クマチュー!!

カテゴリー:「日本のポップス」の記事一覧

・2013/11/23 コテンパン / 町あかり
・2011/09/06 メタメリズム / 伊藤かな恵
・2011/09/05 FRiDAY-MA-MAGiC / miwa
・2011/08/16 雪列車 / 前川清
・2010/10/12 JURIAN BEAT CRISIS / JURIAN BEAT CRISIS
・2010/10/11 TEMPTATION BOX / SCANDAL
・2010/02/04 フライング・ラビット / JURIAN BEAT CRISIS
・2010/01/29 love your life / 豊崎愛生
・2009/06/24 Infinity / GIRL NEXT DOOR
・2009/06/19 ありあまる富 / 椎名林檎
・2008/07/13 STEP / MEG
・2007/04/06 蕾/コブクロ

コテンパン / 町あかり

町あかり全曲集 その1

いやー、なんていうんでしょうなぁ、「musicるTV」で初めて「もぐらたたきのような人」を聴いて一発でズキューンとやられてしまった。そんなワタシです。

この町あかりの平成生まれなのにそうと思えない昭和感。いいですねぇ。自作自演の伴奏を含めてそのチープさがまたハマる。これを全て自分のプロデュースでやっているとしたら相当な人ですよこの人は。

そしてこの「コテンパン」!1回聴いたら絶対覚えるこの分かりやすさ。しばらくはずっと頭の中で回ります。iTunesで配信開始したと聞き、速攻でダウンロードしましたよ。一度ライブに行って一緒に「パパン!パパン!」をやって「バッチリでございます」と言われたいものです。

CDも一般流通しはじめたみたいなので買おうか悩んでいます。でも、最近ちょっと話題になって人気が出始めているらしいんですよねぇ。個人的にはあんまりメジャーに見つからないように「知る人ぞ知る」のままいて欲しい気もします。
  1. 2013/11/23(土) |
  2. 日本のポップス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メタメリズム / 伊藤かな恵

メタメリズムメタメリズム
(2010/11/26)
伊藤かな恵

商品詳細を見る


これもアニソンのようです(侵略!イカ娘)が、今回もそれを差し置いて普通のミディアムバラードとして実にいい曲です。歌詞もいいし、明るくも切ないメロもいい。あと、何と言っても伊藤かな恵さんは声がいいですね。飾らない歌声が非常にかわいらしい。夕暮れ時に聴いていたら、大サビ前の間奏のギターソロからCメロあたりで泣いてしまいそうな感じですよ。

この次のシングル「つまさきだち」は、ガラっと雰囲気が変わったロックなナンバーですが、そんな曲でもこの朴訥としたボーカルスタイルで歌っているミスマッチ感が、なんとも言えず素晴らしいです。
  1. 2011/09/06(火) |
  2. 日本のポップス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FRiDAY-MA-MAGiC / miwa

FRiDAY-MA-MAGiC(初回生産限定盤)(DVD付)FRiDAY-MA-MAGiC(初回生産限定盤)(DVD付)
(2011/09/21)
miwa

商品詳細を見る


miwaはシングル「春になったら」が出たあたりから気になっておりまして、1stアルバム「guitarissimo」も聴いて、顔もかわいいし声もかわいい、…けど曲が今一歩足りない!と思っていたのですが、今回の新曲「FRiDAY-MA-MAGiC」で遂にきましたな!はじけましたよ彼女は。

アメリカンでブルージーなイントロからなだれ込む、明るくてノリノリなギターポップサウンド。これに乗るmiwaさんのはじけたキュートボイスがなんともイカしてます。PVも素晴らしく、サビの指先を左右にキュッキュッ、とする独特の振り付けが実にキュート。

曲良し声良しビジュアル良し…というわけで、このシングルからワタシはmiwaさんのファンになりました。J-POP界の新たなるギターヒロインの登場ですよ。アルバムもファンになって改めて聴き直すと結構良くなってくるから不思議。
  1. 2011/09/05(月) |
  2. 日本のポップス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪列車 / 前川清

前川清2011年全曲集前川清2011年全曲集
(2010/11/24)
前川清

商品詳細を見る

iPodのランダム再生していてふと耳に残った曲。前川清の「雪列車」です。前川さんと言えばクールファイブですけど、「雪列車」は1982年にリリースされた初のソロアルバムに収録され、かつ糸井重里作詞・坂本龍一作曲だった事で有名ですね。ムード歌謡ながらその枠を超えたという意味では、これまた同年の森進一「冬のリヴィエラ」に匹敵してもいいんじゃないかとは思いますが、イマイチこっちはマイナーです。

かく言うワタシも数年前に「イエローマジック歌謡曲」とアルバムを買って初めてこの曲を耳にしたんですけど、丁度この曲と同じ年にリリースされたユキヒロ氏の「Flashback」という曲を思い出しました。これも教授作曲なんですけど、なんとなく同じ雰囲気がするんですよね。

What,Me Worry?What,Me Worry?
(2005/03/24)
高橋幸宏

商品詳細を見る

「Flashback」が収録されたユキヒロ氏の「What,Me Worry?」というアルバム。当時なけなしの小遣いはたいてLPレコード買ったんですけど、YMOライクだった事もあってホント好きで良く聴いたなぁ。また聴きたくなって来ました。
  1. 2011/08/16(火) |
  2. 日本のポップス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JURIAN BEAT CRISIS / JURIAN BEAT CRISIS

JURIAN BEAT CRISIS【初回限定フラッシュプライス盤】JURIAN BEAT CRISIS【初回限定フラッシュプライス盤】
(2010/09/01)
JURIAN BEAT CRISIS渡瀬マキ

商品詳細を見る


 渡瀬マキ、平川達也、森純太、土橋安騎夫がガッツリ参加している事もあって、サウンドは80~90年代のJロックそのもの。というか、LINDBERGそのまんまです。デビュー~「V」あたりまでのLINDBERGが好きな人にはガッツリはまると思います。かく言うワタシもあの歴史的な名作アルバム「LINDBERG IV」の再来かと思うほどの怒濤のキャッチーナンバーオンパレードでもう感涙。

 川上ジュリアのボーカルは、渡瀬マキからガサツさを抜いた感じではありますが、元気の良さは共通してますし悪くないと思います。ルックスもいいですし、個人的には頑張って欲しいのですが、いかんせん今どきこういうサウンドは流行らないかもしれないですね。隠れオッサンファンが多そうですけど。

 カヴァー曲「今すぐKiss Me」は、渡瀬マキもボーカルで参加したバージョンも収録。アレンジにイマイチさはありますが、終盤のコード進行に工夫をつけたりと悪くはないです。
  1. 2010/10/12(火) |
  2. 日本のポップス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TEMPTATION BOX / SCANDAL

TEMPTATION BOX(初回生産限定盤)(DVD付)TEMPTATION BOX(初回生産限定盤)(DVD付)
(2010/08/11)
SCANDAL

商品詳細を見る


 SCANDALの2枚目のアルバム、「TEMPTATION BOX」を聴きました。ガールズロックと言うよりはどっちかというとガールポップ的な仕上がりなので、ロックテイストを好む人には不評のようですが、ワタシは1stよりだんぜんこっちが好きです。

 特にツインボーカルのうちの一人、TOMOMIさんの成長が著しい。今まではHARUNAさんがメインでTOMOMIさんがサブみたいな感じでしたが、このアルバムではかなり前に出てきています。そもそもアイドルっぽいキュートボイスだったTOMOMIさんですが、本アルバムに収録された彼女のソロ曲「放課後1H」はその真骨頂。まさに本領発揮でやられました。素晴らしい!完璧です!ものすごいポテンシャルを持っている。彼女だけで歌ったソロアルバムが聴いてみたいほどです。

 その他「Hello! Hello!」はキャッチーで疾走感があるまさに「俺ツボ」をがっつり付いてきますし、ラストを飾る壮大なミディアムナンバー「さよならMy Friend」もグッド。いいアルバムです。
  1. 2010/10/11(月) |
  2. 日本のポップス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フライング・ラビット / JURIAN BEAT CRISIS

 JURIAN BEAT CRISISの「フライング・ラビット」という曲を聴きました。なかなかいい。スカパーでPVが流れていて、岡本杏理が出演していたので観ていたのですが、これが80年代バンドブームファンにはドストライクな作風。なんでも渡瀬マキ&平川達也(LINDBERG)、森純太(JUN SKY WALKER(S))、土橋安騎夫(REBECCA)などが楽曲制作に参加しているとの事。なるほど!この明るくはじけるポップロックな感じは確かに確かに。

 このJURIAN BEAT CRISISは、ボーカル川上ジュリアの一人バンドらしいのですが、この娘が明るく溌剌していてなかなかカワイイです。ちょっと気になって調べてみますと…、あれ?この娘なんか覚えがあるぞ?あー!3年ぐらい前に記事にしてました。ちょうどSweetSが解散した時期にavexオーディションでグランプリを穫った娘かー。すぐに出てこないので消えたかと思っていましたが、3年も寝かしてたんですね。

 でも、残念なのがこのバンド、コンセプトが「高校生による、高校生のためのロック」との事で、楽曲は基本的に高校生が共感する「学園生活」がモチーフ。こういうオッサン完全ターゲット外みたいな戦略は果たしてどうなんでしょうか?せっかく作家陣が豪華なんだから、80~90年代バンドブームファンの高年齢層も取り込みゃいいんじゃないかと思いますが、現在シングルも完全に着うたなどの配信オンリーでCDはリリースしてないようです。12ヶ月連続リリース(!)とかするらしいですが、ワタシゃスカパーでたまたま聴かなかったら今でもこのバンド知らないままですよ。
  1. 2010/02/04(木) |
  2. 日本のポップス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

love your life / 豊崎愛生

love your life(初回生産限定盤)(DVD付)love your life(初回生産限定盤)(DVD付)
(2009/10/28)
豊崎愛生

商品詳細を見る

 これは癒される~。声優・豊崎愛生のソロ・ファーストシングル「love your life」でございます。Rie fu作詞作曲による、まったりほっこりした実に心地いいテンポのヒーリング・ソングです。きちんと歌っていながらウィスパーっぽい部分があったり、語りっぽいところもあったりしますが、あくまでもさりげない。そして何よりも声質が素晴らしい。

 豊崎愛生は、一部で話題のアニメ「けいおん!」の主役のCVなどでブレイクしてる人のようです。個人的に声優さんと言いますと、声はかわいいけど実際のルックスを観ると「う~ん…」みたいな事が多くてはまる事はなかったんですが、豊崎愛生に関して言いますと本人も実に可愛いです。そして先にも言いましたが声も実にいい。さらにキャラも面白のようで、これはちょっと注目するしかないかな、という感じです。

 ただ、音楽活動には注目しますけど、アニメはさすがに追っかけきれないかな…。アニメキャラのCVとしての歌も聴きましたが、それはそれで可愛くはあるのですがなんとなく作った感も否めず。そもそも「萌えキャラ」とかあまり興味ないので、やはり中の人がナチュラルにやってるこのソロ曲を推してしまいます。アルバムとか出るなら是非聴いてみたいですね。
  1. 2010/01/29(金) |
  2. 日本のポップス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Infinity / GIRL NEXT DOOR

Infinity(DVD付)Infinity(DVD付)
(2009/06/10)
GIRL NEXT DOOR

商品詳細を見る

 堀北真希主演ドラマ「アタシんちの男子」主題歌、GIRL NEXT DOORの「Infinity」は、いつも通りのいかにもガルネクな曲。非常に不自然なオリコンウィークリー1位の獲得の仕方で話題になりましたね。ワタシは最初、直前に出たシングル「Seeds of dream」と完全に聞き分けが出来ず、同じ曲だとばかり思っていました。で、何回か聴いて、「あれ、ちょっと違うな」と気づいた感じで。シングル連続リリース中だったんですね。

 というか、GIRL NEXT DOORのある意味開き直ったかのような、キック4つ打ちのリズムにこだわるマンネリズムの美学というか、そういったところは結構好きだったりします。楽曲は全て自分好みのキャッチーさだし、過去day after tomorrowがmisonoのボーカルにだんだんクセがついていき、それとともに曲が暗くマニアックになっていった結果興味が失せた事を考えると、あくまでアッパーでアップテンポな曲に軽くてクセの少ない千紗のボーカルを乗せていく指向はある意味正解なのかも。ワタシも、ガルネクの曲はスポーツクラブのウォーキングにぴったりで重宝してます。但し、どれがどの曲か相変わらず聞き分けられないんですけどね。

 ちなみに、ドラマは堀北真希が主役という1点だけでなんとか最後まで観る事が出来ましたが、ドラマとしては近年まれにみる面白くなさで辛かったです。
  1. 2009/06/24(水) |
  2. 日本のポップス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありあまる富 / 椎名林檎

ありあまる富ありあまる富
(2009/05/27)
椎名林檎

商品詳細を見る

 椎名林檎はほとんど聴かないのですが、この「ありあまる富」は毎週観ているガッキー出演の「スマイル」の主題歌であり、これがドラマの実にいいところで流れるのでいつの間にか好きな曲になっていました。実際iPodで聴いてると、何故か何回もリピートして聴いてしまうんですよね。

 実際椎名林檎のイメージと言うと一種独特のボーカルスタイルと節回しで好き嫌いがかなり分かれると思います。あと、東京事変と何がどう違うのかもワタシにはよく分かりません。しかし、この曲は非常に素直な作りであり、メロディもキレイだし、ボーカルにもそれほどクセが感じられません。テレビに出演する時のビジュアルもスッピンに近い素な感じで出てましたし。歌詞もドラマとの相乗効果で染みてきますし、ホントいい曲だと思います。イントロが始まった時、いつもB'zの「ゆるぎないものひとつ」と思っちゃうんですけどね。
  1. 2009/06/19(金) |
  2. 日本のポップス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STEP / MEG

STEPSTEP
(2008/06/18)
MEG

商品詳細を見る

 こないだアルバム出たばっかりなのに、半年でもう出たMEGのニューアルバム「STEP」。(中田ヤスタカが)勢いづいているうちに出してしまえ、あわよくばPerfume効果で売れるんじゃ、みたいな匂いを感じないでもないですが、まあいいです。前作の「BEAM」では、Perfumeよりアダルトチックで、アンニュイなミドルテンポの曲もあったりしたのですが、今回はラストの「NATALIE」くらいでPerfumeが「GAME」でよりハードでアダルトなサウンドを盛り込んできたのに比べ、今回の「STEP」ではMEGもそっちに近づいてきてる感じがします。悪く言うとあんまりPerfumeと違いがなくなってきた。でも相変わらずエロキュートな雰囲気はMEGの十八番なのでそれが彼女のアイデンティティなのでしょうが。

 ただ、Perfumeに近づいてきたというのも、それはよりエレクトロポップ的なサウンドメイク中心になってきた部分から感じた事ですけど、同時にcapsule的な曲も多くなった感じがします。特に7分近くの曲が2曲(「MAKE LOVE」「SUPERSONIC」)あり、それが完全に一般人お断りのフロア仕様の楽曲というのが一種の差別化なのかも知れませんが。個人的にはその2曲、非常にカッコ良くて好きなんですけどね。とりあえず次の展開次第でしょうか。このジャンルでPerfumeがあまりにも大成した以上、あんまり今の路線に留まるのは得策じゃない気もします。極端な話、今の中田氏の立場、第二の小室哲哉になり兼ねませんからね。

 あと、やっぱり「MAGIC」のコーラスのメロはどう聴いても「GRADIUS」の空中戦曲に似ている。
  1. 2008/07/13(日) |
  2. 日本のポップス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕾/コブクロ

蕾 (初回限定盤)(DVD付) 蕾 (初回限定盤)(DVD付)
コブクロ (2007/03/21)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る

 すっかり嫁がヲタになってしまい、気付くと弟とか10年くらい連絡とってなかった同期の女の子とか、もうみんながファンになってしまっていたという、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのコブクロでございます。ニューシングルの「蕾」も、それはまぁコブクロらしいというか、まさにコブクロというか、これぞコブクロというか、そんな感じの曲に仕上がっております。美しいハーモニーは言わずもがな、欲を言えば「またこの曲調?」ていう気がしないでもないので、もうちょっといろいろな曲を出してみるのもいいかと思います。ライブとかも中盤ずーっとこのパターンだとさすがに眠くなるからねぇ。絢香×コブクロの「WINDING ROAD」がなかなかソウルフルで良かっただけに、彼らはもっといろんな曲やれると思います。でも、あんまり冒険するとセールスの面に響くからできないのかなぁ。今が正念場だから、こういった曲でファンつかんどくってのも大事か。

 で、この曲にもですねぇ、あるんですよサビ前に「きっときっときっと」が。この手のフレーズ探せば結構たくさんありそうだなぁ。

アンジェラ・アキ「サクラ色」
ずっとずっとずっと
もっともっともっと

山本サヤカ「クリスマス行進曲」
きっときっときっと
そっとそっとそっと
ずっとずっとずっと

コブクロ「蕾」
きっときっときっと
  1. 2007/04/06(金) |
  2. 日本のポップス
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0