クマチュー!!

カテゴリー:「アニメ」の記事一覧

・--/--/-- スポンサーサイト
・2016/05/09 ヤング ブラック・ジャック
・2016/02/14 久々に感動で涙したアニメとは…?
・2015/03/03 今度はガンダムでオッサン胸熱!!
・2014/12/20 熱くて泣ける!往年のヤマトファンにこそ観て欲しい映画!
・2014/10/13 40年間好きでいられるもの
・2014/03/21 伝説の巨神と久々に邂逅
・2013/08/02 ラピュタ
・2013/01/15 これはいいリメイクだ(4)
・2012/10/20 これはいいリメイクだ(3)
・2012/09/18 ガイナックスアニメ世界展 IN 米子
・2012/07/07 これはいいリメイクだ(2)
・2012/03/13 東のエデン
・2010/05/26 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [Blu-ray]
・2010/01/11 真マジンガー 衝撃!Z編
・2009/07/10 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
・2009/07/05 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
・2009/04/21 真マジンガー 衝撃! Z編
・2008/09/29 迷宮物語
・2008/09/15 新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生
・2008/07/08 交響詩篇エウレカセブン
・2008/01/14 ヤッターマン
・2007/10/19 銀河鉄道999(テレビ版)
・2007/06/27 DEATH NOTE 最終回
・2007/06/26 BSアニメ夜話 装甲騎兵ボトムズ
・2007/06/06 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man
・2007/04/16 デスノート 第25話~第26話
・2007/04/12 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 第2話
・2006/10/06 デスノート
・2006/09/20 ヤマトのCM
・2006/08/16 戦闘妖精雪風(OVA) #1~#5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

ヤング ブラック・ジャック

BJファンなら楽しめるかもですぜ。

「ヤング ブラック・ジャック」vol.1 【Blu-ray 初回限定盤】

録画をぽちぽち見続けて、ようやく最終回まで観ました、TVアニメ「ヤング ブラック・ジャック」!いや、なんというか、思った以上に面白かった!!

原作ファンのワタシとしては、出崎統×杉野昭夫のOVAの時点ですらBJのキャラクターデザインに違和感があったわけですが(アニメの出来はすごく良かったですけどね!)、今回のお目目キラキラのヤングBJを観た時はもう最初どうしようかと思いましたよ。まぁ、あの変な帽子をかぶった「ブラック・ジャック21」よりはまだ良かったですけどね。あ、そういえば実写版の「ヤング ブラック・ジャック」とは全然関係ないんですねこれ。

でも、観始めると引き込まれるんですよねこれが。お話もちゃんとオリジナルBJのオマージュになってますし、手塚キャラのスターシステムがとられてるのも嬉しい。ヤング・ドクターキリコも出て来るし、どろろと百鬼丸が現代風に登場したり、ヒゲオヤジがちゃんと「伴俊作」として出て来たり、その他にもおなじみの手塚キャラがニューアレンジされたキャラデザで次々と登場するのが楽しかったですねぇ。ちょっと「マリン・エクスプレス」を思い出しましたよ。あと、ナレーションが大塚明夫ってのもいいんですよねー。最後にこのナレーションを後のブラックジャックがやってました、って分かるのがまた憎い。

というわけで、かなりちゃんとしたエピソード0になっていたこのシリーズは、いい意味で裏切られたというか、さながら「宇宙戦艦ヤマト2199」を初めて観た時のような、「オリジナルのファンとしてはどうせダメだろうと思って観たら予想外に良かった!」という感じを覚えました。シーズン2やって欲しいですねぇ。
スポンサーサイト
  1. 2016/05/09(月) |
  2. アニメ
  3. | コメント:0

久々に感動で涙したアニメとは…?

スペース☆ダンディ 5 [Blu-ray]

「スペース・ダンディ」の再放送の録画を観てたんですが、13話の「掃除機だって恋するじゃんよ」がもう傑作で涙!!

アイドルグループ9nineの佐武宇綺さんが声を演じる(すごくお上手!)掃除機ロボットのQTがコーヒーメーカーに恋をするという、これは浦沢義雄の東映不思議コメディか?という趣きのお話ですが、後半はそこから全く想像もしなかったとてつもないスケールの大きさに展開し、1本映画を観たかぐらいの満足感を得られるという驚き!

浦沢コメディの雰囲気を持ちつつもそこまでの不条理ギャグは展開されませんけど、代わりに2人が店を抜け出して夜の街をデートするシーンなど幻想的で美しいシーンが素晴らしく、また、クライマックスのQTが奮闘するシーンはまさかの感動の嵐。最近アニメ観て感動する事が少なくなりましたけど、まさか「スペース・ダンディ」であの感覚を思い起こされるとは…。
  1. 2016/02/14(日) |
  2. アニメ
  3. | コメント:0

今度はガンダムでオッサン胸熱!!



先日「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル」を劇場に観に行きました。コミック版は未見です。 続きを読む
  1. 2015/03/03(火) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熱くて泣ける!往年のヤマトファンにこそ観て欲しい映画!

20141207-01.jpg

先日「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」を劇場に観に行きました。 続きを読む
  1. 2014/12/20(土) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

40年間好きでいられるもの



「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」が劇場公開されたので早速観に行って来ました!

ヤマトはやっぱりいい!七色星団の戦いは何度見てもやっぱり燃える!!「2199」はリメイクとは言え、オリジナルのエッセンスをふんだんに残しているので、幼少時に夢中で観た感覚そのまま、オッサンになってしまった今でも楽しめるという希有なアニメです(そのせいか観に来てる人もワタシと同世代と思しき方がほとんど)。

今回の「追憶の航海」は、「2199」テレビシリーズのいわゆる総集編ですけど、概ね見どころが網羅されていて楽しく観る事ができました。あれがないのか、これいれるのか、そこそう端折る?みたいなところはありますが、テンポがいいので一度観ていても退屈する事はありません。ただ、初見の人には分かりにくいかな?オリジナルの劇場版に比較すると設定面がよりリアルで複雑になっているだけに、テレビシリーズを観ていないと説明不足で分かり辛い部分があった気がします。構成もテレビシリーズの流れとはちょっと変わっていて、個人的には冒頭のいきなりな展開にいささか違和感を感じました。

イスカンダルからの帰路については、12月公開の新作「星巡る方舟」の設定上ああするしか無かったんだろうけど、ちょっと感動が薄れてしまい残念でした。逆に新作はどういう風に展開して完結するのか、気になるところではあります。楽しみだ!
  1. 2014/10/13(月) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伝説の巨神と久々に邂逅


「伝説巨神イデオン」劇場版 Blu-ray(接触篇、発動篇)「伝説巨神イデオン」劇場版 Blu-ray(接触篇、発動篇)
(2014/03/19)
塩屋翼、田中秀幸 他

商品詳細を見る


80年代に熱狂したロボットアニメ、「伝説巨神イデオン」HD版がWOWOWで一挙放送開始。

懐かしい。前にもスカパーで全話録画しましたけど、HDということでさすがに画質も上々。ただ、80年代アニメなだけに、作画が残念な回はハイビジョンでも見るに絶えず。さっき3話を観終わりましたが、逆にHDで解像度が高いことが仇となってしまうという残念なことになっておりました。

でも、面白い!頑張って劇場版まで最後まで観ますぞ!!
  1. 2014/03/21(金) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラピュタ

これはいいリメイクだ(4)



ヤマト第一作目のリメイク「宇宙戦艦ヤマト2199」の11〜14話が、第四章として公開されたので観て来ました。今回は、いよいよドメルが登場!ヤマトIIIに出てきたフラーケンの登場などなど、1作目以外の要素も盛り込みながら、相変わらずのいいリメイクっぷりです。
続きを読む
  1. 2013/01/15(火) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これはいいリメイクだ(3)



ヤマト第一作目のリメイク「宇宙戦艦ヤマト2199」の7〜10話が、第三章として公開されたので観て来ました。今回は、太陽系との別離、アルファ星でのデスラーの金属腐食ガス作戦突破、オリジナルストーリーのアナライザーとガミラスのアンドロイドとの交流、そして、ガミラス兵捕獲エピソードから発展させたと思われるガミラスとの共同作戦まで。 続きを読む
  1. 2012/10/20(土) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガイナックスアニメ世界展 IN 米子

20120914-01.jpg

鳥取県米子市で開催されていた「ガイナックスアニメ世界展 IN 米子」に行ってきました。GAINAXの赤井孝美が米子出身という事だそうで。ちなみに、GAINAXの「ガイナ」自体が鳥取の方言「大きい」に由来するそうです。

入場無料だったのでどんなもんかな〜、と思って入ってみたのですが、まぁ、入場無料だけあってこんなもんかな、という感じでした。もちろん、現場で使われた絵コンテや原画が展示されたりと、好きな人になはたまらないと思います。個人的にはなつかしのDAICONフィルムとか、自分がアニメファンになった黎明期の作品とかは興味深く観れましたが、最近の作品はてんでよく分からないので、あまり楽しめなかった感じです。エヴァンゲリオン関連をもっと充実させていればもっと一般層にも訴求できたんじゃ?とは思いますけど、とりあえず平日の午前中と言う事でほとんど客がいないというのが哀しかったです。

20120914-02.jpg

今鳥取県では国際まんが博が絶賛開催中。あちこちで「トットリンドル王女」が迎えてくれますぞ。
  1. 2012/09/18(火) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これはいいリメイクだ(2)

IMG_1500.jpg

ヤマト第一作目のリメイク「宇宙戦艦ヤマト2199」の3〜6話が、第二章として公開されたので観て来ました。今回はヤマト発進からワープ、浮遊大陸の波動砲発射、そして冥王星前線基地撃破まで。4話分なのでたっぷり2時間弱満喫できました。 続きを読む
  1. 2012/07/07(土) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東のエデン

東のエデン 第1巻 (初回限定生産版) [Blu-ray]東のエデン 第1巻 (初回限定生産版) [Blu-ray]
(2009/07/29)
木村良平、早見沙織 他

商品詳細を見る


スカパーでTVシリーズ11話+劇場版2作の一挙放送をやっていたので録画したのですが、面白くて一気に全部観てしまいました。

クオリティ高いすなー。全編通して常に劇場版レベル。さすがプロダクションI.G。キャラクターもかわいいし、ストーリーも次が気になってどんどん観てしまう。もっと長くてもいいんじゃないかと思うくらい。…、ただ、それだけに劇場版2作目のあのラストはちょっとピンときませんでした。カタルシスが足りないというか。TVシリーズの最終回が良かっただけに。

でも、ここ最近観たTVアニメでは間違いなくトップクラスで面白かったです。こういうアニメを毎クール1本は観せて頂きたい。
  1. 2012/03/13(火) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [Blu-ray]



 観ました!「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」2.22バージョン。ブルーレイディスクのリファレンスも兼ねて購入しましたが、実に画質が素晴らしい。REGZA Z9000 × PS3の実力は伊達じゃありませんでした。1画面1画面が全てちゃんとした絵になっています。地デジとかキレイだなと思っても近づくとエッジにモスキートノイズやブロックノイズが乗ったりして汚かったりするんですが、このブルーレイは動きの激しい画面でも全く破綻がありません。もうこれだけで目から鱗です。

 お話は1回観てることもあってさすがに新鮮さはありませんけど、それでもやっぱり劇場で観た時のゾクゾクはまた感じました。リテイクや追加シーンもありますが、やはり画質が底抜けにいいという事は全てを納得させてしまうものなのですね。ただ、ウチは音響が弱いので、大音量のサラウンドで聴けたならさらに良かったんでしょうね。

 欲を言えば、特典映像(特にメイキング系)をもうちょっと充実させて欲しかったかな。まぁ、ささいな事です。とにかくこれで「Q」がますます楽しみになりました。

P1010591.jpg

 初回特典のフィルムはギブスミサトさんでした。真っ黒ハズレでなくてほっとしました。

  1. 2010/05/26(水) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真マジンガー 衝撃!Z編

真マジンガー 衝撃!Z編 9 <最終巻> [DVD]真マジンガー 衝撃!Z編 9 <最終巻> [DVD]
(2010/04/23)
赤羽根健治本多陽子

商品詳細を見る

 録画して溜め込んでいた「真マジンガー 衝撃!Z編」全話をようやく観終わりました。いやー、最近テレビアニメはほとんど観なくなりましたがこれは楽しかった。「マジンガーZ」をリアルタイムで観ていたオッサンにはたまらないアニメでしたねぇ。あの頃のキャラやメカデザインはほぼそのままで、クオリティの高い作画と、より大人向けに作られたストーリー。でも、変に難解にせず、ちゃんとなつかしのロボットアニメ的なケレン味は残すという、実に心憎いリメイクでした。最近「エヴァンゲリオン」の再構築劇場版が話題になってますが、こっちの再構築版も負けず劣らずすばらしかったです。

 最終回にやっと第1話の「大団円」に戻りましたが、これは第1話を観てないと分からないところもあるんですね。しかも、第1話と2話の冒頭にちょびっとあったラスト以降の話がスッパリ切られているので、そこを見てない人はもう何がなんだかという気も…。でもこれは第1話作った時点で最終回まで出来てたんですかねぇ。途中のローレライが登場するところなんかも盛り込まれてたしなぁ…。

 最後のどんでん返しと結末は驚きました。こう終わるか!という。これは賛否両論あるでしょうねぇ。本当の主役はあしゅら男爵だった気がします。いかにも続きそうな終わり方ですが、今のところ続編の話は出てないようで。でも、剣鉄也とグレートマジンガーのシルエットが出てそれはまた後で!とか言いながら結局出ませんでしたから、「真グレートマジンガー」が制作される事を期待したいと思います。

真マジンガー 衝撃!Z編 OP主題歌 守護神-The guardian真マジンガー 衝撃!Z編 OP主題歌 守護神-The guardian
(2009/08/05)
JAM Project

商品詳細を見る


 後期主題歌のJAM Project「守護神-The guardian」もカッコいいすなぁ。前期の「感じてKnight」よりも好きかも。宮川彬良氏のBGMもなんかレトロっぽくて良かったですね。でもEDのSKE48「強き者よ」は曲は好きなんですがこのアニメにはちょっと合ってなかったかな。
  1. 2010/01/11(月) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITIONヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITION
(2009/07/08)
サントラ林原めぐみ

商品詳細を見る

 というわけで、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」観ました!もうね、いろんなブログ観てても「すごい」「面白い」の感想のオンパレードで、気を抜くとうっかりネタばれ見てしまいそうな勢いだったので、我慢できずに映画館へ行ってしまいました。レイトショーだというのにすごい人で、指定席も残り僅か状態。確かに話題になってるんだなぁ、と実感しました。

 で、感想ですけど、確かにこれは「すげー!」以外に感想書けないですな!もうあっしは上映時間中ゾクゾクして燃えまくって力入りまくって、冷房効いてて寒いはずの劇場内で汗かいてましたよ。大体、これで終わってもいいくらいの満足感なのに、まだまだ続くなんて嬉しくてしょうがありません。多少なりともエヴァ好きで観てない人はすぐに観るべきです。逆に初心者には恐ろしくハードル高いので、テレビ版全部観るくらいの予習は必要でしょうね。

 ところで、ミサトさんは何故エヴァの事を「エヴァー」と伸ばして言うのでしょうか?
  1. 2009/07/10(金) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]
(2009/05/27)
三石琴乃林原めぐみ

商品詳細を見る

 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」、テレビ放送されていたのを見ますた!劇場公開時は、テレビ版とあまり変わらないと聞いていたので、なんとなくぼやぼやしているうちに観る機会を逸してしまったのですが、今劇場公開されている「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」がえらい事になっていると聞いて、観に行きたいなぁ、と思っていた矢先のテレビオンエア。ナイスタイミング。

 いやぁ、確かにテレビとほとんど同じ展開ではありましたが、全編作り直しているだけあって同じ構図の映像でもなかなか新鮮で、かなり楽しめました。特にヤシマ作戦は燃えますね。テレビ版の「決戦、第3新東京市」も良かったんですが、あの回ってストーリー展開に対してもったいないくらい作画がイマイチだったので、今回完全に作り直されていてものすごい熱いものになっていました。

 これでエヴァンゲリオン熱が復活しましたよ。深夜のテレビ再放送も観はじめてます。こりゃもう「破」は観に行くしかないですね。
  1. 2009/07/05(日) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真マジンガー 衝撃! Z編

感じてKnight感じてKnight
(2009/04/22)
ULTIMATE LAZY for MAZINGER

商品詳細を見る

 最近始まった、「マジンガーZ」の新解釈リメイクアニメ「真マジンガー 衝撃! Z編」。これいいですね。素晴らしいですね。その筋にはカリスマ的人気を誇る今川泰宏が手がけている事からも分かるように、まぁ展開が熱い!しかもマジンガーZやアフロダイX、機械獣などのロボットや、兜甲児、弓さやか、ドクター・ヘルやあしゅら男爵など主要人物のデザインなどは変な今風のアレンジを加えず全く昔そのまんま。それでいて1話完結的な展開からストーリー性を重視した形に作り直した感じです。うまいぐあいに原作とオリジナルのアニメ版と折衷されていてどちらのファンも入りやすい感じで作られているのが好感持てます。欲を言えば兜甲児の声は石丸博也にやって欲しかったぐらい。

 ちなみにワタシは永井豪の原作漫画は読んでないんですけど、違和感無く入れました。あと、1話はいきなりクライマックスから始まったらしく賛否両論らしいのですが、ワタシは見逃したので2話から観始めた事もあって、普通にすんなり観れてます。主題歌がLAZY(当然影山ヒロノブがボーカルで、奥田民生、斉藤和義、JAM Projectがサポート!)の「感じてKnight」(「感じてナイト」のリメイク!)てのもなんか燃えますなー。

 とにかく「真マジンガー 衝撃! Z編」はリアルタイムでマジンガー見てた、70年代にちびっ子だったオサーンの心には確実にヒットすると思います。おすすめですよ!これ観てたら、「ドラゴンボール改」のインチキ再放送が情けなく思えてきます。OP・EDだけじゃなくて全編今の技術でちゃんと作り直せよ!みたいな。
  1. 2009/04/21(火) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

迷宮物語

迷宮物語迷宮物語
(2008/04/25)
吉田日出子津嘉山正種

商品詳細を見る

 「迷宮物語」は1987年制作のオムニバスアニメ。もう20年も前の作品になるんですねぇ。1980年代中盤からOVAが盛り上がってきた頃はこういう作家性を前面に出したオムニバスアニメが多かった気がします(「ロボットカーニバル」とか「MEMORIES」とか)。テレビと違って制限がないのでクオリティが非常に高い反面、実験的でやや難解なものも多かった印象ですね。

 ワタシは川尻義昭ファンなので川尻さんが監督した「走る男」目当てで観ました。やっぱり当時の川尻さんはすごいです。CGが出てくる前の手書きアニメとしては、作画が頂点を極めてますね。今観ても、いや、今だからこそその凄さが実感できます。あの、ハードボイルドなキャラデザインと光と影のコンストラスト。出崎統の演出に近いものがありますが、両者の違いは「動かして見せる」か「止めて見せる」かの違いでしょうかね。特にレースマシンが高速で走っている最中に、次々とパーツが剥がれたり破壊されていく様子をロングカットで見せるシーンは圧巻。

 「工事中止命令」も含め、なんとなく大友克洋テイストが強い作品だった記憶もあります。りんたろう監督のパート「ラビリンス*ラビリントス」はあまりにも実験的に自分的にはちょっと受付なかったですけど。

  1. 2008/09/29(月) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生

rebirth.jpg

 公開からもう10年以上になる、旧エヴァンゲリオンの劇場版第1弾「DEATH & REBIRTH シト新生」です。ふと最近昔のビデオを整理していてエヴァ劇場版の録画が出てきて、「これはDVD化したからいらないな」と捨てかけてふとある事を思い出しました。

 ご存知の方も多いと思いますが、この映画についてちょっと振り返ってみたいと思います。「シト新生」は1997年にTV版を再構成した「DEATH」編と、未完成であり第25話のリメイク「Air」の途中までとなる「REBIRTH」編を同時に公開したもので、非常に特殊な映画でした。この年の夏に新第25話「Air」と第26話「まごころを、君に」が完成し、「THE END OF EVANGELION」として劇場公開され、当時は事実上エヴァンゲリオンは完結したわけです。翌1998年にWOWWOWで劇場版がテレビ放送されましたが、この時点で「DEATH」編が再編集された「DEATH(TRUE)&REBIRTH」となっており、さらにその年に公開された劇場再上映版「REVIVAL OF EVANGELION」の「DEATH」編は「DEATH(TRUE)2」とさらに修正が加えられたものになり、「REBIRTH」編は「Air」に吸収されて無くなってしまいました。

 こうした紆余曲折を経て、結局現在発売されている旧劇場版のエヴァDVDは「DEATH(TRUE)2」と「Air」「まごころを、君に」を一まとめにした形のもののみとなってしまっているようなのですが、ここで残念なのが「REBIRTH」編が無くなってしまったので、アスカの「エヴァシリーズ、完成していたの?」の台詞から続く空を舞う量産型エヴァのシーンで「魂のルフラン」が流れるあのエンディングが事実上見れなくなってしまっている事です。「REBIRTH」編が収録された劇場版DVDが発売されていた時期もあったらしいですが、これが画質が悪いと評判だったようで…。

kyukei.jpg

 最近になってアニマックスでDVD録画した劇場版は「REVIVAL OF EVANGELION」バージョンで、「REBIRTH」編がありませんでした。そして、今回発掘したビデオをHDDに録画しながら観ていたら…「DEATH(TRUE)&REBIRTH」編でした。危なかった。テロップで、『これが、「EVANGERION:DEATH」の本来の姿です』と出たり、途中に「休憩」と称して3分ほどのインターバルがあったりするのでおそらくWOWWOWオンエア版でしょうか(ワタシはその後キッズステーションでオンエアしたのを録画したのですが)。「魂のルフラン」ももちろん流れました。いいすなー。しかしまぁ、これに新劇場版まで加わりますからホント、エヴァンゲリオンというのは複雑でよく分かりませんな。そこがいいんですが。

 ちなみに新劇場版はまだ観てません。

  1. 2008/09/15(月) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

交響詩篇エウレカセブン

交響詩篇エウレカセブン 13交響詩篇エウレカセブン 13
(2006/07/28)
三瓶由布子名塚佳織

商品詳細を見る

 見終わったー。「交響詩篇エウレカセブン」全50話。およそ2年遅れかー、長かった。ここのところ1日4話ペースでガンガン観ていたのであっと言う間に終わってしまった。いやー、過去作品のオマージュも含めながら、正統派のわかりやすい、なかなかいいアニメでした。最終回などは結構賛否両論あるみたいですが、個人的にはキレイにまとまったんじゃないかと思います。ちょっと急ぎ過ぎの感はあったので、ほかのみんなの後日談とかがあればもっと良かったですかね。

 それにしても、前半の暗くどんよりした展開には危うく挫折しそうになりましたが、皆さん絶賛の26話「モーニング・グローリー」には本当に感動しましたし、クライマックスの48話「バレエ・メカニック」でも電車の中でちょっとウルウルしてしまいました。ぐっと押さえつけられた展開の後、こういうエピソードは本当にカタルシスがあるわけですけど、ちょっと全体からするとそういう話が少なくてややフラストレーションはたまりますかね。ほんと、レントンが落ち込んでは立ち直り、を延々繰り返してるだけですからね、よく考えると。作画が後半ちょっと乱れたのも残念。

 あと、ロボットアニメの割にはロボットが印象に残らないアニメだったなと思いました。戦闘シーンはスピーディーでいいんですけど、あまりにも動きが早すぎて何がなんだか分からない。ニルバーシュをはじめ、登場するLFOがそれぞれどんな形なのかもあんまり覚えてないくらいで…。ただ、ジ・エンドのラストは結構良かったですけどね。

 あー、でもこれで楽しみが無くなっちゃったなぁ。また新しい面白い連続アニメを見つけなくては。あ、これでやっとネタバレ話できるよKちゃん!(て遅すぎか。)
  1. 2008/07/08(火) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ヤッターマン

ヤッターマンの歌ヤッターマンの歌
(2008/01/30)
音屋吉右衛門

商品詳細を見る

 「ヤッターマン」のリメイク版がオンエア開始したので観てみました。内容はほとんどオリジナルを踏襲していて、作画が多少現代ナイズされている以外は一切余計な改変をしてないのがかなり好印象です。キャラのデザインも変わらないし、オダテブタとかメカの素とかドクロ煙とか三輪車とか勝利のポーズとか、展開の基本フォーマットやお約束がほとんど変わってないのが嬉しい。特に声優については三悪とドクロベエ様が替わってないのがエライ(これは絶対条件ですよね)。ナレーターは故富山敬の正統後継者山ちゃんこと山寺宏一がしっかり務めていてこれも問題なし。のっけから旧作でおなじみの展開をするのでなんで急にヤッターマンになるのかとか全く説明ないんですけど、むしろそんな無駄な説明がないのでスッキリ見れて良かったです。というわけで、当時の世代ジャストのワシらのようなロートルにはなかなか面白く見れましたが、最近の子供にはどうなんでしょうか。個人的には画面にちょこちょことタツノコキャラが登場してたのが嬉しかったです。(かいけつタマゴンとかマイナーなものまで!) 続きを読む
  1. 2008/01/14(月) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀河鉄道999(テレビ版)

〈ANIMEX 1200シリーズ〉(2) 組曲 銀河鉄道999 〈ANIMEX 1200シリーズ〉(2) 組曲 銀河鉄道999
伊集加代子、TVサントラ 他 (2003/09/25)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 BS2で録画していた「お宝TVデラックス 宇宙へのロマン」を観ました。目当ては松本零士御大の登場する「銀河鉄道999(テレビ版)」のコーナー。野沢雅子や池田昌子(声のみ)の変らなさっぷりは素晴らしい。約30分で1話から最終回までのダイジェストをやっていましたが、テレビ版の最終回は全然覚えてなかったので新鮮でした。なんせ、「999」は劇場版ばっかり観てましたから…。あんな終わり方だったんだ。特に銀河鉄道の昇降レールが2本並行に並んでいて、777号と999号が同一方向に同時進行してレール離脱してから2方向に分かれて行くってのがとっても新鮮な絵でした。まぁ、映画のラストは地球でしたけど、テレビ版のラストは終着駅「プロメシューム」の一つ前の「惑星こうもり」らしいですね。鉄郎とメーテルのキスシーンはそのまんまありましたが、とにかくテレビ版の鉄郎はブサイクな上に、最終回の作画が最悪にカワイクないので風情も全く無かったですけどね(顔の大きさの違いに非常に違和感…)。もう一回通して観たくなりましたが、エピソード数の多さに挫折しそう。死ぬまでにもう1回観れるかな?
  1. 2007/10/19(金) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DEATH NOTE 最終回

DEATH NOTE 1 DEATH NOTE 1
大場つぐみ、 他 (2006/12/21)
バップ
この商品の詳細を見る

 「デスノート」テレビアニメ版がやっと最終回。面白かった。っていうか前回までが盛り上がり的にも作画的にも最高潮だったのですが、最終回はいささか「あれ?」という感じで終わってしまった。ここまでやってあれで終わり??というか。でも、よくよく考えるとこのラストにじわじわ考えさせられてきました。 続きを読む
  1. 2007/06/27(水) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

BSアニメ夜話 装甲騎兵ボトムズ

装甲騎兵ボトムズ DVDメモリアルボックス 装甲騎兵ボトムズ DVDメモリアルボックス
矢立肇、塩山紀生 他 (2005/02/24)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る

 ワタシがアニメファンピークの時期にオンエアされ、熱狂的に観ていたロボットアニメの頂点とも言える「装甲騎兵ボトムズ」がテーマだったので観ました。岡田斗司夫が異常に痩せてて驚いた。前は伊集院君ぐらい太ってたのに別人だ。それ以前に岡田斗司夫がこのアニメをリアルタイムで見てないってのに驚いた。「ダグラム」で挫折して観なかった、というのはなんとなく分からないでもないが(自分も「ダグラム」は挫折)、「ボトムズ」はあのインパクトある第一話だけでも観ればその後も観てみようと思う気がするのだが…。そのせいか、いつも熱い岡田の語り口が、今回はなんとなくテンションが低く感じた。

 アニメマエストロは、まぁこれはファンなら知ってる事よね。作画監督によって絵柄が違うってのもヤマト見てた頃からの話題だったし(芦田豊雄の時は丸っこいとか、白土武の時はとんがってるとか…)

 うおー、久しぶりに「ボトムズ」観たくなった。先輩からLD-BOX全話録画してもらった眠ってるビデオ、DVD化して観るか!?いや…1年分観る時間はとてもないな…。
  1. 2007/06/26(火) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man
士郎正宗、田中敦子 他 (2005/09/23)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る

 攻殻SAC「笑い男」エピソードの総集編。実は攻殻SACはテレビ放送を録画したものの、最初の2~3話を観ただけでお蔵入りさせてしまってました。で、たまたまスカパーでやってたので観た。総集編と言ってもちゃんとストーリーは再構成されているし、尺が140分もあるので長めの映画1本観るくらいの気力がいりました。押井守の劇場版に比べると分かり易くてなかなか面白かったんですけど、やっぱりこの世界観は難しいなぁ、何度か観ないと理解できない(もう消してしまいましたけど)。サイバーなものは好きだし、こういう難解なもの観てると自分が高尚になって気がするんですよね。光学迷彩とかパワードスーツとか、そういう世界はワクワクする。タチコマたちが、リアルなメカにまるで昔の子供向けロボット漫画に出てきそうなキャラクター付けというギャップがあって面白いっすね。
  1. 2007/06/06(水) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デスノート 第25話~第26話

DEATH NOTE 1 DEATH NOTE 1
大場つぐみ、 他 (2006/12/21)
バップ
この商品の詳細を見る

 時々録画失敗しながらも半年間ずーっと観てきましたが、途中時々乱れはあったものの全体的に安定した作画品質はさすがマッドハウス。ここんところはゾクゾクするような展開をしておりまして、特によつば編クライマックスから25話にかけてはテレビアニメである事を忘れさせるような高クオリティで引き込まれました。第25話「沈黙」では遂に物語がひっくりかえるような事態が(原作読んでる人はとっくにご存知でしょうが)うお!ワタリが!?レムが!?そしてLが!?そうなっちゃうの?そういう展開かー!そうきたかー!なんて悪いやっちゃー月!そして第26話「再生」前半15分にこれまでの25話分を一気に凝縮。ここまで詰め込んだ総集編もすごいな。観てる人が「そういう話だったな」と振り返るにはいいけど、観てない人にはなんのこっちゃ全く分からないテンポ。後半はすげー意味深な展開で次回に続く。これ次どうなるの?って事でいよいよ3クール目に突入です。原作読まずに我慢した甲斐あって、毎回ドキドキ観させていただいてます。でも話によるとここからグダグダという噂…。

 しかし、今更ながらですけどここまで悪い主人公のアニメってなかなか珍しいですよね。確かに「犯罪人のいない平和な世界を創造する」という大義名分はあれど、こういうキャラって大概正義を履き違えた仇役であって、普通はLのようなキャラが主人公だよね。今までここまで狡猾で悪どい主人公が出てくるアニメってあったっけ?そういう意味でもウケてるんだろうけど、原作があの「努力・友情・勝利(順番は忘れた)」の少年ジャンプで連載されてたってのがやっぱすごい。成功したからいいようなもんだけど、良くGOが出たなー。
  1. 2007/04/16(月) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 第2話

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 1 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 1
神山健治、士郎正宗 他 (2002/12/21)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る

 NHK-BS2「精霊の守り人」特番で神山健治監督作品にちなんで「平成14年度文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門優秀賞」を受賞した攻殻機動隊S.A.C第2話の「暴走の証明 TESTATION」をまるごとやっていたので観る。

 うーん、良く出来ていますねぇ。テレビアニメとしてはもう最高のクオリティ。が、劇場版のようにくどいほどクオリティが高くない分、逆に観易い感じ。劇場版の「攻殻」は観ていて世界背景にもとりあえずついていけたので、話も分かりやすかったし。わずか20数分間でここまで完成度の高いSFアニメを見せて頂けて大満足です。これ、パチンコにならねーかな。エヴァンゲリオン以上に面白くなると思うんだけど。マニアックすぎるか。

 そう言えば確かS.A.Cって前に日テレ深夜にやってたのほとんど録画してたよなぁ。これも録画してたっけ。でもこの2話の見覚えがない。あと、地上波放送とはOPとED違うんすね。引っ張り出して観て見たいけど時間がない…。時間マチマチで録画失敗した回もあるし、地上波カットされた回もあるらしいから、アニマックスとかでまたやるの待つか。
  1. 2007/04/12(木) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デスノート

DEATH NOTE (1) DEATH NOTE (1)
大場 つぐみ、小畑 健 他 (2004/04/02)
集英社
この商品の詳細を見る

 アニメ版「デスノート」がスタートしたので観る。「デスノート」は漫画も映画も観たことないので、実質このアニメ版が初体験である。というわけで、原作と比較してどうこうという事は全く言えない。

 そんな初心者の感想を言うと、このアニメ版「デスノート」はなかなか良かった。まず、さすがはマッドハウス、作画のクオリティは素晴らしい。あと、展開のテンポがいいっすね。1話ってデスノートを手に入れてそこで終わりとか、せいぜい一人死んで終わりかと思ったら、冒頭あっさりデスノートが手に入って、もういきなりページなくなるだろ!ってくらい名前書いて山ほど殺してやんの。1話でお膳立てすっかり揃ったので、今後どう展開するのかも気になる。原作は連載終了しているらしいが、敢えて漫画は読まずにアニメのラストまで付き合ってみようかと思う。個人的には「ファイナル・ディスティネーション」ばりのシブタクの交通事故シーンが良かった。3クール予定らしいけど原作最後までやるんですかね?展開を知らないだけに、逆に楽しめそうです。

 ノートに名前を書くと死ぬってプロット、何かで見たことがある気がするんだよなぁ。なんだっけ。
  1. 2006/10/06(金) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマトのCM

 DAKARAの銀河鉄道999「ジョビジョバ~」CMに続き、今度は宇宙戦艦ヤマトのデスラー総統が「ヤマトの諸君、久しぶりだな…あれ、誰もいない」とボケをかますANAのCMが登場。初めて見た時は吹いた。最初の方は「さらば」での再登場の時のシーンだね。ホントだったらあの後「また会えて光栄の至りだ」って言うんだけどこのシーンメチャクチャ好きで。声は伊武さんかな?加えて古代君達がのん気に観光してる新作のおふざけ動画とか用意しちゃって。やるなぁ!パチンコ業界だけじゃなくて今松本零士ブームなのかー!?でも、最後は「へー」じゃなくて、「タラン、我々も行くぞ!」とか言って欲しかったなぁ(タラン将軍大好き)。

 10月から「銀河鉄道物語」の新シリーズが始まるし、年末には(噂が本当なら)ハーロックのパチンコと、もう零士フィーバーは冷めやらぬって感じ。レイジメーター常にブオーー!!ですよ。ワクワクです!
  1. 2006/09/20(水) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦闘妖精雪風(OVA) #1~#5

戦闘妖精雪風 OPERATION 1 戦闘妖精雪風 OPERATION 1
飯田馬之介、多田由美 他 (2002/08/25)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る

 神林長平の小説「戦闘妖精・雪風」を、「ブレイブストーリー」で話題のGONZOが映像化したハードSFアニメ。映像に関してはこれがもうため息が出るほど素晴らしい出来。今のジャパニメーションの最高峰ではないですか?美しすぎる!カッコ良すぎる!ずーっとこの雰囲気に浸っていたくて、1話から最終5話まで一気に観てしまった。ワシはリアル・ハード系のアニメが大好きなのだが、最近は萌え系が多くてキャラもメカもこれほどリアルに徹したアニメが少なくなってきているだけにこの作品のクオリティの高さには心底感動した。3DCGで描かれるメカアクション関しては、セル・シェーダーを駆使しているだけあってここまでくると「CGが浮いて見える」事が全く無く安心して堪能できるし、対して2Dの人物シーンも多田由美のクセのある独特なデザインのキャラが見事に破綻なく作画されている。飛行中のディスプレイの描画や、無線のやりとりとかもホントゾクゾクします。主人公の声が俳優の堺雅人というのは微妙なところだが、「アカギ」の萩原聖人的な雰囲気は出ていると思う。ブッカー役の中田譲治はギロロ伍長のイメージがつきすぎてつい笑いが…。女性キャラメイン声優が麻上洋子と池田昌子ってのは往年の松本零士ファンとしては嬉しいところ。

 というわけで映像は文句なしなのだが、ストーリーは1回通して観ただけでは全く分かりません。いや、何度観ても分からないと思う。このアニメは原作ありきで、なんとか話がつながるギリギリまで端折りに端折って、あとは美形の登場人物や日本アニメ最高技術を駆使した息を呑むスピーディなドッグファイトシーンを堪能して下さいというものになっているからだ。ある意味原作小説のプロモーションビデオ。当然ワシは原作を読んでいないので、なんか地球外異星体が攻めてきて、人工知能を積んだ戦闘機雪風と、雪風だけに心を開く主人公パイロットがそれと対決している…という大筋だけはおぼろげに分かったが、細かいところはほとんど理解不能。しかし、それだけでも楽しめてしまうほどこのアニメは絵的なクオリティが高いのだ。

 これ、劇場版として大画面と大音響で観てみたいなぁ。マジで。
  1. 2006/08/16(水) |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。