クマチュー!!

W [似顔絵(アイドル)-2019]

w2019.jpg

あの2人組ユニットが13年ぶりに復活したと聞いて。

しかもお蔵入りしていた音源がまさかの配信リリースされるなど。

これは本当にすごい。奇蹟だ!もちろん買いました。

というわけで、昔やってたサイトのタイトル用イラストを再着色して復活させてみたり。

テーマ:お絵かき - ジャンル:その他

  1. 2019/04/14(日) |
  2. 似顔絵(アイドル)
  3. | コメント:0

B'z [似顔絵(ミュージシャン)-2019]

2019bzstart.jpg

久々に新しいの描きました。描いてる途中で発表になったので、急遽「祝ニューアルバム発売イラスト」にしました。

やっぱりB'zの新譜が出るのって素直に嬉しいし、ワクワクしますねぇ。アナログ同時発売なのもナイス!!

イラストももっと描いてゆきたいなぁ。。。老い先短くなってきたわけですし!

テーマ:お絵かき - ジャンル:その他

  1. 2019/04/14(日) |
  2. 似顔絵(ミュージシャン)
  3. | コメント:0

B'z [似顔絵(ミュージシャン)-1999]

1999bzstart.jpg

懐かしのB'zイラストリマスタード。
「ギリギリchop」の時ですね。PV見たり、松本さんのラジオ聴いたりしながら描いたの思い出しました。しかし、これ描いたのもう20年前かー、という現実がとても恐い!!
で、この頃の方が今よりちゃんと描けてたんじゃないかという。
お絵描き趣味精進しよう。。。

テーマ:お絵かき - ジャンル:その他

  1. 2019/04/14(日) |
  2. 似顔絵(ミュージシャン)
  3. | コメント:0

カメラを止めるな! [シネマ日記]

カメラを止めるな! 【DVD化お知らせメール】 [Blu-ray]

最初の数十分は、劇場全体が明らかに「これ大丈夫か…?」とざわざわしてるんですが、終わった時にはみんな一斉に「面白かったー!!」という空気になる映画を初めて観ました!!

ところで、監督役の人は山崎貴監督っぽいなぁ、と思いましたし、ヒロインの娘は重盛さと美に似てますよねぇ。他の出演者も無名な割にはなぜか既視感のある役者が多いのはなんでだろう。あと、出てくる女性キャストに魅力的な人が多くて、そこもツボでしたなぁ。
  1. 2018/08/14(火) |
  2. 映画(ホラー)
  3. | コメント:0

レザーフェイス(5歳) [2018]



ホラー映画「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に出てくる、殺人鬼レザーフェイスの豚の頭をかぶった幼少時代が、なんかユルキャラっぽくてかわいいんですよ!!これ脱ぐと美少年って、なんかキャラ崩壊しておりますけども、その後誰がどうやってレザーフェイスになったのか?という謎解きのためにそんな設定にしたようですね。

映画の感想はコチラ

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/07/02(月) |
  2. 似顔絵(キャラクター)
  3. | コメント:0

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第五章 煉獄篇 [シネマ日記]

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 5 [Blu-ray]

(ネタバレ注意)いよいよ第五章!!「2199」では七色星団の攻防があった第五章!!ということで、お話も最高に盛り上がってきましたねぇ!!

前半は第四章で登場したデスラーが大フィーチャー!!彼の行動がどのような理由によるものか?それは「2199」、そしてそれ以前にまで遡って…、ということで、あまり詳しくは申しませんけれど、やはり「さらば」「2」と比べてどうなったのか?に注目して欲しいデスねぇ!!

そして後半はいよいよ待望の地球VS白色彗星帝国の艦隊戦!!オリジナルでも描かれたこの熱い戦いが、現代の技術を駆使してとてつもないスケールアップで描かれますよ!!スケールアップしすぎて笑ってしまうくらいです!!ラストは、え!ここで終わるの!?というね。いや、続きモノなんで当然なんですけど。

とにかく今回も非常に熱いんですけど、なんというか、前作以上にかなりオリジナルとの乖離が広がっているようで、ここは賛否両論あるかもしれませんが、個人的にはもう好きにやってください!!てな気分になってきましたねぇ。終わり方がアレだけに、もう見終わった後には呆然としますね。感動なんだか衝撃なんだかもうよくわからない状態で。

あとまだ二章あるんで、さらに話は転がるんでしょうけど、あと二章かぁ、という気分にもなりますね。六章は11月公開ということで、これまで以上に間が空くんですけど、待ちどうしいような、まだ終わりに近づいて欲しくないような!!複雑です!!

あと、やっぱりネタバレされると楽しみが相当減るので、何にも知らない状態で行った方がいいです。ワタシはSNSで事前になんとなく展開を知ってしまったので、ちょっとそのあたり楽しみが削がれた気がしたので。次回はもっと凄い展開になりそうなんですけど、できれば今回の次章予告も観ずに前知識入れずにおいた方がいいんじゃ!?とか思いますね、とかくこの作品に関しては!!

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

  1. 2018/06/03(日) |
  2. 映画(アニメ/特撮)
  3. | コメント:0

レザーフェイス―悪魔のいけにえ [シネマ日記]



トビー・フーパーの「悪魔のいけにえ」オリジナル作の前日譚的な作品なんですかね?「悪魔のいけにえ」は、以前「テキサス・チェーンソー」シリーズでリメイクされて、そっちの前日譚「テキサス・チェーンソー・ビギニング」とかあったりしましたけど、それとはレザーフェイスが誕生した経緯とか全く別の話になってます!!

子供の頃のレザーフェイスくんがなかなかかわいい美少年で、この子が虐殺の限りを繰り広げるの!?と最初は驚きますけど、舞台はすぐに彼が変態一家から引き離されて青少年更生施設へ入れられたあとの10年後に飛んで、さぁ、どの子がレザーフェイスでしょう??と謎解きみたいになるのが面白いんですよ。

そのあと、この施設を脱走した怪しい何人かと、彼らに人質に取られた看護師さん(なかなかかわいい)、それを追う変態一家に娘を殺された警官の逃避行を描くロードムービー的な感じになっていくのが意外でした。その中で、この人はこういう人だろう、こうなるだろう、という予想をどんどん覆していくのも良かったですねぇ。

R-18なんで、結構グロだったりインモラルなシーンもあったりしますけど、やや物足りなかったかなぁ。個人的には全然大丈夫なレベルでした。オリジナルのように、もうちょっと「ヒィ〜!!!」と思わせて欲しかった!!それから、あの変態家族がいかにしてこんな家族になったのか、この作品のさらに前日譚も見てみたい気はしますねぇ〜!!

テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2018/06/03(日) |
  2. 映画(ホラー)
  3. | コメント:0

マカロニほうれん荘展 -MACARONI IS ROCK!-



中野ブロードウェイのAnimanga Zingaroで「マカロニほうれん荘展 -MACARONI IS ROCK!-」をやっていると聞いて、行ってきました。

本当に懐かしく、夢のような空間でしたー。狭かったですけど、そこに「マカロニほうれん荘」ばかりがギッシリ詰まっているというかね!!ずっといたかったです。今こうやって何十年も経って大好きだった漫画の原画が見れるとは…。しかもクオリティがハンパない!!来てる人もおそらくほとんど自分と同年代の人。みんな好きだったんだなぁ、そして今でも好きな人がこんなにいるのか!!と驚きでした!!

前に江口寿史先生の「KING OF POP」に行った際にも書きましたけど、「マカロニほうれん荘」という作品はワタシが絵を描くようになった原点でもありますし、家宝の単行本全巻は今読み返しても昔と同じように笑える!!流行り廃りとか、そんなのは超越した作品だったのだなぁ、というのは思い出補正のかかりまくったオッさんのひいき目なのでしょうか?いやいや、そうじゃないと思います!!

グッズほとんど売り切れてましたけど、あったらあるだけ欲しくなるから諦めがつきました(残ってたキーホルダーと缶バッチだけ記念に買った)。あと、寄せ書きボードに絵を描いてきたけど、今はもう張り替えられてしまったらしいですね…。

それにしてもこの「マカロニほうれん荘展」、今ツイッターで検索しても未だに大混雑だとか、土日は整理券制であっという間にハケるとか、すごい人気らしいですね。恐るべし!です。早めに行けて良かったな…。あぁまた絵が描きたくなった!!…かな?

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2018/06/02(土) |
  2. イベント
  3. | コメント:0

GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館



5/12に、日本武道館で行われたGLIM SPANKYのライブに行って来ました。

遂に日本武道館での単独ライブ!!であるにもかかわらず、特に奇をてらうわけでなく、いつもライブハウスで観せてくれる安定のカッコいいGLIM SPANKYでした!!新旧さまざまな曲調を織り交ぜたベスト的な選曲でたっぷり25曲。ほとんどの人が満足できたのではないでしょうか。ワタシも好きな曲はほぼやってくれて楽しめました!!

演出も特に演者をアップにするモニターがあるわけでもなく、演出用のスクリーン(?)にイメージ映像が、ある時には幻想的に、ある特にはサイケに、そしてある時にはロックな感じで流れるだけのシンプルなもので、彼ららしいなと思いました。それゆえ、武道館でやっているという感覚が全くなくて、普通にライブハウスでやってる感覚になってくるのが不思議でしたね!

途中レミさんが珍しく歌詞を飛ばすシーンがありましたが、それもまたライブならではの感じであり、レミさん自身それを気にもせず「武道館には魔物がいましたよ」と冗談であしらうところなんかさすがの貫禄でしたね。やっぱりGLIM SPANKYのライブは心地いいと感じたし、MCで語る彼らの言葉からは音楽へのスタンスや信念がしっかり伝わってきて、若いのに信頼できる、相当年下なのにリスペクトできるな!!と感じました。

ただ1点。今回会場でアルバム『BIZARRE CARNIVAL』のアナログが発売されるというので物販に並んだのですが、今まで武道館でこんなの初めてなくらい並びました。導線とか設営とか慣れていないのかな…。欲しいものは買えましたけど、このあたりは次回以降は改善して欲しいところ。でもまぁ、そんなのはささいな事です。またワンマンがあれば是非行きたいと思います!!

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2018/05/21(月) |
  2. 音楽(ライブ)
  3. | コメント:0

機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星 [シネマ日記]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星 [Blu-ray]

(ネタバレ注意)ルウム会戦〜V作戦でのガンダム始動(いわゆるファーストガンダム第1話)直前までやって、一旦ガンダムオリジンのアニメ化はこれにて終了!のようですね…。続きについてのアナウンスは今の所無いようなので、本当に終わりなのだなぁと思うと残念でしょうがないです!!

前半の連邦艦隊VSジオンのモビルスーツ戦は、まさにこれが観たかった!!というクオリティで素晴らしかった。若干長すぎるかなと思うほどたっぷりやってくれて、個人的には嬉しかったですねぇ。このクオリティでファーストリメイクしたらなぁとつくづく思います。2クールくらいのテレビシリーズか、過去3作の劇場版のリメイク形式かなにかでできないものか。

今回はもう知っているあのキャラこのキャラ総登場でアツいんですけど、特に今回はレビル将軍とデギン・ザビの描かれ方ですかね。あとドレンさん!!その分他のキャラはちょっと薄めになっていたような…。ランバ・ラルとか全然出てこなくなってしまって、ちょっと悲しかったですけど。

ただ、後半はちょっと尻つぼんだという感じですかね。ファースト開幕に向けてもっと盛り上がるのかと思いきや、何故かメインキャラのテロップ紹介が入るだけというか。せめてガンダムの姿は見せて欲しかったなぁ、という気はいたします。続編乞う!!

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

  1. 2018/05/21(月) |
  2. 映画(アニメ/特撮)
  3. | コメント:0
次のページ