クマチュー!!

T字路sニューアルバム「T字路s」リリースツアーファイナル/渋谷CLUB QUATTRO



5/11に、渋谷CLUB QUATTROで行われたT字路sのライブに行って来ました。

T字路sのライブ体験は今回が初となります。彼らの事を知ったのは2015年。当時ワタシには浅川マキブームが起きていまして(今もですけど)、そんなところにT字路sが「少年」をカバーしているのをYoutubeで偶然観てしまったんですが、とにかく、ボーカルの伊東妙子さんのボーカルが衝撃的!!GLIMのレミさんの声もたいがいでしたけど、妙子さんのまさに魂の叫びのような声は、なんか別次元のインパクトなんですよ!!

これはなんとしても生で聴いてみたいと常々思っていたのですが、そんなT字路sが、デビュー7年目にして初のフル・アルバムをリリースし、そのアルバムを引っさげてのワンマンライブが開催されるという事で、遂に行ってきました!!いやー、良かった!!本当に楽しいライブでしたよ。

T字路sはボーカルギター(妙子さん)とベース(篠田智仁さん)の2ピースバンドなんですけど、ライブはそこに今回のアルバムのレコーディングに参加したミュージシャンがそのままサポートで参加する形でした。妙子さんは歌ってる時はまさにあの声でド迫力!!日本の至宝だと思いますねあの声は。そして篠田さんのベースも渋い!!多くを語らない方でしたが、後ろでしっかりバンドを支えてる感じがいいですね〜。

ライブ全体としてはやはりあの昭和感!!これが実にたまらない。やってる曲もブルースからジャズ、フォーク、カントリーに昭和歌謡と、幅広くて楽しい。あと、ドラムレスなんですよ。元々CD音源からドラムは入ってないけど、ライブにもドラムがいない。なのに基本リズムがベースとギターのみであのノリは素晴らしい!

アルバムの曲はほとんどやった気がしますし、それらの曲はもちろん良かったんですけど、中でもジャジーな「あの野郎」とか良かったですねぇ。今いつの時代?みたいな感じで楽しく盛り上がる「銀座カンカン物語」、妙子さんがギターを手放して歌う日本語カバー「電気椅子」、「T字路sのテーマ」はやはりの大盛り上がり!!そして圧倒の「愛の讃歌」!!魂が震えるとはまさにこの事。楽しすぎてどれが良かったとかほとんど忘れた!!個人的には「少年」が聴けたのが一番嬉しかったなぁ。このカバーからT字路sを好きになりましたからねぇ。

で、曲間の妙子さんのMC。やっぱり想像した通りのチャキチャキで楽しいお姉さんでしたが、喋ると歌ってる時とは全然違う、舌足らずのかわいい声でギャップがまたいい!!箱が小さいせいもありますが、バンド全体のアットホームな感じも良かったですねぇ。途中でちょっと長めの休憩(おしっこタイム)が入るのも珍しいですけど、おじさんには助かった!!

渋谷CLUB QUATTROは700人くらいの箱ですけどかなり埋まってましたし、観客の年齢がバンドの性質上結構高めではありましたけど、いい感じで盛り上がっていました。今回珍しくライブ前に酒を飲んだんですけど、そんなほろ酔いな感じで観たのもあって実に居心地が良かった!!また機会があったらライブに参加したいです。あと、サポートの下田さんのトランペットがすげぇ良かったので、カンザスシティバンドも聴きたくなった!とにかくT字路sとサポートの面々の皆様には、こんな感じのライブを末永く続けて欲しいですね。
  1. 2017/05/14(日) |
  2. ライブ
  3. | コメント:0

ライト/オフ [シネマ日記-1018]

ライト/オフ ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

-Lights Out- (2016年/アメリカ)
監督/デヴィッド・F・サンドバーグ
出演/テリーサ・パーマー ガブリエル・ベイトマン ビリー・バーク マリア・ベロ

一人暮らしの若い女性レベッカは、実家に出没するようになった電気を消すと暗闇から現れて襲って来る謎の女から、母親と幼い弟を救おうとするのだが…、という話。いやー、久々になかなかインパクトのあるホラーでしたね!!電気が点いていると見えなくて、消えて暗くなるとなんだかわからない不気味なもののシルエットがうっすら見える。そして電気を点けたり消したりしているうちにだんだん近づいてくる!!何故今まで思いつかなかったのかという、まさにアイデアの勝利!!暗闇が怖いという心理をこういう表現にした結果、映画の中でも暗くなってる場所がとにかく怖いという、ものすごい効果を生んでました!!

そもそもの元ネタとなった短編を観た時に「こりゃ怖い!」とゾクゾクしましたが、それを長編映画化したのがこの作品。で、やっぱり一番怖いのが冒頭、タイトルが出るまでのシーン。短編に出演していたのと同じ女性が点けたり消したりをやるんですけど、もうそこから怖い!!久しぶりに家でホラーを観てて「おぉ!!」と声が出ましたよ。まぁ、出オチの一発勝負みたいなところもあるんで、本編でも同じ感じでそれが繰り返されるとだんだん慣れてくるんですけどね。

まぁでも話もサクッと短くまとまってますし、出て来る怪物(?)はいわゆる貞子のようなテイストの不気味さがあったりする(こっちの方がいささかバイオレンシーですが)ので、Jホラーが好きな人でもツボなんじゃないでしょうかねぇ。まぁとにかくね、画面が暗くなると、とにかくどこからか何か出て来るんじゃないかともうハラハラなんですよ!!「暗くしちゃだめ!!」「これどうすりゃいいの!?」「志村!!うしろうしろ!!」的な?

最後も、怪物のその出自からなるほどそういう結末になるかぁ、となんとなく納得できましたしね。結構ラストはあっさりなんで、もうちょっと盛り上げてくれても良かったかなぁとは思いましたが、そこは腹八分目でクドくしないのがちょうど良かったのかも。
(WOWOW)

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

  1. 2017/05/14(日) |
  2. 映画(ホラー)
  3. | コメント:0

クリーピー 偽りの隣人 [シネマ日記-1017]

クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray]

(2016年/日本)
監督/黒沢清
出演/西島秀俊 竹内結子 川口春奈 東出昌大 香川照之

6年前に起きた一家失踪事件を追う元刑事の犯罪心理学者・高倉が、妻と共に引っ越した新居の隣人はどうも様子がおかしい。そして彼ら夫婦は、世にも恐ろしい事件に巻き込まれていく…、という話。原作の小説は未読ですが、黒沢清監督の久々のホラー・サスペンスという事で、そこそこ期待して観てみましたよ。確かに黒沢清ならではの独特な嫌な感じが漂う映画ではありましたけど、残念ながらホラーとしてはイマイチ、ミステリーとしても、う〜ん、という感じでしたなぁ。

まず、映画のタイトルがイカンと思うんですよねぇ。「偽りの隣人」って、もうタイトルで半分ネタバレじゃないですか。予告でもやってる「あの人〜」のセリフもキャッチコピーとかにしちゃダメ!!そこは何も知らずに観て、はじめてそのセリフで衝撃を受けるわけじゃないですか!!それ観る前から言っちゃうから、真相が完全に読めてしまうというかね。

まぁ、それは百歩譲って前半は良かったですよ。2つの事件がどう絡んでくるのかとか、結末が分かっててもどのようにそこに至るのか、展開がまったく分からない感じとかですね、全体に漂う不気味な雰囲気とかすごく良かったと思います。それが後半になって、例の人の正体が分かったとたん、「これは日本の事件なのだろうか?」「そんな事ある?」というようなぶっとんだ展開になる。アメリカの片田舎が舞台の猟奇ホラーならまだ分かりますけどね、日本の住宅街でこれはリアリティがない。

ストーリーも偶然に頼りすぎた組み立てがどうも気になるし、意味ありげに出て来た人が途中で放置されて出て来なくなるし、登場人物が警察含めてあまりにも無能。とにかくどうも納得できない要素が多すぎるんですよねぇ。結末もね、あそこで終わっていたら「すげぇ嫌な映画!!」でそれはそれで良かったかもしれないのに、蛇足のように、しかも伏線でバレバレなラストシーンがあって、そこでカタルシスでもあればいいけどそれもないという(そこで嫌な感じにしたかったのかも)…。香川照之がいい味出していただけに、個人的にはちょっと残念な映画でしたねぇ。
(WOWOW)

テーマ:サスペンス映画 - ジャンル:映画

  1. 2017/05/11(木) |
  2. 映画(サスペンス)
  3. | コメント:0

ヒメアノ〜ル [シネマ日記-1016]

ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray]

(2016年/日本)
監督/吉田恵輔
出演/森田剛 濱田岳 佐津川愛美 ムロツヨシ

冴えない清掃員の岡田は、同じく冴えない職場の先輩・安藤が好きになったカフェの女子店員・ユカのキューピッド役としていろいろな願い事をやらされるはめになる。同じくして、ユカの周りに岡田の同級生だった森田が、ストーカーのようにうろつくようになるのだが…、という話。恋愛映画とハードな猟奇殺人映画のハイブリッド、さらにはサイコパス殺人鬼にジャニーズの森田剛(V6)!!と話題になり気になっていましたが、どんなもんか!?と観てみました。なるほど、なかなかな猟奇恋愛ホラー映画に仕上がっておりましたよ!なんじゃそりゃ!?

恋愛映画パートとしては、岡田とユカの恋愛は、先輩のムロツヨシの怪演もあって、そこだけでも恋愛コメディと仕上がってるんですけど、なぜあんなに美人のユカ(佐津川愛美が非常に可愛くてよろしい)があの冴えない岡田(まさに濱田岳)を好きになるのか?というところが、「イニシエーション・ラブ」ばりのミステリーでもあるのか!?と、どうしても勘ぐってしまいましたよね。まぁ、何があるかどうかは見ていただくとして。

そして、一気にホラーと化す後半(タイトルの出し方が秀逸)!とは言えね、猟奇ホラーとか嫌〜な映画とかはそれなりに結構観てますんで、内容的には言うほどハードではないとは思うんですけど、でもそれをV6の森田君がやってるってのがね。しかもかなりハマってるのがね、これがジャニーズ的にもOKってのがすごいんですけどどうだったんですかね?ファンとか結構キツい描写があったと思うんですけど、まぁ、日本の映画としては頑張ってる感じですよね。ヤバいもの観てる感はなかなかあったのでは?

結局のところ、サイコパス殺人鬼は特に快楽殺人というわけではなく、理由があって生まれたみたいになってて、ラストのエピソードとかも救いを残すような結末ではありましたけど、個人的にはもっと正体不明な、それこそ理由もなしに無表情、無感情に日常的に人を殺すヤツの恐ろしさ、という感じで後半畳み掛けても面白かったんじゃないのかなぁ、という気もしました。とことん後味を悪くするというかね。ハラハラ、ゾクゾク感からすると、ちょっとフワっと終わってしまって物足りない感じでしたかね。
(WOWOW)

テーマ:サスペンス映画 - ジャンル:映画

  1. 2017/05/07(日) |
  2. 映画(サスペンス)
  3. | コメント:0

X-ミッション [シネマ日記-1015]

X-ミッション [Blu-ray]

-Point Break- (2015年/アメリカ)
監督/エリクソン・コア
出演/エドガー・ラミレス ルーク・ブレイシー テリーサ・パーマー デルロイ・リンドー レイ・ウィンストン

元エクストリーム・スポーツ・プレイヤーのFBI捜査官が、エクストリーム・スポーツに擬えて犯行を行う犯罪者集団に捜査のため潜入するが、彼らと行動をともにする中で奇妙な友情が生まれ…、という話。頭がおかしいんじゃないかと思うくらい無謀な事に挑戦する冒険野郎たちの姿をクライムアクションであえた映画になっていて、なかなか迫力のある映像を観る事ができましたよ!!

なんでも「ハート・ブルー」という映画(未見)のリメイクらしいですが、潜入先の敵と友情が生まれるっていうと、個人的にはさらにそれをモチーフにしたような初期「ワイルド・スピード」を思い出したりしますねぇ。そういうわけなんで、途中の展開も伏線〜回収が読み通りに進むというね!だもんでストーリー的には意外性はあんまりないんですけど、もの凄い超人的な映像体験でそこは力技でチャラにするという!

死にそうな高波でサーフィンしたり、高い所をバイクで走ったり、山の急斜面をスノボで滑降したりと、海に山に空にあらゆる場所を舞台に命知らずなシーンが連続するんですけど、個人的には綱無しのロッククライミングのシーンが一番ハラハラしたかなぁ。うそでしょ!?みたいな感じで登っていく。あれもう高所恐怖症の人は絶対観てられない!出て来る人が無名な人ばっかなんで、そこがちょっとB級色が強すぎててちと残念。
(WOWOW)

テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/30(日) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

ワイルド・スピード ICE BREAK [シネマ日記-1014]

【Amazon.co.jp限定】ワイルド・スピード アイスブレイク(バンパーステッカー付き)

-Fast & Furious 8- (2017年/アメリカ)
監督/F・ゲイリー・グレイ
出演/ヴィン・ディーゼル ドウェイン・ジョンソン ジェイソン・ステイサム ミシェル・ロドリゲス カート・ラッセル シャーリーズ・セロン

「ワイルド・スピード」シリーズ8作目。主役のドミニクが、突然謎の女サイバーテロリストと手を組み、仲間を裏切って各国で兵器強奪行為を始める。ドミニク以外のファミリーはミスター・ノーバディの元、彼を阻止しようと動き始めるのだが…、という話。総合アクション映画化して以降どんどんこなれてまして、いかにもこのシリーズと言った感じで、破天荒さがますますグレードアップ!まぁ、ワタシは今回はステイサム映画だと聞いて久々に劇場で観たんですけど、非常に面白かったですよ!

個人的にミシェル姐さん、ロック様の活躍が多かったのが嬉しかったですけど、それ以上にステイサム!!もう完全に主役を食ってましたよ。もうねぇ、ステイサムが活躍するシーンが熱すぎてニヤニヤが止まらない!そしてあのキャラ設定!!たまらんですなぁ。ステイサムファンは本当に満足できると思いますよ。ステイサムと言うと、出て来るオッサンがほとんどハゲなんすけど、みんなカッコいい!もうこうなったら次は敵役でブルース・ウィリス出したら?という感じですよね!

「ワイルド・スピード」ですから、最初から最後までアクションにちゃんと車絡ませているのも嬉しいですよね。タイムアタックレースの件もちゃんとある。銃撃加えた戦闘アクションは前作でやり尽くしたかと思いきや、今度はこんなアイデアですか!?とかね。ミシェル姐さんがマシンガン持って敵地潜入とかハマり過ぎ。最初の頃を考えるともう全く違う映画になっててそれはそれで感慨深い。敵のボス・サイファー(シャーリーズ・セロン)があっさり登場し過ぎとか、あのアイアンマンみたいなの何?とかいろいろツッコミはありますけど、シリーズのファンから一見さんまで、みんなが楽しめる映画じゃないですかね!?

ちなみに、今回MX4Dでかつ2Dという上映方式で観たんですが、3Dである必要はなかったです。むしろ4Dも映画に集中できなくてジャマ!!(特にメガネに水吹きかけるのやめて!)今度からはやっぱり映画は普通の上映を観よう。
(THEATER)

テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/29(土) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

デッドプール [シネマ日記-1013]

デッドプール [Blu-ray]

-Deadpool- (2016年/アメリカ)
監督/ティム・ミラー
出演/ライアン・レイノルズ モリーナ・バッカリン エド・スクライン T・J・ミラー ジーナ・カラーノ

人体実験により不死身だがモンスターのように変異した体を持つ男が、自分を元の体に戻す事ができるミュータントの男を追うために、ヒーローのようなスーツを身にまとい立ち上がる、という話。マーベル・コミックのヒーロー、しかもオバカヒーローである、という前知識だけで観ました。最初、MCUの1作なのかと思って観ていたら、そうじゃなくてXメンの方に関連する作品でしたよ。ちょっと意外!!

確かにオバカなヒーローでクスクス笑わさせてもらいましたし、子供に見せられないような下ネタやグロネタも満載なんですけど、VFXはかなり良かったし、アクションシーンも笑わせながらちゃんとしっかりしててカッコイイ!!あと、底辺に流れるテーマは意外に重かったりして、笑いがなければ普通に悩めるヒーローモノの王道といいますかね。モンスター化された結果ヒーローになるってあたりは「ダークマン」とか「スポーン」あたりを思い出したし、言っちゃえば「仮面ライダー」だってそうなんすよね。

そういう意味ではちょっと前に観た、同じくコメディ色の高いヒーローモノ「アントマン」なんかよりはずっとしっかりした話な感じがしました。まぁ、この映画が完成するまではいろいろあったようですし、主役のライアン・レイノルズなんかも結構苦労したようで、そんな裏話を知っていればもっと面白いんでしょうし、パロディ色も強いんで、映画好きの人にも嬉しいシーンもあるんでしょうが(ワタシもいくつかは気づいてニヤリとしました!)、そんな人でなくても十分面白いと思います!エログロ大丈夫な人なら!

敵がリブート「トランスポーター」のエド・スクラインなんですけど、この人やっぱ悪役顔よね。合ってました。あと、ジーナ・カラーノ。やっぱりステキ。鉄人コロッサスとガチで張り合える豪腕ウーマン!!もう一度ミシェル姐さんとのキャットファイト見たいわぁ。
(WOWOW)

テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/22(土) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0

劇場版 進撃の巨人 後編 -自由の翼- [シネマ日記-1012]

劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~ [Blu-ray]

(2015年/日本)
監督/荒木哲郎
出演/梶裕貴 石川由依 井上麻里奈 神谷浩史

人類と、突如出現した「巨人」との戦いを描く話。漫画原作のテレビアニメシーズン1の劇場版で、後半の総集編です。前編と同じく、主要エピソード以外はバッサリカット、テンポの良さを重視した総集編になっていました!

後半はいわゆる女型の巨人のエピソードが主体です。テレビでもスピード感とか作画のクオリティとか、盛り上がりが凄かった記憶があったのですが、劇場版になっても全く損なわれてなくて、今回も手に汗握って観てしまいました。テレビでどうなるのか?と気をもんでいた、女型の巨人の正体という謎解きが一気に観れるのもいいですね!

あと、後編はいわゆる戦闘に長けたスピード感のある巨人対巨人の格闘シーンが多くて、またその巨人の成り立ちとかも含めて「エヴァンゲリオン」色が凄いある感じがしました。ラストは、テレビもこんな終わり方でしたっけ?正直ちょっと忘れてましたけど、次が気になりますよね!!…というわけで、劇場版2作で予習できましたので晴れてテレビシーズン2を視聴する事にいたします。
(WOWOW)

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

  1. 2017/04/08(土) |
  2. 映画(アニメ/特撮)
  3. | コメント:0

劇場版 進撃の巨人 前編 -紅蓮の弓矢- [シネマ日記-1011]

劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~通常版 [Blu-ray]

(2014年/日本)
監督/荒木哲郎
出演/梶裕貴 石川由依 井上麻里奈 神谷浩史 

人類と、突如出現した「巨人」との戦いを描く話。漫画原作のテレビアニメシーズン1の劇場版で、前半の総集編です。テレビのシーズン2が始まるという事で、そのためのおさらいも兼ねて観ました。シーズン1は全部観てたんですけど、話がもたつく部分をバッサリカットして、見所のみをテンポ良くつなげた、非常に観やすい総集編になっていましたよ!

若干音響を劇場版としてグレードアップしているぐらいで、基本テレビ版と同じなようですが、そう考えるとあのテレビ版がいかに良くできていたのかが分かります。個人的にはもうちょっと輪郭線が細くてもいいのかなとは思いますが、シーンによってはあの線が力強さを演出していたりもしますしね。ストーリーも変わりはないと思うんですが、やはりテンポ良く編集してるのがすごく良かったです。1回観てるはずですけど、結構忘れているところもあって、新鮮に楽しめました。2時間あっと言う間!!

ただ、原作やテレビアニメを観ていた人はいいですけど、細かい説明なども本当に潔くカットしてるので、初めてこの世界に触れる人には若干分かり辛い部分もあるかな、とは思いました。とは言え、「人を食う巨人と人間が戦う」という基本的前知識を持って観れば、全然分かりやすい話ですけどね!!
(WOWOW)

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

  1. 2017/04/03(月) |
  2. 映画(アニメ/特撮)
  3. | コメント:0

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ [シネマ日記-1010]

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

-Captain America: Civil War- (2016年/アメリカ)
監督/アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ
出演/クリス・エヴァンス ロバート・ダウニー・Jr スカーレット・ヨハンソン セバスチャン・スタン ジェレミー・レナー

マーベル・コミックのヒーローチーム"アベンジャーズ"達が、その活動において一般市民に犠牲者が出てしまった事で国際的な社会問題となり、彼らを国際連合の管理下に置くか置かないかでキャップ勢とトニー勢に別れて対立する事になるが…という話。「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の続編であり、かつ「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」より続く物語で、これまでの「どこまでやるの!?」というド派手な展開からすると、どっちかというと人間ドラマにちょっとだけ比重を寄せた地味な作風(それでも十分派手は派手)になってましたよ!

「キャプテン・アメリカ」と冠してますけど、出て来るメンツを観るとこりゃもう一部の人が出て来ないだけのほぼ「アベンジャーズ」でして、もう『マーベル・シネマティック・ユニバース』としてはあんまり作品毎の垣根はなくなってきてる感じですね。シリーズを順番にきちんと観ていたり、MCU全体のファンの人にも嬉しい展開があったりします。ファンは毎回ワクワクしますけど、今回は特に前情報、ネタバレなしで観たい感じです!!(まぁ、今さらそれはなかなか難しいでしょうが。)

で、テーマ的にはこの作品のちょい前にやった「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」にも通じると言うか、「正義のためとは言え、人間世界でスーパーヒーローが本気で暴れるとやばいっすよね」というアレですよ。このテーマはまぁ、ヒーロー物をマジメに観てるとどうしても出て来るテーマなわけで、マーベルもDCもたまたまこの時期にやったんでしょうけど、それぞれの描き方をしていて個人的にはどっちもそれなりに面白かったです。

ただ、シリーズものの弊害として、シリーズをちゃんと観ていないとよく分からないところとかがだんだん増えてきた印象で、1つの作品として楽しめるのかというとどうかな、という感じですね。この作品的には完全にシリーズ前作までがありきで、さらに「次回に続く!!」という感じで終わるのは驚きました。まぁ、次も観ますけどね。
(WOWOW)

テーマ:アクション映画 - ジャンル:映画

  1. 2017/03/20(月) |
  2. 映画(アクション)
  3. | コメント:0
次のページ