クマチュー!!

カテゴリー:「アニソン・特ソン・サントラ」の記事一覧

・2016/02/01 キリコが飲むウドの珈琲は苦い
・2016/01/07 まってました!ヨロレイヒー!!
・2016/01/03 偉大なるマイ・ロック・ルーツ!!
・2012/10/14 不滅の宇宙戦艦ヤマト ニュー・ディスコ・アレンジ
・2011/09/02 アイノヨカン / 神のみぞ知り隊
・2011/09/01 オレンジ / 竹達彩奈
・2011/08/30 40th Anniversary アンコール / 堀江美都子
・2011/08/25 Perfect Best / MIO(MIQ)
・2011/05/05 KAMEN RIDER BEST 2000-2011 SPECIAL EDITION / V.A.
・2011/03/01 カエル★ミラクル / ピーチカエル
・2010/12/08 Anything Goes! / 大黒摩季
・2010/10/25 U&I / 放課後ティータイム
・2010/06/08 ダンシング・ザブングル/マジカル・マッキーノ・バンド
・2010/06/06 とんでモン・ぺ音楽集
・2010/06/01 ウルトラマンエース/ハニー・ナイツ、みすず児童合唱団
・2010/01/31 太陽にほえろ!を聴く
・2010/01/30 けいおん!を聴く
・2010/01/24 W-B-X~W Boiled Extreme~/上木彩矢 w TAKUYA
・2009/10/19 ぼっくん!キミがいなきゃ/伊藤かずえ
・2009/05/13 追悼・三木たかし
・2009/05/01 悲しいほど優しくて… / TARAKO
・2009/03/29 元祖天才バカボンの春 / こおろぎ'73、コロムビアゆりかご会
・2009/03/08 おしゃれめさるな / MIMA
・2008/02/21 ヤットデタマンの歌/トッシュ
・2007/10/17 創聖のアクエリオン/AKINO
・2007/04/01 なつかしのファミリードラマ主題歌全集/V.A.
・2007/01/23 Z・刻をこえて/鮎川麻弥
・2006/12/18 愛のバラード/大野雄二
・2006/12/14 汚れた英雄(Riding High)/ローズマリー・バトラー
・2006/09/27 銀河鉄道999/ゴダイゴ

キリコが飲むウドの珈琲は苦い

最低野郎たちのブルーズ。

20160201_01.jpg

【LP】装甲騎兵ボトムズ BGM集 Vol.1 / 乾 裕樹

ボトムズサントラVol.1のアナログLP。「ウドの街編」の暗くてサイバーパンクな世界観を彩る劇伴。このLPを買った当時は、大人っぽい抑えめの曲が多かった事からそんなに聴き込んでなかったんですが、30数年の時を経て聴いてみて驚いた。

これは…、激渋!!「まだ子供だったんや!聴くの早過ぎたんや!!」大人になった今になってやっとわかった乾裕樹サウンドの深さ!!もう夜の酒飲みBGMにピッタリじゃないすか!!と、そっと部屋の照明を落とす。TETSU(織田哲郎)の「いつもあなたが」が、心に沁みますナ…。
  1. 2016/02/01(月) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | コメント:0

まってました!ヨロレイヒー!!

どんだけまってたのか!?



【7"】おしえて / 伊集加代子

実家発掘レコードシリーズ!!「アルプスの少女ハイジ」7吋。A面の「おしえて」がアニソン史に残るスバラシサなのは言わずもがな!ワタシとしてはB面の「まっててごらん」超推し!

カウベルも軽快なリズムと耳なじみのいいメロディはナベタケ御大の真骨頂ですな!特にサビへ行く前のドラムフィルインが好きすぎる。ヤギがひたすら歩いて行くエンディングも良かったなー。

久しぶりに聴いて、思わず「ハイ、ずっとまってました」と言いたくなる、名曲!
  1. 2016/01/07(木) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | コメント:0

偉大なるマイ・ロック・ルーツ!!



【7"】マッハバロン / すぎうらよしひろ

実家から掘って来たアナログ7吋の中でも最も好きな1枚!それがこの「マッハバロン」!!74年の特撮ロボット番組の主題歌であります。幼児であったワタシの心に"ロック"というものを植え付けたと言っても過言ではありますまい。

作・編曲が井上忠夫(井上大輔)氏。ガンダムの「哀・戦士」に先駆けること7年前、こんなぶっとんだすんばらしいバリバリのグラムロック(ボーカルのすぎうらよしひろ氏曰くパンク)な特撮主題歌を作っていたんですな。とにかく熱い歪んだギターは、そのあまりの歪みっぷりに最初プレイヤーがぶっ壊れたかと思ったという。「今だ出撃マッハバローン!」と歌うところで、音程が回転数を下げたようにキューンと下がっていくところがイカしてます(ここでも最初壊れたかと思った)。阿久悠氏の歌詞も難しい言葉・表現のオンパレードで、もう子供置いてけぼり。でも、自分はこの曲で「蹂躙」という言葉を覚えました。ありがとう阿久先生!

一方、EDの「眠れマッハバロン」は、すぎうら氏自ら「The Fool On The Hill」に似た感覚と語る、しっとりとしたバラード。だがしかし!これも子供向けの域を越えたすばらしい作品です。間奏のアコギが泣かせるんです!

というか、最近知ったのがすぎうらよしひろ氏が浅川マキ姐さんのバックをやっていたという事!そう言えば、子供の頃に散々聴いていた「MAKI LIVE」で「萩原の友達杉浦!」と紹介されていた、サイドギターの杉浦芳博こそ、「マッハバロン」のすぎうらよしひろ氏だったんですねぇ!Oh、なんたる繋がり。

なにはともあれ、この曲を作った井上・阿久両氏、この曲にOK出した担当者氏、そして、「マッハバロン」観てないのにこのシングル買ってもらった当時の自分に乾杯!
  1. 2016/01/03(日) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | コメント:0

不滅の宇宙戦艦ヤマト ニュー・ディスコ・アレンジ

今年からリリースが始まった、「宇宙戦艦ヤマト」の音楽年鑑企画「YAMATO SOUND ALMANACシリーズ」。既発売のアルバムも、Blu-Spec仕様のCDで高音質化されるという事で…。

正直「宇宙戦艦ヤマトCD-BOX」や「ETERNAL EDITION」を揃えてしまった自分としては、どれだけ音質が良くなったとしても同じアルバムを再び買うのは躊躇していたわけですが…。



これだけは買いました!9/19発売の「不滅の宇宙戦艦ヤマト ニュー・ディスコ・アレンジ」!!1978年にリリース以来、なぜかコロムビアではなくポリドールから出ていたからか、1度もCD化されていなかったという幻の企画アルバム。とは言え、「宇宙戦艦ヤマト2」本編に使われていた事もあって、まさに幻のサントラであったのです。

135021012895313219705_20121013_07.jpg

ワタシは発売当時、カセットでこのアルバムを買ってもらい、今でも持っています(↑)!最近デジタル化したのですが、こちらはノイズ入りだけどドンシャリで自分好みのサウンド。CD版はノイズはなくてそれぞれの音もはっきり際立って聞こえるのですが、なんとなくまろやかでシャキっと感がやや不足。まぁ、とりあえずこのアルバムが無事発売されてめでたい!それだけなのであります。ジャケットも当時の帯とか再現できててナイスですね。
  1. 2012/10/14(日) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイノヨカン / 神のみぞ知り隊

アイノヨカン 神のみぞ知るセカイII/EDテーマアイノヨカン 神のみぞ知るセカイII/EDテーマ
(2011/05/25)
神のみぞ知り隊

商品詳細を見る


これもアニソンのようですが、例によってアニメは観ていません。…しかし、この曲も実に素晴らしい。ポップで疾走感のある明るいメロディ。コーラスの美しいハーモニー。声優さんのユニットですから、声質も非常に心地いい。美少女アニソンは電波ソングばっかりなんじゃないかという考えは改めた方がいいでしょうね。

カップリングの「アイノヨカン from 駆け魂隊」は歌う人を5人から2人に絞ったバージョンですが、こちらはドラムが強調されてよりパンチが効いたアレンジになっています。個人的にはこっちのバージョンの方が好きですね。

ちなみにこの曲には「アイノヨカン from Jun」という豊崎愛生さんがソロで歌っているバージョンもありまして、これはちょっと落ち着いたボッサな感じのアレンジですが、これも素敵です。リゾート地で聴きたい感じですな。
  1. 2011/09/02(金) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オレンジ / 竹達彩奈

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]俺の妹がこんなに可愛いわけがない 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/02/23)
竹達彩奈、中村悠一 他

商品詳細を見る


声優・竹達彩奈さんの「オレンジ」という曲が実にいいです。上にリンク貼ったアニメのED曲らしいですが、ワタシはこのアニメは1回も見た事はありません。スターデジオのアニソンチャンネルを録音していて偶然出会った曲ですが、アニメを抜きにしてなんというか、曲自体にハマってしまいました。

ものすごく心地いい、ゆったりとした美メロに、一本調子で決して上手いとは言えない(敢えてかも知れませんが)竹達さんのボーカルが妙にマッチして、何度となくリピートしてしまいます。思いがけずこういう曲に出会うと、幸せになれますね。

このアニメで竹達さんは「ただいま。」という曲も歌っていますが、こちらもミディアムテンポのいい曲です。「オレンジ」より気持ちちょっと上手に歌っているみたいです。
  1. 2011/09/01(木) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

40th Anniversary アンコール / 堀江美都子



ミッチの40周年記念盤でございます。このアルバムを買った理由はただ一つ。あばれはっちゃく主題歌「タンゴむりすんな!」の2010年リレコーディング版が収録されているからであります。初出は1979年だから、実に31年ぶりの新録となるわけですね。しかもアレンジはワタシの敬愛する青木望氏!シンプルなカルテットアレンジはこれはこれでいいのですが、できれば青木氏らしいシンフォニックアレンジでも聴いてみたかった、というのは欲しがり過ぎでしょうか。

ちなみにDVDにもメドレーではありますが「タンゴむりすんな!」のライブバージョンを収録。これも嬉しいすなー。
  1. 2011/08/30(火) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Perfect Best / MIO(MIQ)



ちょっと前になりますが、80年代サンライズロボットアニメファンとしては待望のアルバムが出ましたよ。MIO姐さんの究極のベスト!現在はMIQ名義で活動されてるようですが、ワタシにとっては永遠のMIO姐さんです。

アニメソングながらアニメらしくない曲調というのは、1982年前後で顕著になった時期。そんな中でもMIO姐さんのデビュー曲となった「戦闘メカザブングル」の挿入歌「HEY YOU」。ハスキーでダイナマイトなヴォーカルのインパクトはワタシにとって相当なもので、それこそシングル盤を擦り切れるほど聴いたものです。彼女はその後「ダンバイン」「エルガイム」と立て続けに主題歌起用されるわけですが、このあたりの曲は自分の音楽ルーツと言ってもいいかも知れないですね。今聴いても全然飽きないし古くさくないってのはホント凄いです。

個人的にはMIO姐さんのアルバムは2ndまで買ったのですが、1stの「スターライト・シャワー」は正直期待したような内容でなかった記憶があります。ただ、2ndの「Mr.Monday Morning」は結構好きな曲が多くて気に入っていました。このアルバムには「ザブングル」「ダンバイン」「エルガイム」の曲の英語バージョンも入っていたのですが、なんと今回のベストアルバムにはそれらが完全収録!さらに、あの幻の「ダンシング・ザブングル」収録の「WHY(「わすれ草」の英語バージョン)」まで入っているのが嬉しい。欲を言えば「ヨドバシカメラの歌」と「哀 戦士」も入っていれば完璧でした…。

ちなみにMIO姐さんは我が故郷鳥取県出身。2007年より鳥取市観光大使を歴任されております。「鳥取戦士サキューンのテーマ」も歌われてましたが、田舎に帰って家族に聞いてみたら意外に地元民にも知られてない感じ…。頑張れ!MIO姐さん!

  1. 2011/08/25(木) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KAMEN RIDER BEST 2000-2011 SPECIAL EDITION / V.A.

P1020334.jpg

 通常盤ですらあんまり店頭で見かけない人気CD「KAMEN RIDER BEST 2000-2011 SPECIAL EDITION」。4/27の発売日から探していたのですが、なんとか見つけて買う事が出来ました(Amazonでは普通に買えるみたいですが)。購入特典の販促ポスターももらえてラッキー。

 「W」から観始めた平成ライダーですが、その後遡って「カブト」「電王」を観終わって、今は「555」「剣」「オーズ」を平行で観てるという、完全にハマってる感じです。

 そして、平成ライダーと言えば何と言っても熱いテーマソング。とにかく聴いていてテンションが上がるカッコいい曲が多い訳ですが、このCDはファンに人気の高い曲を投票でセレクトしているので、どれを聴いても名曲揃いです。ずいぶんリピートしてますがいいですねぇ。飽きませんねぇ、

 そんな中でもこのCDには「W」の幻のED曲、Labor Dayの「Extreme Dream」が収録されているのがポイント。今では入手困難な「W」のCD-BOXにしか収録されていなかったので聴きたくても聴けなかったのですが、この曲がとにかくカッコいい。ゴリゴリのギターに暴れまくるドラム、それにハマりすぎる熱い女性ボーカル。キャッチーなメロに爽快なスピード感。私が日本の「ロック歌謡」に求める全ての要素が内包された、至高の曲だと思います。機会があったら是非聴いて頂きたい!

 Labor Dayはもう1曲「Cyclone Effect」という曲を歌っていて、負けず劣らずの非常にカッコいい曲ですが、こっちは「Extreme Dream」収録のあおりを受けたのか、選曲からはずされてしまったのが少々残念。渡部君の「オーズ」曲1曲はずしてもいいから、こっちを入れて欲しかった…。

 
  1. 2011/05/05(木) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カエル★ミラクル / ピーチカエル

P1020246.jpg

 伊豆の泊まりオフの時に寄った「かえる家」で店内に流れていたイメージソング「カエル★ミラクル」。「♪カエル、カエル、見違える~」というサブリミナルなサビがどうも頭にこびりついてしまい、CDが期間限定200円オフで売っていたので、オモロげミュージックファンとしては見逃せずに買ってしまいました…。

 ボーカルのピーチカエルという人の歌声が、聴いた事があるんだけど誰だか分からず、「声優の卵のアルバイトなんじゃないの?」とか話していたんですが、家に帰って調べてみたら、なんと正体は桃井はるこでした(!)。行きの車の中でもモモーイ聴いてたのに気づかなかった!しかも作詞作曲やってます。レアものかとも思ったのですが、普通にAmazonでも売ってました。まぁ、安く買えたから良かったか…?

カエル★ミラクル Amazon.co.jp独占先行販売カエル★ミラクル Amazon.co.jp独占先行販売
(2009/10/17)
ピーチカエル

商品詳細を見る
  1. 2011/03/01(火) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Anything Goes! / 大黒摩季

Anything Goes!(DVD付)Anything Goes!(DVD付)
(2010/11/17)
大黒摩季

商品詳細を見る


 仮面ライダーオーズの主題歌。高速のビートとノリのいいホーンが楽しい、明るいスカパンク・ナンバー。いかにも大黒姉さんらしいボーカルも健在、往年のビーイング全盛時代を思い出します。

 前作のダブルの主題歌が非常にクオリティ高かったので、最初聴いた時「なんじゃこりゃ?」な感じの曲でしたが、慣れてくるとだんだん好きになってきて、気づくと何度もリピートしています。

 後、フル音源を先日小遣いはたいて買った低音重視イヤホン、ATH-CKS70で聴くと、重低音がハンパないほどゴリゴリ効いてもう素晴らしいの一言。とにかく、低音を目一杯ブーストしてお聴き下さい。クセになります。

audio-technica ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS70audio-technica ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS70
(2009/06/19)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る
  1. 2010/12/08(水) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

U&I / 放課後ティータイム

TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌  ごはんはおかず/U&ITVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌 ごはんはおかず/U&I
(2010/09/08)
放課後ティータイム

商品詳細を見る


 毎週楽しみに観ていた「けいおん!!」も終わってしまいました。このアニメ、軽音部が舞台なのにほとんど練習もせずにお茶してまったりしている、というのが毎週続くのですが、それだけに極たまに演奏シーンがあったりするとゾクゾクしてしまうのであります。

 特に20話の学園祭のシーンで演奏された「U&I」は素晴らしかった!もうツボつきまくりです。疾走感がありながらちょっとせつなさも感じさせるキャッチーなメロ。愛生さんのボーカルも素晴らしく、特にあざといまでのオチサビには泣かせられます。ちょっとWhiteberryが歌いそうな感じでもありますねー。いやはや、これは名曲です。
  1. 2010/10/25(月) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダンシング・ザブングル/マジカル・マッキーノ・バンド



 復刻希望シリーズ第二弾、「ダンシング・ザブングル」です。アニメ「戦闘メカ・ザブングル」のBGMをディスコアレンジした企画アルバム。当時はこんな企画結構あったんですけど、これはかなりマイナーなんじゃないですかね。

 ダンサブルでノリノリ!を期待して買ったんですが、結構ムーディーで大人な感じの曲が多かったので当時はちょっとがっかりした覚えがあるのですが、今聴いてみるとなかなかいいんですよねこれが。MIOの歌う「わすれ草」英語バージョンの「WHY」、SUZI KIMの歌う「乾いた大地」英語バージョンの「NEVER HURTS TO TRY」なんか、夜お酒飲みながら聴くのにピッタリな、シックで大人なアレンジでいいですよ。

 作曲編曲は全て劇伴も担当した馬飼野康二が担当。マジカル・マッキーノ・バンドは馬飼野康二の変名バンドでしょうか。ザブングルのBGM集はCDで復刻されたので買いましたが、これはまだ出てなかったはず。キングさん!頼みます!
  1. 2010/06/08(火) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とんでモン・ぺ音楽集



 1982年のアニメ「とんでモン・ぺ」の音楽集です。「アニマルロックンロール」「オトメチック・ドリーム」「モンペ体操太極拳」など、主題歌をタケカワユキヒデが作曲しているのは有名ですが、アレンジはBGMをクインシー名義で作曲していた久石譲氏が全て担当。このアルバムに収録されている「FURUSATO」「ナンダ・チリチリ」という2曲のインスト作品がまさかの神クオリティ。特に「FURUSATO」はなぜこのアルバムに収録されているのかわからないほどムーディーでアダルトな仕上がり。夕暮れ時に良く聴いたなぁ。

 いつか復刻CDが出てくれるのを切に望んでいるのですが、未だその噂すら聞かないです、ビクターさん、頼みます!
  1. 2010/06/06(日) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラマンエース/ハニー・ナイツ、みすず児童合唱団



 ワタシが物心ついた頃、おそらく(自分の意思で)初めて買ってもらったレコードがこれだったと記憶しています。「ウルトラマンエース」の主題歌です。久々に聴いてますが、いいですねぇ。

 ところで常々思っていたのですが、テレビではサビに「♪いざゆけいざゆけ」という歌詞があるのに、レコードには「♪たたかえたたかえ」しか無いという事です。調べると、尺合わせのリピートのために付けたTVサイズにしか無い歌詞なんだそうで。ウン十年越しの疑問が解けましたわい。

 挿入歌の「TACの歌」もカッコいいっすねー。いわゆる「ワンダバ」系ですけど、この曲のメロディ、構成、アレンジとか聴き直しますと、改めて冬木透先生は天才、とか思います。

P1010355.jpg

 ちなみにこのレコードはEP盤サイズですが33回転のいわゆる「コンパクト盤」という奴で、片面に2曲入っています。裏面は「シルバー仮面」でした。この主題歌「故郷は地球」がまた渋くていいんですよねぇ。特にイントロのカッコ良さには痺れます。作曲が猪俣公章先生、歌は主役をやってた柴俊夫です。
  1. 2010/06/01(火) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太陽にほえろ!を聴く

太陽にほえろ!オリジナル・サウンドトラック 70’sベスト太陽にほえろ!オリジナル・サウンドトラック 70’sベスト
(2010/01/27)
TVサントラ

商品詳細を見る

 スターデジオで「「太陽にほえろ!のテーマ」だけの1時間」という特集をやっていたので捕獲。これまたデジオならではのイカした企画。オリジナルのテーマから劇伴の派生アレンジ曲まで、1時間全部あの「チャララ~チャララ~」というおなじみのメロディ曲だけを集めた特集です。

 しかし、「太陽にほえろ!のテーマ」はやっぱり72年版の最初のテーマが一番いいですね。それ以降は2001年バージョンに至るまで、なんかハンパに新しいっぽいサウンドを取り入れたり、微妙にオリジナルに似せたり、かなりたくさんのバリエーションがありますが、やはりオリジナルに勝る曲なし。あと、テーマのスロー版「愛のテーマ」。これも渋くていいですね。こちらも実は結構バリエーションがあるのに驚きます。

 デジオは時々こういう通な企画をサラっとやってくれるので止められません。ちなみにこの間やっていた「デビュー約30周年・柳沢慎吾ワールド」「社歌、企業イメージCMソング特集」もツボりました。これからも通な企画をお願いします!
  1. 2010/01/31(日) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

けいおん!を聴く

Cagayake!GIRLS(初回限定盤)Cagayake!GIRLS(初回限定盤)
(2009/04/22)
桜高軽音部豊崎愛生

商品詳細を見る

 先日「けいおん!」のアニメ主題歌はそんなに云々…、などと書いてしまいましたが、申し訳ありませんでした。スターデジオでグッドタイミングで「けいおん!」特集やってたので捕獲して聴いてたらハマった…。いやいやこれはいいわ。素晴らしいではないですか。

 豊崎愛生が桜高軽音部の平沢唯として歌っている主題歌の「Cagayake!GIRLS」ですが、確かにアニメ声ですが想像以上に音がロックしてます。しかもベースが目立ってるのが素晴らしい。ED曲の「Don't say ''lazy''」は、先にSCANDALがカヴァーしたのをテレビで観たことがありますが、これもスピーディーでハードなリフがキマッててカッコいいですな。挿入歌でパンキッシュな「翼をください」なんか、実際学園祭で女子バンドがこんな演奏やってたらきっと泣くくらい素晴らしい。

 主題歌以外に本編中に放課後ティータイムとして演奏してる曲や、キャラソンなんかももキャッチーなガールズロックばかりでいいすな。パンクありポップありと聴いていて気持ち良くなる曲ばかり。マーティ・フリードマンがポップパンクを8歳の女児が歌ってるようだと衝撃を受けたらしいですが、なるほど言い得て妙。

風をあつめて(限定生産盤)(DVD付)風をあつめて(限定生産盤)(DVD付)
(2009/11/25)
スフィア

商品詳細を見る

 あと、豊崎愛生が所属するユニット、スフィアの「風をあつめて」という曲も聴いたのですが、これがまたコーラスワークが絶妙な爽やかなポップスで絶品。豊崎愛生は現在のところ、「けいおん!」系アニソン、グループアイドル系、そしてソロと、3系統に楽しめる、ワタシ的に現在最注目の歌手となりました。
  1. 2010/01/30(土) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

W-B-X~W Boiled Extreme~/上木彩矢 w TAKUYA

W-B-X~W Boiled Extreme~W-B-X~W Boiled Extreme~
(2009/11/11)
上木彩矢 w TAKUYA

商品詳細を見る

 霧彦さんいい人だ!と思い始めた矢先にいきなり死亡で「え~~!?」とか新ライダーアクセルが微妙にカッコ悪いぞ!とかいろいろ盛り上がっている「仮面ライダーW」ですが、甥っ子に買ってやろうとダブルドライバーを探すもどこも悉く品切れという異常事態に驚く今日この頃です。

 そんな「仮面ライダーW」の主題歌、上木彩矢と元ジュディマリのTAKUYAが歌う「W-B-X~W Boiled Extreme~」ですが、この曲メチャクチャカッコいいですよね。怪しくムーディなメロディから一転ホーンセクションが賑やかに鳴りまくるイントロ。ミステリアスなAメロからラップを絡めて盛り上がるBメロ。上木彩矢とTAKUYAの掛け合いも気持ち良くはまる疾走感と開放感のあるサビ。ガチャガチャ細かく刻むギターやうねりまくるベースも素敵です。ワタシはいつもOPを早送りせず観てしまいます。子供が歌うヒーローソングじゃ全くないですけどね。

仮面ライダーダブル エンディングテーマ4仮面ライダーダブル エンディングテーマ4
(2010/01/27)
園咲若菜(飛鳥凛)

商品詳細を見る

 「W」の曲としては今後もいろいろリリースされるみたいですけど、中でも若菜姫が歌う「Naturally」は気になりますね。飛鳥凛は「口裂け女2」の主題歌「醒めない夢」でその歌唱力は実証済みですから楽しみですね。

Love(白抜きハート記号)Wars 初回限定生産盤A(仮)Love(白抜きハート記号)Wars 初回限定生産盤A(仮)
(2010/03/31)
Queen & Elizabeth

商品詳細を見る

 あと、こんなのも出るみたいで。クイーン&エリザベスの「Love Wars」。AKB48(板野友美、河西智美)と仮面ライダーWのコラボレーションっつー事でいいんでしょうか?俺ホイホイもいい加減にして下さい!と嬉しい悲鳴です。
  1. 2010/01/24(日) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼっくん!キミがいなきゃ/伊藤かずえ

ロボットコメディ 主題歌・挿入歌大全集ロボットコメディ 主題歌・挿入歌大全集
(2007/01/24)
テレビ主題歌コロムビアゆりかご会

商品詳細を見る

 大阪食い倒れ道中の、海遊館からの帰りの電車、嫁のケータイで加藤和彦氏の訃報を知りました。また日本の偉大なミュージシャンが一人逝ってしまいました。しかも自殺…。

 加藤さんと言うと、フォークルとかミカバンドの事が語られますけど、ワタシの世代的にはやっぱり音楽プロデューサーとしての活躍の方が馴染みがあります。wikiとか見ると分かりますけど、幾多の有名歌手に曲提供してますが、微妙にヒットをはずした通な曲が多かった記憶があります。個人的には「だいじょうぶマイフレンド」「愛・おぼえていますか」あたりが印象深いです。

 ただ、そういった代表的な曲はみなさん語り尽くしているでしょうから、ワタシは加藤さん作曲の中でもかなり異色であろうこの曲を思い出しながら追悼します。伊藤かずえの「ぼっくん!キミがいなきゃ」です。この曲は「もりもりぼっくん」という、カルト的人気を誇る東映不思議コメディの1作のOP曲で、はじけるようなデジタルドラムとコーラスが印象的なハッピーな明るい曲です。当時ドラマの悪役の印象が大きかった伊藤かずえのつたないながらかわいらしいボーカルも意外性があっていいです。ED曲の「ジュリエットにさせて」も同じく同氏の作曲ですが、こちらは美メロのミディアム曲でこれまた聴かせます。このシリーズの主題歌の中でもやはり出色の出来だったのはさすが加藤さんという感じですが、こんなマイナー子供向番組の主題歌に何故加藤和彦が?と当時驚いた記憶があります。

P1010074.jpg

 加藤和彦氏のご冥福をお祈りします。
  1. 2009/10/19(月) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

追悼・三木たかし

超人機メタルダー オリジナル・サウンドトラック超人機メタルダー オリジナル・サウンドトラック
(2007/02/21)
TVサントラ佐々木功

商品詳細を見る

 キヨシローに次ぐ訃報。ワタシは三木たかし氏にもそんなに思い入れがないですが、彼が手がけた曲で1曲だけものすごい好きな曲があります。それは、特撮ヒーロー『超人機メタルダー』の主題歌「君の人生は輝いているか」です。『超人機メタルダー』は、『宇宙刑事シリーズ』の流れで登場したメタルヒーローで、生身のヒーローではなく人造の機械人間として生きる主人公の活躍と苦悩が描かれた、『人造人間キカイダー』を彷彿とさせる名作です。

 この「君の人生は輝いているか」という曲、作詞・ジェームズ三木、作曲・三木たかしという奇跡のダブル三木が手がけております。タイトルや歌詞中に一切ヒーローの名前を出す事無く、三木氏の美メロに乗せ「君の人生は輝いているか? 本当の自分を隠してはいないか? 君の青春は満たされているか?ちっぽけな幸せに妥協していないか?」などと、若者に対してただひたすら問いかけていきます。これが田中公平氏のやりすぎとも思えるほどの重厚なアレンジで装飾され、さらに佐々木功氏が暑苦しく重たく歌い上げる事により、特撮主題歌のターニングポイントとも言える稀有の名曲となっております。聴き終えたあとはずっしりとした疲労感と爽快感を感じられること必至です。三木たかし氏のご冥福をお祈りいたします。
  1. 2009/05/13(水) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悲しいほど優しくて… / TARAKO

悲しいほど優しくて・・・TARAKO バラード・コレクション悲しいほど優しくて・・・TARAKO バラード・コレクション
(1998/08/21)
TARAKO

商品詳細を見る

 TARAKOと言えばちびまる子ちゃんですが、ワタシ的にはTARAKOと言えばザブングルのチルですねー。ザブングルと言っても「カッチカチやで」の方ではなくて、アニメ「戦闘メカ・ザブングル」の方ですよ。今でも「ザブングル・グラフィティ」のドラマ編サントラをTARAKOの声若いなぁ、でも今もあまり変わってないなぁ、とか思いながら聴いております。

 そんなTARAKOさんはシンガーソングライターでもあり、83年のデビューから90年代中盤までコンスタントにリリースをされております。彼女の歌声というと、まる子声で歌っているのを想像してしまいますが、実際は石川ひとみを彷彿とさせるような、透明感のあるかなりの美声です。機会があったら一度聴いてみて下さい。かなりびっくりすると思いますよ。「悲しいほど優しくて…」が含まれたバラードベスト盤が98年に出て以来オリジナル曲のリリースがないようですが、たまには歌声を聴きたいものです。
  1. 2009/05/01(金) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元祖天才バカボンの春 / こおろぎ'73、コロムビアゆりかご会

元祖天才バカボン サウンドトラック総集盤元祖天才バカボン サウンドトラック総集盤
(2008/11/25)
TVサントラコロムビアゆりかご会

商品詳細を見る


 「♪枯葉散る白いテラスの午後三時~…」この曲が身にしみる年齢に、とうとうなってしまいました。

 あまつさえこの春にホールに新規導入されるのが、その名もズバリ「CR天才バカボン 41才の春だから」。涙流して打ちます!

bakabon41.jpg

 …ところで、これのCMや駅張りのポスターのセンスはなかなかですな!

 嫁におニューのメガネを買ってもらいました。ありがとう!
  1. 2009/03/29(日) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おしゃれめさるな / MIMA

魔法の妖精ペルシャ/おはよう!スパンク魔法の妖精ペルシャ/おはよう!スパンク
(1999/06/23)
TVサントラ東京荒川少年少女合唱隊

商品詳細を見る

 さらにコスミック・インベンションつながりで。ボーカルの森岡みまがMIMA名義で出した曲がこの「おしゃれめさるな」で、一時期ブームとなった魔法少女アニメシリーズの「魔法の妖精ペルシャ」の2ndオープニングです。岡本舞子が歌う1stオープニング「見知らぬ国のトリッパー」もお気に入りの名曲なんですが、当時高校生だったワタシにアニヲタの友人・H田くんが「すげー曲が出たぞ」と貸してくれたのがこの「おしゃれめさるな」のドーナツ盤でした。針を落とした冒頭から「♪おっしゃれおしゃれ~、アハンハン!」ときましたから一気に脱力したものですが、20余年の歳月を経て今聴いてみるとこれがまたアリ。

 古田喜昭の美メロに馬飼野康二によるブリブリ低音が効いているシンセベースにキラキラしたシンセがほどよく調和したアレンジ。やっぱりといった感じの秋元康の奇をてらった詞、そしてキュートに歌うMIMAのボーカルも相まって、アニソンと言うよりは実に正しいアイドルポップスであります。

 MIMAが森岡みまだと知ったのは最近の事ですが、「♪アハンハン」も「YAKIMOKI」の「♪ヤッハ~ン」から引き継がれたみまフェイクの名残だとしたら実に感慨深く聴けるではありませんか。
  1. 2009/03/08(日) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤットデタマンの歌/トッシュ

ヤットデタマン オリジナル・サウンドトラックヤットデタマン オリジナル・サウンドトラック
(2006/04/26)
TVサントラトッシュ

商品詳細を見る

 タイムボカンシリーズで一番名曲なのは「ヤッターマンの歌」(もちろんオリジナル)なのは異存はないですが、一番カッコいいのは「ヤットデタマンの歌」なのではないかと、この曲を電車の中でiPodで聴きながら思いました。サラリーマンが通勤途中に真面目な顔して聴いているのが「タイムボカン名曲大全」ってのもどうよって感じですが。リアルタイムオンエア時、ワタシはテレビのアニメ主題歌をラジカセで録音して集めたテープを愛聴していたのですが、この「ヤットデタマンの歌」は、タイムボカンの主題歌なのにやたらノリが良くてカッコいいので特に気に入って何度も聴いていたのを思い出します。

 歌っているのは山本正之ではなく、トッシュというグループ。なかなかハスキーで渋いボーカルで、サビとか掛け合いっぽく聴こえるのでツインボーカルなんだろうなと思っていましたが、調べてみるとその正体はどうやらアニソン界では超お馴染みの山形ユキオ氏と宮内タカユキ前田よしひろ氏らしいです。特に山形氏はこれがアニソンデビュー曲だったとか。アレンジも基本はディスコサウンドで、パーカッションも軽快なリズムの裏でスラップベースがベロンベロン言ってるのがカッコ良く、それまでのタイムボカンシリーズの主題歌とは明らかに一線を画した曲になってましたね。

 ちなみにエンディングは故鈴木ヒロミツ氏の「ヤットデタマン・ブギウギレディ」ですが、これもノリのいいブギウギサウンドに「やっと出た」がモチーフのコミカルな歌詞が乗っている超ゴキゲンな曲で聴き逃せません。
  1. 2008/02/21(木) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

創聖のアクエリオン/AKINO


創聖のアクエリオン創聖のアクエリオン
(2011/08/24)
AKINO

商品詳細を見る

 「あなたと合体したい」のキャッチフレーズがインパクトを残すパチンコのCMが今ヘヴィロテされてますが、バックに流れている「♪一万年と二千年前から愛してる~」という曲が何故だか今ものすごく流行っているそうです。しかも携帯の着メロで高校生に人気だったりとか、iTunesのダウンロードでトップだったりとか、オリコンでもトップ100圏内に再浮上とか有り得ない異常人気。そんなこの曲は、2年以上前にオンエアしていたアニメ「創聖のアクエリオン」の主題歌「創聖のアクエリオン」(作詞: 岩里祐穂/作曲・編曲:菅野よう子)です。「アクエリオン」は2005年放送の巨大合体ロボットが登場するテレビアニメですが、最近劇場版が制作されてじわじわと話題になっていたところ、パチンコのCMで主題歌がブレイク、という非常に珍しいパターンです(しかもまだパチンコ台自体はリリースされてない)。

 本放送がオンエアされていた頃から、ワタシはこの主題歌大好きでしたので、今頃こんなに人気が出ているのにびっくりするとともに嬉しいです。イントロの幻想的な部分とか、サビで転調して力強く盛り上がるところとか、とにかく耳に残る曲なんですよね。オープニングアニメとのマッチングも良かったので、普通主題歌スキップするところ、このアニメは毎回スキップせず観てました。後期は主題歌が同じくAKINOの「GO TIGHT!」(「合体」のもじり」)になりましたが、こちらもカッコ良かったですね。このアニメ、過去に記事にした事もありますが、最近では珍しくワタシが全話コンプリートして観たアニメです。CGによる河森正治デザインのロボが非常に合理的に合体するのもカッコ良かったんですが、合体すると気持ちいいとか、パンチが無限に伸びて月まで届くとか、大げさな必殺技口上とか、なんかその有り得ない設定などちょっと笑える要素もあって嵌まってしまったんですね。実際にパチンコでも大当たり時にこの曲流れるそうですが、ただ、諸般の事情により、AKINOの歌うオリジナルバージョンは流れないとの事。これは残念ですなー。でもこの台、アニメに嵌まった身としては是非打ちたいので今から非常に待ち遠しいです。1万円と2千円くらいで当てて欲しい…。8千円過ぎた頃から焦りはじめるんでしょうな。さすがに1億円は使えません。

aquarion

  1. 2007/10/17(水) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なつかしのファミリードラマ主題歌全集/V.A.

なつかしのファミリードラマ 主題歌全集 なつかしのファミリードラマ 主題歌全集
テレビ主題歌、榊原郁恵 他 (2007/01/24)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 スカパーテレ朝チャンネルの「男!あばれはっちゃく」全102話のオンエアが遂に最終回。ええ!全部録画しましたよ。ワタシは小学生の頃からあばれはっちゃくマニアでしたからね。「俺はあばれはっちゃく」のDVD-BOXももちろん揃えましたし。今回の最終回もビデオ持ってなかった当時カセットテープに録音して何度も聴いたので台詞の一字一句今だに鮮明に覚えてるんですが、映像は久々に見直したので感動もひとしお。ちょっと前にやった「さよならドン平」の回なんか、当時はなんとも無かったのに今見たら号泣ですよ、ええ、号泣。

 でもって、このはっちゃくの主題歌。今まで全5シリーズをコンプリート収録したCDってのは出てませんで、いつになったら出るんだ!とか言いながら久々に発売元のコロムビアのサイトを覗いたところ…。既に1月に出てたー!という事でAmazonで速攻注文。今聴いてますがもうナミダモノですな。結構主題歌のドーナツ盤は持ってましたが、やっぱCDでデジタルリマスタリングしてあるから音がイイ!言わずと知れたミッチが歌う主題歌「タンゴむりすんな!」が名曲なのは間違いないですが、今までフルで聴いた事になかった挿入歌「はっちゃくひとりうた」が超名曲なのに驚いた!リコーダーとホルンによるもんのすごくせつないメロディライン。これで泣けないのはおかしい。あと、「男!」の主題歌「そいつぁだれだ!」も、木琴とストリングスの使い方が絶妙!さすが「キューティー・ハニー」のナベタケ!この手の曲作らせたら天下一品。ミッチのしゃくりボーカルもいいんだなぁ。あと、はっちゃくソングのアレンジに、いくつか久石譲氏の名前も!そうなんですよ。こんな仕事もしてたんですよねぇ。ていうかワシ的には久石譲って言ったらジブリ作品でもたけし作品でもない、「バンバンビンビンはっちゃめちゃ」がまず頭に浮かびますよ。その他にもビッキーズやらケンちゃんやらカッチンやら、懐かしい主題歌が目白押しで涙なくしては聴けません。買って本当に良かった!

 五代目はっちゃくの酒井一圭氏(ガオレンジャー)が、3月末にあばれはっちゃく関係者全員集めて同窓会やったとか!すごいなぁ。なんでも当日はっちゃくイベントを予定してたらしいけど、延期にして同窓会にしたんだとか。延期なんだったらイベント今からでもチケット買えるのかなぁ?是非行きたい!そう言えばこないだはっちゃく時代の酒井一圭氏が出てるテレ朝番組対抗ボーリング大会(’85)のビデオが出てきたよ。桂三枝司会の。東野英心とうちゃんももちろん健在。なつかしい。
  1. 2007/04/01(日) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Z・刻をこえて/鮎川麻弥

Z・刻を越えて/星空のBelieve/水の星へ愛をこめて/銀色ドレス (TV版 機動戦士Zガンダム主題歌) Z・刻を越えて/星空のBelieve/水の星へ愛をこめて/銀色ドレス (TV版 機動戦士Zガンダム主題歌)
森口博子 鮎川麻弥、鮎川麻弥 他 (2005/06/08)
キングレコード
この商品の詳細を見る

 「機動戦士Zガンダム」TVシリーズの前期OP曲。ガンダムはZZまではリアルタイムで観てました。今のは全然興味ないけど。

 それにしてもこの曲カッコいいよなぁ。今聴いても。Zガンダム本放送時もカッコいいとは思ったが、それまでのサンライズロボ主題歌に比べるとやや盛り上がりどころに欠けるのでその点不満でレコードも買いませんでした。しかし、今聴いてみると実にいい。音数少なめのビートの効いたAメロもいいし、そこに絡むホーンセクションや、後ろで鳴ってるサブリミナルなシンセもクセになる。アニメ主題歌で12インチのロングバージョンが出たのも、当時珍しかったんじゃないかなぁ。

 この曲、そもそもニール・セダカの曲のカバーなんですってね。てっきり書き下ろしかと思ってた。あと、リッチー・コッツェンがカバーしたバージョンもあるそうなので、そっちも聴いてみたい。
  1. 2007/01/23(火) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愛のバラード/大野雄二

犬神家の一族 オリジナルサウンドトラック 犬神家の一族 オリジナルサウンドトラック
サントラ (2006/12/13)
ERJ
この商品の詳細を見る

 あまりにも有名な「犬神家の一族」のテーマ曲。ルパン三世のテーマでもおなじみの大野雄二作曲。大野節爆裂でこれがもう素晴らしすぎ。個人的には「犬神家の一族」のテーマと言えば「愛のバラード」しか考えられない、このテーマが流れない「犬神家」は「犬神家」じゃない!とさえ思うワタシです。琴に似たダルシマという楽器で演奏される、ミステリーのテーマ曲にピッタリな嫌でも耳に残る妖しいメーンフレーズ。Bパートでは一転ストリングスとホルンから奏でられる美しくもせつないメロディでいやがおうにも盛り上がる(この展開は「ルパン三世のテーマ」でもおなじみ)。実際フルバージョンでは壮大なイントロや余韻を残すアウトロが入っているので、いきなりメインフレーズから入る映画バージョンと比べるとずいぶんイメージが違う。映画的にはそれでそれで雰囲気に合ってるのだが、途中のメロがばっさりカットされて変な編集になっているのでやっぱりここはフルで聴きたいところ。

 市川金田一が大好きなワタシではあるが、前作のトヨエツ版「八つ墓村」はちょっと微妙で、正直今回の「犬神家」リメイクは楽しみな反面、不安も大きいのだが、想像以上に丸ごとリメイクしてるらしいので逆に楽しみになった。希望を言わせてもらえば、市川×石坂コンビを復活可能なのであれば、市川先生ご健在のうちに他の作品の石坂版を作成して頂きたい。「八つ墓村」「本陣殺人事件」「悪魔が来りて笛を吹く」の3作は特に。 続きを読む
  1. 2006/12/18(月) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

汚れた英雄(Riding High)/ローズマリー・バトラー

汚れた英雄 汚れた英雄
草刈正雄 (2006/10/20)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る

 大藪春彦原作・草刈正雄主演のバイクレース映画「汚れた英雄」の主題歌。ハードロック+シャッフル調の外人女性ボーカルモノで、これがまたバイクレースの画面と相まって非常にカッコイイ!80年代前半・角川映画がヒットしまくっていた当時コマーシャルなどでサビの「Riding High!」の部分が流れまくっていたので、映画を観ずとも当時を知るものにとっては嫌でも耳に残っている曲だろう。正直ローズマリー・バトラーって歌手の事は、この他に角川アニメ「幻魔大戦」の主題歌「光の天使」ぐらいしか知らないし、事実日本でもそれほど知名度がある人ではないが、その実バック・コーラスシンガーとしてのキャリアはもの凄いお方らしい。なもんで、さすがに歌唱力は絶品です。

 ところで、その本格さに純正洋楽と思いきや、作曲は意外にも日本人の小田裕一郎。小田と言えば、松田聖子や田原俊彦初期のヒット曲など、アイドル提供楽曲の印象が大きいのでこの楽曲とのギャップにいささか驚くが、杏里の大ヒットアニメ主題歌「CAT'S EYE」とかもやってると思うと頷けたりもする。ちなみに松本孝弘がB'z結成前にスタジオミュージシャンとして参加した、太田貴子のクリィーミーマミ主題歌「LOVEさりげなく」も小田作曲です。「としおぉう!」
  1. 2006/12/14(木) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

銀河鉄道999/ゴダイゴ

〈ANIMEX 1200シリーズ〉(1) 交響詩 銀河鉄道999 〈ANIMEX 1200シリーズ〉(1) 交響詩 銀河鉄道999
TVサントラ (2003/09/25)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 録画したテレビのカラオケ特集番組を観ていたら、(また)再結成したゴダイゴが「銀河鉄道999」を演奏していた。個人的に言わせて頂くと、やっぱりこの曲はオリジナル版のアレンジが一番好きだ。ライブアレンジだと何故かテンポが早い上にド派手なホーンセクションが入ってるのが嫌なのです。ホーンが入っている曲が嫌いなわけじゃないし、ゴダイゴの曲でもホーン入りの名曲は数多くあるが、この曲に限っては入れない方が好き。オリジナルの無駄な音の少ない淡々と汽車が走っている感じのアレンジがいいのだ。あと、一時期タケはこの曲を「演歌かよ」ってくらい妙に溜めて歌ってて嫌だったのだが、最近は素直な歌い方に戻ったので好印象。でもなぁ。外見がすっかりなぁ。他の人はあんまり変ってないのに(浅野さんは別格)。
  1. 2006/09/27(水) |
  2. アニソン・特ソン・サントラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ