クマチュー!!

カテゴリー:「趣味」の記事一覧

・--/--/-- スポンサーサイト
・2016/05/13 イニシエーション・ラブ / 乾くるみ
・2016/01/04 楽しきレコード洗い!
・2015/03/14 CNNスーパータイム「なつかしのテレビゲーム特集」(1989)
・2015/02/17 意外にゴージャスだった幼少時のリスニング環境(追記)
・2015/02/15 意外にゴージャスだった幼少時のリスニング環境
・2014/04/20 圧倒的物量のアイドル・ガイド!!だがしかし・・・
・2014/03/24 「すべてのJ-POPはパクリである」と言っちゃうすごい本!
・2014/03/15 ラグジュアリー歌謡
・2013/09/16 黎明期のガンプラ
・2013/09/15 みいんなじろうちゃん/石川次郎
・2013/09/07 80年代悪趣味ビデオ学入門!
・2013/07/21 さよなら傷だらけの愛車よ
・2013/02/02 ソニー、MD録再機の生産を終了 ですって…!?
・2012/11/03 iPad Retinaディスプレイ
・2012/10/04 ROBOT魂「ダンバイン」
・2012/09/23 ナショナル アクションマックロード NV-150
・2012/09/13 Mac死亡
・2012/09/01 ROBOT魂「ビルバイン」
・2012/08/05 板尾のガチャガチャ
・2012/08/04 R-GRAY1
・2012/07/26 チビッコ広場ドリームタウン(富山県氷見市プラファ内)
・2012/07/17 1980年当時のゲームコーナー from 「男!あばれはっちゃく」
・2012/01/03 S.H.Figuarts 仮面ライダーファイズ
・2011/09/18 S.H.Figuarts 仮面ライダーカイザ
・2011/09/17 一眼レフカメラ購入
・2011/08/26 S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズ プトティラコンボ
・2011/08/07 S.H.Figuarts 仮面ライダーガタック
・2011/08/06 S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズ シャウタコンボ
・2011/07/24 アナログ終了!
・2011/07/23 S.H.Figuarts 仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

イニシエーション・ラブ / 乾くるみ

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

最初に映画版の方を見始めていたんですが、「原作を読んでからの方が楽しめる」と聞き、急遽途中で観るのを止めて原作の方を読みました。なるほど…、これは面白い。

最後まで一気に読みきった後、ワタシは最初「ん?」となりました。で、もう一度「ん?」となりました。要するに、どういう意味なのかすぐには分からなかったんですけど、そのうちじわじわ分かってくるんですよ。そういうことか!いやいや怖ぇ〜〜!!って言う。で、気になるところを読み直してみると、パズルのようにちゃんと辻褄が合ってるんですよ。上手い!まぁでも、これはミステリーとか言われてますけどね、ワタシはやっぱり結局恋愛小説なんだと思いますよ。ギミックがやたらトリッキーではありますけどね!

で、映画版ですが、ワタシが観たのは主人公の鈴木君が一番最初にヒロインの繭子ちゃんの家にバイクで駆けつけたシーンまでなんですけど(ここまでは原作とほぼ一緒)、この後って前田敦子がやれんの?っていう描写じゃないですか!そこがどうなってるのかも気になるし、やっぱり小説ならではのギミック(特に後半以降)をどうやって映像化するのか?これが「ハサミ男」ばりに難しいと思うんですけど、評判見るとそこはかなりうまいことやってそうなんで、続き見るのが楽しみですねぇ。
スポンサーサイト
  1. 2016/05/13(金) |
  2. 本・雑誌
  3. | コメント:0

楽しきレコード洗い!

中古レコード屋で買って来たレコードって、結構汚いですよね!!中古屋ってレコードを店に出す時にしっかりクリーニングしてるものとばっかり思ってましたが、意外にもそうじゃない。キズはしょうがないとして、盤面はうっすらとホコリかぶってるし、カビが生えてる事もある!

20160104-02.jpg

こないだ買って来た「交響組曲・宇宙戦艦ヤマト」のLPですけど、ジャケのコンディションはいいのに、盤質はダメダメ。パチパチいうし、B面2曲目「決戦」のいいところで針とびまで起こします。

水で洗ってみたり、爪楊枝で針飛び部分をこすってみたりしましたが、改善せず。あきらめてもう1枚買ってしまおうかと思った矢先、こういうものがあると知りました。ディスクユニオンのレコクリンレコクロス!!

20160104-01.jpg

早速買って来て実践!レコードにレコクリンを垂らしてレコクロスで拭くとあらびっくり、あんなにしつこかったカビ汚れがあっさり取れます。針飛びを起こしていた部分も多少強めに何度か拭くと、見事に針飛びしなくなりました!これは凄い。



こんな公式のHOWTO動画もあるみたいですが、結構適当に垂らして拭いても全然大丈夫みたいです。少々の針飛びはなくなるし、パチパチノイズも減るし、拭いてる時は無心になるし、なにしろ汚いレコードがピカピカになるのが嬉しい!キレイなレコードをターンテーブルに乗せて回してるとウットリしますね!レコードのクリーニングってホント楽しいっす!!

  1. 2016/01/04(月) |
  2. オーディオビジュアル
  3. | コメント:0

CNNスーパータイム「なつかしのテレビゲーム特集」(1989)

1989年のはじめに「FNNスーパータイム」でやったテレビゲーム特集を発掘しました。
(クマチュー!!レトロ館ブログの記事(13.11.10)を再掲)

■スクウェア創設期の様子

img-00001.jpg

「どのようにゲームを作っているのか、あるソフトハウスを訪ねてみた」と、御徒町の雑居ビル時代のスクウェアを取材していました。ちょうど「ファイナルファンタジーII」を製作していた頃の取材ですかね。 続きを読む
  1. 2015/03/14(土) |
  2. レトロゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

意外にゴージャスだった幼少時のリスニング環境(追記)

親父が前回のブログを見たらしく、すかさずフォローを入れて来ました。 続きを読む
  1. 2015/02/17(火) |
  2. オーディオビジュアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

意外にゴージャスだった幼少時のリスニング環境

父親が「浅川マキライブ」のカセットテープをCDにして送ってくれました。古いテープなので音は悲惨な状態、回転数もおかしくなってしまいましたが、懐かしさにしばし聴き入ってしまいました。

続きを読む
  1. 2015/02/15(日) |
  2. オーディオビジュアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

圧倒的物量のアイドル・ガイド!!だがしかし・・・

アイドル楽曲ディスクガイド

南沙織の時代から2013年現在までのアイドルを網羅した、アイドル・ファン必携のディスク・ガイド「アイドル楽曲ディスクガイド」!!

この本はですね、網羅性はすごいです。950タイトルあるってことで、12.ヒトエやらピポ☆エンジェルズまでフォローしてあったので、単純にスゲー!となりました。資料として持っておくには最適ではないでしょうか。

ただ、あくまでディスク・ガイドであって、よくある音楽雑誌のディスク・レビューコーナーのアイドルものだけかき集めたような感じになっているのはやや残念。コラムやインタビューがもうちょっと充実してれば、とは思いますが、ページ数の都合ではしょうがないんですかね。お財布には厳しいですが、いっそ年代別に出したら?とか思いました。

それからあの表紙!萌えイラストのあれですよ。何と言っても買いにくい。あれなんとかなったらもうちょっと売れてたんじゃないですかね?本屋にずっと山積みでしたよ。その点「ラグジュアリー歌謡」はオシャレで買いやすかったなぁ。

あと、致命的なダメポイントとして、SweetSの紹介でHARUNAをHIKARIと誤記している!誰HIKARIって?アイドル専門書としてこれはアカンでしょ!!ということでこの本の個人的評価は大幅ダウン!!まぁ、興味のある人なら。

  1. 2014/04/20(日) |
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「すべてのJ-POPはパクリである」と言っちゃうすごい本!

すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考)

「音楽誌が書かないJポップ批評」のB'z特集号で対談し、「パクリ論争など不毛だ!」と声高に唱えてから早12年。なんとなくモヤモヤしながらも、音楽的知識がないためにイマイチ説明がつかなかった、J-POPというものの本質。

お笑い芸人であり、自ら音楽理論を学び、ミュージシャンとしても活動するマキタスポーツが、その知識でもって論考したこの本「すべてのJ-POPはパクリである」を読み、全てが腑に落ちた!やっぱりJ-POPはパクリで成り立っていると!

…などと書くと非常に誤解されそうな衝撃のタイトルのこの本ですが、実際読んでみると、実に分かりやすく、納得のいく形でJ-POPというものを解説してあり、ワタシは思わず「なるほど!」と膝を打ちました。

常々自分が思っていた事について、音楽をやっているからこそ分かる観点から説得力がある考察をしてあるし、なにより「すべてのJ-POPはパクリ」と言いつつ、最後に「パクリ論争などバカバカしい」とまとめているのがうまい。

自分の好きなアーティストの「柔らかい部分」を突かれて怒りがちな人は、是非読んでみるのがよろしいでしょう。怒るのが、バカバカしくなります。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/03/24(月) |
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラグジュアリー歌謡

ラグジュアリー歌謡 (((80s)))パーラー気分で楽しむ邦楽音盤ガイド538

またワタシのバイブルが1冊増えた!!歌謡曲ファン必携、夢の音源ガイド「ラグジュアリー歌謡」!1年ほど前に発売されていつか買おう買おうと思っていたがようやく購入。

ディスクガイドの類いって、ただつらつらと読むだけでも楽しいので好きなんですけど、ワタシのストライクゾーンである80年代〜現代の歌謡曲にスポットをあてたものはなかなか少ない中、これはいい!

「おもに80年代の、バブリーな予算と楽曲のクオリティが幸せな正比例をしている音楽(以下略)」を「ラグジュアリー歌謡」と名付け、そのコンセプトでチョイスした楽曲が、ある意味笑っちゃうほど過剰に高評価したレビューで綴られるわけですが、ワタシこういうの大好物です。ジャケ写と解説をセパレートにしたのも、カタログ風に眺められてページをめくるのも楽しいです。(何故か「東映不思議コメディ」の主題歌を猛プッシュしているのも高ポイント。)

ただ、"ディスクガイド"として使う時は、ジャケ写と照らし合わせるのにいちいちページをめくるのがめんどくさい。また、解説が全て同じ文字数なので、中でも注目盤は扱いを大きくするとかしても良かったんじゃないですかね。あと、インデックスが無いのが致命的。あとであれは…、と探すのが大変なんですよ。そういう意味では、その辺憎いほど押さえていた「テクノ歌謡ディスクガイド」は素晴らしい本だったのだなぁ。

紙質を押さえてもうちょっとお安く、軽くして欲しいかなとも思ったけど、まぁ、「ラグジュアリー」を謳うだけにそこはゆずれなかったのかも。

でも、これでこのガイドを元にうちのiTunesからの名曲掘り起こし、デジオさんのエアチェックなどでプレイリスト作成する、至福のひとときをしばらく楽しめそうです。

  1. 2014/03/15(土) |
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黎明期のガンプラ

今やその呼称自体が登録商標となるくらい、プラモデル界最大のヒット商品として君臨している「ガンプラ」。年々進化し続けていて、その勢いには驚くばかりですが、やっぱりワタシとしての原体験は、80年代のファーストガンダムの時のガンプラブームですよね。

ガンプラが初めて世に出たのは、テレビ本放送終了後の1980年7月。再放送で人気が高まった時期です。中でも1/144シリーズは、当時の小中学生にとっては少ない小遣いでも買いやすい300円という破格の値段であった事も人気の理由だったと思います。

その分、人気のモビルスーツは入荷即売り切れとなり、相当アンテナを尖らせてないとずっと買えないなんて事がざらでした。学校の男子の話題は「あのガンプラがどこどこに売っていた」、「次はあのモビルスーツが出るらしい」と、ガンプラ一辺倒、実際にブームが高まった時期はお店に行っても「量産型ムサイ」しかない状態が結構あったのを思い出します。

今のガンプラは、色分けされていたり接着剤を使わなくていいなど、暇のないオジサン的には嬉しい仕様ですが、80年代に日曜日の昼下がり、AMラジオのローカル番組を聴きながら、シンナー臭に包まれた部屋で四苦八苦してガンプラを作っていたあの時期も良かったよなと、思い出しては非常に懐かしい気分になります。



部屋整理していたら出てきたガンプラのチラシ「THE HERO 1980 Vol.7」。当時のガンプラの箱の中に入っていたものですが、1980年のものなのでガンプラがブームになりかけた最も初期のものだと思います。まだ、グフも出ていない頃ですが、既にボールまでもが企画のラインナップに乗っているあたり勢いを感じます。

img032.jpg

まだ1/60は出ておらず、ガンダムは1/100と1/144の2ラインナップ。1/100はデカイしバズーカやコアファイターがついているけど、足首が可動しないなど、プロポーション的には1/144の方が出来が良かったです。1/144ザクも足首が可動しなかったんですよね。
  1. 2013/09/16(月) |
  2. プラモデル・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みいんなじろうちゃん/石川次郎



自分あまり漫画を読まないのですが、80年代に読んでいた漫画は時々読み返したりしています。ノスタルジーというか…、あの頃に帰れるんですよね。

今回ピックアップするのは、アーケードゲーム専門誌「GAMEST」に掲載されていたテクナートの宣伝漫画で一部に有名な石川次郎の単行本「みいんなじろうちゃん」。同姓同名ですが、トゥナイト2の人じゃないです。

いわゆるガロ系の「エロ・グロ・シュール」かつヘタウマで、80年代のサブカルシーンに割とあった感じだと思うんですが、石川先生の作品はそんな中、自身の真面目な性格と人柄が反映されていて、読んでてなんだかほっこりしてしまう作風が好きでしたね。

「みいんなじろうちゃん」は、テクナート漫画のバカバカしさのインパクトで一気にファンになった後、本屋で偶然見かけたので思わず買ってしまったのですが、それ以降、2〜3年に一度、たま〜に読み返したりします。今では結構なレア本になっているようです(今欲しがる人がどれだけいるのかという話ですが)。ちなみに、奥付には1989年4月1日初版発行とありました。重版はされたんでしょうか。

内容は1コマ作品から数ページの短編、コラムなどがほとんどですが、ワタシ的には小学生の妄想を具現化したような「すごすぎる人」とか、もはやディストピアSFの域に達した「山本さん一家の1日はこうして暮れる」とか好きですね。

テクナート漫画以降石川先生の作品を全く目にする事がなくなっていたのですが、いろいろあったようですね…。絶筆はされていないみたいですが、相変わらずメジャー系には絶対乗らない活動をされているようです。ネットでサンプルなどを見ると、最近の作品集はかなりドサイケで以前の素朴臭は抜けている感じでしたが、ちょっと読んでみたいですね。

GAMEST-1989-05-19.jpg

「GAMEST」の1989年5月号に掲載されていた「風まかせの人生」。おそらく最初期のテクナート漫画。
  1. 2013/09/15(日) |
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

80年代悪趣味ビデオ学入門!


別冊映画秘宝80年代悪趣味ビデオ学入門! (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)別冊映画秘宝80年代悪趣味ビデオ学入門! (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)
(2013/02/04)
伊東 美和、神武団四郎 他

商品詳細を見る


ずっと気になっていたこの本、このたびようやく買ってみました。レンタルビデオ代が800円とか1000円とかしていた80年代。どれもこれもパッケージには見覚えがあるのに、あまりにも中身が(いろんな意味で)ヤバそうで借りれずじまいになり、そのうち一度も観れずに姿を消していったビデオのオンパレードです。

掲載されているレビューをつらつら眺めていると、このビデオたちを観れなかった悔しさと同時に、「やっぱりあの時借りなくても良かったんだな」という安堵感もありました。正直10代の頃に観ていたら人格変わっていたかも。

あと、座談会やコラムなどはおそらく著者の面々がジャスト同世代なのでしょうが、とても共感できるものばかり。同好の者が思う事は、どこへ居ても同じなのだなと嬉しくなりました。

高校生の頃、行きつけの本屋の近くに出来たレンタルビデオ屋のサッシの入り口に貼ってあった「デッドリー・スポーン」のポスター。あれをいつも眺めながら、「観たい!でもなんか嫌な予感がする!」と思っていたあの感覚が、ワタシの悪趣味原体験だったんだなー、と。

結局この本の中で観た事があったのは「ロウヘッド・レックス」だけでした。なんでこの映画を借りてきたんだろうと思い出してみましたが、確か大学生の時、先輩とオールナイトでホラー鑑賞をやろうという事になり、「アクエリアス」「マイドク」、そして「ロウヘッド〜」を借りたのでした。今思えばすごいラインナップですね。「ロウヘッド」はクライブ・バーカーってだけで期待して観たら、終わった後に「なにこれ?」と頭を抱えたという、非常に残念な映画だったという記憶はあります。

というわけで、好きな人は非常に楽しめる本だと思いますが、極端に人を選びますので興味のある方だけ是非。
  1. 2013/09/07(土) |
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さよなら傷だらけの愛車よ



6月26日、愛車「イス子」とお別れしました。11年も乗って総走行距離たったの33,600キロ。全然乗ってやれなくて、最後はバッテリーあがりっぱなしだったりしたけど、それでもいろいろなところへ連れて行ってくれた思い出は忘れません。

P1000366_20130721120240.jpg

世界遺産となった富士山にも行ったねぇ。手放した後は競売にかけられて、場合によっては海外に行く事になるかも知れないそうです。いいオーナーさんに出会う事を祈るばかりです。

さようなら。そしていままでありがとう。
  1. 2013/07/21(日) |
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソニー、MD録再機の生産を終了 ですって…!?



マジですかー。

確かに音源はiTunesでほぼ管理するようになりましたがね。

まだ昔録音したMDが大量にある上に。

スターデジオ録音→PC取り込み→曲名取得では未だHi-MD使用が便利なので、俄然現役でバリバリ使用中ですよ。MZ-RH1は2台目が調子悪くなってきたのでどうしようかと思っていたのに…。

さぁ、今後のデジオ取り込み方法を検討しなきゃならんですかねー。
  1. 2013/02/02(土) |
  2. デジモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPad Retinaディスプレイ



11/2に発売された、iPad Retinaディスプレイ(Wi-Fi/32G/White)を買いました。miniじゃありません。ワタシ的にはiOS関連ガジェットデビューです。そろそろ欲しいなと思っていたのと、量販店のポイントがたまっていたところに新型登場という、丁度いいタイミングに背中を押されての購入です。

さっくり触った印象としては、とにかく画面が奇麗。写真はもちろん、フォントもドット感がまるでなくて印刷物を読んでいる感覚になります。ネット接続など含めてレスポンスも非常に機敏で、ちょっとした調べものしたり、テレビ観ながらいじったりするには最適。もうPC立ち上げる必要がないんじゃないかと思うくらい。非常に奥深いオモチャを買った感じで、しばらくはハマってしまいそうです。

しかし、買った後に気づいた。愛機のiMac(Leopard)では母艦として使えない!しかもOSのアップグレードも、LeopardからMountain Lionへは既に不可能!新しく買えという事か!…と言う事で嫁のWin7機を母艦にするしかないという。なんだかなぁ。
  1. 2012/11/03(土) |
  2. デジモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ROBOT魂「ダンバイン」



先日の「ビルバイン」に続き、ROBOT魂の「ダンバイン」が発売されました。

135018519740513128415_20121013_02.jpg

今までの「ダンバイン」の立体化商品は、プラモデルを含めてとても満足のいくプロポーションを実現したものが無かったのですが、今回のROBOT魂版は、「ビルバイン」と同じく、限りなく設定に忠実な素晴らしいプロポーション。これはカッコいいです。今回もずっと眺めてて飽きない!

135018521654213205312_20121013_03.jpg

ビルバインと並べてみました。他のABも欲しいところですが、やっぱり無理かなぁ。個人的には主役メカだけでいいから、80年代サンライズロボを出して行ってもらいたい。特に、「ザブングル」の完璧版を出して頂ければ文句ないですねぇ。

135018523032613128415_20121013_04.jpg
  1. 2012/10/04(木) |
  2. プラモデル・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナショナル アクションマックロード NV-150



ワタシの録画人生のすべてはここから始まった!

1983年、高校1年生になった時、突如オヤジが購入したビデオデッキ。それがナショナル アクションマックロード NV-150です。しかも当時ホームビデオがようやく普及し始めた時代に、我が家初のデッキがポータブルて!オヤジも思い切ったもんです。ビデオカメラVC-C70+チューナユニットVW-ET100という組み合わせでしたが、当時でも相当な値段だったと思われます。今のビデオカメラの手軽さに比べると嘘のようですが、これのフルセットで撮影に出かけると、まるでプロのテレビクルーのような重装備だったんですよ!

なにはともあれ、このデッキで我が家には観たい番組が好きな時間に観れる、という夢のような時代がやってきました。しかし、その反面いつでも観れる、という気の弛みから録画がどんどん溜まっていく魔の泥沼にハマっていく事にも…。ビデオが無い時代には、テレビ番組は一期一会。好きな番組はそれこそリアルタイムでテレビの前に正座して、少しでも脳裏に刻み込もうと必死で観ていましたが、その気概が無くなってしまったのはやはりビデオの功罪とでも言うべきところなのですな。

ちなみに、このデッキでは当然の事ながらもう録画再生はできないようですが、このデッキで録画した番組はまだ全然再生できます。しかし、再生できるデッキがもう生産されなくなってきているこの現実。いささか急ピッチでデジタル化を押し進めるしかあるまいですて。
  1. 2012/09/23(日) |
  2. オーディオビジュアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mac死亡


愛用のiMacが死にました。5年もたなかったなー。やっぱりPCは壊れるものなのですね。

ハードディスクは見えていたので諦めて再インスコしたはいいが、しょっちゅう虹ポインタはでるわ、移動はもたつくわ…。

で、遂には再起動しても起動音もせず、グレー画面でうんともすんとも言わない状態に…。←今ココ

帰省から戻ってまた復帰に挑戦したいですが、直らなかったらと思うと気が重いです…。
  1. 2012/09/13(木) |
  2. デジモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROBOT魂「ビルバイン」



ちょっと前ですが、ROBOT魂の「ビルバイン」が発売されました。自分は発売日にお店で買えたのですが、結構品薄らしく、ネットではプレミア価格がついているとかいないとか。

134537388147013226258_IMG_1546.jpg

ご存知80年代サンライズアニメの異色作「聖戦士ダンバイン」のいわゆる2号メカですが、当時はダンバインに比べてあんまり好きではなかったという記憶があります。

しかし、…今回のROBOT魂「ビルバイン」は実に出来がいい。カッコいいのですよ!今までプラモデルでは出てましたが、プロポーションがイマイチでどうにも買う気が湧かなかったのです。これはいいものですよ。10月には「ダンバイン」も出るそうです。楽しみですな。
  1. 2012/09/01(土) |
  2. プラモデル・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

板尾のガチャガチャ



ふと見つけた、板尾のストラップのガチャガチャ。こんなもん出てるのか(笑)。

何と言ってもこの板尾のマジ顔のアップが面白すぎて思わずやろうかと思いましたが、小銭が無かったので止めました。
  1. 2012/08/05(日) |
  2. プラモデル・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

R-GRAY1

チビッコ広場ドリームタウン(富山県氷見市プラファ内)

富山県のショッピングセンターのゲームコーナー「チビッコ広場ドリームタウン」に、いくつか懐かしのレゲーがありました。
ただ、それほどレアなものは無く、90~2000年代に発表された「中途半端に古い」ラインナップでした。



エレメカの老舗、こまやの「カエルのうた」。90年代に発表されたもののようです。

134295100258013122965_20120716_02.jpg

メーカー不明「るすばんやぎさん」。三匹の子豚ではないようです。

134295129685113114288_20120716_03.jpg

96年頃にリリースされた、ナムコの「パックマン」モチーフのメダルゲーム「パックアドベンチャー」。

134295480409713130960_20120716_04.jpg

NMKの「電撃イライラ棒チャンス」。このゲームと…、

134295481702613101563_20120716_05.jpg

こちらの「世界一周の旅」は、おそらくNMKがエレメカ転向して倒産するまでの90年代後半に出たものと思われます。

134295482483113113563_20120716_06.jpg

パチンコゲームも。そんなに珍しくないけど、大昔にハマったなー。「CR大工の源さん」これも96年リリース。何気に16年も前のパチンコ台。

134295484115513101563_20120716_08.jpg

個人的に気になったのがこの「CRFストリートファイターII」。「源さん」同様、ゲームモチーフのパチンコが流行りだした頃に出た、「パワフル」っぽい画面構成がイマイチですぐ撤去されたような…。オレンジのトルネード枠がまぶしい。

134295485184113212359_20120716_09.jpg

最後に大型筐体ビデオゲーム。ナムコの「スティールガンナー2」。これ疑似3Dスクロールのガンシューティングですが、結構楽しかった記憶があります。91年リリースとこのコーナーでも最古っぽいのですが、CRTの色がおかしくなっていたのが残念。
  1. 2012/07/26(木) |
  2. レトロゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1980年当時のゲームコーナー from 「男!あばれはっちゃく」


昭和の名作ライブラリー 第4集 男!あばれはっちゃく DVD-BOX 1 デジタルリマスター版昭和の名作ライブラリー 第4集 男!あばれはっちゃく DVD-BOX 1 デジタルリマスター版
(2012/06/29)
栗又厚、東野英心 他

商品詳細を見る


「男!あばれはっちゃく」のDVD-BOXシリーズが発売になりました。めでたい!
早速観てますが、第21話「踊れ!黒潮マルヒ作戦」にて、さんふらわぁ号内のゲームコーナーという貴重映像を発見したのでご紹介です。1980年当時のゲームコーナーですから、実に70年代レトロゲームの宝庫であります。



まずこちらのアップライト筐体。手前はセガの「ヘッドオン」('79)。奥は分かり辛いですが、ナムコの「ジービー」('78)です。ナムコが初めて独自開発したビデオゲームですね。

134332340431413108138_20120726_02.jpg

こちらはまず手前がタイトーの「スピードレースCL-5」('79)。その隣がナムコのエレメカ「サブマリン」('79)。みゆきちゃんが銃を構えているのはタイトーの「ブルーシャーク」('78)。かなり分かり辛いですが、その隣にあるのは関西精機の「ニンジャガン」('7?)だと思われます。

唯一分からないのが一番奥のドライブゲーム。この頃の国産の大型筐体ドライブゲームでは、この形のデザインの画像は見つかりませんでした。横のロゴからすると、ミッドウェイあたりの海外ゲームのような気もするのですが…。

いやー、でもレアですね。さすがに現在ではここまでの品揃えは滅多にないでしょうが、当時としてはこれは子供たち垂涎の最新ゲームコーナーだったでしょうなぁ。
  1. 2012/07/17(火) |
  2. レトロゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.Figuarts 仮面ライダーファイズ



ずいぶん前になりますが、「仮面ライダーファイズ」のフィギュアーツが再販されたので買いました。
続きを読む
  1. 2012/01/03(火) |
  2. プラモデル・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.Figuarts 仮面ライダーカイザ

IMG_0030.jpg

今見ている「仮面ライダー555」は最終回直前で非常に盛り上がっているところですが、事あるごとにファイズに敵対し、仮面ライダー史上最も性格が悪くひねくれたライダーと言われる「仮面ライダーカイザ」のアーツが発売されました。
続きを読む
  1. 2011/09/18(日) |
  2. プラモデル・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一眼レフカメラ購入



以前から欲しいと思っていた一眼レフカメラを購入しました。「Canon EOS Kiss X5 ダブルズームキット」です。

P1020713.jpg

初心者用エントリーモデルですので、カメラ通の方にはちゃっちいモデルだと思われるかも知れませんが、自分的には勉強には最適なモデルかなと思い買いました。レンズも2本ついていますし、備品を揃えたらそこそこの値段しましたし…。

P1020708.jpg

基本的にはモノ撮影メインで使いたいとは思っていますが、これを機にいろいろ撮影に外に出てみたいな、とも思っています。一応、これからの「メインの趣味」にしたいと思っているので…。
  1. 2011/09/17(土) |
  2. デジモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズ プトティラコンボ



プテラ!トリケラ!ティラノ!♪プ・ト・ティラーノザウルース~、のプトティラコンボが発売されました。 続きを読む
  1. 2011/08/26(金) |
  2. プラモデル・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.Figuarts 仮面ライダーガタック



ようやく再販された、戦いの神・ガタックさん(仮面ライダーカブト)です。待ったなぁ! 続きを読む
  1. 2011/08/07(日) |
  2. プラモデル・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズ シャウタコンボ



シャチ!ウナギ!タコ!♪シャシャシャウタ~、のシャウタコンボ発売でした。
続きを読む
  1. 2011/08/06(土) |
  2. プラモデル・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アナログ終了!



2011年7月24日、遂にアナログ放送が終了しました。正直、延期とかになるかなと高をくくってましたが、予定通りに終了した事に驚いています。 続きを読む
  1. 2011/07/24(日) |
  2. デジモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.Figuarts 仮面ライダーファイズ ブラスターフォーム



今見ている「仮面ライダー555」の派生フォームのアーツです。発売日には買えなかったのですが、近場のイエローサブマリンに普通に売っているのを発見。すごいなイエサブ。
続きを読む
  1. 2011/07/23(土) |
  2. プラモデル・フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。