クマチュー!!

カテゴリー:「テレビバラエティ」の記事一覧

・2015/08/04 しくじり先生・紀里谷和明
・2011/02/03 くりぃむナントカDVD Vol.瀬戸口
・2010/06/22 くりぃむナントカ特典DVD2
・2010/04/23 くりぃむナントカDVD VOL.グー・チョキ・パー
・2010/04/02 アメトーーーーーークSP
・2010/01/19 くりぃむナントカDVD VOL.1
・2009/10/13 くりぃむナントカDVD
・2009/09/30 くりぃむナントカDVD Vol.1~3
・2008/09/28 ネ申テレビ
・2008/09/27 谷村美月@堂本兄弟
・2008/09/26 アメトーーク 家電芸人深夜版
・2008/01/05 世界一奇妙なクイズ
・2007/12/16 コブクロinタモリ倶楽部
・2007/11/12 くりぃむナントカ
・2007/09/17 宮崎あおい in SMAP×SMAP
・2007/09/10 クイズ!上田を探せ!!
・2007/08/30 すくいず!世界一キモいクイズ
・2007/07/04 くりぃむナントカ
・2007/06/12 リンカーン
・2007/06/04 ダウンタウン松本
・2007/05/01 わんちゃんの学校
・2007/04/14 史上最強のメガヒット カラオケBEST100
・2007/04/10 やぐちひとり(C)
・2007/02/13 新堂本兄弟にしょこたん
・2007/02/06 新堂本兄弟にハリセンボン
・2007/01/05 不思議の国のアリス
・2007/01/02 年末は通常録画のチェックはずしが面倒
・2006/12/01 恋するハニカミ!
・2006/11/06 ラスト・メッセージ第1回 手塚治虫
・2006/09/16 MATTHEW'S BEST HIT UV

しくじり先生・紀里谷和明

CASSHERN [DVD]

先日の「しくじり先生」に映画監督の紀里谷和明氏が出演していました。

紀里谷先生は、しくじり授業と見せかけて、生徒役の有村昆氏を始めとする映画評論家をディスりまくっており、なかなか面白い回でありました。

まぁ、観てる方は金払って面白いものを求めてるわけですから、作り手の苦労など気にせず、好き勝手な事を言いますもんねぇ。

ワタシもキャシャーン映画館で観ましたが、偉そうにいろいろ言ってました。紀里谷監督すいません。

まぁ、また今後も映画観ていろいろ言うと思います。ワタシのは「評論」じゃなくて「感想」ですけどね。
  1. 2015/08/04(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くりぃむナントカDVD Vol.瀬戸口



 最近ナントカの特番がやけに放送されるなぁと思ったら、なるほど忘れた頃にリリースされる、くりぃむナントカDVDの新しいのが出たんですねぇ。という事で購入。今度のVol.瀬戸口ってどういう意味かと思ったら、プロデューサーの瀬戸口修さんの事だったんですね。

 …とは言え、今回のラインナップはちと微妙かなぁ。ゲスト出演者の権利関係もあってDVD化が難しいものもあるんでしょうが、前田ちゃんの「チャラチャラ」とか、へそくりとか、上田がバカならとか、まだまだ観たいのは一杯あります。最近のスペシャルとか入れなくてもいいから、観始める前の初期モノをもっと入れて欲しいなぁ。
  1. 2011/02/03(木) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くりぃむナントカ特典DVD2



 先日届きました「くりぃむナントカ特典DVD」第2弾。前回は13分しか入ってなくて内容も微妙でしたが、今回はDVDリリースイベントで行われた「クイズ!LOVE5 in 渋谷」をまるまる34分収録と、非常に豪華です!

 ゲストはバナナマン設楽とますおか岡田、そして韓国から緊急来日(?)したニセヨン様。内容は、「大木ちゃんの抱かれたい男ベスト5」をくりぃむとゲストが推測し、外れたらビンタガールから強烈なビンタを食らうというもの。ビンタガールは観客から選ばれてましたが、これが素人らしからぬド迫力のビンタで笑わせてくれました。

 いやー、「くりぃむナントカ」、このDVDでも言ってましたがホントレギュラーで復活して欲しいです。できれば深夜枠に。「シルシルミシル」をゴールデンに移して週2回やるんだったら、深夜の方は「くりぃむ」に戻してくれませんでしょうか??
  1. 2010/06/22(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くりぃむナントカDVD VOL.グー・チョキ・パー



 そう言えば届いておりました。くりぃむナントカDVDの第2弾、グー・チョキ・パー。

 やっと念願の「第1回 チャラチャラしようゼ」が収録されたのでVol.グーだけちょっと観ました。やっぱり笑えるわー。ギャル姿の大木ちゃんもカワイイし、そりゃカットされるわのグダグダなおぎやはぎ「ChooChooTrain」もらしくて良し。この番組深夜枠で復活して欲しいです。年数回の特番じゃ物足りない。

 あ、今更ながら、大木ちゃん結婚おめでとう!

くりぃむナントカ VOL.グー [DVD]くりぃむナントカ VOL.グー [DVD]
(2010/04/07)
くりぃむしちゅー大木優紀(テレビ朝日アナウンサー)

商品詳細を見る
  1. 2010/04/23(金) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメトーーーーーークSP

アメトーークDVD?[DVD]アメトーークDVD?[DVD]
(2010/01/27)
雨上がり決死隊

商品詳細を見る


 アメトーークのスペシャル、「ネオバラエティ祭り!アメトーーーーーーク 家電芸人×町工場芸人アキシャルポンプSP」の「人見知り芸人」が実に良かったです。ワタシも人見知りですので。「中学時代イケてなかった」に引き続き、エピソード全てに「そうそう!」と共感する事しきり。嫁は「えー?」なんて言ってましたが、人見知りの心理ってまさにあの通りなんですよ!!

 それに比べると家電芸人は少し飽きてきたかなぁ。昨年来家電(特に液晶テレビとか)についていろいろ調べてたもんで、改めて見ると結構そんなに凄い事は言ってないなぁとか思ったり。町工場は意外に面白かったですが、4時間目に「ポテトサラダ」で1時間やったのにはもっと驚いた。

 とりあえずまた「中学時代イケてなかった芸人」と「人見知り芸人」はまだまだ続けて頂きたい。ワタシはじめ、励まされる人は絶対多いはず!
  1. 2010/04/02(金) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くりぃむナントカDVD VOL.1

くりぃむナントカVol.1 [DVD]くりぃむナントカVol.1 [DVD]
(2009/09/30)
上田晋也有田哲平

商品詳細を見る


 くりぃむナントカDVDVol.1をやっと観ました。ビンカン選手権と長渕剛ファン王決定戦。やっぱりナントカは面白かったなぁ。シルシルミシルもいいですが、やっぱあの時間にナントカを復活して欲しい。土田と矢作のコメンタリーもそればっかり言ってて、出演者も本当にこの番組楽しかったんだろうなぁと思います。



 そう言えば同時購入特典も届きました。3分足りませんの撮りおろし。まぁ、あのまんまのグダグダなコーナーなんですけど、13分しかなくてちょっと期待はずれだったかなぁ。まぁ、タダですからねぇ。

 …といってるうちに次のDVDシリーズが発売決定のようで。今度はぜひとも「チャラチャラ」入れて下さい。「へそくり」や「からいやつら」は入りそうかな。
  1. 2010/01/19(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くりぃむナントカDVD

くりぃむナントカVol.1 [DVD]くりぃむナントカVol.1 [DVD]
(2009/09/30)
上田晋也有田哲平

商品詳細を見る

 とりあえずVol.1の「大木ちゃんドッキリ」とVol.2の「ノリノリ堀越名勝負」だけ観ました。

 「大木ちゃんドッキリ」は、…大木ちゃんはええ娘やなぁ。これを観るとホント誰もが大木ちゃんのファンになると思いますよ。是非観て頂きたい。

 「ノリノリ」に関しては、…やっぱりVS辻ちゃんは入っていなかった。でも、ノリノリVS小阪由佳の原点が観れたのでこれはこれで満足です。次のくりぃむ特番あるならノリノリとチャラチャラをお願いしたいなぁ。
  1. 2009/10/13(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くりぃむナントカDVD Vol.1~3

P1000935.jpg
 
 くりぃむナントカDVD Vol.1~3届いた!

 3巻同時購入目当ててでamazonでまとめてポチってました。でも、1巻3時間×3巻で9時間の大ボリューム。しかもコメンタリー付き…。心待ちにしていたのにいざ届くと開封できない~。一体観れるのはいつになるのだろう…。とりあえず大木ちゃんVS前田ちゃんの対決シリーズと特典のノリノリ堀越だけでも観たいのですが…。

 でも年代順がバラバラになっているのはいいとして、今年のスペシャルを入れる必要はないんじゃないですかね。もっと面白い企画いっぱいあったのに。次出るなら個人的には「チャラチャラしようぜ」のギャル大木ちゃんがもう一回観たいです。
  1. 2009/09/30(水) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネ申テレビ

甘い股関節甘い股関節
(2008/10/15)
大堀めしべ

商品詳細を見る

 ネ申テレビの#8~#9は面白かった!「ゲイの心を掴みファンを拡大せよ!」という事で、AKB最高齢のお姉さんズを含むメンバーの新宿二丁目でガチ修行、みたいな企画。ハロプロのアイドルと違ってAKBはメンバーによってはこういうアングラな企画も平気でできるから面白いよなぁ。そう思うと大堀姉さんノンティーはAKBにはなくてはならないナイスキャラですね。

 #10は「ガリガリ君の当たり棒からわらしべ長者」。こっちはうって変わってほのぼのした企画。これは小野恵令奈をメイン交渉役に持ってきたのが大正解ですね。この娘に頼まれたら何も断れない。個人的に最近注目のシンディも活躍したし、いやー、「ネ申テレビ」は日曜の夜をいい感じで終わらせてくれる絶妙なオモシロ番組だったのに、もうすぐ最終回なんですよねぇ。

 「銚子でぶら~り途中下車の旅」のまったりのんびりした感じとか、「2泊3日 全国行脚 方言でPRの旅」の本音パジャマトーク&寝起きドッキリ(ノンティーGJ!)最高でした。小林清志の淡々としたナレーションがまたいいんだよなぁ。半年くらいは続けて欲しかった。残念。

 あ、そう言えばハロモニ@も終了。お疲れ様でした。やっと終わったかという感じですが。25分でも初期のような企画内容だったら面白かったろうに、あの内容じゃヲタでも観ません。誰だハロモニをあんなにしたのは!?

  1. 2008/09/28(日) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷村美月@堂本兄弟

花美月―谷村美月写真集花美月―谷村美月写真集
(2008/01)
関 めぐみ

商品詳細を見る

 バラエティで初めて見た気がする谷村美月。彼女はツンケンした役が多いイメージだったのでそんなに好きな女優じゃなかったんですが、堂本兄弟でのトークでは常にニコニコ笑ってて、素は結構普通のかわいらしい女子だというのが分かって印象が変わりました。役によってはチェックしていきたいですね。

ユビサキから世界をユビサキから世界を
(2006/09/06)
谷村美月北乃きい

商品詳細を見る


 辛かったシーンとしてもしかしたらと思ったら、やっぱり「ユビサキから世界を」の生き埋めシーンを紹介。そうだろうなぁ。あの映画観たときは、「そこまでやるか」とマジでびっくりしました。しかしこのシーンだけ流したらこれどんな映画なんだか分からないですね。

yubi1.jpg

 そう言えば「太陽と海の教室」の北乃きいとこの映画で共演しているんですよね。ゾンビシーン以上にきいちゃんがタバコスッパァー!!と吸うシーンがなかなかに衝撃的!

yubi2.jpg

 谷村ちゃん「東京ゾンビ」にも出ていたとは知らなかった。こっちも観たい。
  1. 2008/09/27(土) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメトーーク 家電芸人深夜版

 ゴールデンでやったアメトーークスペシャルの時に流せなかった、ちょっとエロい話題を特集してたのですが、家電芸人の時に紹介されたテレグラスを見て少年隊の映画「19ナインティーン」のビデオウォークマンを思い出しました。

MIKIMOTO Beans iBean ヘッドマウントディスプレイ ビデオ入力対応 単眼式MIKIMOTO Beans iBean ヘッドマウントディスプレイ ビデオ入力対応 単眼式
()
不明

商品詳細を見る


 「19ナインティーン」は1987年に10年後の1998年の世界を描いたSF映画(前にNたんにもらったビデオに入ってまして、先日ちょろっと観ました)。少年隊の3人はさらに2550年の未来からやってきた時空警察官という設定ですが、舞台となる1998年も当時では近未来という設定となってます。そんな中、ソニーが架空の試作品である「ビデオウォークマン」を提供しているんですが…、このビデオウォークマンというのがサングラス風にかけるタイプで、まさにテレグラス。違うのは目の前のスクリーンが左右にオープンするという点。いかにも目が悪くなりそうですが、歩きながら見てたら大変危険だというのはどちらも同じですね。

videowm.jpg
(1998年に製品化されるはずだったSONYのビデオウォークマン。カパッと観音開きするのが結構マヌケ)

 ただこの映画、予算不足か未来設定がかなりショボく、未来の車も当時の市販車に未来的(?)なエゲツない塗装しただけとかかなりひどい。もうちょっとなんとかならなかったんですかねぇ。

futurecar.jpg
(当時の市販車を未来っぽく(?)塗っただけの未来車。ヒドい)

 あと、お約束コーナーイジリー岡田の楽屋いじり。高速ベロでmisonoとスザンヌの私物をなめまくり。イジリーは最低で最高だなぁ。最近じゃAKB0じ58ぷん!の罰ゲームに無くてはならない男になってますが、こないだ15年前の「ギルガメッシュNight」のビデオが出てきて、それ見たらあの頃からキャラが全く変わってない。もはや伝統芸。今スターどっきりマル秘報告の寝起きシリーズがあったら間違いなく抜擢されているんだろうなぁ。
  1. 2008/09/26(金) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界一奇妙なクイズ

ファミコン サウンドヒストリーシリーズ「マリオ ザ ミュージック」ファミコン サウンドヒストリーシリーズ「マリオ ザ ミュージック」
(2004/07/22)
ゲーム・ミュージック

商品詳細を見る

 しょこたんとしゅんたんの中の人・さまぁ~ず大竹が司会の、ガンダムとか声優とか鉄道とかのマニアッククイズシリーズをまたやっていたので観ました。タイトルが「キモイクイズ」から「奇妙なクイズ」に変ったのは何故?

 ところで今回一番面白かったのは、有野課長がおまけのように連れて来た、ゲームミュージックネタを得意とする芸人こまつくん。この番組の前にも深夜番組で何度か見かけてはいたんですけど、この人ホントにスゴイ。しかもやってるゲームが微妙に古いのもいいです。演奏技術もしっかりしてるしなぁ(しかも独学)。しょこたんも向谷さんも本気で感心してたし。でも、ジャンルがかなりニッチなので、好きな人は好きだろうけど一般的に売れるかどうかは分からんですね。
  1. 2008/01/05(土) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コブクロinタモリ倶楽部


52965296
(2007/12/19)
コブクロ

商品詳細を見る

 タモリとコブクロの小渕&黒田両氏が、秋葉原のドマニア御用達オーディオショップ「ダイナミックオーディオ5555」に行って一日試聴し続けるという企画だという事で見ました。いやー、想像の上をいくマニアックさで面白かったです。とにかくヘッドホン1つから値段の桁が2つも3つも違っていて驚きました。音質のために電源を電柱のトランスから直接引く話や、家が1件建ちそうな値段のオーディオには驚きの前に口あんぐり。奥が深すぎる。そんなシステムで自分の持ってるCDとか聴いてみたいもんですねぇ。でもああいう好きなジャンルの凄いもの見てはしゃぐっていうのはとても気持ちがわかります。そういえば昔親父につれられて電気屋に行って、このスピーカーは音が違う云々…、ってやってましたけど、すごく楽しかったですもんねぇ。

 今でこそ住宅事情や通勤時間ぐらいしかじっくり音楽を聴けないという事もあって、音楽はほとんどiPodかパソコンでしか聴かなくなりました。音質追求というよりは、いかに音源の取り回しがしやすいかという方面を追求してますが、この番組見たら、もうちょっといいシステムで音楽聴いてみたくなりました。でも、やるなら…、カーオーディオのグレードアップくらいかな。

 あ、小渕くんのシステム再現ってやってましたけど、総額600万超えてたような…。やっぱ儲かってるんですね、コブクロ。
  1. 2007/12/16(日) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くりぃむナントカ

小阪由佳 2008年カレンダー 小阪由佳 2008年カレンダー
(2007/10/06)
トライエックス<ハゴロモ>
この商品の詳細を見る

 久々のノリノリ堀越 VS 小阪由佳対決シリーズ。相変わらずのグダグダっぷりですが、だが、それがいい。ガチガチの台本キャラ堀越の無表情に対して天然の小阪のバカの笑顔という設定もまた良くできています(どこまでホントかは、この番組では良く分かりませんが)。ラストの上田のキレかたは真に迫ってて笑えました。これどこまで続くんだろう?これだけは1クールに1回ペースでいいのでずっと続けて行って欲しいです。
  1. 2007/11/12(月) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮崎あおい in SMAP×SMAP

ウフ.2007年10月号 ウフ.2007年10月号
(2007/09/15)
マガジンハウス
この商品の詳細を見る

 めったにテレビのバラエティに出ないあおいちゃんがスマスマに出演していたので観ました。相変わらず顔は童顔ですが、やっぱり雰囲気は大人になりましたなー。今「銭形愛」の再放送を深夜にやってますが(地デジで再録画中)、この頃のあおいちゃんは変に仕事を選んでなくておちゃめな面も見れるのが本当に良かった。今はなんか高尚な日本映画、しかも単館上映系の渋い映画にしか出ないイメージですんで…。「銭形愛」はやっぱりあおい的黒歴史なのか?ちなみにビストロって最近勝者にキスしないパターンがあるんですね。前に出たカエラちゃんの時もそうだったけど、やっぱり抵抗ある人もいるもんねー(本人よりもむしろファンが抵抗あったりして)。

 Qさまのスペシャル。大木ちゃんも出てましたが、相変わらず元気だけはあるのはいいなぁ。堂ちゃんがカワイイ上に頭がいいってのも素晴らしすぎ。めざましの大塚さんがフリーだって初めて知りました。てっきりフジの人かと思ったら元NHKの人だったのか。いや、そんな事は良くて、大坪千夏を久々にテレビで観た。ファンだったんですよ!いつの間にか離婚→再婚してたりタレントになってたりスイスに住んでたりしてんの。でも全然変ってない。カワユス。
  1. 2007/09/17(月) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クイズ!上田を探せ!!

クイック・ジャパン (Vol.73) クイック・ジャパン (Vol.73)
くりぃむしちゅー/銀杏BOYZ/峯田和伸 (2007/08/11)
太田出版
この商品の詳細を見る

 今週の「くりぃむナントカ」は、上田が女子高生やフリーターに混ざってなり切って答えた5つの回答の中から、上田の回答がどれか当てるというクイズ。先週までのN-1は個人的にちょっと微妙だったが、今回は結構面白かった。ナントカでツッコミの上田がメインでピックアップされるのは珍しいですが、そのためウォーリーの格好で出てきたにも関わらず誰から突っ込まれず、「格好をいじらんかい!」と逆にツッコむようツッコんでいたのが笑えました。ただ、やっぱりナントカは1コーナーで1時間やるとちょっとダレるので、1回に2コーナーくらいにしてテンポいい方がいいなぁ。ノリノリVS小阪も3週に1回くらいはやって欲しいです。
  1. 2007/09/10(月) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すくいず!世界一キモいクイズ

hon-nin vol.04 hon-nin vol.04
中川翔子/宮藤官九郎/安野モヨコ/吉田豪/本谷有希子/峯田和伸/中村うさぎ/池松江美/せきしろ/町山智浩/天久聖一ほか (2007/09/08)
太田出版
この商品の詳細を見る

 しょこたんとキモい一般人しゅんたん(声はさまぁ~ず大竹)がMCの、ヲタクな趣味を持った芸能人がキモいマニアッククイズを出題する番組。前にもやってたらしいですけど、今回初めて観ました。結論から言うと思ったよりキモくなかったです。

 土田のガンダムネタ、それガンダムじゃなくて古川登志夫ネタだろ!みたいな感じでしたが、80年代アニメファンには余裕で簡単な問題でしたな。対して加藤夏希は和田アキ子としょこたんの「個人授業2」でもやってたエヴァンゲリオンネタ、林原めぐみのアドリブだった綾波のセリフは?という問題、これはなかなかマニアック。てか誰も知らんよ!勘で「にんにくラーメンチャーシュー抜き」かなと思ったら正解(笑)。パチンコエヴァでは大当たり確定のプレミアセリフ、あれはアドリブだったのかー!実機で見たことないですけど。この辺のクイズは結構面白かったです。

 しょこたんからさえ「キモ!」呼ばわり連発されていたキモイケメン・半田君はお得意の「高層ビル」はもちろん、「鉄道」や「アニメ」にもちなみにボタンで割り込んできて、ウザイのなんの。でも彼は「昭和歌謡」で勝負した方がよりキモくて良かったんじゃないすか?

 最初はいい感じにキモかったけど、ジャンルがバラけてるので自分にとってつまらないお題もあったのがイマイチ。結局ヲタは自分の興味ないものにはどんなにマニアックな内容でもテンションがダウンするってのは微妙に分かる気がします。ワシ的には、格闘技ネタとか、本当興味ないからなぁ。あと、ワシ仕事関係でしゅんたんソックリの人知ってるんだけど、アレ本人じゃないよなぁ…。
  1. 2007/08/30(木) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くりぃむナントカ

 「くりぃむナントカ」がバカバカしくて好きなんですけど、今回は中でも好きな「チャラチャラしようぜ!」のコーナーがあったので録画までして見ました。「チャラチャラ~」ではレギュラーやゲストはもちろん、アナウンサー(前回は大木ちゃん、今回は前田ちゃん)までギャルになってチャラチャラしてるのに上田だけ普通、しかも突っ込むと逆に責められるというところが笑えます。久々にSILVA観た。それが「くりぃむナントカ」のチャラ女役だなんて…。

 前回やったグラビアアイドルVS先輩アイドルもまたやって欲しいなぁ。
  1. 2007/07/04(水) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リンカーン

「春のちょっとだけ全国ツアー~まだまだだぜ AKB48!~」in 東京厚生年金会館 「春のちょっとだけ全国ツアー~まだまだだぜ AKB48!~」in 東京厚生年金会館
AKB48 (2007/07/18)
DefSTAR RECORDS
この商品の詳細を見る

 さまぁ~ず三村が誕生日祝いとして、初めてメンバー全員が揃って登場するというAKB48の記念すべきステージに立つ!という企画。普通のおっさんが、AKB熱狂ヲタのど真ん中に落とし込まれる、という世にも恐ろしい構図をグダグダにやりきったリンカーンはすごい。ただ、まぁそういうグダグダを楽しむ番組なんでしょうけど、昔ナイナイ岡村が岡女の企画でモーニング娘。のステージに乱入して、「恋愛レボリューション21」を見事に踊りきり、あまつさえ「ホイ泥棒」までやってしまうあの爽快さに比べるとやっぱ見劣りするなぁ。

 しかし…、いつぞや女子友とAKB48見に行こう!なんて企画が立ちましたけど…、ワシやっぱ行けねぇや、現場には。
  1. 2007/06/12(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダウンタウン松本

大日本人オフィシャルガイド 大日本人オフィシャルガイド
日経エンタテインメント! (2007/06/01)
日経BP出版センター
この商品の詳細を見る

・「スマステーション」
 生出演して香取慎吾とトーク。松ちゃんらしさがありつつも、思ったより普通の受け答えでしたねぇ。なんか今回毒がほとんどないような気がして物足りないんだけど、やっぱ「大日本人」の宣伝のキャンペーン出演だからしょうがないのか?

・「笑っていいとも!」
 テレホンショッキングゲストに初出演。ポスター貼りのところでネタ仕込むのは序の口、ツッコミ入れるために貼る順番まで指示してるのが細かい。そういえばダウンタウンが昔いいともレギュラーだったなんて、今では信じられないよなぁ。1/100のコーナーで、松ちゃんの「ダウンタウンと言えば浜田だ」の問いに「11」という答えが出たとき、自分と松ちゃんがほぼ同時に「微妙~!!」と言ったのがちょっと嬉しかったです。

・「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン」
 「すべらない話」自体は好きなんですが、ゴールデン進出はどうなの?で、案の定いらぬ演出が満載…。芸能人の観客やインタビューなんかいらないっす。あれでもうテンポがムチャクチャ削がれてます。いくらナッチや矢口や時東や若槻出ててもダメ。誰もが思ったと思う。最後にMVSネタをもう1回流す必要もない。あれとインタビューなしで他にカットされた話やってくれりゃいいのに(DVDで完全版出すんだろうけど…)。最初はリアルタイムに見てたけど、CMやインタビューうざいので録画して後からその辺全部スキップして見てしまった。たぶん正味1時間半ぐらいで終わりますよ。しかしなんだかんだでキム兄のトーク術はすごいなぁ。初登場なのに他のメンバーをはるかに圧倒してる。MVSになるだけの事はあるなぁ。小藪の同じ顔ネタも笑った。松ちゃんの駐車場に閉じ込められたネタは「ガキ」のトークでやってませんでしたか?宮川の宮迫ネタもどっかで聞いた事がある。東野のシモネタは本当にカットされたんだなぁ。でも深夜枠の時から思ってましたが、全部すべらないかというとそうでもないような…(1回だけすべった事がありましたが誰だっけ)今回は特にトータルでちょっと微妙な気もする。次はハリセンボンあたりの女芸人も出して欲しいです。

・「ガキの使いやあらへんで!」
 今回はひどかった。「山ちゃんやめへんで」や「村上ショージ」シリーズよりひどい。遠藤が嫁千秋と連絡がとれなくなったというので、千秋の仕事先の相模湖ピクニックランドへ行って延々探し続けるだけというネタ。途中で、大和田伸也、種馬マン、夏目ナナ、笑い飯、カルーセル麻紀という面々に出会い、一緒に探してくれるようになる…というのだが、盛り上がりどころ全くなしでダラダラと続く。で、結局千秋は携帯忘れてて家に戻ってたという、思った通りの展開。で、ラストに浜ちゃんの嫁がいなくなるというオチ。こんな誰でも考えつきそうな企画が突如通るのが、また「ガキ」なんだよなぁ。そういえば今、ガキの新年会かなんかで初めて見た「ムーディ勝山」の突如の人気っぷりがスゴイ。でも、最初は面白かったけどだんだん飽きてきた。今だけなんだろうなぁ。
  1. 2007/06/04(月) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わんちゃんの学校

まるごと柴犬BOOK まるごと柴犬BOOK
森田 米雄 (2003/10)
永岡書店
この商品の詳細を見る

 BS2の「悪魔の手毬歌」の山本カントクと関根麻里ちゃんの解説を見た後にボーっとしてたら始まった番組「わんちゃんの学校」に癒される。愛犬「コロ」と散歩中の女の子が、森の中で偶然「犬の学校」を発見、「コロ」をはじめとする犬たちが、「犬と人間とのかかわり」を学んでいた!!という、なんともまったりした番組。特に伸男似の主人公の柴犬「コロ」が激カワユス。

 「コロ」がとてもヘタレな犬の設定で、ウジウジした声の吹き替えがどう聞いても碇シンジ君だったので絶対緒方恵美だと思ったら、尾崎未來という人でした。新人声優さんらしいですが、緒方恵美に憧れてこの世界に入ったとか。なるほどねぇ。ソックリだもんね。サイトで音声サンプル聞いたんですけど、男の子声がまるでシンジで、女の子声がまるでアスカでした。1人エヴァができる。

 お姉さん役の女優さん、あんまりかわいくないなぁとか思って見ていたら、小野真弓でした…。あれー!?小野真弓っていつのまにこんなに顔変ったの?「アコムの佐藤さん」やってた時はあんなに可愛かったのに。髪型のせいかな?
  1. 2007/05/01(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

史上最強のメガヒット カラオケBEST100

辻希美写真集 のんの19 辻希美写真集 のんの19
田中 和子 (2006/11)
竹書房
この商品の詳細を見る

 辻ちゃんが出るというので観る。この番組は、出演者からランダムに選ばれた挑戦者が、与えられた課題曲を歌詞を見ずに歌いきれれば賞金が出るという番組。この番組、どこまでガチでどこまでホンなのかは良く分からない。課題曲がピックアップされてあるとはいえ、その中からいきなり選ばれて歌えと言われたら、それはかなり難しいだろう。持ち歌だったとしても難しいと思う。もしかしたら歌う人と出される課題曲ぐらいはもともと決まっているのかも知れない。そうなると、どれだけ記憶力があり、記憶する時間がとれるかにかかってくるだろう。どのくらい前から出演依頼が来るのか知らないが、期間によっては相当シビアだと思う。

 で、辻ちゃんは2回チャンスを与えられていたがやはりというか2回とも失敗。しかも1曲は1コーラス目のサビまでもいかずに終了。もっと聴かせて下さいよ。まぁ、辻ちゃんの「さくらんぼ」というレア映像が観れたから良しとするか。

 そんな中、なんともう1人ハロプロから出演していた里田まいが、ユーミンの「卒業写真」を歌いきって200万円獲得してしまった。そういえば以前保田圭も「キューティーハニー」歌って完走してたが、里田がねぇ…。おバカキャラではあるけど、やっぱさすがは幾多のコンサートをこなす歌手ですよ。基本記憶力がないと歌詞って憶えられないしね。やればできる子だったんですよ、やっぱ里田は。番組的にはどうだったのか知らないけど。

 ちなみに大沢あかねも出てましたが(「赤いスィートピー」→「Flavor Of Life」で撃沈)、大沢歌うまいね。加護ちゃんにも似てますし(自称)、かわいいのにお笑いもイケるし、もうハロプロに入ってダブルユー再結成すればいいじゃん!辻ちゃんと大沢で。許す。
  1. 2007/04/14(土) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やぐちひとり(C)

やぐちひとりDVD Vol.1&2 BOX やぐちひとりDVD Vol.1&2 BOX
矢口真里 (2006/07/14)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

 毎週楽しみにしていた「やぐちひとり」が遂に最終回!?DVDも全然売れてなくて在庫余りまくってるらしいしなぁ…。遂に打ち切りかぁ…。…なんて思ってたら、収録スタジオ引越ししてタイトル変えただけでした(笑)。新しいタイトルは「やぐちひとり(C)(マルシー)」。当初は「やぐちひとりスーパー」になるはずだったが、春樹の「今時スーパーはないよね」の一言でマルシーに。ってそっちもよく意味が分からないんですが。そもそもタイトル別に変えなくていいんじゃないの?スタジオ変えて今までのいい雰囲気変ってたら嫌だなぁ、と思っていたけど、それはあんまり変ってなくて安心。今は「映画を紹介する番組」って設定がありますけど、そのうちあって無いような状態になっていくんでしょうな。

 この番組、もう適当にダラーっとやってるスタンスが本当に大好きで。結構長くやってるから矢口とひとりの掛け合いもかなりいい感じで適当感が出て来てるんですよね。で、毎日やってるSaku Sakuよりは週一だから見るのが追っつかない!ってのもなくて観やすいし。もう、二人が老けてってもかまわないから永久に続けて頂きたい番組です。
  1. 2007/04/10(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新堂本兄弟にしょこたん

しょこ☆まにゅ―中川翔子完全攻略マニュアル しょこ☆まにゅ―中川翔子完全攻略マニュアル
BOMB編集部 (2006/12)
学習研究社
この商品の詳細を見る

 今回中川翔子がゲストだったわけですけど、いやー、メチャクチャ笑った。しょこたんファンならもう彼女がどんな人か分かっているのでいいんですが、やっぱりよく知らない人にとっては彼女のキャラは衝撃的だと思う。ヤフオクで海外の出品者からデンジマンヘルメットを買うって…。友達にこんな女子がいたらオモロイだろうなー。

 でも一番笑ったのはタカミーのセフィロスと光一くんの蔵馬のコスプレが全く違和感が無かった事でしょうか。似合いすぎ。それぞれにファイガとローズウィップ受けて感極まってるドMしょこたん。アホすぎる(誉め言葉)。

 しょこたんの「残酷な天使のテーゼ」はよござんした。聖子ちゃんカバー集とかアニソンカバー集とか出せばいいと思うね。
  1. 2007/02/13(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新堂本兄弟にハリセンボン

タイトル未定(DVD付) タイトル未定(DVD付)
ハリセンボン (2007/03/07)
アール・アンド・シー
この商品の詳細を見る

 依然「箕輪はるか」で検索ヒットがトップ、半年も前のハリセンボンに対するエントリにだけコメントが入り続ける当ブログでありますが、遂に「新堂本兄弟」にゲストで出るようになりました。めでたい。

 「クマチュー!!」はハリセンボンを応援しています。
  1. 2007/02/06(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不思議の国のアリス

ゆうこりんといっしょ♪~優遊星のゆうこりん 童謡コレクション1~ ゆうこりんといっしょ♪~優遊星のゆうこりん 童謡コレクション1~
TVバラエティ (2007/02/28)
ウェーブマスター
この商品の詳細を見る

 ゆうこりんとバナナマンがMCを勤め、ゲストも全て不思議ちゃんという頭が痛くなるようなスペシャル番組。ほとんどが若い女子の不思議ちゃんだったが、その中に不思議オヤジの輪島功一、水野晴郎、志茂田影樹、そして謎のアイドルオタクSAKURA.加藤という布陣。マトモな人間(?)はバナナマンの2人のみ。

 不思議ちゃんとのトークは正直どうでもいい(特にアキバ系の不思議ちゃんには興味ないので)のだが、その合間に挟み込まれるゆうこりんのシュールなミニコーナー(ゆうこりんがトランポリンで飛びながらお見合いしたり、ヘビを捕まえたり、街の定食屋で「ドッペルゲンガー」という言葉を使ってみたりと、ただそれだけのコーナー。バックにゆうこりんがピアノ伴奏で歌う唄がまったり流れているのもグッド)や、ショートコント「水野晴郎マン」とかが良かった。これだけで毎週放送してもいいんじゃないの?

 それにしても世の中には変な人が多いなぁ。でも、不思議ちゃん代表のはずのゆうこりんが、数多の不思議ちゃんを前に、素で引いていたのが一番面白かった。
  1. 2007/01/05(金) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

年末は通常録画のチェックはずしが面倒

 年末のテレビ特番は「喰わず嫌い」の長澤まさみVS唐沢寿明と、「すべらない話」の関根勤&麒麟田村が面白かったくらい。田村の公園に住んでたっていう残念な生い立ちは、昔何かで聞いたことがあるんだけど何だったろう?うたばんだっけかな?関根さんはこういうトークさせるとやっぱ面白いなぁ。ラジオ聞いたら絶対ハマって抜け出せなくなりそうだから敢えて聞かない(爆)。

 そして、「絶対に笑ってはいけない警察」。ダウンタウン「ガキの使いやあらへんで」の名物罰ゲーム企画。年々スケールアップしてきますなー。確かに面白いんだけど、やっぱり罰を受けるのは松ちゃんの方が面白いなぁ。そういう意味では「廃旅館」の回の面白さは神がかっていた。次回はまた松ちゃん1人で罰!でお願いします。ところでVTRで年またぎ、カウントダウンなし!ってのは非常に珍しいそうで。確かに最近そんなテレビ見たことないなぁ。そう言えば昔電波少年だかで時間ずらして早めにカウントダウンして騒ぎにならなかったっけ?あれワシも実家で見てて信じたんだよなぁ。DJ-OZMAとどっちが苦情きたのかね?紅白まだ見てないけど。
  1. 2007/01/02(火) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋するハニカミ!

 「恋するハニカミ!」にハリセンボンが出ていたので見る。この二人に対してイケメン俳優が至極マジメに相手をして、「なんか、すごく良かった」みたいなコメント入れてるもんだから、見てるこっちはもうこの企画自体が「リンカーン」の芸人のオカンとデートの企画を見ているようで笑えた。しかし、この二人なんだかんだ言ってもうら若き女子であって、こういう演出をするとなかなかカワイイところもあるのだ。特に箕輪さんは以前HEY×3の企画でものすごい美人さんに変身したように、やりようによってはいい感じになる。今回も髪型や服装をかわいく決めていたが、なかなかのもんだった。近藤さんは、…まぁ、見た目はアレでしたが、仕草とかは意外にもそれなりにカワイイところもあったりして。果たしてこの二人は、南キャンのしずちゃんのように人気が出るのか。それを楽しみに見守りたい。

 ちなみに来週後編をやるようです。続くのかよ!
  1. 2006/12/01(金) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラスト・メッセージ第1回 手塚治虫

 NHKで手塚治虫のドキュメンタリー番組「ラスト・メッセージ」をやっていたので観る。亡くなる直前の講演会の貴重なビデオを元に構成し、「いのち」の大切さを子供達に伝える事をポリシーとした、栄光と苦悩に満ちた彼の生き様を振り返るドキュメント。

 ワシは結婚式の時、司会から「尊敬している人は?」と問われて、とっさに手塚治虫と答えた事がある。子供の頃、漫画を描く事は大好きだったワシだが、正直そんなに多くの漫画を読んでいたわけではないし、手塚漫画も「ブラック・ジャック」を読破したくらいでその他の作品はほとんど読んでいない。漫画フリーク、手塚フリークの方々に比べれば、屁ほどのファンですらない。しかし、そこで彼の名前がすっと出てきたように、漫画やアニメーションの祖として、そして現在の自分自身に直接ではなくとも多大な影響を与えた手塚治虫という人物は、やはり尊敬せざるを得ない。

 このドキュメントでは貴重な映像や感動のエピソードなどがとても興味深かったが、一番印象に残ったのはちらりと映った彼がスラスラと絵を描くシーン。確か下書きを描いていたようだったが、筆に迷いがなく、ほぼ一発で、しかもものすごいスピードで、完璧に描かれていた。晩年は世間の求めている漫画とのギャップや、絵が描けなくなってくる事に苦悩していたようだが、やはり、漫画家という職業は壮絶なものなんだなぁと実感した。子供の頃は漫画家に憧れていた事もあったが、やはり自分にはとてもじゃないが出来ない世界だったんだな、と改めて思い知らされた。
  1. 2006/11/06(月) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MATTHEW'S BEST HIT UV

 ゲストに、ぁみにぃこと時東ぁみとしょこたんこと中川翔子。いやー、マシューでこの共演いいね。完全にベストヒットジェネレーション復活の風情。でもしょこたんは将来もこのままいけるのだろうか。いや、本人は変らずいけそうだけど、こういうキャラクターの個性が強い女子って飽きられるのも早いから…。時東ぁみはメガネはずすっていう次の一手があるが、…はずしたら終了だと思う。
 この番組、何気にハリセンボンが番組の落しどころに重宝がられてそうで見逃せない。…なんつったら今クールでマシュー終わりらしいじゃない。もう、バカッ!
  1. 2006/09/16(土) |
  2. テレビバラエティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ