クマチュー!!

カテゴリー:「B'z ブックレビュー」の記事一覧

・--/--/-- スポンサーサイト
・2014/02/15 Rhythm & Drums magazine 2014.3月号
・2013/09/16 AERA 2013.9.23号
・2000/12/26 B'z TWELVE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

Rhythm & Drums magazine 2014.3月号



maimaiさんのブログで知りました。「Rhythm & Drums magazine」2014.3月号のドラマー・青山純さん追悼特集。

言わずと知れた初期B'zのスタジオアルバムの多くの曲を叩いてきたアオジュンさんですが、特集内の参加名盤をざっと見ただけでも大御所からアイドルまで、新旧実に多種多彩なアーティストの曲を叩いてこられたんですね。昔耳になじんたあの曲もこの曲も実はアオジュンさん!?と驚くばかりです。

B'zだと『RISKY』あたりだと「GIMME YOUR LOVE」や「HOT FASHION」などのドラム缶を叩いたような、『The 7th Blues』あたりだと「Don't Leave Me」や「MOTEL」などの腹の底に響くような、とにかくドッカンドッカンパワフルなドラムだなと思ったらたいていアオジュンさんが叩いておられました。

20140215_02.jpg

松本さんと稲葉さんもアオジュンさんの思い出を寄せています。駆け出しの頃にB'zのリズムを支えた人ですから、特別な思いがあるでしょうね。

あと、同ページには山木さんのコメントも。B'zの曲で言うと、個人的な感想としてはパワーの青山、テクニックの山木なんて勝手に思ってたりするんですけど、「Calling」では夢のコラボレーションだ!と胸ときめいたのもいい思い出です。もうアオジュンさんのドラムの新作は聴けないんだなと思うと悲しい限りです。

という訳で、追悼の意を込めて、この週末は初期B'zを久々に聴き返してみようかななどと思っています。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/15(土) |
  2. B'z ブックレビュー
  3. | コメント:0

AERA 2013.9.23号



AERAにて表紙と特集・インタビュー記事。「B'zがトップを走り続ける理由」というテーマは、もうかれこれ10数年以上、雑誌やテレビなどで延々と語られてきているものですけど、相変わらずブレていないというか、もはやブレようがない、というのが正直なところなのでしょう。

B'zが売れる限りこのテーマの特集は組まれるだろうし、売れなくなったらなったで、今後も彼らのポリシーはブレないと思います。

自分もファンになって以降、その温度ていうのは時期によっていろいろ変わったりはしますけど好きでいるのには変わらないし、新譜が出れば聴くし、ライブがあれば可能な限り出かける。そういう風に続けてずっと好きなものって、人生の中でそう多くない。B'zの場合、その継続度が恐ろしく長いし、これからも延々続いていきそうな感じがします。

あと、旬が短いアイドルなどと違って、結構ゆっくりペースで活動してるのでついて行きやすいというのも個人的には大きなポイントかもしれません。比較的搾取感がないと言いますか(商売である以上皆無ではないですけど)。記事には活動休止をせず休む事がないと書いてありましたが、彼らは活動的には十分休んでると思います。世の中には「活動休止」と言いながら、B'zの活動スパンより全然早く戻ってくる人やグループもいます。当然、見えないところでの切磋琢磨はあるでしょうが、B'zはただ休止と言わないだけ。そんなマイペースなところも、いいんじゃないかな、と思っています。逆に物足りない人も多いのかもしれませんが…。
  1. 2013/09/16(月) |
  2. B'z ブックレビュー
  3. | コメント:0

B'z TWELVE

B'z TWELVE

話題のオフィシャル本、「B'z TWELVE」を読了。この本、12月に入ってからネット上で発売の情報が流れはじめ、さまざまな憶測が飛び交う中、実際公式に発表されたのは発売1週間前。公式モノの発表としては異例の慌しさです。聞いた話では、この本を出版している祥伝社という出版社がインディーズ体質で、あまり宣伝に積極的でなかったとの事らしいですが、自社のホームページに情報をアップしていたので、恐らく問い合わせが殺到したんでしょう(あくまで推測)。

肝心の内容ですが、要は今まで雑誌やラジオのインタビューなどでB'zの二人が語ってきた発言から要点を抜粋し再編集した、というもの。パッと見薄々な感じもしますが、かなり広範囲から拾ってきているし、いろいろなカテゴリー別に分けるなどの工夫がしてあるので意外にも読み応えはあります。また、この本で初めてお目見えするカメラマンやライターなど関係者の発言も興味深いです。ただあくまで一つのインタビューからほんの一言を抜粋した、という形式なので、雑誌インタビューなどをよく読む人には、読んだことのあるものがほとんどで物足りなかいかも知れません。どちらかというと「B'z The Book Treasure」の方がまるまるインタビューを載せてあるので資料的な充実感はあります。

写真が少ないとか、値段が高いとか、いろいろな意見もあるようですが、なんだかんだ言ってもこうしてB'zの過去の発言が公式な1冊の本にまとまったというのは評価すべき点だと思いますし、実際B'zという人達がどんな人で何を考えているのかというのがこの本によって見えてくるので、B'zに興味のある方なら一読の価値はあるのではないでしょうか。今まで野次馬根性丸だしの怪しげな非公式本が散々出版されてきましたけど、やはり本人の口から発せられた言葉というものは真実味と重みが格段に違います。

テーマ:B'z - ジャンル:音楽

  1. 2000/12/26(火) |
  2. B'z ブックレビュー
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。