クマチュー!!

カテゴリー:「その他」の記事一覧

・2010/05/18 立山梅酒
・2009/09/27 サントリーウィスキーサウンドキーチェーン
・2008/07/31 じゃがポックル
・2006/10/10 願いのピノ
・2005/10/11 小銭入れ
・2005/10/06 オタクの定義
・2005/07/23 南武線
・2005/07/17 P氏宅訪問

立山梅酒



富山の名酒「立山」をベースに紀州南高梅を漬け込んだという梅酒。実に美味いです。

富山近辺でしかあまり売ってないらしいですが、見つけたら是非飲んでみて下さい。オススメです!
  1. 2010/05/18(火) |
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サントリーウィスキーサウンドキーチェーン



恒例の月島もんじゃ会の時に抽選で当たったサントリーウィスキーサウンドキーチェーン。ボタンを押すと、氷がカランと音をたてた後、石川さゆり姉さんの「ウィスキーがお好きでしょ」がムーディーに流れます。…ってちょっと音量が大きすぎて夜中にやると近所迷惑だったりして。

P1000969.jpg
  1. 2009/09/27(日) |
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じゃがポックル

P1000476.jpg

お土産で頂きました、じゃがポックルです。北海道限定で今じゃ品薄で入荷待ちで行列が出来るほどの超レア土産らしい。美味しいです。微妙な塩味がビールに合いまくり!

でもちょっと固いので歯がおじいちゃんなワタシにはちょいとキツイ…。
  1. 2008/07/31(木) |
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

願いのピノ

願いのピノ

PINOのカフェラテ味の中に星型の「願いのピノ」がなんと3つも。1つは何度かあったけど、3つってのは…。これってレアなの?
  1. 2006/10/10(火) |
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小銭入れ

お義姉さんのアメリカ留学土産という事で、ヴィトンの小銭入れを頂きました。ブランドものにとんと縁がないワタシのいわゆるマイ・ファースト・ヴィトンであります。見たところ、自分が持っていたヴィトンのイメージとは違う、スペース・ハリアーの地面のような市松模様(ダミエと言うらしいです)の柄で、こう高級感は漂うものの、裏に「LOUIS VUITTON PARIS made in France」と書いてある以外は、普通の小銭入れのように…見えますね。ワタシのような貧乏人だと「もったいなくて使えない」なんて事になるわけでしょうが、そっち方面は興味があんまりないのでもう早速ガンガン使ってます。

その後、三越だかのヴィトンの店に行ってこの小銭入れの価格を確認したところ。…さ、3万2千円!?これが???見回すと、なにもかも0が一桁違います。これがブランドか。ブランドというものなのかっ!我々、あまりに場違いなので速攻店から立ち去りました。お義姉さん、免税店で多少安かったとはいえ、このような素晴らしいもの頂きまして、ありがとうございます。これからは、1点豪華主義という事で、小汚い格好でこの小銭入れをいつも持ち歩きます!
  1. 2005/10/11(火) |
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オタクの定義

NRIによってオタクの定義ってのが再定義されたらしいのですが…。自分はどこに当てはまるのだろう。「コミック」はほとんど読まないし、「ゲーム」もあまりやらなくなったし、「アニメ」もロートルアニメファンなので、新しいのはあまり観ない。強いて言うなら「音楽」かなと思いましたけど、何故かジャンルにない。じゃあ「芸能人」?でもアイドル好きだけどさしてお金かけてるわけでもないし、同人誌とか作らない。こういう「定義」とか決めて当てはめていくと自分なんか全然オタクじゃないじゃない!という結論に達してしまいます。

要は定義されても、という事です。結局自分の中ではどうならオタク、なんて定義できないと思っていますし、自分はオタクの素質はあるかなとは思うけど、上には上がいるのでかなり薄いとは思います。じゃあどっちなんだ!ワタシはオタクなの?違うの?

ところで相変わらず「スポーツ」とか「ギャンブル」とかはジャンルに入らないんですね。野球やサッカーなんかのファンなんて、熱狂度ではある意味どんなオタクよりオタクって感じがしますけど、「趣味は草野球です」とか「サッカー観戦です」って言ったら、どんなに偏執的にハマッていても「健康的イメージ」になってしまうのはイマイチ解せないんですよねぇ。

逆にちょっと驚いたのが、「ファッション」がある事。ファッションにこだわり、それに収入のほとんどを費やす事、すなわちこれもオタク。「あいつ超ファッショナブルじゃん。ファッションヲタ?キモ~イ!」みたいな話になるのでしょうか?だとしたらちょっと小気味良いですね!(ならない)
  1. 2005/10/06(木) |
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南武線

ワタシの愛する路線、JR南武線の話を。川崎駅と立川駅を結ぶ、関東のJRでも相当地味でマイナーな線です。全25駅約40Kmという事で、全線1時間あれば走りきってしまう。朝晩のラッシュは小田急の新宿行きに比べると全然屁のかっぱで余裕があるのが嬉しい。

全線各駅停車だけど、逆に長時間待ち合わせとかないし、どれに乗ったらいいか迷う、とかないから全然平気。京急と全く正反対の、関東圏の路線らしからぬのんびり感が愛おしい。あのイエローアクセントの車両もなんともファニー。

武蔵小杉の辺りではビルの屋上にある二宮金次郎像とか謎なものも見れるし、天気が良ければはるか遠くに富士山も見えるんですよ!いやー、みんな南武線沿線に住もう。いや、住まないで!混んじゃうから。

というわけで知りたい人だけのためのJR南武線トリビア。 へ~へ~へ~!

 ・元々は南武鉄道という私鉄だった。
 ・トンネルが府中本町駅近くに1箇所だけある。
 ・69~78年の間、川崎~登戸間に武蔵小杉と武蔵溝ノ口のみに停まる快速があった。
 ・朱・緑・青などの色の電車が走っていた事があった。
 ・宿河原駅と久地駅の間に宿河原不動駅という駅があった。
 ・登戸駅では、昔小田急と連絡線で繋がっていた。
 ・2008年に分倍河原~谷保間に一駅増える予定。
  1. 2005/07/23(土) |
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

P氏宅訪問

知人P氏のヲタク…、もとい、お宅訪問に行ってまいりました。中でもお目当てだったのが相当アレだという噂を聞いていた引き篭り部屋。ドキドキしながら中に入ると、3畳間ながら天上が高く、見た目とってもスッキリなお部屋。普通じゃないか!とツッコミたかったのですが、これはプレリュードに過ぎなかった…。 続きを読む
  1. 2005/07/17(日) |
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0