クマチュー!!

カテゴリー:「映画(パニック)」の記事一覧

・--/--/-- スポンサーサイト
・2017/01/25 ピラニア [シネマ日記-1005]
・2016/04/22 エアポート'80 [シネマ日記-954]
・2015/09/19 イントゥ・ザ・ストーム [シネマ日記-904]
・2015/08/15 ジュラシック・ワールド [シネマ日記-887]
・2015/05/09 GODZILLA(2014) [シネマ日記-860]
・2014/08/19 フライング・ジョーズ [シネマ日記-789]
・2013/06/21 ハプニング [シネマ日記-680]
・2010/04/19 アイ・アム・レジェンド [シネマ日記-546]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

ピラニア [シネマ日記-1005]

ピラニア

-Piranha- (1978年/アメリカ)
監督/ジョー・ダンテ
出演/ブラッドフォード・ディルマン ヘザー・メンジース ケヴィン・マッカーシー

陸軍の極秘施設で兵器として飼育されていた殺人ピラニアを、行方不明者の調査のためにやってきた女性調査員とガイドの男が河川に放ってしまい、さあ大変!!という話。70年代に「ジョーズ(1974)」が大ヒットした以降の殺人動物パニック映画ブームの際に作られた亜流の1作ですけど、いかにもな感じでなかなか懐かしく観れましたよ!!

2010年頃に3Dでリメイクされたのも記憶に新しいですね。あれは地割れの中から突如凶暴化した古代のピラニアが襲ってくる設定でしたが、このオリジナルはピラニアが軍の兵器という設定。まぁ、どっちかっつーとこっちの方がリアリティがあるというか!?昔テレビでよくやってたような気がしますが、全然内容に記憶がなかったので観た事無かったのかな?思ったほどグロ要素はなかった感じですねぇ。

むしろ、お約束のように何度かあるお色気シーンが、なんかこの頃のホラー映画「あるある」で微笑ましかったりしてね。それはともかく、一番気になったのはオープニングシーンですね。アタリの「シャークジョーズ(1975)」をプレイするシーンがあるんですよ!!超初期のビデオゲームですよ。これは貴重ですねぇ!なぜかBGMに「サーカス」の曲が流れるんですけど、オリジナルもそうなのかな?
(BS)
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

  1. 2017/01/25(水) |
  2. 映画(パニック)
  3. | コメント:0

エアポート'80 [シネマ日記-954]

エアポート'80 [DVD]

-The Concorde...Airport'79- (1979年/アメリカ)
監督/デビッド・ローウェル・リッチ
出演/アラン・ドロン スーザン・ブレイクリー ロバート・ワグナー シルビア・クリステル ジョージ・ケネディ

コンコルド…、それはあこがれの飛行機。もうね、まさに大型鳥っていうようなあのフォルムが本当に優雅でカッコいいんですよね。調べたらとっくに退役してて、そもそも超音速旅客機ってのが今存在しないみたいなんですけど、あんな昔にコンコルドのような飛行機が空飛んでいたとか、ロマンですよねぇ。そんなコンコルドが戦闘機とドッグファイトするという、少年の夢のようなシーンが観れる映画!それがこの「エアポート'80」!

この映画、「エアポート」シリーズではそんなに評判よくないみたいですけど、ワタシは面白かったですよ!昔テレビでやってたのを観た事あるんですけど、コンコルドがミサイル回避するシーンがやたらカッコ良かったのを覚えてて、やっぱり今観てもそのシーンはカッコ良かった。CGとかに全然負けてない!確かに「そんなバカな」!というシーンは多いですけどね、そんなのこの映画では気にしなくていいんです!(たぶん)

あのデカイ航空機がミサイルを背面飛行でかわしたり、機動力で戦闘機と互角に渡り合ったり、そんなのあり得ないんだけど、コンコルドはマッハ2で飛べるんだからファントムぐらいの戦闘機となら普通に渡り合えるんじゃないかという妙な説得力もあったりして、あんな荒唐無稽な設定が結構すんなり受け入れられるのもすごい。でもやっぱりコンコルドの勇姿が観れる映画ってのでもう十分満足ですよねぇ…。

カッコいいと言えば、主役の若きアラン・ドロンがいいですよね。パイロット姿に痺れたご婦人も多いのでは?あと、今年亡くなったパトローニ役のジョージ・ケネディもいい味でねぇ。今回4作目でやっと主パイロットですよ。危機がおとずれても常に冷静沈着で、冗談を飛ばす余裕もあるとか男前…。エマニエル夫人でおなじみのシルビア・クリステルも、この映画ではキュートですよね。

残念なのは、コンコルドがずっと飛んでる訳じゃなくて、危機を乗り越えて中盤に一度着陸するんですよね。ここがちょっとまったりしてて、どうしてもテンポが落ちる。で、そのえらいめこいたコンコルドなんですが、破壊工作されて、ほとんど同じ乗組員と乗客がまた乗っちゃうんですよ!でまたえらいめこくというね。学習してない!で、そのあたりで伏線っぽいエピソードやサスペンスがいくつか挟まれるんですけど、最終的には全く関係なくて最後はあっさり終わっちゃう。今だったらラストはもうちょっと観てる人が 溜飲が下がるようなシーンが付け加えられるんでしょうけど、そこだけはちょっと物足りなかったですかね。
(BS)
  1. 2016/04/22(金) |
  2. 映画(パニック)
  3. | コメント:0

イントゥ・ザ・ストーム [シネマ日記-904]

イントゥ・ザ・ストーム ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

-Into the Storm- (2014年/アメリカ)
監督/スティーヴン・クォーレ
出演/リチャード・アーミティッジ サラ・ウェイン・キャリーズ マット・ウォルシュ アリシア・デブナム=カーレイ アーレン・エスカーペタ

鬼怒川洪水が起きたこのタイミングで観るのもどうかと思ったが、だからこそ自然災害の恐ろしさがより感じられた。POVとそれ以外の映像を自然に組み合わせていて、ものすごい臨場感と映画ならではのスケール感がある。あと、特殊車両タイタスがカッコいい。ラストはちとやりすぎかな。
(WOWOW)
  1. 2015/09/19(土) |
  2. 映画(パニック)
  3. | コメント:0

ジュラシック・ワールド [シネマ日記-887]

【Amazon.co.jp限定】ジュラシック・ワールド スチール・ブック仕様ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

-Jurassic World- (2015年/アメリカ)
監督/コリン・トレボロウ
出演/クリス・プラット ブライス・ダラス・ハワード ヴィンセント・ドノフリオ

焼き直しだのと酷評もあるようだが、1作目の内容は忘れていたので何も考えず面白く観た。期待し過ぎなかったのも良かったかも。ちょっと「エイリアン2」の香りがしたけど、もっとモンスターホラー風に演出したら結構怖い映画になったんだろうな。しないだろうけど。
(THEATER)
  1. 2015/08/15(土) |
  2. 映画(パニック)
  3. | コメント:0

GODZILLA(2014) [シネマ日記-860]

GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組

-Godzilla- (2014年/アメリカ)
監督/ギャレス・エドワーズ
出演/アーロン・テイラー=ジョンソン 渡辺謙 エリザベス・オルセン ジュリエット・ビノシュ

変な日本観が気になって、真面目に観たもんだかで悩む。渡辺謙も傍観してるだけで活躍しないし。最初に出て来たヤツが新ゴジラかと思って「斬新だな!」と思ったが違ってた。まぁ、結局「ゴジラ頑張れ!」ってなったから、ある意味いいゴジラ映画だったのかも。
(WOWOW)
  1. 2015/05/09(土) |
  2. 映画(パニック)
  3. | コメント:0

フライング・ジョーズ [シネマ日記-789]

フライング・ジョーズ [DVD]

-SWAMP SHARK- (2011年/アメリカ)
監督/グリフ・ファースト
出演/クリスティ・スワンソン ロバート・ダヴィ D・B・スウィーニー ソフィア・シニーズ

トンデモ「サメ」映画が一部で流行っているそうだが、丁度午後ロードで「サメ特集」をやっていたので観たのがこの作品。観終わった後、「なんだこれ?」と思わずそうつぶやいてしまうこの映画、調べたらテレビ映画でした。まぁ、そうでしょうねぇ。映像はチープ、ストーリーはどっかで見たような…、とあまりにもショボすぎて、映画館でまともに見てたら暴動起きますよ。

トンデモ映画にするんだったらそっち方向に振り切れればいいのに、話は結局普通の典型的パニック映画パターンだし、肝心のサメがほとんどヒレしか出て来ない。また、そのタイトルからどんだけ飛ぶのか!と期待していたらイルカのジャンプ以下だし…。おまけにラストは「そんなんでいいの!?」と観る者全員突っ込むはず!!

ただ、キャスティングには007の悪役をやった事もあるロバート・ダヴィが出ていたり、あのゲイリー・シニーズの娘ソフィア・シニーズが出ていたりと「おっ!」と思うところはありました。…が、正直オススメはできません。
(TV)
  1. 2014/08/19(火) |
  2. 映画(パニック)
  3. | コメント:0

ハプニング [シネマ日記-680]

ハプニング [Blu-ray]

-THE HAPPENING- (2008年/アメリカ)

監督/M・ナイト・シャマラン
出演/マーク・ウォールバーグ ズーイー・デシャネル ジョン・レグイザモ

前半は、突如として人々が自殺を始めるというショッキングな映像が続き、何が起こっているのか分からないスリルがとてもいい。表情一つ変えず自らの命を絶っていく自殺シーンはとにかく不気味で、なかなかのグロシーンもあいまって「これは!」と期待は高まるのだが…。

後半の展開はどんどんおかしな方向に向かって行き、もう終盤なのに物語がほとんどまとまってない事に「あれあれ?」となり、ラストは「え!?それで終わり!?」というところで終幕を迎える。人によって評価は分かれると思うが、少なくとも自分にとっては映画館で金払って観ていたら怒るレベル。主演の人が「失敗作だった」なんて認める映画作っちゃだめでしょ。
(CS)
  1. 2013/06/21(金) |
  2. 映画(パニック)
  3. | コメント:0

アイ・アム・レジェンド [シネマ日記-546]

アイ・アム・レジェンド [DVD]

-I Am Legend- (2007年/アメリカ)
監督/フランシス・ローレンス
出演/ウィル・スミス サリー・リチャードソン ウィロウ・スミス

過去に何度か映画化された「地球最後の男」のリメイクらしいが、それらオリジナルは未見。主人公は伝染病により人類がほとんど死滅した地球上に、偶然にも免疫を持っていたためただ一人残った(と思われる)科学者。前知識が全く無かったので、最初はこの主人公がそんな世界でいかにサヴァイヴしていくのかを描き、結末は他に生き残っていた人が見つかって云々...、みたいな話なのだろうと思っていたが、途中から全く想定外な展開になって驚いた。この映画は○○○映画だったのか!(言うとネタバレになっちゃいます。)なるほど、後で映画評を読んだりしてみると、オリジナル作品は今や伝説となっているあれやこれやの名作映画達に明らかに影響を与えているのが分かる。

ラストに主人公が取った行動については個人的には違和感があり、せっかくあんなに伏線が張ってあるのになぜ全部ほつぼらかしてそうなるの?と疑問に思った(そこがこの映画の物足りないところだった)のだが、実は原作にはもっとシニカルな「価値観の逆転」という結末があったようだ。ハリウッド映画としてはそれをやってしまうと納得いかない人が多そうだし、タイトルにそぐわない気もするのでしょうがないのだろうが、個人的には原作の展開の方が絶対いい。DVDにはもうひとつのエンディングとしてそちらのパターンも収録されているらしいが、まさに自分が思っていたものに近いラストのようなのでちょっと観てみたい。
(TV)
  1. 2010/04/19(月) |
  2. 映画(パニック)
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。