすがに定着しているものを、一旦リセットしてしまうという事でしょう?まさかアイドルグループから方向性を転換する気なのか?deepsが伊秩がもうプロデュースやらん!という事で区別をつけるためにdpsにしたようなパターンですかね。MAX松浦が遂に見放したとか?まぁでもその他の面でも相当改革しない(本人たちだけじゃなくて会社全体で)と、名前変えた直後にアウト!とかありますよ。同じく普遍的な名前付けられて微妙な立場だった「SweetS」の、受験組2人が復帰→直後にいきなり解散宣言、みたいな強烈なコンボが来なければいいですが。せめてね、Google一発トップ!のような個性的な名前付けないとダメですよ(その点「チャットモンチー」は凄い)。だから言ったでしょ?麻衣ちゃんの交代要員は山本サヤカだけで良かったって。いやー、完全にワタシの中のdream終了。麻衣ちゃんがいた3人dreamだけを思い出の中に収めて生きていきます。

dream LIVE 2001 dream LIVE 2001
dream (2005/03/24)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る

これ最強。
  1. 2007/04/17(火) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里田まい VS 木下優樹菜

里田まい写真集 「my life」 [DVD付] 里田まい写真集 「my life」 [DVD付]
熊谷 貫 (2007/03)
ワニブックス
この商品の詳細を見る

 めちゃイケで辻加護が「バカのツートップ」として愛でられていたのも、今では遠い目で語る過去の話だが、今ハロプロでその座を欲しいままにしているのが里田まい。カントリー娘で唯一苗字がついているメンバーとして知られ、モデル並の端麗な容姿を持つのに中身はおっさんOSという里田だが、彼女はもともと石川、吉澤、辻、加護が合格した4期メンオーディションの落選組(他に藤本美貴、若槻千夏も4期落選組)。インタビューで「現在のモーニング娘。は歌が上手いと思わない」と発言したのは有名な話。先だってカントリーからあさみとみうなが芸能界引退で抜けて実質1人になってしまい、今後どうなってしまうのかが懸念されていた。が、今彼女がハロプロのアウェイでの活動では、最も頂点を極めているのではないかと思われる時代が到来している。いわゆる、「ヘキサゴンII」でのおバカキャラ開花だ。

 しかし、そんな里田に手ごわいライバル出現。若槻の事務所の後輩であるグラドル・木下優樹菜だ。若槻を上回るバカさ加減と、そのふてぶてしいキャラ設定で、早くも里田の地位をおびやかしている。この人実は、高橋、紺野、小川、新垣が合格した5期メンオーディションで最後の最後まで残っていた人である。今と違って結構かわいらしい系のキャラで、合格していてもおかしくないような子だったと思う。このオーディション落選組では、先に嘉陽愛子がアイドルとして出てきたのでそっちが話題になったが、最近は木下優樹菜についても話題が再燃しているようだ。

 しかし、同じモー娘。になり損ねた境遇で、方やハローでカントリー娘、方やグラビアアイドルとしてデビューし、今は同じ土俵でおバカを争っているとはなかなか感慨深いものがあります。大沢あかね・福田沙紀・小倉ゆうこりんという伏兵に足元すくわれないよう、キャラ力をつけて頑張れ!
  1. 2007/04/09(月) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加護ちゃん

加護亜依写真集 加護亜依写真集
関 めぐみ (2003/11/22)
ワニブックス
この商品の詳細を見る

  再喫煙で解雇。うーん、なんちゅーか。もういいかな、「加護ちゃん」はって感じです。そもそも去年の時点でアイドルとしての復帰はほぼ無理だろうと思っていたので、今年に入って事務所でお茶汲みやってるとか復帰備してるとか、逆にまだやる気あんのかいと驚いたくらいでして。でもまぁ、今回でとどめさされましたね。いやー、残念ですけど、しょうがない。Wとか辻加護とか、ハローのアイドルとしての彼女の姿をもう一度見るというはかない希望はもうあきらめるしかない。

 でもね、違った形で復帰するのはいいんじゃないですか?(アップフロントが圧力かけない限りは)汚れバラドルでも、ちょっと擦れたシンガーでもいいですよ。もう一回反省するのか、逆に開き直るか、どっちでもいいですけどとにかく何らかの形で戻ってきて欲しい気もする。あの才能をこのまま眠らせるのはあまりに惜しい。薬で終わったと思われた岡村ちゃんとかも「ageHaベイベッ! 帰ってきたぜ!」なんつってノーテンキに復活できてるもんな。それが許されるのって芸能界だけだし。すげぇよな。

 ハロプロ系を追いかけるのも正直しんどくなってきたというか…。っつっても相変わらず矢口っちゃんとか辻ちゃんとかは好きなんで、対象しぼってほそぼそとファン続けようと思います。ハロモニも終わるしね…。
  1. 2007/03/27(火) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モーニング娘。第8期メンバー決定

 モーニング娘。の第8期メンバーが決定した…らしいんですが、最近ハロモニ見てないんで候補にどんな娘がいたかさえ良くわかりません。小春の時まではなんとか見ていたんだけどなぁ。聞くところによると「みつまジャパン」に良く似た天然娘だとか。え~なんだそれ。相変わらずつんく♂のセレクション基準は読めねーです。しかしなぁ、今この時期に娘。に入ってもどうなんですかね?実際みんな8期メン決定してその名前とかどんな顔だとか知ってらっしゃいます?かつてはモーヲタを自称していたワシでも名前が出てこないですよ。

 ちなみにこういう人らしいです。知らないと流行に乗り遅れますよ!…という事は全くないと思います。
  1. 2006/12/11(月) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボンブラ復活!!

ユラユラ揺れる(初回限定盤) ユラユラ揺れる(初回限定盤)
BON-BON BLANCO (2006/08/30)
バウンシーレコーズ
この商品の詳細を見る

 RD-X6のスカパー設定中、何気なくM-ON!の「サキドリ」をつけたら、どっかで見た事のあるアイドルグループが…。ぬお!こりゃBON-BON BLANCOじゃないですか!新曲!?「ユラユラ揺れる」って曲だそうだが、慌てて調べてみると8月30日に1年半ぶりのリリースが決定したとのこと。わぁ!良かったねー!CD出せるんだ!ってかまだ解散してなかったんだ!いやー、発売予定が延期になってから長かった!こりゃ奇蹟に近いね。で、1ヶ月前からもうPV解禁ですか。しかもみんなビキニで妙に露出度高いセクシー路線。えーと、グラドル化でもする気でしょうか?(アンナは前からPVで結構露出はしてた気はするけど)それ以前にまたアンナ太りましたか?なんか髪の色が金に近くなってる事もあって、ルックスがまるで去年あたりの小川麻琴みたくなってるんですが!

 曲に関してはラップかましている以外はいつもながらのボンブラテイストもそこはかとなく残っていて個人的には悪くない。でもなー、ここ一番のシングルとして出すにはやっぱワンポイント足りないというか、売れ線じゃないんだよなぁ。っていうか売れなさそう!「だって女の子なんだもん!」とか「涙のハリケーン」とか、あの辺のアッパーなはじけっぷりがBON-BON BLANCO=イケてるじゃじゃ馬の真骨頂なのに、なんだか妙に落ち着いてしまってる。アルバムの中の1曲ならいい雰囲気なんだろうけど、いいの?こんなので。踏ん張りどころですよ!?ここは。タイアップもちゃんとあるんだろうか。とりあえずこの曲がコケたら、それこそ後がないような気がしますので、是非頑張って下さい!お金に余裕があったら、買おうと思います。あと、この調子でBOYSTYLEにも新曲を!
  1. 2006/08/02(水) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

杏野はるながヤバイ

はるな14歳 [制服美少女図鑑] はるな14歳 [制服美少女図鑑]
杏野はるな (2004/02/28)
株式会社フーガ
この商品の詳細を見る

 かわいいのにヲタクを公言してはばからないアイドル(モモーイやらしょこたんやら)が最近登場し始めている。まぁ若槻とか矢口レベルでも自宅に漫画喫茶を開けるぐらい漫画を持ってるぐらいだから、ヲタク気質があるアイドルは意外にいるようだが、そんな中またまた頭ひとつ以上抜きん出ている侮れないお方を1人発見した。もう一部の界隈ではかなり話題になっている天然系ヲタクグラビアアイドル、杏野はるなその人である。彼女、17歳とは思えないヲタク度で、特に我々中年オッサン世代がときめくような懐かしのアニメ・マンガやレトロゲームなんかに詳しいという稀有な存在。とにかく趣味嗜好が普通の17歳女子から常軌を逸してる。なんでもスカパーEXエンタテイメントの番組でで活躍しているというので見てみたが…。わー、彼女が生まれる前に出たファミコンの「スターソルジャー」攻略してるし。しかも中野ブロードウェイ(お前もかよ)でコロコロコミックとファミコンロッキーの古本買ってまで!

 彼女がやってるブログ「杏野はるなの日常」にも注目。しょこたんのように更新命系ではないものの、レゲー攻略とか懐かし漫画・アニメレビューとか、素朴な文章なのに妙にマニアックな話題が満載!同世代アイドルブログにありがちな絵文字や変なギャル文字とかあまり使って無いのも好感が持てる。特に彼女の書道コレクション!これは秀逸!未見の方にはとにかく是非一度ご覧頂きたい。なんなんだこの娘は!?こりゃどうにもタダモンじゃないよ。もう目が離せない!
  1. 2006/07/27(木) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

スイーツバトン

 Kちゃんとこにあったから持って来ました。

1・おすすめスイーツ
■「ミエナイツバサ」(これ最強)/「on the way~約束の場所~」(MAIちゃんのパートが多いので)/「虹色の永遠」(名曲)/「Never Ending Story」(完成度高し)/「EARTHSHIP~宇宙船地球号~」(ノリノリ)/「Dear my friends」(泣ける) その他もろもろ…選びきれません。

2・行きたいなと思うお店
■新星堂 東京ドームシティ ラクーア店 
 ベスト盤リリース記念に8月1日(火)~8月7日(月)でパネル展をやるそうなので。

3・一番好きなスイーツ
■やはりお笑い&ボケ担当のMAIちゃんですかね。地黒に映える八重歯と酒焼けのようなダミ声がよろしい。

4・夏に食べたいスイーツ
■「暑中お見舞い申し上げます」 キャンディーズの名曲を爽やかにカヴァー。夏ならやはりコレでしょうか。

 え?何かワシ勘違いしてる?

Delicious~Complete Best~(DVD付) Delicious~Complete Best~(DVD付)
SweetS (2006/08/02)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る
  1. 2006/07/26(水) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アイドル栄枯盛衰

 「スーパーリスナークラブ7」さんの7/12のエントリ「SweetS解散に見る「ポストSPEED時代」の終焉」を読んで思う。

 この記事にはSPEEDからSweetSまでの主なアイドルグループの変遷がまとめられていて非常に興味深い。幻のアイドルroute0まで網羅されてる。自分的に一番好きだったのはdream。「だった」と書いたのは、今はそんなに興味ないから。やはり3人時代が最高だった。デビュー間もない頃、リリースイベントに行って、初めてアイドルと握手したんだっけなぁ、そういう意味でも思い入れがある。ちなみに抜けたメンバーの松室麻衣は、今は楽曲をネット配信とかして地道に活動している。公約どおり消えずにがんばっているのはファンとして嬉しい限り。そして一瞬で消えてしまったAI-SACHI。このグループは歌もうまいしルックスもキュートだったし非常に素晴らしかったのだが、シングル2枚で終わってしまい残念である。せめてアルバム1枚でも出てくれれば…。キャラクター的にはFolder5も嫌いじゃなかった。

 あと、楽曲の良さではBOYSTYLEBON-BON BLANCOも相当レベル高い。この2組はまだ解散宣言が出ていないのが救いだが、事実上活動停止状態なのでファンもやきもきだろう。特にボンブラ。彼女達のソングコレクションMDをiPod用に変換したばっかりで最近良く聴いているのだが、この娘たちも報われないアイドルというか、ボーカルのアンナとか才能もあるしルックスもそれなりだしで十分売れてもいいと思うんだけど…やっぱりそれだけじゃダメなんだよねぇ。こう、聴き返してみると、どれもこれも名曲ばかり。しかも、よく聴くと曲に作曲者の遊び心というか小ネタが満載なんだけど、それも問題だったのかねぇ。そういえば、こうやってずっと聴いてたらアンナの声って浜口司にちょっと似てないか?KIX-Sの。無駄に声張り上げる部分とか。それから、エントリーはされてなかったけど、自分的にはダンス・ラップをフィーチャーし、4枚のシングルと1枚のアルバムを出したっきり空中分解したKINGも好きだった。ただ、彼女らは曲と声はすごく良かったが、アイドルとしてはルックスが…。

 最後の方のSweetSSPEEDに対するコメントは、自分とかなり意見が似ていて共感。まず、自分もSweetSはデビュー当時そんなに好きではなかった事。特にデビュー曲、背伸びしてコギャルメイクした年端もいかない小中学生の女子が「ロリータロリータ」言うわけですから、曲自体は非常に良かったにもかかわらず、「こんなん好きだなんて公言したら、変態と思われてしまう」という思いが先行してしまい、素直に聴けなかったのが事実である。考えが変ったのは、スカパーで録音した1stミニアルバム『SWEETS』の「虹色の永遠」「Never Ending Story」を聴いてからである。この完成度の高さはなんだ!?とびっくりした事を覚えている。この頃からメンバーのビジュアルが年齢相応のナチュラル系になってきており、普通に見れるようになってきていた。完全にハマったのは昨年夏の「ミエナイツバサ」からだ。今でも飽きずに聴くので、iTunesの再生回数No.1のフェイバリット曲。夏のライブには間に合わなかったが、その後のイベントにはできるだけ参加するようになったし、スカパーで録音していた過去作は、CD音源で聴きたいがためにほとんど買い直した。中学生組の休業はあったものの、さぁこれから、という時に解散宣言。ガックリである。彼女達がソロ活動で出てくるかは分からないが、個人的には是非(できれば歌で)その姿を再度見せて欲しいものだ。

 ちなみに、SPEEDもデビュー当時は島袋の声が嫌で好きじゃなかったってのも同意。小学生があのキンキン声で歌っている姿は、確かに上手いと思えど、聴いててななんだかいたたまれない思いになったものである。自分的にSPEEDが良く思えたのは解散してから。後から一応買っていた初期のアルバムを聴いて、こんなに良かったのか、と再発見した。
  1. 2006/07/12(水) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加護ちゃん

 FLASHに謹慎中の加護ちゃんの写真がスクープされているというので立ち読み。奈良の実家に戻って生活しているという彼女は、すっかり普通の女の子になっていた。ノーメイクのようだったが、かえって普通にかわいい感じ。2002年頃の加護ちゃんの顔に近いのか。まぁこんなの見るとまた複雑な心境になってしまうねぇ。記事には8月復帰説とこのまま芸能界引退説がささやかれていると書いてあったが、やっぱり引退(というか自然消滅)してしまうんじゃないかという気がする。

 そう言えば、最近ニルギリスの岩田アッチュが加護ちゃんに見えてしょうがない。もうアイドルとしての復帰じゃなくて、ほとぼりが冷めてからインディーズでもいいんでニルギリスみたいなバンドで復活ってのはどうか。あの歌唱力をこのまま埋もれさせるのはもったいなさ過ぎる。それはそれで見てみたい。辻加護コンビやWを見れないのは残念だけれども。
  1. 2006/07/04(火) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

踊る!さんま御殿!!

 ハロプロメンバーは大人数のゲストが出演するバラエティ番組ではあんまり前に出てこないので、矢口と辻ちゃんがゲストの時と、あんまりピンで出ないレアなハロプロメンバーが出る時ぐらいしかチェックしなくなってしまった。そういう意味では先週の石川ピンゲストの「新堂本兄弟」は良かった(みんなワールドカップ見てただろうが、裏にやってたこの「新堂本」「黒バラ」「ガキ」はそれを逆手に取って神番組になっていた)。そんな中、辻ちゃんが「踊る!さんま御殿!!」に出演。いきなりさんまに「事情があってピン出演」と紹介され、出演者みんなが大慌てでさんまを制止するという場面がオンエアされた。加護ちゃんが謹慎になった直後は、みんな腫れ物に触るかの感じでその話題にはほとんど誰も触れなかったが、こういう場面もカットされずに流れるようになったという事は、ほとぼりが醒めたのか、それとも…?
  1. 2006/06/21(水) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うたばん

Ambitious! 野心的でいいじゃん (初回生産限定盤)(DVD付) Ambitious! 野心的でいいじゃん (初回生産限定盤)(DVD付)
モーニング娘。 (2006/06/21)
アップフロントワークス(ゼティマ)

この商品の詳細を見る

 モーニング娘。久々に出演と言う事で、録画していた「うたばん」見る。紺野・小川が卒業という事で大特集と思いきや、「クイズまじやべぇ!!」とか言ういつも通りのしょうもないカス企画で20分以上の時間を無駄に。結局卒業に関わる話は紺野ちゃん加入即怪我で休業伝説を引き起こした玉転がしシーンをチラと流した1分半ほどのみ。紺野ちゃんはまだいいが、小川なんて最後の最後でオチに使われて終わりという始末。保田よりひどい。お約束とは言え、ちょっと笑えなかったなぁ。

 娘。の30枚目のシングル「Ambitious! 野心的でいいじゃん」は、タイトルのダサ度は相変わらずB'zとタメを張るが、久々に好きなタイプ。個人的に好きな「浪漫」に次ぐビート系の曲なのもいい。メインの田中もカッコ良く決まってるし、それをサポートする高橋と藤本もイカス!が!それはそれとして、紺野と小川のラス曲だというのに、こっちも彼女達が全くフィーチャーされていないのはどうなのか。今回の「卒業」はちょっと特殊ってのはあるけど、だんだんそれがないがしろになっていくのが、ハロプロの終焉を予感させてあまりにも悲しい。
  1. 2006/06/16(金) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かわいいと思う同世代の女優ランキング

 去年くらいまでワシも好き女子ランキングなんぞをブログに書いたりしていたが、ちと恥ずかしくなって今年からやめてしまった。そんな折り、ネット上で気になる記事を発見。

 高校3年生に聞いた~かわいいと思う同世代の女優ランキング

 概ね同意!である。実は今年も好き女子ランキングを書きかけていたのだが、そこで上げた女優が全部ランクインしている。という事は、つまり、ワシの感性も高3と同じだという事だ。ちなみに精神年齢は中学生です。長澤まさみがかなり人気なのが意外だが、女子と男子では長澤まさみと入れ替わって堀北真希が上位にいるのに注目!そう、男子はちょっと気の強そうな長澤まさみより堀北ちゃんのような小動物系に弱いものなのだ。それから、4位が女子は上戸彩が、男子は相武紗季と分かれているのも面白い。ワシもだんぜん上戸より相武派なので多いに納得。そうだよなー。男は相武ちゃんだよな!しかも「アテンションプリーズ」見てるとだんだん上戸が嫌いになっていくんだよー。宮崎あおいちゃんが上位にいるのはは言わずもがな、戸田恵梨香がトータル3位と善戦しているのも、最近の彼女の活躍を見れば納得。9位にはなんと鈴木杏ちゃんが入っている。そんなに露出はない女優だけど、「がんばっていきまっしょい」効果か?沢尻エリカもかわいいよねー。うん。

 個人的には「ギャルサー」の生徒会長モードが非常に可愛かった岩佐真悠子や、夏ドラで主役に抜擢された榮倉奈々、ちょっと個性的な顔立ちがくせになる多部未華子あたりを推していきたい所存。
  1. 2006/06/05(月) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SweetS解散

 信じたくないが、恐れていた事が真実となった。6月7日をもってSweetSの解散が決定。数日前から公式サイトに、「土曜日のリリースイベントで重大発表」とアップされていたのでなんとなく嫌な予感はしていたのだが…。理由は明らかにされなかったが、確かに売れなかったし、3年契約だったとしたらそれを乗り越えられずに、遂にavexから引導を渡されたという感じなのか。ああ、アイドルの命のなんと儚い事か…。

 実は仕事で客先だったし、先日書いたように今回CD買っても握手券もらえなかったので正直イベント参加は諦めていたのだが、ふと胸騒ぎを覚えたので、イベント会場まで電車で30分だった事もあり、理由をつけて一旦抜け出して15時からのイベント2回目に駆けつけた。会場に着くと、いつも見かけるヲタ氏の顔はちらほらあったが、特に変った様子もなく、周りからも解散決定などの声は聞こえて来なかったので杞憂だったかな、と一安心。しかしスタートが珍しく15分ほど押している。こんなに押したことは今まで無かったので、また嫌な予感が。しかし、登場したSweetSは皆明るい笑顔のまま。しかしまぁファンになって以降初めて見る5人SweetSのパフォーマンスの圧倒的な事よ。お姉さんチームの存在はデカかった。やっぱSweetSは5人だよなぁ。そしてMC。司会者を食ってしまうAKIの軽妙な関西弁突っ込みトークがあると大違いである。3人でのトークがいかにグダグダだった事か。そんな中、司会者から突然嫌に重苦しい前振りがあり、いよいよ重大発表との事。と、周囲がどよめく。後から知ったが、1回目にはこんな神妙な発表はなかったらしい。…で、…AKIの口から発表されたのは…「私達は6月7日をもってSweetSの活動を卒業します」の衝撃的な一言。「えーーー?」という声すらあがらず、会場が水を打ったようにシーンとしてしまったのがファンのショックの大きさと、ある程度の覚悟を表していたのかも知れない。思えば、15分も押したのはどうやって発表するかリハーサルをしていたのだろうか。

 SweetSは個人的には現役アイドルのうち、(CDのクオリティとしては)歌唱・パフォーマンスについては最高レベルだと思っている。逆にルックスに関してはアイドルとしては微妙ではあるが、その分親しみやすさがある。ライブパフォーマンスはまだまだな部分はあるが、今までに見たイベントでの明るく元気のいいパフォーマンスは概ね好印象だ。中学生のガールズグループ(デビュー時には小学生のメンバーもいた)と言う事もあって、先入観で避ける人も多かったと思うが、その音楽的な質の高さからSweetSの曲はCDを買って手元に残したいと思わせたのが本物である。実際昨年リリースした音源には外れが全く無く、素晴らしいものばかりだった。…でも売れなかった。

 せっかく5人で復活したその日に、解散宣言。これはキツすぎる。ファンもつらいが、本人達も辛かったのだろう。ステージの上の彼女達はコメントを求められても泣いてしまって声にならない。いろいろ理由はあるんだろうが、真実はわからない。ただ、アイドルという稼業は非常に刹那的なもので、そんなに長く続くものではないという事も分かっている。自然消滅的にいなくなってしまうアイドルが多い中、一番旬な時期にメンバーの口から解散宣言できたのは、ある意味幸せだったのかも知れない。我々ファンの中には、一番良かったときのSweetSが永遠に残るのである。時期的に、次回解散イベント等あったとしても、もう参加できないかも知れない。そういう意味では、無理をしてでも駆けつけたのは正解だったのかも。最後に一番見たかった、5人SweetSによる「ミエナイツバサ」フルバージョンを、目の前で見れたことが唯一の救いだ。本当は会場でCDを買って最後の握手に参加しようとも思ったが、かける言葉もないし、時間が押したために客先に戻る時間も迫ってしまったため、潔く会場を後にした。

 CRFユンソナ設置店閉店、加護ちゃん謹慎、カエラちゃんsakusaku卒業、宮川泰先生死去、そしてSweetS解散。最近悲しい事が多いなぁ…。好きなものが、どんどんどこかへ行ってしまう…。
  1. 2006/03/25(土) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あややがジャニス

 松浦亜弥が午後ティーCMで、ジャニス・ジョップリンの「MOVE OVER」のカヴァー。…いひゃー、異種コラボレーションというか、こういう企画はいいねぇ。ドキドキする。是非とも音源リリースして欲しいよ。マジで!そしたらデジオ録音だけじゃなく買う。そう言えばあややは以前(カバーと言えないかも知れないけど)プリッツのCMでDEEP PURPLEの「SMOKE ON THE WATER」やってたしなぁ、アリでしょう。ハローはもうつんくに頼る時代は終わったと認識すべき。小室哲哉の栄光が長く続かなかったように、つんくも終わるときが来た。ワシはあややの「MOVE OVER」を聴いてそう思った。

 嗚呼、加護ちゃんがせめてタバコ吸うの20歳過ぎてからにしてくれてればなぁ…。こういうアナーキーな展開がダブルユーである事も期待できたのに…。合掌。
  1. 2006/02/27(月) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加護ちゃんショックから1週間

 もうあれから1週間経ってしまった。彼女の顔をテレビで観たのは当日オンエアされた「どっちの料理ショー」が最後(その後土曜の「IQサプリ」にも出てたらしいが、まさかもう出るわけないと思ってチェックせなんだ…)。あれからいろいろ考えたが、あの報道にはまだ表に見えていないいろいろな実情があったのではないか…、などと勘ぐってしまう。そもそもあんなにうっかり外でタバコを吸ってしまうもんだろうか。隠れて吸ってた写真が流出したのなら分かる。そこには何かしらの意図があったような気がしないでもない。

 実は芸能生活に疲れて引退したかったが、事務所が辞めさせてくれないのでわざと不祥事を起こした。本当は吸ってなかったが、実はその後もっと凄い事をスクープされていたので、事務所があの写真で手を打って、謹慎ですむようなんとか押さえつけた。などなど…。とにかく、表に見えてない、何か大きな力が働いたのではないかと。それを裏付けるような様々な噂も飛び交っている。

 まぁ、どれもこれも憶測に過ぎないし、公式見解として喫煙は事実と発表されているのだから、イメージが海の底まで落ちてしまったのは間違いないのだが、でも、全くキャラを代えて、例えばタトゥーのように「Mステ出て歌わずに帰る」みたいな傍若無人ユニット、名づけて「ブラックダブルユー」!てな感じで復活するなら、応援してもいいかな?<ないない。
  1. 2006/02/16(木) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嗚呼、加護ちゃん終了…

 2月9日、日本アイドル界の大いなる逸材が、自らの手で、あまりにもあっさりとその価値を地に落としてしまった。加護亜依、喫煙発覚で謹慎処分。実に無念だ。2月7日は加護ちゃんの18歳の誕生日であり、その輝かしい夢と希望に溢れる前途についてもなんか書こうかなと思ったところでまさかこのニュース。正直、驚愕し、落胆した。つまりは、全てが「一発で台無し」である。

 去年、大ファンだった岡村ちゃんが覚せい剤所持で逮捕され大いに失望したのだが、今回はそれ以上のキツさだ。未成年のピュア系アイドルにとっての喫煙発覚。これはもう絶対的に致命的。罪の重さを別にすると、その衝撃度はロッカーが麻薬で捕まる比ではない。恋愛発覚の方がまだかわいげがあるように思えるほど、取り返せないほどのイメージダウンなのである。現実として未成年の喫煙が日常茶飯事なのは分かってはいるが、だからと言ってそれを擁護する事は、誰に対してもどんな理由があろうとも全くできないし、特に加護ちゃんの場合、裏でどうなのかは別として、少なくとも表向きは人に夢を与えるアイドルとしては老若男女に知名度が高く、喫煙など別世界であるようなイノセントなキャラで売っているのだから、その辺に最も気を遣う必要があったはずだ。それでなくても最近UFAやジャニーズなどアイドル界隈に不祥事が頻発していて、それがどのような悲惨で迷惑な結果を招いているのか散々報道されているのに、それにも関わらず自分が今回公然の場でやってしまった愚行に、全く自覚が無かった事を猛省頂きたい。ファンならば何か理由をつけて擁護したいところだが、今回ばかりは、しない。

 問題は、謹慎が解けたとして芸能界に復帰するのかどうかという事だが、どれだけ猛省したとて、元のピュア系アイドルとしての加護ちゃんとしてやっていくのは最早難しいと思う。Wを続けるのも無理だろうし、ハロプロの中でも落ち着く場所はないだろうから、全くのピンでやっていくしかない。誰にも咎められる必要はないはずの成人した矢口の熱愛発覚だけで、あれだけ立ち直りに苦労しているのだから、相当苦しい道のりになるだろうし、ワタシ自身、仮に戻って来たとして、今まで通りのスタンスで彼女を応援するのはきっと無理だ。この事実は、これからずっとついて回る。どうしても芸能界に残るなら、汚れもOKな下衆なマルチタレントとしてやっていくしかないと思う。ワタシ自身これを言うのは非常に残念なのだが、彼女はここで引退するのが最善なのではないかと思っている。

 辻ちゃん!あとは君にかかっている!どうか落ち込まず、彼女の分まで頑張って下さい。
  1. 2006/02/10(金) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モーニング娘。が面白くない

 最近モー娘。がつまらなくなっている。ハロモニを観ても全然楽しくない。この頃はワンパターンのマジッククイズばっかだし、唯一中澤姉さんと亀井の毒舌合戦が面白かった「エリック亀蔵」も終わってしまったし、観るべきところがない。まさに末期的な様相だ。一応ハローメンバー出演番組のフォローはまだしているが、チェックする価値があるのは矢口とWの2人くらいで、後はどうでもよくなってしまった。あの松浦あややも最近は微妙だし、その他のハロメン(カントリー、メロン、その他のソロのみなさんetc.)は活動してるの?てなくらいテレビで見ない。歌で唯一まだ勢いがあるのはBerryz工房ぐらいというありさま。歌番組を制覇していた2000~2003あたりが嘘のようである。

 年末の紅白では「ドリームモーニング」として、現存する卒業メンバーをモー娘。本体と合流させて出場するらしいが、もうそこまであがかなくていいんじゃないかと思い始めた。国民的アイドルだったモーニング娘。は、2年くらい前からとうに死んでいる。今年モーニング娘。がリリースしたシングルがどんな曲だったか、ヲタ以外で覚えている人がいったい何人いるだろう。未だ「LOVEマシーン」が口ずさめる人はいても、「色っぽい じれったい」が口ずさめる人がいったい何人いるのか。

 …avex系アイドルの低迷も含め、アイドル冬の時代が、またやってきたような気がする。ガクガクブルブル。
  1. 2005/12/07(水) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンプル盤

 嫁が会社のバザーで発見して100円で買って帰ってきた、モーニング娘。のミュージカルDVDがサンプル盤だった。これ、シリアルナンバー入ってるけど、管理されてるのかなぁ?昔、メーカーはサンプル盤がオークションに出てたら落札して出所を突き止める、とかいう話を聞いた事があるけど、ホントだったらこれ流したお店はヤバいっすよね。

 でも中古屋とかでCD買うとサンプル盤だった、てのは結構よくある。中古なのに未開封だったりするとたいていそう。やっぱ横流しする人は多いのかね。そう言えば昔とあるところから「Treasure」のサンプル盤を…(以下略)。
  1. 2005/08/31(水) |
  2. アイドル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ