クマチュー!!

カテゴリー:「B'z VIDEO/DVD/BDレビュー」の記事一覧

・--/--/-- スポンサーサイト
・2011/02/21 FILM RISKY / B'z
・2011/02/19 Koshi Inaba LIVE 2010 〜enII〜 / 稲葉浩志
・2006/12/21 B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE" / B'z

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

FILM RISKY / B'z

FILM RISKY [VHS]

【VHS】FILM RISKY / B'z

「enII」のライブブルーレイを観た後、突如として観たくなったので観ました。「FILM RISKY」。B'z初のビデオです。

B'zの二人が今の自分より遥かに若い頃のビデオですから、今観るとまぁチャラっぽいと言うか、青臭さの漂い方がハンパないです。松本さんも、いかにも成功した若造的なオレ様感をプンプンさせてますし、20年後に落ち着いてグラミーまで獲ってしまうなんて考えられませんねー。

思えばこの頃は実にバブリーな時代で良かった。B'zファンになったのもまさにこの頃ですし。というかむしろ、ハードロックに傾倒する以前。ダンサブルでポップだったB'zが、あの頃本当に好きだった事をふつふつと思い出しました。

20年以上前のビデオですが、それほどの画質劣化もなくまだ観れました。さすがVHS。というわけでDVD出なさそうなんでこの機会にDVD化しますか。

スポンサーサイト
  1. 2011/02/21(月) |
  2. B'z VIDEO/DVD/BDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Koshi Inaba LIVE 2010 〜enII〜 / 稲葉浩志

Koshi Inaba LIVE 2010~en 2~ [Blu-ray]

【DVD】Koshi Inaba LIVE 2010 〜enII〜 / 稲葉浩志

「enII」のDVD & Blu-ray、珍しく届いた翌日に速攻でブルーレイの方を観ました。B'z関連のブルーレイは初めて観ましたが、やっぱり大画面で観ても画質がボケないってのはいいですね!

流し見で終わろうかと思ったらなんか結局最後まで観てしまいました。武道館ラス日の収録らしくて、ワタシが行った日でも、サラスが出た日でもなかったのが残念ですけど、このツアーは非常に良かっただけに、こうやって残してもらえるのはいいですね。MCとかもちゃんと入ってましたし、やっぱこのツアーのサポメンとの楽しそうなやりとりも良かった。イナバ曲ももちろんいいけど、オリジナルのJamセッションとか本当に楽しい。さすがに本物のライブとは違って臨場感とか周りと一緒に盛り上がっていく感じが無いのはしょうがないですけど。

あの未発表曲が流れるエンディングロールはなかなか感動ですね。でもせっかくなんで欲を言えばメイキングなどのオマケ映像も欲しかったです。コブクロみたいに全DVDオーディオコメンタリとかは言わないですけど(沈黙多そうだし…)、今特典映像が当たり前のご時世になんか物足りない気がします。出してくれるだけいい、とかも違う気がするなぁ。

今度はDVDとの画質比較とかもやってみたいし、再発されたブルーレイシリーズもこれくらいの画質ならポチポチ買ってみようかな、という気にもなりました。

  1. 2011/02/19(土) |
  2. B'z VIDEO/DVD/BDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE" / B'z

B’z LIVE-GYM 2006“MONSTER’S GARAGE”(Blu-ray Disc)

【DVD】B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE" / B'z

B'zのライブDVDが出たので買う。ポイントが使えてかつ割引購入できるヨドバシで買おうとも思ったが、新星堂の特典クリスマスバージョンビニール袋に負けて定価で購入。自分のコレクター気質を呪います(笑)。

とりあえずオマケの「OFF LIMITS」を全部観る。これですよ。ライブDVDはやっぱりこういうのをいつもオマケで別につけて頂きたい。Treasure Landの映像見た時も思ったけど、ライブの舞台裏やらオフショットやらインタビューやら、ファンはそういうのを観たいわけですよ。非常に面白かったです。ただ、ファンインタビューはやっぱいらないです。いつぞやのスカパーのPPV番組でも思ったけど、あーいうのをDVDに入れちゃう意味が分からない。その時間があったらもっとB'z本人の映像を入れて下さいというのがファン心理でございます。あと、撮ってる本人はセンスのある映像だと思ってやってるんだろうけど、シーン毎のカットが短すぎたり、ぶった切りにして入れ子にしすぎるのが気になった。冗長すぎるのもアレだけどね。インタビュー時に画面を妙にブらしたり、人物の顔の向きに対して空間を後ろ側に大きく取ったりと、撮影セオリー無視してるのもちと嫌。古臭い考えですが、こういうのは普通に撮ってもらいたい。観てて疲れるんですよ。

本編の方は時間が無かったのでディスク1のみダイジェストで。オープニングと女子ダンサーズ登場の「恋のサマーセッション」「MVP」それから今回のライブのフェイバリット「雨だれぶるーず」「Brotherhood」「OCEAN」をとりあえず。異常に早いカット切換えや、ブレのある手持ちカメラ風撮影は、ライブの臨場感は良く出ているが非常に観づらくてやたら疲れる。ワシはダンサーズをもっとアップでじっくり見たいんじゃよ!!あとポケモンフラッシュがかなりキツイ。敏感な人は癲癇起こしそう。イナバの喉調子もライブ会場に実際いる時はノッてしまってるのであんまり気にならないが、自宅で客観的に見てるとやっぱマトモに歌えてないよなぁ…、と実感する。ノリ重視なんだと思うけど、昔のライブのようにもうちょっと丁寧に歌ってもらえたらなぁ。それから高くなってもいいから別盤でセンターステージの質問コーナー全集も付けて欲しかった。別に編集工夫しなくて良くて、ダラダラと全会場のあのコーナーが入ってればいいんです。無理な話じゃないと思うんだけどなぁ。そういう意味だと相変わらずここの制作陣はセンス優先でファン心理というものを分かっとらん。

まぁ、それでも観てるとやっぱり引き込まれてしまってついつい足でリズムを取ってしまう自分がいるんですけどね。また年末年始の時間のある時にでも通してじっくり観たいと思う。

20061219.jpg
  1. 2006/12/21(木) |
  2. B'z VIDEO/DVD/BDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。